【聖闘士星矢】ポセイドンの7つの魅力!強大な力を隠し持つ海皇の素顔とは?

この記事では『聖闘士星矢』に登場するポセイドンについてご紹介します。オリンポス十二神の一人であるポセイドンの強さや性格について挙げていきますので、是非とも最後までご覧ください。

大海の主神・ポセイドンとは?

出典:https://www.amazon.co.jp

車田正美の傑作ファンタジーアクション『聖闘士星矢』に登場するポセイドンオリンポス十二神の一人であり、大海の主神でもあります。「海皇ポセイドン」と称されており、7人の海将軍(ジェネラル)を含む海闘士たちを統べる存在です。

ポセイドンはオリンポス十二神の中でも特に強大な力を持ち、同じくオリンポス十二神の一人であるアテナのことを小娘と呼んでいます。また、アテナとは遥か昔に聖戦を繰り広げたことがあり、その後もアッティカの地を巡って戦いました。ポセイドンとアテナはある意味因縁の深い関係でもあります。

アテナとの戦いの末、ポセイドンは壺の中に封印されてしまいます。海皇編ではポセイドンが目覚めることでストーリーが始まり、再びアテナと戦うことになります。それでは、ポセイドンについてさらに詳しくご紹介していきます。

声優を担当しているのは阪脩さん!

ポセイドンの声優を担当しているのは阪脩(さかおさむ)さんです。出身地は大阪府、生年月日は1930年11月7日、血液型はA型、身長は172㎝、青二プロダクションという事務所に所属しています。

声優として活動を始めたのは1960年代で、その前から俳優としても活動しています。主に演じたことがあるキャラクターには、『ブラック・ジャック』の本間丈太郎、『攻殻機動隊』の荒巻大輔、『ジョジョの奇妙な冒険』のトンペティ、『コマンドー』のカービー将軍などがあります。

他にも演じたことがあるキャラクターには、『忍風カムイ外伝』のスクミ、『宇宙戦艦ヤマト』のゲール、『サイボーグ009』のクレコール、『ドラゴンボール』の孫悟飯、『紅殻のパンドラ』のケリュケイオン & アイギスなどがあります(奇しくも紅殻のパンドラではポセイドンつながりのキャラクターを演じられていますね……)

正体はジュリアン・ソロ!天馬星座の青銅聖闘士・星矢の一撃で覚醒!

ポセイドンの正体はジュリアン・ソロです。正確には、まだ幼い少年だったジュリアンに憑依し、ジュリアンが16歳になるまで眠って後に海皇として目覚めました。それからは地上を浄化するという目的のために動くようになります。

ジュリアンの年齢は16歳、身長は177㎝、体重は59㎏、誕生日は3月21日、血液型はO型です。ジュリアンはギリシアの海商王・ソロ家の御曹司で、ほしいものは全て手に入れてきた野心的な一面もある青年です。

16歳の誕生日の夜、アテナの化身・城戸沙織に一目惚れしてプロポーズしますが拒絶されます。その夜、人魚姫のテティスによってポセイドン神殿を訪れ、自身がポセイドンの化身であることを知ります。そして、人間たちを粛清するために大水害を起こしますこちらの記事もチェック!

ジュリアンはソロ家の御曹司!ポセイドンとソロ家の関係とは?

ジュリアンはソロ家の御曹司です。容姿は美しく頭も冴え、社交界でも評判のいい青年です。16歳の誕生パーティーの夜、城戸沙織にプロポーズして拒絶され、ほしいものはなんでも手に入れてきたジュリアンの心を乱します。その後、ポセイドン神殿でポセイドンとして覚醒し、地上を粛清するために動き出します。

ジュリアンがポセイドンの化身に選ばれたのは単なる偶然ではなく、ソロ家は代々ポセイドン復活の際に肉体を貸していました。なお、ポセイドンとして覚醒してからもジュリアンの記憶と人格は残っています。

ジュリアンは沙織とも関係があり、ポセイドンとアテナとしても対立します。2人は人間としても神としても関係を持ちますが、いずれも互いに理解し合うことはありません。

鱗衣と三叉の鉾を所持している!

出典:https://www.amazon.co.jp

ポセイドンは鱗衣(スケイル)と三叉の鉾を持っています。鱗衣とは海闘士が装備する防具のことで、これに対抗して主人公・星矢をはじめとする聖闘士たちに作られたのが聖衣(クロス)です。アテナ軍とは違い、ポセイドン軍では雑兵たちも鱗衣を装備しています。

三叉の鉾は強大な破壊力を持ち、矛先を向けた相手に対して小宇宙(コスモ)による衝撃を与えることができます。13年前までアテナによってスニオン岬の岩牢の奥に封印されていましたが、時間が経っていたこともあり双子座のカノンにあっさりと引き抜かれてしまいます。このことがポセイドンを復活させるきっかけとなりました。

ポセイドンは肉体となっているジュリアンが戦闘能力を持たないため、作中で必殺技を披露することはありませんでした。肉体が人間であるがゆえの苦労もあるようです。

地上の神の座を巡ってアテナと何度も戦った!

