声優・黒沢ともよが演じるアニメキャラまとめ!宝石の国やユーフォニアムなど話題作が満載

元子役としても知られる黒沢ともよさんは、数々の話題作に出演しており、2018年には声優アワード主演女優賞を受賞しました。そこで今回はこれまで黒沢ともよさんが演じてきたアニメキャラについてまとめてみました!

元子役声優・黒沢ともよってどんな人?


黒沢ともよさんは、1996年埼玉県出身の声優です。3歳のころから演技の勉強を始めており、2000年頃から子役として大河ドラマに出演している他、舞台、CMなど様々な場所で活躍してきました。また、2005年にはミュージカルにも出演しており、これをきっかけに歌を通した活動も開始します。
2006年には『ポンキッキ』内で放送されたアニメの主題歌も務めており、同じ年には歌舞伎にも出演しています。声優としての活動は、2010年に公開された劇場アニメ『宇宙ショーへようこそ』の小山夏紀役がデビュー作であり、同時に初主演作となりました。
劇団の退団後は事務所をマウスプロモーションに移し、本格的に声優として活動を開始、2015年には『響け! ユーフォニアム』の黄前久美子役でテレビアニメ初主演を果たし、2018年には第12回声優アワード主演女優賞を受賞しました。今回はそんな実力派声優・黒沢ともよさんの軌跡を演じたキャラクターとともに紹介していきたいと思います!

有栖川おとめ『アイカツ!』

可愛いものが大好きな努力家アイドル

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『アイカツ!』は、バンダイが発売するデータカードダスゲーム「アイカツ!」を原作としたアニメで、テレビ東京系列で約4年間放送されました。主人公の星宮いちごがトップアイドル神崎美月のコンサートに衝撃を受け、親友のあおいと共にアイドルの育成学校へ編入し、トップアイドルを目指す物語です。
黒沢さんが演じている有栖川おとめは、黒沢さんが本格的に声優業を始めてから初めてテレビアニメでメインキャラクターを務めたキャラクターで、主人公のいちごたちが編入したアイドル育成学校「スターライト学園」の同級生です。
いちごたちとクラスは違うものの仲はよく、よく「ポップコーン」を差し入れしています。可愛いものや甘いものが大好きで、気に入ったものに対して「らぶゆー」という口癖があったり、お礼を言う時の言葉が「ペコペコリーン」など、独特の言葉づかいをしていますが、一方で努力家としての一面も持っています。天真爛漫ながらも他者への気遣いをわすれない、出来た女の子ですね……。

こちらの記事もチェック!

ガァララ・ス・リープ『アイドルタイムプリパラ』

恨みに捉われた古代妖精

『アイドルタイムプリパラ』は、タカラトミーアーツとシンソフィアが共同開発をした、「アイドルタイムプリパラ」というアーケードゲームを原作としたアニメの第2シーズンです。第1シーズンでは主人公の真中らぁらが誰でもアイドルになれるテーマパーク・プリパラタウンで神アイドルを目指す物語でした。
第2シーズンでは、らぁらに加えて新しく夢川ゆいが主人公として加わり、場所も新しくプリパラタウンがオープンしたパパラ宿へと移りました。黒沢さんが演じているガァララ・ス・リープは、古代プリパラの夜の妖精で、昼の妖精であるファララと瓜二つのボーカルドールです。
ガァララは、夜にファララが寝ている時間しか行動できず、その運命を変えるために行動、結果的にファララを永遠の眠りにつかせる事態を招いてしまいました。ガァララはファララに恨みを抱いており、ファララの復活を阻止するために暗躍しますが、最終的にファララと和解を果たしました。その行動はたしかに悪事かもしれませんが、一概に責められない哀しみが……黒沢ともよさんらしい難しいキャラクターでした。

こちらの記事もチェック!

ティナ・スプラウト『ブラック・ブレット』

「黒い風(サイレントキラー)」の二つ名を持つ狙撃の名手

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『ブラック・ブレット』は、神崎紫電によるライトノベル小説。2014年からテレビアニメが放送されました。物語は、人間を怪物化させる寄生生物「ガストレア」が現れたことによって、「ガストレア」が嫌う金属で作られた結界の中に人類が追い込まれた近未来を描いています。
主人公の里見蓮太郎は、ガストレアに対抗する力を持った「イニシエーター」と呼ばれる少女を指導する「プロモーター」であり、この「イニシエーター」と共に「ガストレア」との戦いを繰り広げます。黒沢さんが演じているティナ・スプラウトは、この「イニシエーター」と呼ばれる少女の一人です。
ティナは、「黒い風(サイレントキラー)」の二つ名を持つ狙撃の名手。フクロウの因子を持つことから夜目が利き、1km以上先の目標を百発百中で打ち抜くことができます。また、狙撃以外にもマシンガンの扱いにも長け、特殊インターフェイス【シェンフィールド】の支援戦闘、ナイフを使った格闘もこなせるオールラウンダーです。序列九十八位という驚異の実力を持つ最強の幼女キャラということで、多くの紳士が魅了されたことは言うまでもありません……。

こちらの記事もチェック!

