土間うまるの声優・田中あいみってどんな人?代表作&人柄まとめ!

土間うまるの声優として有名な田中あいみ。2つの声を使い分けなければならないという難しい大役で一躍有名になりました。うまるの声としては有名な田中あいみですが、他にどのようなキャラクターを演じているのでしょうか。その仕事ぶりをまとめてみました。

声も可愛くて演技力も高い!気鋭の声優・田中あいみとは?


田中あいみは声も性格もまったく別人のような二面性を持った土間うまる役で、その演技に高い評価を得ました。学校では勉強も素行も完璧で誰もが憧れる生徒を演じ、家では『ハイスクール!奇面組』ばりに背が縮んで、怠慢の限りを尽くします。
その声の使い分けがまるで別声優のようで、その実力がわかるほどです。田中あいみのまだまだ新人ながら、声優として高い実力を持っています。が、うまる以外でのメインキャラクターでの起用は少なく、まだまだ活躍の場が少ないのが残念です。
しかし、アニメ以外にもゲームなどで脇役キャラを多くこなしており、演技の腕も着実に上がっています。これから多くのメインキャラクターでその天才的な演技を見せてくれると期待できる声優です。

田中あいみの来歴紹介


田中あいみは1992年4月28日に東京で生まれ、神奈川県で育ちました。小学生の時に『NARUTO -ナルト-』と『鋼の錬金術師』で女性声優が主人公を演じていると知り、声優という職業に興味を持っています
中学・高校と軽音楽部に所属しており、そこで高い歌唱力を見につけました。中学のときは文化祭でミュージカルを演じたり、高校ではいきものがかりなどのコピーバンドをしたり、学生ながら舞台経験豊富です。いまでもギターを趣味としています
その後は目標も定まらないままに養成所に入りました。初めてのレッスンを担当した中尾隆聖と出会い、「この人の仲間になりたい」と思い本格的に声優を目指します。母親と友人の後押しもありました。


田中あいみは81プロデュースに所属しています。デビューは2013年で、その年は名前もないような端役を多くこなしました。しかし同年に『ラジオどっとあい』第55代目パーソナリティとして抜擢されています。
翌年の2014年は『わしも WASIMO』で初めてメインキャラクターのひとりであるひよりを演じました。そして2015年、『干物妹!うまるちゃん』の土間うまる役で、主人公にしてヒロインの役を獲得します。田中あいみにとって、うまるはやっと巡り会えた自分にしかできないキャラだったそうです。

自他共に認める代表作は『干物妹!うまるちゃん』の土間うまる

出典:https://www.amazon.co.jp

田中あいみの代表キャラクターといえば『干物妹!うまるちゃん』の土間うまるでしょう。土間うまるは田中あいみにとって象徴ともいえるキャラクターでありながら、転機となった出世キャラクターでもあります。
学校と家で姿形から性格も違うという強烈なキャラクター性と、その2つとを演じ分ける田中あいみの高い演技力がその理由です。もはや土間うまる=田中あいみというほど、この2人の存在は切っても切り離せない存在となっています。

上手すぎる!うまる役でみせた天才的な演技力

出典:https://www.amazon.co.jp

土間うまる役での田中あいみの伝説はスタッフの間でも語り継がれているほどです。土間うまるのように声を使い分けたり、同じ作品で何役もこなす声優は珍しくありません。しかしほとんどの声優は役作りのため、同じ声色に集中して収録します。
別の声色を演じる時はいったん収録を中断し、別に役作りをしてから別声の収録に臨むのです。しかし田中あいみはその場で瞬時に2つの声色を使い分けることができていました。これは同じ声優仲間やスタッフから絶賛の天才的な演技力でした。
こちらの記事もチェック!

