【ゲゲゲの鬼太郎】名言&名シーンBEST20!妖怪たちから発せられた人間味のある言葉たち!

2018年1月で50周年を迎えた名作【ゲゲゲの鬼太郎】。こんなにも長く愛されたのは妖怪たちの名言&名シーンが心を打つからでもあります。作家・水木しげるさんの素晴らしい考え方が分かる名言&名シーンを紹介いたします!

妖怪の元祖【ゲゲゲの鬼太郎】とは?


皆さまご存じ、NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でも話題なりました水木しげさん原作です。なんと1954年に紙芝居から始まったというから時代を感じさせますね~。それから漫画、アニメ、実写化、ゲームなど、半世紀以上も愛され続けています。

主人公の鬼太郎は、墓場から生まれた幽霊族。お父さんは鬼太郎のもう一つの目である”目玉おやじ”で、妖怪界のヒーローとして活躍します。各話いろいろな妖怪が登場して、本当に悪い奴もいれば同情してしまうような妖怪もいます。

それら妖怪たちは妖怪とは思えないような、心を打つような名言を残してるんですよ。ま~その名言=作家の水木しげるさんの名言だとされているようですが、ここでは妖怪バージョンで名言・名シーンを紹介します。

【ゲゲゲの鬼太郎】名言・名シーン20位

ねずみ男「軽蔑?良く世の中を知らない少年のいうことばだ。」

ねずみ男、本名ビビビのねずみ男は、一応鬼太郎たちの仲間とは言えるのですが、自分の利益が最優先なので、いざとなると平気で鬼太郎たちを裏切ります。その考え方故に名言がたくさんあるんですよね。

「モウリョウ」の回でのワンシーン。汚くてプライドを少しも持ち合わせないねずみ男のことを少年は軽蔑します。すると「けいべつ?世の中を知らない少年の言うことばだ。」といい、このあともねずみ男が思っている世の中を淡々と少年に語ります。

そして結局、少年から尊敬の念を受けるんですよね。少年が知らない世の中を少しずつ教えていくんですよ~。そして、その日の宿を少年の家に確保するんです。確かに正義感を持っている青年は、自分のことしか考えていない人というのは、軽蔑に値するんでしょうね。

【ゲゲゲの鬼太郎】名言・名シーン19位

ねずみ男「それにしても”人生を不幸がる文化”ってのはどういうものですかね?」



「無限幸福号」という電車の乗務員となったねずみ男が、乗客に言った言葉です。「人生を不幸がる文化」って?と思いますが、結構”大変だ””忙しい”更には、“休みが取れない”なんて不幸を宣伝している人、たくさんいます。きっとそんな自分を「凄い!」って言ってほしいんでしょうね。

このあと更にねずみ男は「私は”人生は無限だ”という新文化を作りたいのですよ。」といいます。いいですよね~、○○だから無理だ、△△だからできないと限界というのは自分で作ってしまっている場合が多いんです。

自分は無限だと信じられたら、もっと自由で、幸福感を毎日感じながら過ごせるんでしょうね。

1 / 8