【俺ガイル】名言&名シーン厳選ベスト20!ひねくれボッチ過ぎる【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】 

【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】通称『俺ガイル』は、このライトノベルがすごい!「 2014~2016」にて作品部門1位を獲得して殿堂入りを果たし、アニメや主演声優がパーソナリティーを務めるwebラジオも大好評となった作品です。そんなライトノベル・アニメファンから絶大な人気を得る魅力的なキャラクターが織りなす『俺ガイル』の厳選した名言&名シーンのベスト20を紹介します!


【俺ガイル】名言&名シーン厳選ベスト20を紹介!!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。とは!?

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(やはりおれのせいしゅんラブコメはまちがっている。)」は、「渡航」著書の2011年から「ガガガ文庫」にて出版されている学園・ラブコメライトノベルです。アニメはアニメは第1期が2013年、第2期が2015年に放送されました。

主人公のひねくれボッチ「比企谷八幡(ひきがや はちまん)」と、本作のメインヒロイン「雪ノ下雪乃(ゆきのした ゆきの)」と、本作のもう一人のメインヒロイン「由比ヶ浜結衣(ゆいがはま ゆい)」の総武高校2年生の3人が悩みや相談事をサポートしたり解決する部活「奉仕部(ほうしぶ)」を中心に描かれた物語です。

主人公が捻くれているばっかりに、青春を満喫していないラブコメ作品の名言・名シーン20選を紹介したいと思います!

『俺ガイル』名言&名シーン第20位

ごみいちゃん(比企谷小町)

出典:https://www.amazon.co.jp

主人公の比企谷八幡には中学3年生の妹「小町(こまち)」が居ます。兄妹仲は良く、女子と接することに抵抗がある八幡ですが、小町のことはとても可愛がっています。小町の方からも何時も八幡のことを気にかけることも多く、仲睦まじい姿が伺えます。

しかし、八幡の捻くれぶりや怠惰な性格は妹から見ても引いていて、しまいには「お兄ちゃん」ではなく「ごみいちゃん」と呼び出す程です!作中では1度だけではなく日常的に呼んでいるので、小町はツンデレではない新たなタイプの妹キャラですね!

こちらの記事もチェック!

『俺ガイル』名言&名シーン第19位

川なんとかさん(比企谷八幡)

出典:https://www.amazon.co.jp

八幡と同じクラスに在籍する「川崎沙希(かわさき さき)」は、無口な上にクールな性格で人が近寄りがたい雰囲気を纏っています。何時も教室では1人で居ることが多く、あまり積極的に人と関わらないので八幡と同じくボッチ状態。

もちろん八幡とも接点がなく「川なんとかさん」と苗字すらいつまで経っても覚えてもらえません!しかし、同じクラスの「海老名姫菜(えびな ひな)」からは「サキサキ」と勝手に親しみを込めたあだ名を付けられて呼ばれますが、気に入らない様子で毎回「サキサキ」言うな!とツッコみます。

『俺ガイル』名言&名シーン第18位

君の目は、死んだ魚のような目だな(平塚静)

出典:https://www.amazon.co.jp

総武高校の生活指導と奉仕部の顧問も担当している国語教師の「平塚静(ひらつか しずか)」先生に呼び出された八幡ですが、あまりにも表情が良くないので「死んだ魚のような目」をしていると指摘されてしまいます。

しかし、頭の回転が速い八幡は「そんなDHA豊富そうに見えますか?賢そうっすね!」と表情は引き攣っていてもポジティブな返しで答えます。残念なことに、もし八幡がDHA豊富で賢くても「死んだ魚のような目」であることに変わりはないのでした…。

『俺ガイル』名言&名シーン第17位

守りたい、この笑顔。(比企谷八幡)

八幡はクラスメイトの男子生徒「戸塚彩加(とつか さいか)」とは仲がよく、戸塚からもよく八幡に話しかけてくれます。修学旅行の班を決める時も戸塚の方からやって来て、自分はまだ誰と組むか決まってないと言って照れ笑い。それを見た八幡は「守りたい、この笑顔」と心の中で呟きます。

怠惰な八幡を瞬時に笑顔にしたり照れさせたり、更には「守りたい」何かになってしまう戸塚も凄いですね。八幡の所に積極的に来てくれる戸塚の優しさに既に「守られている」かもしれません!

