声優・内田雄馬が演じるアニメキャラまとめ!内田真礼の弟も天才だった!

『アイドルマスターSideM』桜庭薫や『マクロスΔ』ハヤテ・インメルマンなど、人気作に多数出演されている内田雄馬さん。姉・内田真礼さんに負けず劣らず演技力が抜群な内田さんが演じてきた数々のキャラクターをまとめてみました。

声優・内田雄馬とは?


出生地 東京都

生年月日 1992年9月21日(25歳)

職業 声優

事務所 アイムエンタープライズ

出典:https://ja.wikipedia.org

内田雄馬(うちだ ゆうま)さんは、アイムエンタープライズ所属の男性声優。声質としては正統派イケメン声で、聞きやすいクリアなお声をしています。内田さんを含めた家族全員がゲーム好きだったこともあり、中学生の頃『サクラ大戦』をきっかけに声優への興味を持ちました。
17歳の時に日本ナレーション演技研究所へ入学し、在籍中の2012年にOVA作品『Holy Knight』で声優デビュー。養成所卒業後アイムエンタープライズへの所属となります。2017年には第11回声優アワード新人男優賞を受賞されています。
特技のひとつにジャケットプレイがある内田さんですが、ジャケットプレイの使い手として名高い歌手の郷ひろみさんには、年を重ねてもストイックに自分を磨き続ける点に強い憧れを持っているそうです。

実姉は人気女性声優・内田真礼!


内田さんの姉は、同じくアイムエンタープライズに所属する声優の内田真礼(うちだ まあや)さん。『中二病でも恋がしたい!』小鳥遊六花や『ノラガミ』壱岐ひよりなど数々の作品でヒロインを務めていらっしゃいます。
また、内田さんは『アイドルマスターSideM』で桜庭薫を、姉の真礼さんは『アイドルマスター シンデレラガールズ』で神崎蘭子を演じ、姉弟揃ってアイドルマスターに出演されています。その他2017年に発売されたNintendo Switch向けゲーム『ファイアーエムブレム無双』では姉弟でダブル主演を果たしました。

また内田姉弟はとても仲が良いことでも知られており、2017年のアニメロサマーライブでは二人仲良くくっついて歌う姿も。しかし上坂すみれさんが真礼さんを颯爽と奪い去っていってしまうのでした。それを笑顔で見送る内田さんが可愛らしいです。

こちらの記事もチェック!

コウサカ・ユウマ『ガンダムビルドファイターズトライ』


サンライズによるホビーアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』は、2014年10月から全26話(特別編1話含む)にわたって放送されました。前作『ガンダムビルドファイターズ』の7年後の世界を舞台に、「ガンプラで戦う」というコンセプトは受け継ぎつつ今作では三人一組でのチーム戦が行われています。
内田さんは聖鳳学園ガンプラバトル部チーム「トライ・ファイターズ」のひとり、中等部2年生のコウサカ・ユウマを演じています。前作に搭乗したコウサカ・チナの弟で、さらに前作の主人公であるイオリ・セイから手ほどきを受けたこともありガンプラに関してはコンテストでグランプリをとるほどの腕前を持っています。

こちらの記事もチェック!

ガンダムビルドファイターズシリーズ最強機体ランキングTOP12!秀逸なMSデザインに興奮! | festy(フェスティー)

■2013年秋に放送を開始し、人気を博した『ガンダムビルドファイターズ』シリーズ! たくさんの機体が出てくるけれど、実際のところどれがすごいのかって? じゃあランキング形式で解説だ!