出典:https://www.amazon.co.jp

前述しましたように、ポセイドンとアテナには深い因縁があります。遥か昔から地上の神の座を巡って聖戦を繰り広げており、最終的にアテナによって壺の中に封印されてしまいました。

13年前にカノンによって解放されるまで海底神殿で眠りについていましたが、どうやらポセイドンはまだ起きるつもりはなかったようです。カノンに解放された際には「バカめ!私はまだあと2、300年は眠るつもりでいたのだぞ!」と言っており、案外壺の中で眠るのは心地よかったようです

アテナとは過去に何度も戦ったことがあるポセイドンですが、アテナとハーデスの聖戦には興味がなかったようです。一度目を覚ましたものの、すぐにまた寝てしまいました。強大な力を持ちながらも意外とやる気がないのがポセイドンの魅力でもあります。

ポセイドンの強さは黄金聖闘士やハーデスをも上回る?

出典:https://www.amazon.co.jp

ポセイドンの強さは黄金聖闘士やハーデスをも上回るのではないかと言われています。ジュリアン自体に戦闘能力はないものの、小宇宙は一線を画しています黄金聖闘士の血によって強化された星矢たちの聖衣を眼光だけで粉々に砕いたり、三叉の鉾からは雷撃を放つことができます。また、ポセイドンへの攻撃は跳ね返されてしまいます

『聖闘士星矢』の中でもかなり強い部類に入るハーデスとは同格の強さを誇ります。ポセイドンは同じオリンポス十二神の一人であるということもあり、小宇宙はハーデスにも劣りません。しかし、ハーデスはポセイドンの覚醒すら些細なアクシデントでしかないと思っていました。

ハーデスの部下であるタナトスの方がポセイドンよりも強そうに思えますが、作中では本気らしい本気を見せていないため本当の実力はわかりませんこちらの記事もチェック!

『聖闘士星矢』強さランキングTOP20!最強の闘士は誰だ? | festy(フェスティー)

■1985年(昭和60年)12月より週刊少年ジャンプで連載を開始した聖衣(クロス)と呼ばれる星座の趣向を凝らした鎧やギリシャ神話をモチーフにした物語が人気の聖闘士星矢。今回は登場人物の強さランキングをご紹介!

戦いの後、洪水の被災者を救済するための旅に出る!

出典:https://www.amazon.co.jp

アテナとの戦いの後、ポセイドンはジュリアンの肉体から引き離されて再び壺の中へと封印されてしまいます。ジュリアンはテティスによってエーゲ海へと逃れ、なんとか生き延びることに成功します。

意識を取り戻したジュリアンはポセイドンとしての記憶を失っており、大水害の被害に心を痛めて復興のために旅立つことを決意します。その際に海魔女のソレントが同行を申し出て、スニオン岬から旅立ちます。

アテナとは違い、ジュリアンとポセイドンはあくまで別の存在となっています。ですが、ポセイドンが犯した取り返しのつかない罪はジュリアンが背負うことになります。また、ジュリアンとポセイドンは部下からも慕われていることがよくわかります。

映画『聖闘士星矢 最終聖戦の戦士たち』ではルシファーに力を貸す!

ポセイドンは映画『聖闘士星矢 最終聖戦の戦士たち』にも登場しています。ジュリアンの姿で登場していますが、魔王ルシファーを介して地上に猛威を振るっています。原作とは違い、ポセイドンの魂は壺には封印されておらず、星矢たちに倒されたことで魂が魔界に堕ちたという設定になっています。

ルシファーはポセイドン、アベル、エリスの小宇宙によって目覚め、3人を配下にして宇宙を支配しようと動き出します。ルシファーにはさらに4人の戦士がおり、黄金聖闘士が一度は倒されるほどの実力を持っています。

ポセイドンはジュリアンの肉体を借りているということもあり、『聖闘士星矢』の中では目立つ登場人物であるとも言えます。魅力あるキャラクターであることからメインキャラクターに次ぐほどの人気をも誇っています

ポセイドンは野心を燃やす海皇!

いかがでしたでしょうか。ポセイドンのことを少しでも知ることができましたでしょうか。ポセイドンはジュリアン・ソロの肉体を借りた強大な力を持つ海皇でした。アテナと何度も聖戦を繰り広げて最終的には封印されてしまいますが、後にジュリアンが大水害の罪を償います。

黄金聖闘士にも冥王ハーデスにも劣らない実力を持ち、それにもかかわらず壺の中で眠ってばかりいたりとやる気のない一面もあります。また、アテナとはジュリアンとポセイドンのどちらとも関係がありながら互いにわかり合えないままに終わってしまいました

ポセイドンもジュリアンも魅力的なキャラクターとなっていますので、『聖闘士星矢』をご覧になる際は注目してみてください。