『俺ガイル』名言&名シーン第16位

人の粗探しは俺の108の特技のひとつだ(比企谷八幡)

奉仕部の活動で少し気にかかる調べ事の頼みを由比ヶ浜にする雪ノ下ですが、由比ヶ浜の気乗りしない表情を見て「ごめんなさい、あまり気持ちのいいものじゃなかったわよね」と諦めようとしますが、八幡が代わりに自分がやると名乗りをあげました。

一見、自らが泥をかぶってまで由比ヶ浜を庇ったように見えますが、「人の粗探しは俺の108の特技のひとつだ」と、得意気に残念な特技を明かします。雪ノ下は呆れた様子で「あまり期待せずに待ってるわ」と返し、八幡の特技は誰も得しないことが分かったのでした。

『俺ガイル』名言&名シーン第15位

ヒッキーキモい、いやマジキモいから(由比ヶ浜結衣)

出典:https://www.amazon.co.jp

総武高校の八幡より1学年下の「一色いろは(いっしき いろは)」が奉仕部に尋ねて来た時に、いろはの誕生日が4月であることをサラッと発言した八幡ですが、由比ヶ浜から「こわっ、何で誕生日知ってるの?」と気持ち悪がられてしまいます。

誕生日を知られていた いろはもキョトンとした様子で驚いていましたが、八幡が勝手に知っていたのではなく実は いろはが以前に何度も自分が4月生まれであることをアピールしていたのを八幡は覚えていて、いろはが忘れていただけでした。人の誕生日を知っていただけでキモがられる八幡可哀想!

こちらの記事もチェック!

『俺ガイル』名言&名シーン第14位

雪ノ下に泣かされる(三浦優美子)

出典:https://www.amazon.co.jp

小学生の夏休みのキャンプのサポートに奉仕部員と、八幡のクラスメイト数人と小町が集まりました。違うクラスですが普段から雪ノ下と「三浦優美子(みうら ゆみこ)」は折り合いが悪く、キャンプ場でも三浦の意見を雪ノ下が否定してバトルが勃発…。

何時も冷静に見える雪ノ下ですが、三浦の適当な提案や発言には厳しく反論を繰り返し、30分程論破して泣かせてしまいます!雪ノ下は外に出てクールダウンしていると八幡に遭遇し、三浦が「泣くとは思わなかった」と伝えます。雪ノ下でも人の涙に弱いことが分かり、八幡は「俺も今度からわんわん泣こう」と心に誓ったのでした。

『俺ガイル』名言&名シーン第13位

ま、まぁほら!人の噂も四十九日っていうじゃん!(由比ヶ浜結衣)

出典:https://www.amazon.co.jp

雪ノ下と葉山が偶然外で会たのを誰かが見かけて2人が付き合っていると学校内で噂が広がり、八幡のクラスで大岡が葉山に直接尋ねると葉山は怒った様子で否定します。更には雪ノ下の所にも いろはや三浦がやって来て同じことを聞かれてうんざりします…。

由比ヶ浜は「こないだ出かけたときあるじゃん。それを誰かが見て誤解してるみたい」とフォローすると、雪ノ下は「ゲスの勘ぐりというやつね」と呆れますが、由比ヶ浜は「人の噂も四十九日」だからと間違っている慰めをして、八幡に「七十五日な(最近法事でもあったの?)」とツッコまれます。天然ボケは場の雰囲気が和みますね。

『俺ガイル』名言&名シーン第12位

そういう無邪気な行動がですね…多くの男子を勘違いさせ 結果死地へと送り込む事になるんですよ(比企谷八幡)

修学旅行で京都へ向かう道中の新幹線で八幡は戸塚の隣に座ります。途中「富士山」が見えると戸塚が窓の外を指差すと、見ようとした八幡は戸塚と距離感が近づいて何故か赤面。更に由比ヶ浜も富士山を見ようと八幡に寄りかかります。

八幡は、由比ヶ浜の行動に対して「今後、『ボディタッチはしない。』『休み時間や放課後男子の席に座らない。』『忘れ物をしても男子から借りない』徹底して下さいね。」と、頭の中で様々な思考を過ぎらせていると気が付けば自分が戸塚を壁ドンして困らせていました。修学旅行の序盤から飛ばし過ぎな展開!?

『俺ガイル』名言&名シーン第11位

ヒキタニ君、悪いけど俺負けねえから(戸部翔)

修学旅行前に奉仕部へとやって来た「戸部翔(とべ かける)」は「海老名姫菜(えびな ひな)」に告白したいのでサポートするように依頼します。しかし、海老名からも直接口にはしませんが「戸部の告白を未然に防いでほしい」と言うサインを奉仕部に送ります。

このままだと戸部は振られることは決定していて、丸く収める方法は一つしか無い…と八幡が戸部の告白を遮り先に告白して振られてしまいました!これには戸部も「振られる前に分かったけど、ないわ~」と言いつつ八幡のことを恋のライバルだと勘違いします。甘酸っぱい青春を戸部だけでも味わえて良かったです。

