【ベイマックス】名言・名シーンTOP20!あなたの心とカラダを守る珠玉の名言・名シーン!

ケアロボットのケアぶりが大人気となったディズニー映画「ベイマックス」。「私はベイマックス。あなたの健康を守ります」という挨拶から始まるベイマックスが愛おしいですよね。ベイマックスの活躍を名言と名シーンと共に振り返っていきましょう!

『ベイマックス』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

2014年に公開された映画「ベイマックス」は、ウォルト・ディズニー・アニメーションスタジオの長編作品です。ケアロボット・ベイマックスと主人公の少年・ヒロの絆が繋ぐ感動アドベンチャーストーリー。第87回アカデミー賞を受賞しました。
ディズニー制作のアニメーション映画「アナと雪の女王」(2011年)や「ファインディング・ニモ」(2003年)「トイストーリー3」(2010年)「モンスターズ・インク」(2002年)など大ヒットした作品とも肩を並べる興行収入を記録しています。
名実共に名作になった「ベイマックス」は、アニメや携帯ゲームアプリ「ツムツム」にも登場。世界中の人々から愛されるディズニー作品の1つになっています。

『ベイマックス』名言・名シーン第20位

「ようこそ、我が家へ」

出典:https://www.amazon.co.jp

サンフランソウキョウ工科大学に出入りしているフレッド(本名はフレデリック)は、仲間にあだ名をつけるのが得意な陽気な青年です。主人公のヒロ・ハマダの兄のタダシ・ハマダの友人で、タダシが亡くなった後もヒロと仲良くしていました。
仮面の男のを調べに来たヒロは襲われ後から来た仲間たちと一緒に海に車ごと沈んでしまいます。「いいところがあるぜ」とフレッドについて行ったところはある大豪邸でした。「ようこそ、我が家へ」とフレッドは、大豪邸が自分の家だと言っています。
執事のいる大豪邸にびっくりですが、両親は自分の島にバカンスに行っていてほどんど会っていないと言っていました。驚きながらも一同が案内されたフレッドの部屋には、趣味の大量の恐竜が飾ってあります。大豪邸のお坊ちゃまでも、やっぱりフレッドはフレッドでしたね。

『ベイマックス』名言・名シーン第19位

「怪我してない?大丈夫よね?なら聞くけど、何考えてんの!」

出典:https://www.amazon.co.jp

高校を13歳で卒業したヒロは、違法なロボット・ファイトに熱中するロボット工学に詳しい天才少年です。ロボットファイターのヤクザボス・ミスター・ヤマと戦って勝ちますが、いかさまはゆるさない!と言って、ヒロを襲おうとしていました。
タダシがバイクで救出しますが、ヤマたちと警察に拘束…。迎えに来た叔母のキャス・ハマダは「怪我してない?大丈夫よね?なら聞くけど、何考えてんの!」心配とお説教を同時にしていました。タダシが亡くなった後、ヒロは部屋に引き篭もっています。
キャスは、ご飯を持って来ながら雑談をしていました。その時に、前のご飯が手付かずだったのを見ながらも、食べていないことには触れずに話を続けています。ご飯を食べないヒロを心配しながらも、ヒロには言わない優しさが印象的でしたよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第18位

「必要なのは、想像力だけ。マイクロボットです」

出典:https://www.amazon.co.jp

ヒロの将来を案じているタダシは、自分が大学で所属しているラボに連れて行きます。ラボに居たのは、レーザープラズマでりんごを薄切りにしたり、金属をもろくする薬品を作ったりしている科学オタクばかりでした。
ロボット工学の第一人者・ロバート・キャラハン教授の勧めで、ンフランソウキョウ工科大学へ飛び級する決意をしています。大学に進学するには、研究発表会でキャラハン教授に認められればいいとタダシに教えてもらいました。
最初は意気込んでましたが、アイディアが出なくて苦労しています。天才少年のヒロは、ロボットファイターの経験を生かして、小さくて無数のマイクロボットを発表していました。「必要なのは、想像力だけ。マイクロボットです」自信満々で披露したヒロのマイクロボットは、無限の可能性を秘めた発明でしたよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第17位