鳳瑛二『うたの☆プリンスさまっ♪シリーズ』


2010年に株式会社ブロッコリーから発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』。通称『うた☆プリ』の愛称で続編やアニメ化、声優によるライブイベントの開催など様々な展開が行われています。
本作品はアーティストの育成を目的とする芸能専門学校「早乙女学園」に作曲家志望として入学した主人公が、アイドル志望の男の子とパートナーとなり、卒業時のオーディションに合格できるよう切磋琢磨する中でパートナーとの恋に落ちていく姿を描いた物語。
アニメではゲームの攻略対象7名が「ST☆RISH」というアイドルグループを組んでおり、内田さんは3期アニメ『マジLOVEレボリューションズ』より登場するライバルユニットHE★VENSの新メンバー・鳳瑛二(おおとり えいじ)を担当しています。
ユニットのリーダーである兄・瑛一(えいいち)に比べると控えめで常識人な瑛二ですが、作中で行われた「デュエットプロジェクト」の相手を務めた一ノ瀬(いちのせ)トキヤに天才と言わしめるなどポテンシャルは十分
ちなみにライブイベントでは2017年の開催に参加。デュエット相手の一ノ瀬トキヤ役の宮野真守(みやの まもる)さんにひけを取らない歌唱力とダンスを披露しました

こちらの記事もチェック!

アイン・ダルトン『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』


2015年10月から放送が開始されたサンライズ制作アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。第二期も2016年10月より開始され、計4クールが放送されました。
ファーストガンダム等の宇宙世紀とは別の世界観で描かれており、少年たちのドラマを描く新世代ガンダムとして発表された本作品は、これまでのガンダムを知らない人でも楽しめるように作られています。
内田さんが演じたのは火星支部所属の三尉、アイン・ダルトン。MSパイロットとして配属されてまだ日が浅く、母が火星出身であることを理由に不当な差別を受けています。真面目で正義感に溢れる青年ですが、若さゆえにまだまだ視野が狭い欠点も。
実はアインは元々数話程度でいなくなる予定のキャラクターでしたが、内田さんが収録時に「奴め」という台詞を「きゃつめ」と読んだことがきっかけで監督に気に入られ、レギュラー入りした異例のキャラクターです。

こちらの記事もチェック!

ソニック『血界戦線』


内藤泰弘による漫画『血界戦線』。異界と人界が交差してしまったことで変わり果てたニューヨークを舞台に、「秘密結社ライブラ」に集う能力者達が異界の住人と日夜戦うSFアクション作品です。
技名を叫んでから殴る漫画」をコンセプトとしており、2010年にジャンプSQ.19で連載が開始され、その後ジャンプSQ.CROWNに掲載しを移して現在も連載が続いています。
内田さんは「音速猿」と呼ばれる小さな猿の姿をした動物、ソニックを担当。その名の通り人間には視認できないほどの速度を持つ動物で、アニメでは漫画よりも出番が増えていてお酒で酔っぱらったりなど可愛い姿も見せてくれます。

こちらの記事もチェック!

申渡栄吾『スタミュ』


音楽芸能分野の名門校・綾薙学園を舞台とし、新入生の主人公・星谷悠太(ほしたに ゆうた)がミュージカル科への合格を目指す姿を描いた、C-Station制作のアニメ作品『スタミュ』。2015年のアニメ第一期放送以降OVAなども制作され、2019年には第三期の放送が予定されています。
内田さん演じる申渡栄吾(さわたり えいご)はミュージカル科2年MS組に所属。冷静沈着なチームの参謀的存在で、持ち前の分析力でミュージカルをこなしていきます。チームメイトの辰己琉唯(たつみ るい)とは幼馴染で家族ぐるみの親交があり、よく行動を共にしています。

こちらの記事もチェック!

新開悠人『弱虫ペダル』


渡辺航作、自転車競技に青春を捧げる高校生の熱いドラマを描く漫画『弱虫ペダル』。週刊少年チャンピオンにて2008年から現在まで連載中です。アニメは2018年現在、第4期まで放送されています。
アニメや劇場版のみならず舞台化もされ、実際の自転車を使わずにハンドルのみを握ってその場で足踏みをすることによって疾走感を表現する斬新なスタイルが話題になりました。
内田雄馬さんは第二期より登場した、箱根学園のエーススプリンター・新開隼人(しんかい はやと)の弟・新開悠人(しんかい ゆうと)を演じています。兄と似た顔をしていますが、悠人はクライマーであり「ピークホーネット(頂上のスズメ蜂)」の二つ名で呼ばれています。

こちらの記事もチェック!

