【デレマス】鷺沢文香のことが丸分かりになる10の知識!【アイドルマスター】

『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するアイドルの1人・鷺沢文香。本を読むことが大好きで、本屋でアルバイトもしていた彼女は、アイドルという未知の世界へと一歩を踏み出しました。そんな彼女のことを10の項目に分けてご紹介していきます!

『アイドルマスター シンデレラガールズ』鷺沢文香とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

「デレマス」の略称で知られる『アイドルマスター シンデレラガールズ』は、バンダイナムコエンターテインメントとCygamesによって開発・運営が行われている携帯端末専用のソーシャルゲームです。2015年にテレビアニメが放送された他、同年9月からは本作を題材とした『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(以下、デレステ)というスマートフォン向けの音楽ゲームも配信されています。この他にも漫画やラジオなど、多種多様な展開が行われているのが大きな特徴となっています。
登場するアイドルはなんと総勢100人以上! プロデューサーという立場になったプレイヤーは、自身のプロデュースするアイドルたちをトップアイドルへと育て上げ、最高のプロデューサーの称号である「アイドルマスター」を手に入れることを目指してゲームを進めることになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

鷺沢文香(さぎさわ・ふみか)は、そんな本作に登場するアイドルの1人。大学では文学部に所属している19歳で、誕生日は10月27日。身長は162cmで、体重は45Kg。血液型はAB型で、利き手はです。2013年5月にデレマスに追加されたお仕事エリア「愛媛」にて初登場を果たしますが、本人の出身地は長野県です。
人見知りで大人しい性格ですが、時には頑固な一面を見せることも。他のアイドルからは下の名前(+「さん」あるいは「ちゃん」)で呼ばれることが多いですが、あだ名をつけることが得意な本田未央からは「ふーみん」「ふみふみ」という愛称で呼ばれることもあります。ここからはそんな鷺沢文香のことをより詳しくご紹介していきます!

鷺沢文香の知識1:声優はM・A・Oさん!

出典:https://www.amazon.co.jp

鷺沢文香の声は、M・A・Oさんが担当されています。1992年2月1日生まれ26歳(2018年4月現在)。イエローキャブNEXTに所属して女優・声優として活動されており、普段は「市道真央」の名義で、声優としては「M・A・O」という別名義で活動されています。M・A・O名義では、『青の祓魔師 京都不浄王篇』の宝生蝮役、『まじっく快斗1412』の中森青子役などで有名です!

こちらの記事もチェック!

鷺沢文香の知識2:叔父の本屋を手伝う読書好き


本屋めぐりと栞作りを趣味としている鷺沢文香。紙の書籍から電子書籍に移行したら、読むのに際限がなくなってしまいそう・・・と思ってしまうほどに本が大好きで、その集中力は周りがわいわいと騒いでいても没頭できてしまうほど。
そんな文香は叔父の経営している本屋でアルバイトをしていたところをプロデューサーに見出され、スカウトをされることになりました。アイドルというこれまで興味を持つこともなかった未知の世界の話に戸惑ったものの、新たな自分への一歩を踏み出すために、文香はその世界に挑んでいくことを決意します。

鷺沢文香の知識3:長い前髪から覗く目が魅力


セミロングの黒髪カチューシャを差した髪型の鷺沢文香。人と話すことも目を合わせることも苦手な文香は、長い前髪で瞳の半分を覆っています。しかし、その長い前髪から覗く透き通った青い瞳が本当に美しいのです!
その目が綺麗でファンになってしまった、という方も多いのではないでしょうか? 特訓後は前髪を整えてぱっちりとした瞳を見せてくれることが多くなり、特訓前と特訓後のその二面性が文香の大きな魅力のひとつとなっています!

鷺沢文香の知識4:化粧をしなくても美人!?


デレマスのゲーム内では「シンデレラガールズ劇場」という5コマ漫画が展開されています。その第347話に、「オシャレやメイクとは縁遠い地味な生活を送ってきた」と言う鷺沢文香を、同じアイドルでカリスマギャルの城ヶ崎美嘉が「オシャレに目覚めさせよう!」と張り切る展開があります。
しかし、いざ美嘉が文香にメイクをしようとした際に、「まつげ長っ! 化粧いらないじゃん!」という発言が飛び出るほどの素材を文香が持っていたことが発覚! 本人が気がついていなかっただけで、相当な美貌の持ち主だったんですね……!

鷺沢文香の知識5:SRとSSRの衣装がかわいい


デレマスとデレステの鷺沢文香のSRとSSRのカードの中から厳選して3枚をご紹介したいと思います! 1枚目はデレマスのSR「華燭の水無月」。2017年5月末に開催された限定ガチャ「光あふれる☆ハピネスウェディングガチャ」にて追加された1枚です。
特訓前はピンク色のドレスを身につけた鷺沢文香が海辺で写真撮影の仕事をしている姿が描かれていますが、特訓後はマリアベールとウェディングドレスを身につけた姿に。そっと幸せを噛み締めながらこちらを見つめる鷺沢文香の表情がたまらなく美しい1枚です!