「バッテリー切れです……」

出典:https://www.amazon.co.jp

1つのマイクロボットがおかしい動きをしていました。マイクロボットが進む方向へベイマックスとヒロは進んで行くと、ある場所へたどり着きます。ヒロは自分が作った以上にマイクロボットが製造されているのに驚き、マスクの男や、マイクロボットに追いかけられて慌てて警察署に逃げ込んでいました。
警察署では、ベイマックスが逃げた時に穴が開いたのを、セロハンテープで一つ一つ留めていた時の音が可愛かったですよね。おまわりさんに事実を話そうとしている姿では、腕や体に何ヶ所もテープが張られているのが見えています。
事情を話し始めたところでベイマックスの口調がおかしくなり「バッテリー切れです……」の言葉と共に、スマホや携帯でおなじみのバッテリーマークが登場していました。ベイマックスのバッテリー切れは、お酒を飲んだ人みたいになるんですね。

『ベイマックス』名言・名シーン第16位

「……教授がいるんだ。助けに行かないと」

出典:https://www.amazon.co.jp

キャラハン教授に自分の研究結果が披露できたヒロは、サンフランソウキョウ工科大学への合格を手にしていました。ヒロの将来が心配だったタダシは、仲間やキャスを先に帰らせて兄弟だけの時間を過ごしています。
ロボット・ファイトが楽しいと言ってたヒロも、この時はタダシに「信じてくれてありがとう。お陰で、大学に入ることができた」と感謝の言葉を伝えていました。ところが、さっきまで居たラボのある建物で爆発が発生し、キャラハン教授はまだ中にいると言う情報を2人は聞きます。
「兄さん、ダメだ!」と引き止めるヒロに「……教授がいるんだ。助けに行かないと」と言って、教授を助けに中に入って行ったタダシ……。これが、ヒロが生きているタダシを見た最後となってしまいました。さっきまで仲良く過ごしていたヒロには、つらい出来事となりましたよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第15位

「『ベイマックス、もう大丈夫だよ』と言われれば終了します」

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイマックスは、ヒロと最初に会った時に「『ベイマックス、もう大丈夫だよ』と言われれるまで離れられません」と自分がどうやったら離れるのか親切に教えてくれていました。ヒロに「ベイマックス、もう大丈夫だよ」と言われたベイマックスは、自分から戻って眠りについていたのがお掃除ロボットみたいで可愛かったですよね。
反対に言わなければ、ベイマックスはいつまでも離れずにそばにいるので、とても分りやすいシステムですよね。どうすれば自分が相手から離れるのか理解しているので、終了して欲しい時に「『ベイマックス、もう大丈夫だよ』と言われれば終了します」自らヒロに提案をしている場面もありました。
ヒロ(ベイマックスにとっては、自分を必要とした相手)に何も問題がなければ、自分は離れてもいいというのを理解しているのは凄いですよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第14位

「キャラハンを捕まえよう。ただしいことを…するのよ」

出典:https://www.amazon.co.jp

マスクの男が、タダシと一緒に爆発で犠牲になったと思っていたキャラハン教授だと分ると、ヒロは戸惑いを隠しきれませんでした。ベイマックスを暴走させてまで、キャラハン教授に復讐心を抱いたヒロに仲間たちは総出で止めに入っています。
「何やってんだよ!倒せたのに!」と怒るヒロに、みんな倒すために協力をしたのではないと説得していました。天才少年と言ってもヒロはまだ14歳……。真実を受け止めるにはつらい年齢ですよね。
ベイマックスに、製作当時のタダシの映像を見せてもらったヒロは涙を流していました。これで冷静になったヒロは、仲間の1人・ゴー・ゴー(ゴー・ゴー・トマゴ)に「キャラハンを捕まえよう。ただしいことを…するのよ」と優しく言われています。みんなを助けたいと考えていたタダシの友達らしい言葉ですよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第13位