『俺ガイル』名言&名シーン第10位

今の小町的にポイント高い(比企谷小町)

出典:https://www.amazon.co.jp

八幡が1番心の声ではなく、本当に思っていることを口に出して話せる相手は妹の小町ぐらいです。小町は八幡に好かれていることを前提に可愛いアピールに余念がないですが、その度に「今の小町的にポイント高い!」と自分を高評価する癖があります。

本当に可愛い時と八幡的にそうでも無いことも多く、「小町が妹じゃなかったらお兄ちゃん小町に近づきすらしないと思うよ」と本心を語った上で「その仮定はともかく、お前が妹で良かったと思うけどな今の八幡的にポイント高い!」と言い合う仲良し兄妹…。似てないようでやっぱり似ています。

『俺ガイル』名言&名シーン第9位

私は雪ノ下雪乃。そこのは…ヒキ、ヒキガ、…ヒキガエル君だったかしら(雪ノ下雪乃)

出典:https://www.amazon.co.jp

小学生の夏休みキャンプのサポートをしている奉仕部員は、輪から外れて1人で居た女の子に声をかけると名前を尋ねられました。雪ノ下は、「人に名前を尋ねる時は、まず自分から名乗るものよ」と、注意すると「鶴見留美(つるみ るみ)」と答えたので雪ノ下も名乗ります。

その流れで八幡のことを紹介しようとする雪ノ下ですが、絶対に知っているのに口が裂けても「比企谷八幡」とは言わず、知らずに「ヒキガエル」と、八幡の昔のあだ名を掘り返します。雪ノ下の発言は何時も筋が通っていてボケたりしませんが、八幡にだけは心を許しているのか嫌いなのか分からない返しをする雪ノ下です。
こちらの記事もチェック!

『俺ガイル』名言&名シーン第8位

だから、最初から八幡と一緒に行くって決めてたのっ!!!(戸塚彩加)

出典:https://www.amazon.co.jp

授業の一環で職場見学をすることとなりグループ分けで行動する際に、八幡はまだ誰と組むか決まっていませんが、戸塚は「僕はもう決めてるよ」と答えます。八幡は自分が一緒に組む男子の友達も居ない…と、呟くと戸塚は「僕、男の子だけど…?」と笑いかけてくれます。

しかし、八幡は「(果たして俺達は友達と呼べるのだろうか…?)」と複雑な心境。そんな時に葉山が八幡に一緒に組もうと誘い、あと1人を探していると戸塚が「八幡、僕は?」と、戸塚が決めていた一緒に組む相手とは八幡だったことが発覚します!!ボッチの八幡にも友達が出来たかもしれません…。

こちらの記事もチェック!

『俺ガイル』名言&名シーン第7位

もしかして先輩って頭いいんですか?(一色いろは)

出典:https://www.amazon.co.jp

いろはは、何かにつけて八幡に告白されたと勝手に解釈して毎回酷い理由を付けては断ることを繰り返しますが、それでも何かと奉仕部や八幡を頼りにして歩み寄り、いろはが生徒会長に立候補した時も八幡に手助けを頼みに来ました。

意地で立候補したものの、落選しても悔しいし当選しても面倒だと感じているいろはに、八幡が全てにおいてメリットだらけで合点がいくプラン案を話し、何時も八幡を貶していたいろはも、頭の回転が速い八幡に関心を覚え「先輩に乗せられてあげます」と心を開きます。本当にデレた瞬間ですね!

こちらの記事もチェック!

『俺ガイル』名言&名シーン第6位

盛大に鼻血を吹き出す(海老名姫菜)



公開腐女子の海老名は普段からクラスの男子を勝手な解釈でカップリングして楽しそうにしていて、文化祭でクラスの出し物が演劇に決まると海老名は張り切って脚本を書き、配役も決めて演技指導にも熱が入ります。

学校内でもルックスに定評のある葉山と戸塚を掛け合わせた演劇に、自分で書いた脚本内容にも関わらず練習中に鼻血を吹き出します…。本番では更に、大量の鼻血を吹き出した上倒れ込む始末!?距離の近い葉山と戸塚の演技を見て、八幡も爪を噛んで悔しがります。海老名嬢が倒れている間に美味しい展開を見逃していると教えてあげたいですね(笑)

『俺ガイル』名言&名シーン第5位

ほんとうに怖い、このまま迷わず戸塚ルートに入ってしまいそうでほんとに怖い(比企谷八幡)

