【ラーメン大好き小泉さん】名言・名シーンTOP10!名言マシマシ満足仕立て!

女子高生の主人公・小泉さんが、ラーメンの名店を食べ歩く「ラーメン大好き小泉さん」は、見てしまうとラーメンを食べたくなった人続出の作品です。小泉さんのラーメンに対する熱い情熱を振り返りつつ名言・名シーンをTOP10でご紹介していきましょう。

『ラーメン大好き小泉さん』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

漫画家・鳴見なる先生が描く「ラーメン大好き小泉さん」は、「まんがライフSTORIA(ストーリア)」で連載中です。第6巻まで(2018年1月時点)刊行され、2015年には連続ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」2016年には新春スペシャル年末スペシャルが、女優の早見あかりさんで放送されました。
2018年にはアニメ「ラーメン大好き小泉さん」が全12話で放送されています。実在するラーメン店のラーメンを紹介しているのも人気の理由ですよね。原作者の鳴見なる先生は、以前からラーメンをテーマにした漫画を執筆したかったそう。
「ラーメン大好き小泉さん」が連載開始された当初は、ネタ切れを危惧していたそうですが、連載開始後では執筆したいラーメンはまだまだあるとおっしゃっていました。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第10位

「好きです」

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

転校して来たばかりの小泉さんは、クラスメイトの大澤悠にかなり好かれています。街のラーメン屋さんの行列に並んでいるのを目撃した悠は、成り行きで同じ行列に並んでいました。泉さんに自己紹介をしたり話しかけたりと会話を頑張ってますが、つれない返事しか返ってきません。
「ぶたダブルヤサイマシニンニクアブラカラメ」ラーメンが来た時に見た小泉さんの食べっぷりは、悠をドキドキさせるには十分な迫力がありました。食べ終わった後に悠は、その場を立ち去ろうとしていた小泉さんに「好きです」と告白しています。
何も答えてくれない小泉さんに、おいしいラーメン屋さんの情報でもいいからとラーメンに絡めた会話を切り出しても「お断りします」ときっぱり拒絶……。それでも笑顔を崩さず、明るく小泉さんに話しかけていた悠はめげない女の子でした。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第09位

「大丈夫ですか?オーダーを変えるなら今のうちですよ」


クラスメイト・中村美沙は、小泉さんのことを「美沙、小泉さん苦手」と言っていました。自分よりモテる子はみんな邪魔だと言っていたのですが、美沙は休日に彼氏にフラレてしまった場所で、通りすがりの小泉さんを発見します。
後をついて行った美沙は、小泉さんが1軒のラーメン屋に入ったのを見ると、自分も食べたくなり同じラーメン屋の隣の席へ……。美沙のことをどちら様?と言った小泉さんに怒りつつ、ラーメン屋さんのラスボス級「北極ラーメン」を注文しています。


「大丈夫ですか?オーダーを変えるなら今のうちですよ」と、一応心配する小泉さんをよそに、出された北極ラーメンを涙を流しながら喜んで食べていました。この北極ラーメンは、ラーメン脳の小泉さんでも1年を費やしたという辛さのラーメンです。
できるだけ人と関わりたくない(ラーメンとだけ関わっていたい)小泉さんが、美沙にアドレスを教えているのも、北極ラーメンを完食した功績を認めたからかもしれません。それにしても、かなり辛そうでしたよね。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第08位

「そしてぶれないラーメン脳」


クラス委員長を務めている高橋潤は、小泉さんが前にテストを白紙で提出した時に、先生に頼まれて話しかけたのをきっかけに交流がある眼鏡女子でした。ラーメンを食べると眼鏡が曇ってしまうのが恥ずかしい、と食べるのを控えていましたが、小泉さんにおいしいラーメンを教えてもらってからは、以前よりも積極的にラーメンを食べています。
落ち着いた雰囲気のある潤は、どちらかといえば小泉さんと波長が近いですよね。そんな潤が、塾の模試の帰り道に立ち寄ったコンビニで見かけた小泉さんは、カップラーメンの空の容器を持って登場しました。