「大切な人を失った悲しみを、みんなで一緒に乗り越えましょう」

出典:https://www.amazon.co.jp

亡くなったタダシを思い出して、喪失感が次々と出てくるヒロに対して、ベイマックスは大切な人との別れに関するデータパソコンからダウンロードし、ケアロボットとして自らのスキルアップをしていました。外見をバージョンアップしたベイマックスを連れて、マスクの男のマイクロボット製造場所に向かった時には、仲間たちがやって来ています。
大切な人との別れに関するデータを取り込んだ時に、仲間や家族と悲しみを分け合うといいと勉強していたベイマックスは、その場でラボの仲間たちに連絡を取っていましたよね。連絡を貰ったから、ラボの仲間たちは心配して車でやって来たのでした。
「大切な人を失った悲しみを、みんなで一緒に乗り越えましょう」と言ったベイマックスは、いつもより優しい雰囲気が出ていましたよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第12位

「マスクの男を捕まえたら、気持ちが落ち着きますか?」

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイマックスと亡くなったタダシの話をしていたヒロは、ある考えが浮かんできます。怪しいマスクの男が研究発表会に来ていて、マイクロボットを盗み、証拠を隠すために建物に火をつけたことが原因で、タダシは死んだなのではないか?と推理していました。
マスクの男捕まえよう!と考えたヒロは、ケア機能しかないベイマックスを戦闘もできるバージョンにアップをしようと考えます。「マスクの男を捕まえたら、気持ちが落ち着きますか?」と言ったベイマックスは、このままで十分だと思っていますが、ヒロの気持ちが落ち着くなら……と、バージョンアップに協力していました。

『ベイマックス』名言・名シーン第11位

「スーパーヒーローになるぞ!」

出典:https://www.amazon.co.jp

マスクの男に追い掛け回されて散々な目に合わされた後、フレッドの大豪邸で作戦会議を開きます。マスクの男はある鳥のマークが付いた物を運んでいました。フレッドは億万長者の武器デザイナーがマイクロボットを欲しがったのではないかと推理します。
そして、億万長者の武器デザイナーは、技術会社「クレイテック」のアリステア・クレイ社長かも?とも言っていました。クレイ社長はタダシとキャラハン教授が亡くなった日に来ていて、マイクロボットが欲しいとヒロに言っています。
クレイ社長が怪しいものの確証はありません。ヒロたちはマスクの男を捜すために、「スーパーヒーローになるぞ!」と言って、自分たちのバージョンアップを行っています。科学オタクのヒロたちが、それぞれの得意分野を活かしてバージョンアップする姿は見ていてワクワクしますよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第10位

「人を傷つけることはできないようになっています」

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイマックスは、自分が相手の健康を管理するケアロボットだというのを十分理解しています。タダシが亡くなって落ち込んでいるヒロを優しく抱きしめたり、水に落ちて体温が下がってしまったのを検知すると、自ら発熱してホッカイロの役目も果たしていました。
タダシの死の原因を知っているかもしれないマスクの男を捕まえるために、戦闘用ロボットとして使いたいと考えてアップデートしていました。戦闘用にアップデートされた後でも「空を飛べるケアロボットが本当に必要でしょうか?」とヒロに疑問を投げかけています。
暴力的な行動はしないプログラムを組まれているベイマックスは、ヒロの要望に応えられない時ははっきりとした態度を示しています。「人を傷つけることはできないようになっています」という言葉どおり、暴力を振るわないベイマックスが素敵ですよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第09位

「彼女は生きているんだ。助けに行かないと」

出典:https://www.amazon.co.jp

マスクの男・キャラハン教授と対決した時に、ベイマックスは「センサーが生命反応を捕らえました。場所はポータルの向こうです。人間の女性で、ハイパースリープ状態にあるようです」と言っていました。ベイマックスが見ていた女性とは、クレイ社長の行っていた計画で亡くなったと思われていたテスト・パイロット。
その場にいた人間たちの眼には女性の姿は全く見えません。ですが、モニター越しからでも生物の健康状態がスキャンできるベイマックスには、女性が見えていたんですよね。クレイ社長は「ポータルは不安定な状態だ。戻って来られない!」と状況を判断しています。
それでもヒロは「彼女は生きているんだ。助けに行かないと」決断をしていました。ベイマックスも「私は、空飛ぶケアロボットです」と言って、ヒロの決断の後押しをしているのがニクイですよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第08位

