【声優】神崎蘭子を演じる内田真礼はどんな人?代表作&人柄まとめ!【デレマス】

中二病キャラで人気の『アイドルマスターシンデレラガールズ』の神崎蘭子は内田真礼さんが演じていることで有名ですが、では内田さんは他にどんな作品に出演しているのでしょうか?今回は代表作と人柄についてまとめてみました!

大人気中二病キャラ!『アイドルマスターシンデレラガールズ』神崎蘭子とは?


神崎蘭子は『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するキャラクターの一人です。重度の中二病を患っており、喋る言葉がいつも難解で中々話している内容が理解できません。しかし、基本的にゲーム内のカードではカッコ書きで翻訳された内容が読めるようになっています。
常にゴシックロリータな衣装に身を包み、喋っている言葉は高飛車であるため、色物キャラの多い『デレマス』内でも特に異色を放っているキャラクターではありますが、カッコ書きの翻訳内容から分かるように、ただ素直になれないだけのかわいい女の子です。
そのため、クール属性ですが性格的にはパッションやキュートよりになっており、クールなのは外見だけと言われることも多く、特にSRなどレア度が上がると可愛らしさが上昇する傾向にあります。また、第二回シンデレラガールズ総選挙において見事1位を獲得し、第1回目の総選挙でも2位にランクインしている人気キャラです。

こちらの記事もチェック!

神崎蘭子を演じた声優・内田真礼さんってどんな人?

声優業以外でも大活躍の人気声優

出典:https://www.amazon.co.jp

神崎蘭子を演じているのは声優・内田真礼さんです。内田さんは、1989年12月27日生まれ血液型はA型でアイムエンタープライズに所属している声優で、まややんやまれいなどの愛称でも親しまれています。絵はあまり得意ではなく、大のホークスファンとしても知られています。
内田真礼さんの経歴としては、2008年に日本ナレーション演技研究所に入所し、研修科に在籍中OVA『ぼく、オタリーマン』で声優デビューしました。2010年には現在の事務所へ所属し、2011年にテレビゲームなどに出演しています。
その後は主演作なども徐々に増えていき、2014年には第8回声優アワード新人女優賞を受賞しました。またその後はソロアーティストとしてのデビューや写真集の発売、グラビアへの進出など、マルチに活動の幅を広げている今大人気の若手声優です。
こちらの記事もチェック!

内田真礼さんが演じているキャラクターとは?

『中二恋』六花や『ごちうさ』シャロなどで人気に

出典:https://www.amazon.co.jp

内田真礼さんのデビュー作は先ほども少し紹介したようにOVA『ぼく、オタリーマン』で、その後徐々にメインキャラクターを務めることが多くなっていき、知名度が上がっていきました。初主演作はテレビアニメ『さんかれあ』の散華礼弥役です。
更に、内田真礼さんが一気に知名度を上げるきっかけとなったのは2012年に放送された人気アニメ『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役で、この役で内田さんは中二病にかかった恋に悩める可愛い高校生の役を見事に演じて一気に人気声優の仲間入りを果たしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

その後、内田真礼さんはアニメ作品のメインキャラクターを演じることが多くなり、『ご注文はうさぎですか?』シャロ/桐間紗路役や、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』リリルカ・アーデ役などの人気アニメに出演したことでその人気を不動のものとしました。
こちらの記事もチェック!

顔出し出演も多く多方面で活躍する内田真礼さん!

牛丼から特撮まで幅広く活動

出典:https://www.amazon.co.jp

声優として不動の人気を誇る内田真礼さんですが、先ほども少し紹介したように、内田さんは声の仕事以外にも顔を出した仕事でも活躍しています。顔を出した女優としての活動では、2012年に特撮ドラマ『非公認戦隊アキバレンジャー』の葉加瀬博世役として出演しています。
また、牛丼チェーン店「吉野家」では期間限定で発売された商品の宣伝広告塔としてその可愛い笑顔でモデルも務めています。その他にも「週刊ヤングジャンプ」で巻頭グラビアを撮影したり、写真集を発売するなど、顔を出した仕事でもマルチに活躍しています。
これに対して内田真礼さんは「何かを生み出すよりも自分を使って作品を作ってもらうことで、より素敵な世界が広がって欲しい」と話しており、自ら積極的に活動している一方で「自分の本職は声優と強く意識している」とも話し、声優業が自分の最も好きな仕事だと語っています。

WebCMに出演した内田真礼さんがかわいいと話題に!


顔出しの仕事も精力的に行っている内田真礼さんは、実はWebCMにも出演しています。内田さんが出演しているのは、三菱地所レジデンスによるザ・パークハウスのWebCMで、このCMの中で内田さんは可愛い日常の姿を見せながら偶然同じマンションの住人と恋に落ちるというストーリーを演じています。
この内田さんの可愛い姿は一気に話題となり、Youtubeに上げられたCMは再生回数は120万回を超える人気となりました。また、この人気を受けてザ・パークハウスのWebCMは第2弾が製作されています。
第2弾では、自分が内田さんと同棲しているようなシチュエーションも楽しみつつ、実は兄と同居しているという設定のストーリーとなっています。このCMも再生回数が200万回を超える大人気で、二つのCMを合計すると何と320万回もの再生数になり、内田真礼さんの人気が伺えます。

実弟・内田雄馬さんと共演を果たした内田真礼さん

内田真礼さんと内田雄馬さんはびっくりするほど仲良し姉弟!?