「今日はちょっと趣向を変えて、コンビニラーメンを堪能中です」とクールに言い切った小泉さん。コンビニに来てもラーメンにしか目が無い小泉さんを見て「そしてぶれないラーメン脳」と、潤は心の中で呟いていました。探究心はコンビニラーメンにも向いていたんですね。
コンビニラーメンのどこが魅力的なのか、そして最大においしく味わえる方法を極めている小泉さんを見て、模試の成績が悪すぎて食欲を失っていた潤も、思わずラーメンを堪能していました。2人の女子高校生が、おいしそうにラーメンを食べている姿を目撃した周辺の人々もラーメンを購入し、小泉さんのラーメン愛の凄さが垣間見えます。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第07位

「私こう見えて、料理だけは得意なの」


行ったラーメン店が定休日で食べられなくなった小泉さんは、道端で倒れていました。倒れている小泉さんを発見した悠は、自宅へ小泉さんを運んでいます。意識を取り戻した小泉さんは、ラーメンを食べるために、朝から何も食べていないと言っていました。
それを聞いた悠は「私こう見えて、料理だけは得意なの」と言って、小泉さんのためにラーメン作りを開始しています。特製なんちゃってイタリアンラーメンから始まり、酸辣湯麺(スーラータンメン)、みそ味のサバ缶を使ったサバみそカレーラーメンカルボナーラ風ラーメン、〆には鶏そぼろと梅のお茶漬け風ラーメンが登場しました。


続々登場する即席ラーメンのアレンジは、どれも試したくなるおいしそうなラーメンばかり。そんなラーメンのフルコースを小泉さんはきっちりと完食しています。別の回で、大食漢ではないのであまり食べられないと小泉さんは言っていましたが、十分大食漢ですよね。
ちょっとだけですが「小泉さん愛」をあふれんばかりに持っている悠の気持ちも報われたシーンでした。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第06位

「発作的にどうしても食べたくなってしまったんです。納豆キムチレアチーズラーメン」


いつもテストでトップクラスの成績を維持していた小泉さんが、白紙のままテストを提出して追試を受けていたのが明らかになり、悠たちは驚いていました。潤は先生に、小泉さんに何かあったのか聞いて欲しいと頼まれています。
「発作的にどうしても食べたくなってしまったんです。納豆キムチレアチーズラーメン」と、小泉さんが明かした真相はラーメンでした。発作的に食べたくなった小泉さんは、テスト直前に東北まで納豆キムチレアチーズラーメンを食べに行っていたとは衝撃ですよね。


さらに悪天候が重なって試験の当日の朝に東京駅に着いたと言っていました。遅刻したものの受けたテストでは、疲れがドッと出てテストが終了するまで爆睡……。
きっちりご当地ラーメンを大量に買い込むことも忘れてはいませんでした。ラーメンに関しては豊富な知識がある小泉さん、疲れを計算に入れていなかったとは笑ってしまいますね。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第05位

「もう、とっくに、めっちゃええ気分やねん」


ラーメンを食べに大阪までやって来た小泉さんは、美少女なためにたくさんのナンパに遭遇しています。クールに断っていたところ、1人の女性・大澤絢音(後に悠のいとこだったのが判明)が助けてくれました。
ラーメンを食べに来ただけの小泉さんに驚いた絢音ですが「大阪のラーメンは、今、確実にキてます」と言い放つ、小泉さんの言葉に面白さを感じて一緒にラーメン巡りをしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

絢音はお酒好きの陽気なお姉さんでしたが、親戚を頼って東京で仕事をするのが明らかになっていました。感傷的な時には呑まないと宣言していた綾香ですが、小泉さんとの大阪ラーメン巡りが楽しかったのか、お酒を呑みながら「もう、とっくに、めっちゃええ気分やねん」と嬉しそうにしています。
いつもは人に対して何かをしようと考えない(考えないようにしている?)小泉さんも、最後に大阪のオフィス街にあるラーメン屋さんをチョイスしているのも良かったですよね。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第04位

「ラーメンに夢中な小泉さんに、夢中になったからだよ」


「めげない、引かない、あきらめない」を貫いている悠は、アニメ版でも情熱的に小泉さんと接していました。家族と旅行から帰る時には、新幹線の中から一瞬で小泉さんを発見し、衝動的に降りてしまいます。
悠がその時持っていたのはスマホと500円だけ……。友達の美沙と潤に連絡をして状況を伝えた後に、お腹が空いた悠は、街中のラーメン屋さんに入っています。ワンコインでも食べれるラーメンには、先割れスプーンと箸が付いて戸惑っていました。

