声優・長縄まりあが演じるアニメキャラまとめ!万能な演技が光る役に期待間違いなし!

美少女キャラクターの声優を多く担当する期待の新鋭・長縄まりあさんが演じているアニメキャラについてまとめてご紹介します!長縄さんの万能な演技が醸し出す魅力とは……。各キャラクターの說明とともに徹底紹介していきます!

長縄まりあさんのプロフィール

長縄まりあさん「まりあんぬ」の愛称で知られる声優です。出身地は愛知県、生年月日は1995年8月5日、身長は154㎝、アイムエンタープライズという事務所に所属しています。

好きな食べ物はせんべい、スナック菓子、サーモン、ガリで、特技は三河弁となかなか渋い組み合わせ。日本ナレーション演技研究所からオーディションに合格し、アイムエンタープライズの所属となりました。

長縄さんが声優として活動を始めたのは2014年からで、テレビアニメ版『四月は君の噓』でデビューしました。長縄まりあさんは憧れの声優として大谷育江さんと釘宮理恵さんを挙げており、仲がいい声優には同期の小澤亜李さんや本渡楓さん、大森日雅さん、鈴木絵里さん、田澤茉純さんなどがいます。それでは、長縄まりあさんが演じているアニメキャラについてご紹介していきます!

ティアミリス・グレ・フォルトーゼ『六畳間の侵略者!?』

出典:https://www.amazon.co.jp

ティアミリス・グレ・フォルトーゼ『六畳間の侵略者!?』に登場します。ティアミリスは宇宙の遥か遠くにある神聖フォルトーゼ銀河皇国の第7皇女で、「ティア」の愛称で呼ばれています。皇帝の資格を得るために幼馴染であり護衛官であるルースカニア・ナイ・パルドムシーハと一緒に地球にやってきました。

ティアミリスが皇帝になるための試練には指定された座標の知的生命体に忠誠を誓わせるというものであり、そこはちょうど主人公・里見孝太郎が住むころな荘の106号室でした。ティアミリスはプライドが高く負けず嫌いな性格で、容姿が幼いことをコンプレックスに思っています。

ティアミリス・グレ・フォルトーゼは、長縄まりあさんが演じた初めてのメインキャラクターとなります。ティアミリスの容姿に合った幼い声色が特徴的です。主人公、孝太郎の羨ましくも受難の日々をぜひチェックしてください!

橘紫苑『あにトレ!EX』

橘紫苑(たちばなしおん)『あにトレ!EX』に登場するキャラクター。16歳の高校1年生で、本名は明子(あきこ)です。コンビニエンスストア「MINI SPOT」でアルバイトの店員として働いています。ちなみに、第1話でも店員として登場しています。

中二病で「漆黒の闇世界テネブラエより降臨した堕天使」なる不思議系(厨二系?)の少女を気取っていますが、実は素直なドジっ子です。コンビニでの知り合いである星あさみに中二病のことを聞かれると明らかに動揺するなどといったボロを出してしまうこともしばしばあるのが非常にかわいい……。

長縄まりあさんは、『あにトレ!EX』の第2期である『あにトレ!XX~ひとつ屋根の下で~』でももちろん橘紫苑を演じています。長縄まりあさん演じる紫苑と少しきわどいトレーニングができるのは本シリーズだけ……!

根岸まさ子『小森さんは断れない!』

根岸まさ子『小森さんは断れない!』に登場するキャラクター。根岸まさ子は主人公・小森しゅりのクラスメイトであり親友で、意外にも2年生、3年生では学級委員長を務めています。朝が苦手な遅刻魔で、委員長権限を行使して(明らかな越権行為ですが)投稿時間を後だおしにしようと画策したことも。

小学生の頃は読書ばかりしていたため友達がいませんでしたが、中学生になるとしゅりと話したことで仲良くなりました。しゅりとは同性ですが彼女に好意を抱いており、しゅりに近付く大谷九郎を若干敵視しています。

根岸まさ子を演じた際の声色は静かながら根暗というイメージはありません。クールさとシニカルさの漂うほどよい雰囲気となっています。ジト目と長縄まりあボイスの相性の良さを証明したキャラクターでした。

松嶋あい『不思議なソメラちゃん』

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

松嶋あい『不思議なソメラちゃん』に登場するキャラクター。松嶋あいは主人公・野乃本ソメラの友達で、ソメラとはまた違った方向性で不思議な言動が目立ちます。また、暴力的であるためソメラと喧嘩になることもしばしば……。

松嶋あいは『不思議なソメラちゃん』が連載された初期の新キャラオーディションに何故か腕にフランスパンをつけて登場しました。しかし、審査員のソメラたちに「フランスパンはない」と言われてあえなく落選……。それにもかかわらず、何故かレギュラー化しました。

長縄まりあさんが松嶋あいのようなギャグキャラを演じるのはなかなか珍しいかと思います。とはいえ、可愛らしい声色は他のアニメキャラと変わりません!