「タダシ、タダシ……いつ戻りますか?」

出典:https://www.amazon.co.jp

タダシが亡くなった後、ベイマックスを起動させて街へ出かけるとバッテリー切れになってしまいます。フラフラのベイマックスを家に連れて帰って充電させると、「タダシ、タダシ……いつ戻りますか?」と突然言い出していました。
少し元気になっていたヒロも「もういないんだよ。死んじゃったんだ」と言いながら、タダシの使っていたベットの扉を閉めています。
「タダシは、とても健康でした。バランスの良い食事と運動で長生きできたはずです」「タダシは、ここにいます」と、タダシの健康を自分の製作段階から見ていたベイマックスは、ヒロの言葉に信じられなかったみたいでした。ケアロボットのベイマックスが、健康のこと以外を口にした数少ないシーンですよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第07位

「グータッチ、戦闘データベースにはありません」

出典:https://www.amazon.co.jp

「空手をするケアロボットが本当に必要でしょうか?」と、強化された時の感想を言っていたしたが、戦闘データシステムを入れられたベイマックスは、何枚も板を割る空手の上級者となっていました。
そしてなぜか「クマチャングミ!」を組み込んだヒロが得意げだったのもシーンの強弱があって面白かったですよね。戦闘データシステムが正常に作動したので「いぇい!グータッチ!」とヒロはベイマックスにグータッチを求めています。「グータッチ、戦闘データベースにはありません」と伝えていました。
ヒロは、みんなが時々やっている仕草だよと教えてあげています。理由を聞いたた後に、ベイマックスはグータッチを治療データベースに組み込んでいました。戦闘データベースではなく、治療データベースに組み込んだことで、結末にも大きく影響しています。

『ベイマックス』名言・名シーン第06位

「父さん、俺の活躍を見てもらいたかったよ」

出典:https://www.amazon.co.jp

EDの最後にショートストーリーが組み込まれているディズニー映画ですが、少しだけ驚くストーリーが毎回描かれていますよね。
「ベイマックス」では、フレッドのその後でした。陽気で明るいフレッドは、テントで寝ちゃう自由な印象があります。それが、劇中の中で執事もいる大豪邸のお坊ちゃまだったと明らかになって、ヒロたちに驚かれていましたよね。
でも、親は自分の所有している島にバカンスに行っていて、広い豪邸にはいないと明るく言っていました。劇中では、フレッドの人となりの話だと思われていましたが、最後のショートストーリーでは「父さん、俺の活躍を見てもらいたかったよ」肖像画に向かって寂しそうに呟いているフレッドの姿があります。
「父親は亡くなっていたのか……」と思いますが、元気な姿でフレッドの前に登場していました。

『ベイマックス』名言・名シーン第05位

「私が欲しいのは、大切な娘だけだ」

出典:https://www.amazon.co.jp

クレイ社長の行ってたテレポテーションを使った「沈黙のツバメ計画」の、テスト・パイロットをしていたアビゲイル・キャラハンは、キャラハン教授の大切な娘でした。キャラハン教授は、「お前!なんて事を!無理に実験を進めただろう!」と言って、無理をしてテスト飛行を試みたクレイ社長に恨みを持っています。
キャラハン教授は、「お前はアビゲイルをあのポッドに乗せ、私の全てを奪った。今度はお前から何もかも奪ってやる」とクレイ社長を前に言っていました。ヒロに「アビゲイルが望んでいるのか?」「僕も同じだった…だからもう止めて」と説得されます。
クレイ社長も望むもの全て与えると言っていますが、憎しみをさらに増長させるだけでしたよね。「アビゲイルはもういない!」「私が欲しいのは、大切な娘だけだ」とヒロとクレイ社長の提案を拒否していました。

『ベイマックス』名言・名シーン第04位

「よけいなことをするからだ」

出典:https://www.amazon.co.jp

マスクの男の正体は、ヒロの憧れていたキャラハン教授だったのが明らかになっていました。キャラハン教授は、マイクロボットを使って火事から自分の身を守っていたのです。その事実を知ったヒロは、キャラハン教授を助けるために危険な場所に入って行ったタダシを思い出していました。
「じゃあ、兄さんは……見捨てたの?」「あなたを助けに行ったのに!」と言うヒロに「よけいなことをするからだ」と冷たく答えています。愛する人を失った悲しみは、キャラハン教授も分っているのに、憎しみが大きすぎて考える余裕を失っているんですね。
キャラハン教授と対決するシーンでは、マイクロロボットが縦横無尽に動いていました。開発者のヒロ以上に、マイクロボットをキャラハン教授が使いこなしていたのを見ると、さすがロボット工学の第一人者だなと感じますよね。