「別に好きなように食べれば良いと思います」と言って現れたのは小泉さん。再会もつかの間、隣同士でラーメンを食べた後、悠はすがる思いで小泉さんと辛い台湾ラーメンを食べに行っていました。行き当たりばったりで何を考えているのかと、小泉さんに言われた悠は「ラーメンに夢中な小泉さんに、夢中になったからだよ」と熱弁をしています。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第03位

「そこに”ラーメン”があるからです。小泉」


登山を楽しむ小泉さんですが、冒頭からすでにアウトドア用の道具でラーメンを楽しんでいました。小泉さんが食べている横をたくさんの登山者が通っても気にせずに、ラーメンを堪能している姿は、登山者に「ラーメン」「ラーメン」ラーメンモードにさせるには十分でしたよね。
ラーメンを食べ終えた小泉さんは、登山を開始して無事山頂までたどり着いていました。ある登山者夫婦の記念撮影を頼まれてした後「お嬢さんも登頂記念に1枚どうですか?」と言われても「いえ、登頂が目的ではないので」と断っています。小泉さんの目的はどこまでもラーメン。


本人もなぜ山に登るのか?という問いに「そこに”ラーメン”があるからです。小泉」と言い切っていました。登山を終えた足で小泉さんが向かったのは近くのラーメン屋さんです。登山で疲れた体で食べるラーメンもまた格別そうですよね。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第02位

「ここ浅草は、すべての始まりの地なのです」

出典:https://www.amazon.co.jp

夏休みを使って、浅草に遊びに行った悠、潤、美沙は、浴衣を着て浅草観光を楽しんでいました。ランチにラーメンを食べた3人は、すっかり小泉さんの影響を受けていましたね。潤と美沙と別れた後、悠はまだ浅草にいました。
小泉さんと浅草観光を楽しむという妄想をしていた悠の前に、旅行に行くと言っていた小泉さんが現れます。おいしいラーメン屋さんの与ろゐ屋」をすすめた悠は「浅草でラーメンなんて珍しいよね」と言っていました。「ここ浅草は、すべての始まりの地なのです」と、小泉さんは返答しています。


明治時代に来々軒が提供したしょうゆラーメンには、チャーシュー、メンマがのった日本の原点になったラーメンだと小泉さんは力説。
与ろゐ屋の店主は浅草生まれの浅草育ちで、ラーメン発祥の地・浅草に思いを馳せて、昔ながらのラーメンを作り続けているとまで言っていました。ラーメンの味だけではなく、歴史も知っている小泉さんには脱帽です。

ラーメン大好き小泉さん名言・名シーン第01位

「はー……」


「ラーメン大好き小泉さん」の代表といえば、小泉さんたち女子高生のラーメンを食べておいしいと感じているシーンですよね。ラーメンがおいしい時のため息や感想は、バリエーションがありましたが、その中でも「はー……」というフレーズは、最も多く使用されています。
悠が小泉さんを好きになったきっかけも、ラーメンを食べた時の小泉さんの「はー……」に見とれてしまったからでした。ラーメンが苦手な潤も、自分よりモテる子は苦手と小泉さんを良く思っていなかった美沙も、もちろん小泉さんが大好きな悠も「はー……」とおいしいラーメンを食べて感動しています。


アニメ版は2018年の深夜枠で、さらには冬の季節に放送されていました。「ラーメンテロだ」「飯テロだ」と思った視聴者が多く、頭からラーメンが離れずに、ラーメンを食べた人も多いのではないでしょうか。女子高生たちだけではなく、おいしいラーメンを食べた時の「はー……」は、罪が多すぎます!

【ラーメン大好き小泉さん】ラーメンをこよなく愛する女子高生の話だった

出典:https://www.amazon.co.jp

美少女女子高生・小泉さんがストイックにラーメンを探求し続ける「ラーメン大好き小泉さん」は、実在する有名ラーメン店やコンビニラーメンが数多く登場しました。
ミドリムシを使ったラーメンや、〆にご飯を入れるとリゾットみたいに楽しめるラーメン、即席ラーメンでも鶏そぼろと梅のお茶漬け風ラーメンなど「ラーメンの種類って無限にあるんだ」と感心してしまいます。無限にあるラーメンを丹念に食べ歩いていた小泉さんは、ラーメンの歴史にも深い知識を持っていました。
ラーメンの種類はまだまだたくさんあるので、今後小泉さんがどんなラーメンを食べていくのか楽しみですよね!

こちらの記事もチェック!