雪娘『奇異太郎少年の妖怪絵日記』

雪娘『奇異太郎少年の妖怪絵日記』に登場します。雪娘は雪女の娘で、ヒロインであり座敷童のすずとは友達です。すずや狐からは「ユキ」と呼ばれています。奇異太郎のことはお兄ちゃんと呼んでおり、雪娘は『奇異太郎少年の妖怪絵日記』の中で唯一年下であるため妹的ポジションでもあります。

毒舌な雪女の娘ですが、素直で礼儀正しい性格なのがかわいいですね!しかし、たまに雪女譲りの一面を見せることもあります。雪女の血を引いているため、お約束のように暑い季節には弱いです。また、奇異太郎に好意を寄せており、なかなか大胆にアプローチすることも……。

雪娘を演じた際の長縄まりあさんの演技は少女らしい幼い声色となっています。雪女のマネをした毒舌な台詞もあり、ギャップがたまらないキャラクターになっています!

エイミー・ギリアム『紅殻のパンドラ』


エイミー・ギリアム『紅殻のパンドラ』に登場するキャラクター。エイミーはセナンクル島の病院にいた少女であり、右脚を義体化しています。元気で活発な性格で、他の子供たちからは「オヤブン」と呼ばれています。名前は映画プロデューサーのエイミー・ギリアムから取られている裏設定が……。ちなみにエイミー・ギリアムは『Dr.パルナサスの鏡』なども手がけています。

エイミーが初登場したのはEpisode7。市街地破壊の被災者であり、被災者キャンプで暮らしていましたが、後に仮設住宅で暮らしています。

エイミー・ギリアムも少女らしい声色となっています。長縄まりあさんは、幼い少女の役やティーンの女の子の役を演じると非常にマッチしますよね

ラ・クルシェ『最弱無敗の神装機竜』

ラ・クルシェ『最弱無敗の神装機竜(バハムート)』に登場するヒロインのひとり。ラ・クルシェは遺跡・方舟の中で眠っていた自動人形の少女で、方舟の統括者です。

記憶を失っていましたが、方舟の中枢で記憶を回復させて『最弱無敗の神装機竜』の主人公・ルクス・アーカディアたちを抹殺しようと装甲機竜で襲いかかりました。ラ・クルシェは敵ながら魅力のあるキャラクターとなっています。

ここまででご紹介しましたアニメキャラの中では、どちらかというとサブキャラの部類に入りますが、ラ・クルシェもまた一定数の人気を持っているようです!長縄まりあさんにはどんなキャラクターでも魅力的に見せてしまう力を持っているのかもしれませんね……!

本田珠輝『ステラのまほう』

本田珠樹(ほんだたまき)『ステラのまほう』に登場するキャラクターのひとり。誕生日は8月28日、年齢は15歳、身長は148㎝、SNS(死んだ魚の目日照不足シャトルラン)部に所属しています。たまきは『ステラのまほう』の主人公であり、布田裕美音とは小学生の頃からの幼馴染です。

単身赴任でほとんど家にいない父、見た目がそっくりな母、温和だが怒ると怖い祖母と一緒に住んでおり、極度のお父さんっ子です。一見すると大人しそうですが、「男体化すると攻めキャラ」と言われるほどには芯が強い攻めキャラに……。

原作とアニメでは作画がかなり異なる『ステラのまほう』。しかし、長縄まりあさんの声色はどちらにもマッチしています。キャラクターの違いを感じさせないのも長縄まりあさんの実力なのかもしれません!

趙櫻蘭『ブブキ・ブランキ 星の巨人』

趙櫻蘭(ちょうおうらん)『ブブキ・ブランキ 星の巨人』のキャラクター。趙櫻蘭はチームアジアに所属しており、バトロフの右手であるグローブ型のバーニング・テツレンカというブブキを受け継いでいます。

うさぎの耳がついたヘアバンド、うさぎのリュックサックが特徴的で、普段は大人しい性格ですが……その戦闘スタイルはバーニング・テツレンカを活かした速さ、瞬発力に優れたボクサータイプと意外性抜群。他のブブキ使いを道具のように扱うバトロフの心臓・劉毅のことは見るだけで震えるほど怖がっています。

趙櫻蘭を演じてから、心なしか長縄まりあさんが演じるアニメキャラの白髪率が増えているような気がしますね……。長縄まりあさんといえば白髪のアニメキャラを連想する方も多いのではないでしょうか?
こちらの記事もチェック!