クラウス・G・S・イングヴァルト『魔法少女リリカルなのはViVid』

出典:https://www.amazon.co.jp

月刊コンプエースにて連載された、原作・都築真紀、作画・藤真拓哉による魔法少女漫画『魔法少女リリカルなのはViVid』。『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第四期シリーズとして発表されました。
今作では、前作までの主人公・高町なのはの養子に迎えられた高町ヴィヴィオが主人公。普通の少女として魔法学院に通うヴィヴィオと、今作から登場する新キャラクター、アインハルト・ストラトスの関係が軸に描かれています。
内田さんが演じたのは、古代ベルカに存在した「シュトゥラ王国」の第一王子・クラウス・G・S・イングヴァルト。後に王位を継ぎ「覇王」と呼ばれた男性です。歴史上の人物であるため回想シーンのみの登場となっていますが、彼の後悔の念が作中のある事件を引き起こします

こちらの記事もチェック!

ハヤテ・インメルマン『マクロスΔ』


サテライト制作の『マクロスΔ(デルタ)』は、「マクロスシリーズ」に名を連ねるSFロボットアニメです。2016年から全26話が放送されました。舞台は前作『マクロスF』から8年後の世界となっています。
今作の歌姫としては5人組の女性ユニット「ワルキューレ」が登場し、ヒロイン役のフレイア・は約8,000人の応募者の中からオーディションで選ばれた鈴木みのりさんが担当しています。
内田さんは本作品で主人公のハヤテ・インメルマンに抜擢。実家を飛び出し夢や目標もなく銀河を放浪する中でフレイアと出会い、暴動に巻き込まれた際に戦闘機に搭乗したことがきっかけでデルタ小隊へ入隊。元々は軍隊に嫌悪感を抱いていましたが、「自由に飛べる空を取り戻す」ことを目的に戦乱に身を投じることとなります。
自由に飛ぶことを信条とするハヤテは生まれつきリズム感に優れた少年で、風を読んで機体を操る様はまるで踊っているように見えることから「インメルマン・ダンス」と呼ばれています。

こちらの記事もチェック!

大神和臣『ReLIFE』

出典:https://www.amazon.co.jp

夜宵草原作の学園青春漫画『ReLIFE』は漫画アプリcomicoにて2013年から連載が開始されました。ある事柄がきっかけで三か月で会社を辞め再就活難航中の主人公・海崎新太(かいざき あらた)が、社会復帰を目的にリライフ実験の被験者となり、特殊な薬で若返り1年間の高校生活を再度送る物語です。
作中で内田さんが演じている大神和臣(おおが かずおみ)は、金髪にピアスと見た目が軽薄なためで初対面の新太から「チャラオーガ」とあだ名をつけられるような男の子ですが、実際には異性との交際どころかキスすら未体験なピュアボーイ。クラスメイトの狩生玲奈(かりう れな)から好意を寄せられていても気づかない鈍感でもあります。

こちらの記事もチェック!

ReLIFE(リライフ)がネタバレされても観たくなる傑作アラサーホイホイである5つの理由! | festy(フェスティー)

■27歳で無職のアラサー主人公が、1年間だけ高校生に戻って人生を変えていくアニメ『ReLIFE(リライフ)』。今回は、そんな『ReLIFE』の魅力をあますことなくご紹介していきます。

桜庭薫『アイドルマスターSideM』


バンダイナムコエンターテインメントが製作する『THE IDOLM@STER』の世界をモチーフとした携帯端末用ソーシャルゲーム『アイドルマスターSideM』。2017年10月よりアニメ化され、全13話が放送されました。
様々な事情を抱えてアイドルに転職した男性達をプロデュースしていくゲームで、内田さん演じる桜庭薫(さくらば かおる)は元外科医の男性。姉を病気で失っており、姉の命を奪った病を根絶するための資金を稼ぐべくアイドルへの転身を決意しました。
キャッチコピーは「その眼差しに切り裂かれる・・・舞い降りた白衣の元・医者!」で、所属ユニットは「DRAMATIC STARS(ドラマチック スターズ)」。完璧主義であり、上から目線の発言も多いためユニットメンバーの天道輝(てんどう てる)とは当初衝突が堪えませんでした。

こちらの記事もチェック!