出典:https://www.amazon.co.jp

内田さんには弟がいるのですが、実はこの弟も声優をしています。名前は内田雄馬さんで、出演している有名な作品としては『アイドルマスター SideM』桜庭薫役、『りゅうおうのおしごと!』九頭竜八一役などで、姉弟でアイドルマスターの声優を務めています。
この内田真礼さんと内田雄馬さんの兄弟は声優業界やファンの間でも有名なほど仲良しで、それぞれがラジオや別のイベントで頻繁に姉自慢や弟自慢をしています。また、弟の雄馬さんが事務所の宣材写真を取る時にヘアスタイルをセッティングしたのが姉の真礼さんなど、仲良しエピソードは数えきれません。
近年ではアニメやゲームで姉弟での共演も増えており、ゲーム『ファイヤーエンブレム無双』では、主演の二人を声だけで選んだら偶然内田真礼さんと内田雄馬さんで、二人で姉弟役をすることになったそうです。因みに真礼さんは弟役が雄馬さんだとは知らされていなかったようでかなり驚いていたようです。
こちらの記事もチェック!

声優としての実力も高い内田真礼さん

出典:https://www.amazon.co.jp

先ほども少し紹介したように、内田真礼さんは声優として仕事以外に顔出しの仕事も精力的に活動しています。しかし、本人も言っているように内田真礼さんは声優の仕事を本業だと強く意識しており、また声優の仕事が大好きだと話しています。
実際、声優としての仕事は現在でもコンスタントに主役やメインキャラクターへの出演が増加しており、自分自身の性格を「こだわりが強い」「チャレンジすることが好き」と話しているように、徐々に演技の幅も広がりつつあります。
また2013年に演じた『ガッチャマン クラウズ』の一ノ瀬はじめ役などの演技が評価され、2014年には第8回声優アワードにて新人女優賞を受賞し、人気実力ともに人気声優としての地位を確立しました。

アホかわいい!内田真礼さんのエピソード!


人気実力共に認められている内田真礼さんですが、ファンの間では内田さんはアホかわいい子という認識が持たれています。2017年6月にニコニコ生放送で放送された『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~暗黒ミサの会~祝~』でも内田さんは面白回答を繰り広げました。
その『中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~暗黒ミサの会~祝~』では放送内で「100から1を引いた数を二乗すると?」という問題が出題され、内田さんだけが不正解だったのですが、その時の回答が「100-1=99」という通常はあり得ない等式で、共演者たちをざわつかせました。
また、内田さんが司会を務めるインターネットラジオ番組『内田真礼とおはなししません?』の公開収録では、都道府県の数を47ではなく「48」と答えたことで、会場内のファンから総ツッコミを受けるはめになってしまいました。そんなアホかわいさも内田真礼さんの魅力の一つかもしれませんね。

内田真礼さんはアーティストとしても活躍中!

数々のライブにも出演

出典:https://www.amazon.co.jp

声優や顔出しでの出演でも人気の内田真礼さんですが、2014年にはテレビアニメ『悪魔のリドル』の主題歌「創傷イノセンス」ソロアーティストとしてデビューを果たしており、アーティストとしても人気を博しています。
その後も数々のシングルやアルバムを発売しており、2015年にはソロアーティストとしてアニサマに出場、翌年2016年には中野サンプラザでワンマンライブを成功させ、2018年からはワンマンライブツアーを行う予定であり、その人気は留まるところを知りません。
内田さんの曲の中でも特に人気なのは、ファーストアルバム「PENKI」にも収録されているアニメ『俺、ツインテールになります。』の主題歌「ギミー!レボリューション」で、歌の中に内田真礼さんの様々なかわいいかけ声が入っており、ファンであれば一度は聞いてほしい名曲です。

声優・アーティストとしての内田真礼さんの活躍に期待!

出典:https://www.amazon.co.jp

内田真礼さんは、2009年に声優デビューしてから徐々に活躍の場を広げ2012年に放送されたテレビアニメ『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役でブレイクを果たし人気声優の仲間入りを果たしました。
また、内田さんは声優としての仕事以外にも特撮ドラマで女優として出演、WebCMに出演、写真集の発売、「週刊ヤングジャンプ」で巻頭グラビアを披露するなど、顔を出した仕事でもマルチに活躍しており、特にWebCMではYoutubeで再生回数が合計320万回以上になる人気ぶりを見せました。
更に内田さんは2014年にソロアーティストとしてデビューしてから、コンスタントにシングルやアルバムを発売、2015年にはアニサマに出場し、2018年からはワンマンライブツアーが予定されています。これからも声優として、またアーティストやタレントとして輝いていく内田真礼さんの活躍に期待したいと思います!