出典:https://www.amazon.co.jp

小学生が集まったキャンプの肝試しに、八幡達は脅かせる側の役割で用意された衣裳を身にまといます。着替えた戸塚は「魔法使いってオバケかなぁ?怖くないよね?」と八幡に尋ねますが、「戸塚ルートに入ってしまいそうでほんとに怖い」違った意味の怖さを覚えます。

「雪ノ下」「由比ヶ浜」「いろは」の3人のヒロインには、強く可愛い・好きと感じることは少なく、逆に貶される言葉を浴びせられ傷付くことの方が多いです。しかし、戸塚とは友好的な関係で、八幡は確実に可愛いと感じてドキドキしたり自分でもいけない方に向かっていることを自覚しています…。戸塚で目覚めた男性ファンも多数存在する模様。

『俺ガイル』名言&名シーン第4位

結局本当に人を好きになったことがないんだろうな、君も、俺も(葉山隼人)

八幡は中学生時代に告白して振られた「折本かおり(おりもと かおり)」と女友達が、葉山と遊ぶ約束をしたのに付き合わされ嫌々4人で出掛けることに…。その時葉山から「ああいうのがタイプだったのか、意外だな」と言われますが、八幡は折本だけじゃなく違うタイプの人でも好きだったと話します。

恋愛の話しを積極的にしない葉山が以前、好きな人のイニシャルを答えるように言われた時には「Y」と呟きました。しかし、「本当に人を好きになったことがないから勘違いしていた」と感じて八幡にだけ打ち明けます。

『俺ガイル』名言&名シーン第3位

比企谷…誰かを助けることは、君自身が傷ついていい理由にはならないよ(平塚静)

出典:https://www.amazon.co.jp

学校でもボッチとして浮いていた存在の八幡を奉仕部に入るように促した平塚先生ですが、八幡の奉仕部での尽力は明らかなのに解決の方法が捻くれた提案や八幡が自己犠牲になった形が多く見て居られなくなってしまいます。

平塚先生は「たとえ、君が痛みに慣れているのだとしてもだ。君が傷つくのを見て、痛ましく思う人間もいることにそろそろ気づくべきだ、君は。」と、八幡との距離が近いからこそ気付いて心配します。何時もは教師らしからぬ姿ばかり前に出ていますが、やっぱり大人の意見は一味違いますね!

『俺ガイル』名言&名シーン第2位

俺は本物がほしい(比企谷八幡)

雪ノ下が奉仕部で変われるキッカケが出来ればいいと思っていた平塚先生ですが、それは雪ノ下だけではなく由比ヶ浜や八幡にも思っていることです。ギクシャクしている奉仕部は、まさに今「考えてもがき苦しみ、あがいて悩め。そうでなくては本物じゃない」と伝えます。

雰囲気が悪くなった奉仕部で八幡は「話せば必ず理解し合えるってわけじゃない、だから言葉がほしいんじゃないんだ。俺は本物がほしい」と涙を流しながら思いの丈を伝えます。しかし、雪ノ下は「私には…分からないわ…」と言って教室を飛び出し、追いかけた由比ヶ浜にも「私も実はよく分かんなかったから」と言われてしまいます。本物はそう簡単には手に入れられません!

『俺ガイル』名言&名シーン第1位

病気かな?病気じゃないよ!病気だよ(病気)(比企谷八幡)

奉仕部の活動で精神的にも疲れ気味の八幡に帰宅途中に出くわした戸塚は、八幡の最近の様子を察して食事に誘います。向かい合って座った八幡は戸塚を見て胸が高鳴り、「戸塚は男子…落ち着け、落ち着いて一句詠むんだ」と謎の思考に駆られます。

「まず一句詠んでる時点で病気」と気付いた八幡ですが、男の友情と言うより恋に近い感覚に戸惑っています。しかし、この深すぎる一句に同じような感覚を覚える人多数で、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のタイトルに沿ったとも言える侮れない名台詞となりました!

こちらの記事もチェック!

八幡のモノローグ迷言が多すぎる!?

やはり俺の青春ラブコメはまちがっていた?

登場人物の殆どが1癖も2癖もあり名言・名シーン満載の作品ですが、主人公の八幡にスポットが当たることが多くてもボッチなので会話のキャッチボールが出来ずに心の中で呟くばかり…。鋭すぎるツッコミや、ちょっと可哀想になる惨めな自虐など声に出すと更に人が寄り付かなくなりそうです。

それでも何時の間にか八幡の周りには人が集まり、貶されつつもいざという時には庇ってくれる仲間が現れました。そんな八幡が作中で1番トキメキを覚えて仲良くなりたいと思った相手がクラスメイトの男子である戸塚とは、やはり八幡の青春ラブコメはまちがっているのかもしれませんね!

こちらの記事もチェック!