『ベイマックス』名言・名シーン第03位

「俺は信じているからな。みんなの役に立つようになるんだぞ」

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイマックスは、人の死についてパソコンからダウンロードした後に、スキンシップと言いながらヒロをぎゅっと抱きしめていました。「すぐ良くなりますよ。よし、よし」「火事のことは残念です」と言っていたのも、タダシの想いを持っているベイマックスらしいですよね。
どんな時でも、ヘルスケアを第一に考えているベイマックスは、亡くなったタダシが開発したロボットで、製作過程も映像として残していましたよね。完成させるまでに、タダシは84回目のテストを行っています。製作途中で「俺は信じているからな。みんなの役に立つようになるんだぞ」と、自分のベイマックスに賭ける想いを発言していました。
完成した後は「ヒロに見せるのが楽しみだ。たくさんの人を助けることになるぞ。たくさんだ」とヒロに見せるの楽しみにしていた映像も残されていました。

『ベイマックス』名言・名シーン第02位

「あなたたち2人を帰す方法が1つあります。『ベイマックス、もう大丈夫だよ』と言われるまで離れられません」

出典:https://www.amazon.co.jp

クライマックスシーンのアビゲイル・キャラハン救出時には、全員が助かる術が見当たらないと判明すると「あなたたち2人を帰す方法が1つあります。『ベイマックス、もう大丈夫だよ』と言われるまで離れられません」と、腕に仕込まれたパンチを起動させ、自分が離れた後に2人を外に出そうと考えていました。
ヒロにはつらい選択で、迷っていると「時間がありません。あなたはもう大丈夫ですか?」とさらに選択を迫っていました。「ヒロ、私はいつも一緒に居ます」と言ったベイマックス。表情が読み取れないベイマックスですが、ヒロに対する愛情が伝わってきましたよね。
残された手の中には、いつの間にか心臓部である医療データが握られていたのも、ベイマックスの優れた能力といえまます!

『ベイマックス』名言・名シーン第01位

「こんにちは。私はベイマックス。あなたの健康を守ります」

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイマックスが起動した時の挨拶は「こんにちは。私はベイマックス。あなたの健康を守ります」でした。起動すれば、相手の健康状態をスキャンし、どこが具合が悪いのか把握して治癒をさせています。
タダシは、ベイマックスに1万通り以上の治療方法を医療データに組み込ませていました。「歩くマシュマロみたいだ」とヒロは言っていますが、これもタダシの考えで、思わず抱きしめたくなるビニール製でしたね。
クライマックスシーンで、ベイマックスが再びヒロの前に現れるのですが、その姿は最初に出会った時と全く同じでした。起動したベイマックスは挨拶に「私はベイマックス。あなたの健康を守ります。こんにちは、ヒロ」と言っています。初対面の時とは違って、ヒロの名前を呼んだ後抱きしめあっていたのも、これまでの戦いを経てアップデートされた感じがして良いシーンでした。

【ベイマックス】体を癒すロボットは心も癒してくれた

出典:https://www.amazon.co.jp

「たくさんの人を助けたい」という思いで作られたケアロボット・ベイマックスは、主人公の・ヒロの亡くなった兄・タダシが製作したロボットでした。ビニール製のボディは柔らかくプニプニしていましたよね。
柔らかいボディに反して、1万通り以上の治療データを備えている優れたベイマックスは、体だけではなく心も癒していました。暴力を好まないベイマックスは、憎しみの心を抱いたヒロに一生懸命寄り添っています。
ヒロもベイマックスの気持ちを感じて、憎しみを抱くのを止め、キャラハン教授にも憎しみを無くして欲しいと頑張っていました。登場するキャラクターが、相手のことを思いやりながら物語が進んでいった「ベイマックス」は、物語を観た私たちの心も癒してくれていましたよね!

こちらの記事もチェック!