シルフィー『甘城ブリリアントパーク』

ダンスが得意な風の妖精

出典:https://www.amazon.co.jp

『甘城ブリリアントパーク』は、『フルメタル・パニック!』シリーズで有名な賀東招二によるライトノベル小説で、「甘ブリ」の愛称で親しまれています。また、日本国外でも翻訳版の発売、スピンオフ小説、漫画化、アニメ化など、様々な展開を見せている人気作品です。
物語は、潰れかけたテーマパーク「甘城ブリリアントパーク」を再建するために主人公の可児江西也が奮闘し、「甘城ブリリアントパーク」のキャストたちとドタバタな日常を描くコメディ作品です。黒沢ともよさんが演じているのは、「甘城ブリリアントパーク」のキャストの一人で、風の妖精であるシルフィです。
シルフィは、アトラクション「エレメンタリオ」で他の四大元素の妖精たちと一緒に働いています。シルフィは、ダンスが得意なのですが、場の空気を読むことができず、よく突飛な行動を起こしてはメンバーに迷惑をかけています。アホの子扱いされていましたがなんでもそつなくこなすキャラということが発覚……意外でしたね。また、「しるこ」の名前でダンス動画を投稿している投稿者でもあります。

犬吠埼樹『結城友奈は勇者である』

歌手を目指す姉思いの女の子

出典:https://www.amazon.co.jp

『結城友奈は勇者である』は、Studio五組によるオリジナルアニメで、2014年から放送されて以来、2017年には第2期の放送と、それに伴う2期の先行劇場上映、スピンオフ小説の刊行、ゲームの発売など様々なメディア展開を果たしている人気作品です。
中学生の結城友奈は、「勇者部」という部活で部活動に励んでいましたが、ある日「勇者部」のメンバーが神樹によって選ばれた勇者であり、神樹を守るために「バーテックス」と呼ばれる敵を倒さなければいけないことを告げられ、友奈たちの闘いの日々が始まりました。
黒沢ともよさんが演じている犬吠埼樹は、この世界を統べる組織・大赦から派遣された使者である犬吠埼風の妹であり、勇者部の一人でもあります。樹は、大人しい性格で姉である風を敬愛しており、勇者として戦う中で姉の風と並べる存在になりたいと願うようになりました。また、歌手になりたいという密かな夢も持っています……が、とある理由から声が出なくなってしまい……。黒沢ともよボイスを聞きたいファンにとってはかなり悲しい展開になりました……。

こちらの記事もチェック!

奥沢美咲『BanG Dream!』

着ぐるみを着たかわいいDJ

『BanG Dream!』は、ブシロードが企画した、漫画、スマホ向けゲームアプリ、アニメなど様々な媒体でのメディアミックスプロジェクト。作中で登場するバンドは一部実際に声を当てている声優によってユニットが結成されており、日本武道館などで単独ライブも行っています。
幼い頃に星の鼓動を聞いたと言う主人公・戸山香澄はキラキラ、ドキドキしたものを探していました。そんなある日香澄は矢印と星に導かれ、赤いギターと市ヶ谷有咲と出会い、やがてガールズバンドを結成することを夢見るようになります。
黒沢ともよさんが演じていた奥沢美咲は、『BanG Dream!』に登場するバンドの一つ『ハロー、ハッピーワールド!』のメンバーの一人です。たまたまバイトで「ミッシェル」という着ぐるみを着ていた時に無理やりバンドへ加入させられ、それ以来バンドではDJの「ミッシェル」として活動を行っています。一見、他のメンバーに比べて地味めな印象ですが、その内面や言動を見るたびに好きになってしまう不思議な魅力があります……!

こちらの記事もチェック!

赤城みりあ『アイドルマスター シンデレラガールズ』

明るく元気な小学生アイドル

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、『THE IDOLM@STER』シリーズの一つで、バンダイナムコエンターテインメントとCygamesが共同開発、運営を行っているソーシャルゲームです。漫画やアニメ、音楽ゲーム、ライブなど様々なメディアミックスを行っており、人気コンテンツとなっています。
『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、アイドル事務所のプロデューサーとなり、アイドルたちを育成するゲームなのですが、黒沢ともよさんが演じている赤城みりあも、その事務所に所属しているアイドルの一人で、小学5年生にしてアイドル活動を行っています。
みりあは、趣味を「おしゃべり」と言っているように非常に社交的で好奇心が旺盛です。また、アイドルになった理由は可愛い服でダンスを踊りたいというもので、年相応の考え方や振る舞いをするのですが、一方でライブのパフォーマンスには高い向上心を抱いているような一面も持っています。また、小学生ながら不思議な包容力があり、現代社会につかれたPたちのこころの拠り所になっています。

こちらの記事もチェック!