うまるだけじゃない! 『つうかあ』目黒めぐみ役でみる別角度の演技

出典:https://www.amazon.co.jp

声色を使い分られるということはその声優が高い演技力を持っているということの証明で、性格の違うキャラクターを多く演じられる演技力の幅も実力を証明することができます。
田中あいみも同じようなキャラクターではなく、別角度の演技を示してくれました。その例が『つうかあ』の目黒めぐみでしょう。『つうかあ』はレーシングニーラーというマイナーなモータースポーツをテーマにしたアニメです。
そして目黒めぐみはそのアニメの主人公らしく、元気で活発な性格をしています。可憐で才色兼備な表うまると、ぷにぷに可愛い裏うまるとは正反対なボーイッシュなキャラクターです。声も同じ声優とは思えないほど違い、その実力を証明しています。

ゲーム『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』の声優に大抜擢!

夢野秘密子役で活躍!

出典:https://www.amazon.co.jp

2018年現在、アニメでの活躍が数的には少ない田中あいみですが、ゲームのキャラクターなどにも選ばれており、不人気ではないことが証明されています。『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』では夢野秘密子を演じました。
極度の面倒くさがりキャラで「うあー……」など廃人化していそうなセリフが特徴的なキャラです。キャラクター性もその声色もだらしないダメうまるを彷彿とさせます。見た目はちょっぴり病んでいそうで怖いですが、その面倒くさがりが可愛く思えてくるキャラクターです。

田中あいみは大人気カードゲーム『シャドウバース』でも声優として活躍!


スマートフォンの普及により驚くほど数多くのソーシャルネットワークゲームが生まれ、声優たちの活躍の場が広がりました。本格派カードゲーム『シャドウバース』では2種類のカードキャラクターの声を担当しました。
1つが「癒しのエルフ」です。高貴なエルフですが、その声は可憐でか弱さすら感じます。名に癒しが付いている通り、後方で守られながら見方を支援する姫ちゃんタイプの声です。実際のゲームでもライフゲイン(回復)能力をもっており、演技にマッチしていますね。
もう1つのカードが「ベビー・ウィッチ・エミル」。ウィッチということで魔女ですが、どちらかというと魔法少女のような元気さがあります。声質も喋り方も幼い感じがして可愛いです。その能力により0コストで召喚されることもあり、場合によっては可愛いなんて言っていられない厄介な女の子です。
それぞれが正反対なキャラクターの演技となっており、田中あいみの演技の幅をここでも伺い知ることができます。

田中あいみの可愛い歌声も紹介!

「うまるん体操」

出典:https://www.amazon.co.jp

田中あいみの声でその可愛さが最高潮なのはダメうまるですが、その声で歌うと可愛さに拍車がかかります。「うまるん体操」は2期のEDで、デフォルメされたキャラクターたちが踊る姿も可愛いと話題になりました。
メインキャラクターたちの声優数名による楽曲で、学校での表向きのうまるが掛け声を担当し、他のキャラたちがそれぞれのパートを歌っています。家出のぐーたらバージョンのうまるも歌を歌っており、楽曲にマッチした可愛い声です。

「ひだまりデイズ」

出典:https://www.amazon.co.jp

『干物妹!うまるちゃん』第1期のエンディング楽曲である「ひだまりデイズ」では、表向きの優等生声で歌っています。これもメインキャラたちの声優が各パートを担当しており、優しいまったりとする声色が特徴の曲です。
本編での演技でもそうですが、多くの曲曲の中で裏と表のうまるの声を使え別けています。声優としての技を見せつけられているようですそのうえ声も可愛くて七変化するさまはアニソン向きとも言えます。

現在は過小評価?田中あいみの今後の活躍を応援したい!


『干物妹!うまるちゃん』の土間うまる役で話題になった田中あいみは、同じ作品で2つの声を使い分け、新人ながらもその実力を見せてくれました。その演技の上手さはスタッフも絶賛するほど。まさに天才と言っても過言ではありません。
ですが、まだまだ芸歴10年以内の新人なので、出番が少ないということもあります。しかし彼女の実力なら、もっと多くの魅力的なキャラを演じられると思います。
そう言った意味では田中あいみはまだ過小評価ぎみな声優とも言えますが、新人ということで期待値の高い声優でもあります。演技の幅も広く、声も可愛いのでどの役でも存在感を表してくれるのは間違いありません。これからの活躍を応援したい声優です!