2枚目はデレステのSR「咲いてJewel」。2016年6月に開催されたイベント「咲いてJewel」の上位報酬として登場したSRです。特訓前は同じアイドルの速水奏に服を見立ててもらっている姿が描かれており、新しい装いにちょっとどきどきしつつも笑顔の文香が可愛いですよね。特訓後は青を基調とした衣装を身につけて、速水奏・塩見周子とともにライブに挑んでいる姿が描かれています。


3枚目はデレステのSSR「密やかな饗宴」。2016年8月に開催された「祝!1周年アニバーサリーパーティーガシャ」に登場したSSRです。特訓前は新田美波・塩見周子などのアイドルたちとともにパーティーに出席している姿が描かれており、シックな印象の紫色のドレスを身につけている姿が美しいですよね。
あどけない笑顔でこちらに飲み物をそっと差し出している姿に、思わずどきっとさせられてしまいます。特訓後は、月明かりの下でシックでありながらもセクシーな雰囲気のドレスを身にまとった鷺沢文香がそっと微笑んでいる姿が描かれています。

鷺沢文香の知識6:テレビアニメではプロジェクトクローネのメンバーに


テレビアニメで鷺沢文香は主に2ndシーズンに登場。美城常務によって「346プロダクションのブランドイメージを確立するに足る」と見込まれたアイドルを中心とした新企画「プロジェクトクローネ」の一員に選ばれ、12歳の小学生アイドルである橘ありすとともにユニットを組むことになります。
しかし、第22話のオータムフェスでは、出演前の極度の緊張から倒れてしまうという事態に……。申し訳ない気持ちでいっぱいになった文香は、ユニットメンバーのありすの励ましもあって立ち直り、その後無事にライブステージに立つことに成功します。2人の絆が感じられる名場面となっていました!

鷺沢文香の知識7:橘ありすとの仲良しな関係がかわいい


19歳の大学生12歳の小学生という、少し年の離れたお姉さんと妹のような関係を築いている鷺沢文香と橘ありすの2人。テレビアニメの後半でも仲睦まじい様子が描かれている2人ですが、ゲームの方でもそんな関係が描写されています。
例えば、デレステの第22話のストーリーコミュ「Out of the Page」。ここではありすが文香や新田美波のような「知的な大人の女性になりたい」と口にする一方で、文香はありすの「素直で純粋な側面」に憧れのような気持ちを抱いていることを口にします。お互いの中に魅力を見出して憧れている関係って素敵ですよね。このコミュの最後にある文香がありすに苺柄のストラップを渡すシーンまで含めて必見です!

鷺沢文香の知識8:優しい歌声が魅力的な楽曲

出典:https://www.amazon.co.jp

鷺沢文香が参加したたくさんの楽曲の中から、ソロ曲を2つご紹介したいと思います! 1曲目は「Bright Blue」。2015年2月4日にリリースされた『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 031 鷺沢文香』に収録されている1曲。本の世界に浸るばかりではなく、現実の世界の中で一歩ずつ自分を変えていきたい。鷺沢文香らしいそんな気持ちを、ゆったりと優しく歌い上げています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2曲目は「大きな古時計」。2016年6月29日に発売された『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cool jewelries! 003』に収録されている1曲で、有名な童謡である本曲を鷺沢文香がカバーしています。ゆったりとした曲調に柔らかい歌声を乗せているおかげか、聴いていると心がほっと安らぐ1曲です。

鷺沢文香の知識9:フィギュアでもかわいい!

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、クオリティーが高いことで評判の「アルター」より発売された鷺沢文香のフィギュアです。「ブライトメモリーズ」の衣装を身にまとっているのですが、青と白を基調とし、金で装飾を施したこの衣装は、清純で優雅な印象がありますよね。普段は控えめな性格の鷺沢文香が、ぱっと花が咲いたような笑みを浮かべているところも素敵です!

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、「紺碧の境界」の衣装を身にまとった鷺沢文香のフィギュアです。普段はゆったりとした落ち着いた印象の私服を身につけている鷺沢文香が、本品では水着に挑戦しています。風にふわりとなびくパレオの複雑な文様はもちろんのこと、控えめな笑みを浮かべる鷺沢文香の表情も素敵です!

鷺沢文香の知識10:魅力的なセリフの数々

「書との出会いは人生を変える、という名言があります。私にとっては、プロデューサーさんやファンの方々、そして、みなさんとの出会いが人生を変えるものだから……大切にしたいと、思っているのです」


デレステの第22話のストーリーコミュ「Out of the Page」での台詞。本を読むだけでは知ることのできなかった世界を教えてくれたプロデューサーやアイドル仲間、そしてファンの方たちを大事にしたいと思う、鷺沢文香の思いを知ることのできる名台詞です!

「それに、使ったことのない化粧品を宣伝するのは、不誠実かと……。ゆえに、プロデューサーさんのお力をお借りしたいのです」


デレマスのSR「美粧の煌めき」の思い出エピソードでの台詞。化粧品のテレビコマーシャルに抜擢されたものの、それに関する経験も知識も乏しいと自分がこのまま宣伝をするのは不誠実なのではないかと思った鷺沢文香は、化粧品やメイクのことについてもっと知ろうと試みます。鷺沢文香の仕事に対する真摯な姿勢を見ることができる名言です!

「ありがとう……。ありすちゃん」


テレビアニメの第22話での台詞。極度の緊張故に倒れてしまった鷺沢文香は、ユニットを一緒に組んでいた橘ありすに「ごめんなさい、橘さん……」と、心からの謝罪をします。そんな文香の手を握ったありすは「……ありすでいいです」と文香に微笑み、その一言に救われた文香は上記の台詞を口にします。文香とありすの2人の名シーンであり、ありすの優しさに応えた文香の名台詞です!

鷺沢文香の今後の活躍にも期待!

出典:https://www.amazon.co.jp

ここまで鷺沢文香について10の項目に分けてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 控えめで人見知りでありながらも、仕事に対する真面目さと一歩踏み出す勇気を持ったアイドル。これからもそんな鷺沢文香の活躍に期待です!

こちらの記事もチェック!