黄前久美子『響け! ユーフォニアム』

冷めた性格のユーフォニアム奏者

出典:https://www.amazon.co.jp

『響け! ユーフォニアム』は、武田綾乃による小説。2014年に漫画化、2015年に京都アニメーションによりアニメ化をされており、アニメに関しては更に2016年に第2期が放送、2018年にはスピンオフ作品として「リズと青い鳥」が劇場上映され、同じ年に更に新作アニメが劇場上映される予定です。
物語は、京都宇治市にある架空の高校の吹奏楽部に、若い新任顧問が就いたことで吹奏楽コンクールの全国大会を目指して生徒たちが奮闘する様子を描いた青春物語です。作中では受験や、友情、恋や親との確執など高校生の悩みや葛藤がリアリティあふれる様子で描かれています。
黒沢さんが演じた黄前久美子は作中の主人公で、物事を一歩引いたところから眺めてしまう冷めた性格をしており、ユーフォニアムも小学生からやっていましたが、真剣には取り組んでいませんでした。しかし、高校での吹奏楽を通してやがて高みを目指すために熱い想いを抱くようになります。黒沢ともよさんの演技力が爆発している作品でもあるので、ファンは必見です……!

こちらの記事もチェック!

Liko『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』

美少女アバターの汎用支援ソフト

出典:https://www.amazon.co.jp

『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』は、3社共同プロデュースによるオリジナルアニメで、2016年に放送されました。流砂でビルが泥に沈む大規模な災害が発生し、その災害から復興しつつある近未来の東京を舞台に、パワードスーツを悪用する犯罪者を取り締まる警視庁の特殊部隊「機動強襲室第八係」の活躍を描いています。
黒沢さんが演じているLikoは、『アクティヴレイド』の世界に登場する様々なデジタルデバイスに導入されている汎用支援ソフトで、美少女の姿をした可愛いバーチャルキャラクターです。
しかし、その実国家騒乱を起こす目的でデジタル世界に干渉するために製作、運営されたトロイの木馬であり、Likoをインストールした状態でファイルを実行するとそのファイルがクラウドに保存されるシステムが利用され、大きな騒動へと発展しました。

フォスフォフィライト『宝石の国』

欠損を繰り返し成長していく主人公

『宝石の国』は市川春子による漫画で、現在『月刊アフタヌーン』で連載され、8巻まで刊行されています。また1巻が発売された後2014年に「このマンガがすごい! 」オトコ編の第10位に選ばれた人気漫画です。アニメは2017年に放送されました。
『宝石の国』は「古代」と呼ばれるほど昔に「にんげん」が存在した遠い未来の世界が舞台となっており、宝石の体を持った人型の生物が生まれています。宝石たちは28人おり、その宝石たちを装飾品にしようと月から来て襲ってくる「月人」たちとの戦いから、次第に世界の謎へと迫っていくストーリーとなっています。
黒沢さんが演じているのは、主人公のフォスフォフィライトで、体は燐葉石でできています。硬度が非常に脆いため、作中でも何度も欠損しており、その度に多くの記憶を失いながら外見や精神面で変化を見せてきています。外見だけでなく内面も大きく変化するフォスを黒沢ともよさんが演じきりました!声音の変化などに注意して観てみてください!

こちらの記事もチェック!

【宝石の国】あの宝石たちが人のカタチに!?宝石の国で活躍するキャラクターを一覧でご紹介! | festy(フェスティー)

■2017年冬にテレビアニメ化もされた市川春子の人気作品『宝石の国』!たくさんの宝石たちが、少年のような少女のようなキュートな姿で登場します。登場するキャラクターがたくさんなので、こちらの一覧記事で確認がオススメですよ!物語のネタバレも含みますのでご注意くださいね。

急成長していく声優・黒沢ともよの活躍に期待!


黒沢ともよさんは、3歳から演技の勉強を始め、子役として多くの作品に出演してきました。また、ミュージカルに出演してからは歌を通した活動も精力的に行うようになり、歌唱力についてもしっかりとした土台を持っています。
そのため、声優として活動するようになってから、その表現力ですぐに多くの作品でメインキャラクターを務めるようになり、2018年には声優アワード主演女優賞を受賞するまでになりました。また、歌に関しても主題歌を担当したり、多くのキャラソンやライブへの出演で高いパフォーマンスを見せています。
今人気が急上昇していることもあり、今後はソロアーティストとしての活動なども期待されています。演技経験も豊富で、歌唱力にも定評のある黒沢ともよさんは、これからも様々な作品で活躍していくことでしょう。今後も黒沢ともよさんの活躍に期待していきたいと思います!