【あたしンち】お父さんの魅力3選!お母さんと結婚した理由は人助け?

けらえいこ原作の人気コメディ『あたしンち』。立花家の大黒柱であるお父さんがお母さんと結婚した理由が人助けだったって本当?今回はそんなお父さんの謎や魅力について3つご紹介したいと思います!

『あたしンち』の大黒柱お父さんってどんな人?


お父さんは漫画およびそれを原作としたアニメ『あたしンち』に登場するキャラクターで、立花家の大黒柱です。お母さん同様作中では名前は出てこず本名は不明となっています。こちらもお母さんと同じ大分県出身で年齢は40代の後半と言われています。
お父さんの仕事についてはサラリーマンということしか分かっておらず、仕事は持ち帰らない主義のため職種や役職についても不明ですが、公式ファンブックによると公務員に近い仕事をしているのではないかと書かれています。ただ職種も役職も不明であるため、年収についても不明となっています。
お父さんの性格は基本的に無口で無表情ですが、お母さんによれば喜怒哀楽できちんと表情は変化しているのだそうです。顔については一見ユズヒコやみかんとは全く似てないように見えますが、実は眼鏡を外すと目がみかんにそっくりのつぶらな瞳をしています。

こちらの記事もチェック!

お父さんの魅力1:トイレやくしゃみなど行動が個性的!


基本的に無口で無表情であるため何を考えているのか分からないお父さんですが、お父さんはそれに加えて予測できない個性的な行動をすることが多々あります。例えばトイレに入る時は必ずドアを開けたまま行ったり、トイレが終わった後流している水で手を洗うなどかなり斬新な行動をします。
また、お父さんはくしゃみの声が「ばえっくしゅん!」「ばえっ!」など個性的で非常に声が大きく騒音レベルだと言われています。因みにこのくしゃみについてはお父さんの努力により現在はうるさくなくなったそうです。
また、お父さんは体内時計が非常に正確にできており、毎日同じ時間に起きて同じ時間に会社に行き、同じ時間に帰ってきて同じ時間にきちんと眠るのだそうです。しかし、これは休日でも変わらないため、お母さんなどが休日にたたき起こされてしまうこともあります。

お父さんの魅力2:声優は大御所!緒方賢一さん!


お父さんの声を務めているのは1942年福岡県出身の声優緒方賢一さんです。緒方さんは、中学卒業後に板前を経験したり、炭鉱で働いていましたが怪我を理由に退職し、人を楽しませる喜劇役者になるために兄を頼って東京に上京しました。しかし劇団のオーディションにことごとく落ちてしまいます。
その後ようやく劇団に加入して様々な舞台で演じていたところ、演出家をアテレコのディレクターが行った縁で声優の仕事を行い、本格的に事務所を移籍して声優活動を始めました。声優デビューは30歳と遅いデビューでしたが、舞台経験のおかげかすぐにレギュラーは取れるようになったそうです。
緒方さんが出演している有名な作品としては、『宇宙戦艦ヤマト』シリーズのアナライザー役、『忍者ハットリくん』獅子丸役、『らんま1/2』早乙女玄馬役、『魔法陣グルグル』シリーズのキタキタ親父役、『名探偵コナン』阿笠博士役など、現在でも第一線で活躍し続けている大御所声優です。

お父さんの魅力3:結婚式で見せた名スピーチ

名言から垣間見えたお母さんへの愛情


お父さんは先ほども紹介したように無口で無表情なのですが、そんなお父さんが名言を残している回がアニメオリジナルエピソードで存在しています。その回ではお父さんとお母さんが親戚のかっちゃんの結婚式に呼ばれお父さんがかっちゃんに向けてスピーチを行いました。
スピーチの中でお父さんはお母さんを檀上に上げ「こいつはもう立派なおばさんだ。こいつと街を歩けるか?俺は歩ける、というより歩いてきた。女房は戦友だ、戦友っていうのはそいつのために命を懸けられるってことだ。優子さん(お嫁さん)のためにも命を張れ!そして優子さんも一緒に戦ってやってください。」と名言を残しました。
お父さんはお母さんとお見合い結婚で、以前みかんたちにお母さんと何で結婚したのか聞かれた際も「人助け」とだけ答えています。お父さんは口の大きい人がタイプであることからユズヒコは「容姿で選んだのでは?」とも言われていましたが、どんな理由であれ長年と妻として共に歩んできたお母さんへの愛情の強さが伺えた回でした。

こちらの記事もチェック!

よき父・よき夫としてのお父さんの活躍に期待!

出典:https://www.amazon.co.jp

漫画『あたしンち』は1994年から連載を開始し2012年に17年でその幕を下ろしました。最終回でお母さんは空を飛ぶという特殊技能を披露したのもの、立花家は最終回でも立花家らしくあり続けました。
連載の終了後みかんやユズヒコがどう成長したのか、お父さんやお母さんがどうなったのかは分かりませんが、お父さんがよくお母さんの行動を眺めて笑っていたりするエピソードや、結婚式でのエピソードを見る限り、お父さんはきっとずっとお母さんやみかんたちのそばで寄り添い続けることでしょう。
また、連載の最終回でお母さんは元気いればまた会えると歌っていることから、いつかまた立花家やお父さんに会える日を信じてこれからも応援し続けたいと思います!