カンナカムイ『小林さんちのメイドラゴン』


カンナカムイ『小林さんちのメイドラゴン』に登場するキャラクター。種族はドラゴンで、世を忍ぶために仮の名前、仮の身分を使っています。戸籍上の名前は一応保護者ということになっている小林の姓を借りた小林カンナ、仮の身分は小学生です。

メイドの衣装を着たドラゴン・トールの知り合いで、彼女のことは「トール様」と呼んで慕っています。悪戯が原因で故郷を追放され、行くあてがなく一人となっていたことから、トールと同居している小林さん宅の2人目の居候となります。友達の才川リコから少し度を越えたレベルに溺愛されており、結婚したいとまで言われるほど。また、「マジやばくね」を魔法の言葉としてよく口にしています。

カンナカムイは長縄まりあさんが演じたアニメキャラの中でも特に有名ですよね。また、同時に長縄まりあさんの知名度をさらに上げたアニメキャラでもあります。マスコット的な可愛さと時に見せるドラゴンっぽさ(セミとか食べちゃう)が爆発的な人気を博しました!こちらの記事もチェック!

こめっこ『この素晴らしい世界に祝福を!2』

こめっこ『この素晴らしい世界に祝福を!2』に登場します。こめっこはめぐみんの5歳の妹で、食欲旺盛であるため常にお腹を空かせています。ちょむすけという変わった黒猫を食べ物として連れて帰りましたが、めぐみんによって助けられました。

こめっこは本来『この素晴らしい世界に祝福を!』のスピンオフ作品である『この素晴らしき世界に爆焔を!』の登場人物ですが、本編にも登場しています。ちなみに、角川スニーカー文庫公式サイトTV化記念キャラクター人気投票では第9位にランクインしています。

こめっこの登場は原作、アニメ共にそう多くはありませんが、上記でもご紹介しましたように人気投票では第9位となっています。サブキャラでありながらここまでの人気があるのもやはり長縄まりあさんの力も関係しているでしょう(それと皆さん妹が好きなようですね)!こちらの記事もチェック!

千石冠『スロウスタート』

出典:https://www.amazon.co.jp

千石冠(せんごくかむり)『スロウスタート』に登場するヒロインのひとり。誕生日は10月30日、星座はさそり座、身長は136㎝、体重は30㎏、血液型はAB型です。冠は主人公・一之瀬花名のクラスメイトの1人であり、かなりの人見知りであるためクラスメイトの十倉栄依子がいないとついオドオドしてしまいます。

小学生の頃から身長がほとんど伸びていないため、小学生や中学生の制服を着てもぴったり合ってしまいます。ただし、小さいと言うと怒るなど、かわいいポイントが非常に多いキャラクター。体格に似合わず食べることが好きで、またさらに以外なことに陸上部から勧誘されるほど足が速いです(兎っぽいからでしょうか)。

千石冠はカンナカムイと雰囲気が似ているということもあり、長縄まりあさんの2大代表的アニメキャラとなっています。冠がだんだんと栄依子以外のキャラクターに心をひらいていく過程を見るのも本作『スロウスタート』の醍醐味ですね。

血小板『はたらく細胞』

血小板『はたらく細胞』に登場するキャラクター(細胞?)。血小板はたくさんいる血小板の中の1人で、長い茶髪が特徴的なかわいい女の子。血小板は血管が傷付いた時に集合して傷口を塞ぐ役割を持っています。この傷口が乾くとかさぶたになるのはおなじみの作用ですよね。

血小板は全員が少女(または少年)の姿をしており、血小板と書かれた帽子、Tシャツ、半ズボン、長靴といった服装もお揃いとなっています……かわいい……。血小板は『はたらく細胞』の中でもメインキャラクターとなっており、細胞たちの中でもよく活躍する部類に入ります。

相変わらずメインキャラクターを演じることが多い長縄まりあさん。さらに長縄まりあさんの活躍の場が広がりつつあります。今後もさらなる活躍と人気が期待できそうです。『はたらく細胞』原作ファンも納得のかわいさを誇る演技ではないでしょうか?
こちらの記事もチェック!

長縄まりあさんの今後の活躍にも注目!

いかがでしたでしょうか。長縄まりあさんが演じているアニメキャラについて知ることができましたでしょうか。長縄まりあさんはデビューしてまだ間もないながらも多くのメインキャラクターを演じている声優でした。

こうしてまとめてみると、比較的幼い少女役、白髪の少女役を演じているのが多いことがよくわかりますね。このことからもはっきりしているように、長縄まりあさんは幼いキャラクターによく合う声質のようです。どのアニメにも少なくとも1人はそんなキャラクターが登場しますので、今後も活躍に期待ができそうですね。

それでは、最後まで閲覧していただきましてありがとうございました。長縄まりあさんが演じているアニメキャラが登場しましたら、是非とも注目してみてください。