源誠一郎『サンリオ男子』


ハローキティでお馴染みのサンリオが手掛ける『サンリオ男子』は、サンリオキャラクターが好きなイケメン男子高校生による日常を描いたストーリー。『サンリオ男子 ~わたし、恋を、知りました。~』というタイトルのゲームアプリも運営されており、アニメは2018年1月から放送開始されました。
内田さんはシナモロールが好きな生徒会長兼弓道部主将の源誠一郎(みなもと せいいちろう)を演じています。また、各キャラクターによるシチュエーションボイスと歌唱曲が収録されたCDも発売しており、内田さんの美声が披露されています。

こちらの記事もチェック!

九頭竜八一『りゅうおうのおしごと!』

出典:https://www.amazon.co.jp

『りゅうおうのおしごと!』は白鳥士郎が描く将棋界を舞台にしたライトノベル。2015年9月よりGA文庫より刊行されています。発売当初よりメディア展開を想定してプロジェクトが進んでおり、ライトノベル発売に合わせてドラマCD化やマンガ化も行われました。
内田さん演じる主人公・九頭竜八一(くずりゅう やいち)は16歳で2大タイトルのうちのひとつ「竜王位」を獲得するものの、スランプに陥り敗北の連続で世間からは「クズ竜王」と呼ばれてしまう状態に。そんな彼の元へ女子小学生・雛鶴(ひなつる)あいが訪れ、八一へ弟子入りを希望します。
若き天才棋士として将来を期待されながらも竜王へのプレッシャーから挫折を味わい、また、弟子が女子小学生であることから「ロリコン竜王」と呼ばれるなど何かと不遇な八一。ライトノベル主人公らしく女心に疎い面も持ち合わせています。

こちらの記事もチェック!

涼野ユウ『KING OF PRISMシリーズ』


2013年放映のテレビアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の公式スピンオフ作品である『KING OF PRISM』シリーズ。テレビアニメに登場した男子プリズムスター3人が最終話で結成したユニット「Over The Rainbow」のその後を描く劇場版アニメです。
涼野(すずの)ユウは『レインボーライブ』主要メンバーである涼野いとの弟で、テレビアニメ本編では高山みなみさんが声をあてていましたが、劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』ではエーデルローズに入学。プリズムスターとしてデビューし、成長に伴って声優が内田さんに変更されました。
キャッチフレーズは「お姉ちゃんを超える!」。ユウは普段は「ゼウス」と名乗っており、やっぱりいとと姉弟なんだなと思わせてくれるポイントです(いとは周りに自分の事をバンドネームの「クロス」と呼ばせていました)。

こちらの記事もチェック!

武吉『覇穹 封神演義』

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

週刊少年ジャンプにて1996年から2000年まで連載されていた藤崎竜によるSFファンタジー漫画『封神演義』。3000年前の古代中国を舞台に、主人公・太公望(たいこうぼう)が「封神計画」の命を受け、悪の仙女・妲己(だっき)を封じるべく立ち向かう姿を描いた物語です。
1999年に『仙界伝 封神演義』として一度アニメ放送されており、2018年1月より改めて『覇穹 封神演義』としてキャストを一新し再アニメ化されました。
内田さんは太公望に憧れる天然で純粋な少年・武吉(ぶきち)を担当。自称・太公望の弟子で、太公望の事を「お師匠さま」と呼んで慕っています。旧アニメ『仙界伝 封神演義』では登場していなかったため、今回の『覇穹 封神演義』がアニメ初登場となります。

こちらの記事もチェック!

歌って踊れる声優・内田雄馬の今後の活躍に期待!


今回は正統派イケメンボイスな声優・内田雄馬さんをご紹介しました。内田さんの今後の出演としては、2018年春から始まるアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』不知吟士や、同じく夏から始まるアニメ『BANANA FISH』主人公のアッシュ・リンクスなどが予定されています。
ある雑誌のインタビューでは「とにかくたくさんお芝居がしたい」と語っていた内田さん。演技力だけではなく歌もダンスも評価が高い内田さんの今後のさらなる活躍に期待ですね!

こちらの記事もチェック!