【テラフォーマーズ】名言・名シーンTOP20!アネックス計画編までの激闘を振り返る!

「バグス手術」によって人外の力を得た人間たちと、火星で進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」との戦いを描いたマンガ『テラフォーマーズ』!アニメ化に続いて映画化まで果たした人気作品の名言&名シーンを交えて振り返ります!人類は果たしてゴキブリに勝利できるのか?!

『テラフォーマーズ』とは

舞台は西暦2599年、火星へのテラフォーミングのために放たれたゴキブリは、独自の進化を遂げ人類の存在を脅かす敵「テラフォーマー」となっていました。バグス手術を受けた「バグズ2号」のクルーはテラフォーマーの襲撃に合い生存者わずか2名。

撤退を余儀なくされます。その後地球で蔓延する致死率100%の火星から来た病原菌「A.E.ウイルス」のワクチンを作るという「アネックス計画」を遂行するため、西暦2620年人類は再び火星へと向かうのでした。

火星へ行くための必須条件は「バグズ手術」を得て昆虫などの動物の力を得ること。成功率約30%の手術を受ける者は訳アリの人間ばかり。クルーはみな、それぞれの想いを抱えて命を賭けた戦いへと向かうのでした。今回はそんなテラフォーマーズから名言・名シーンを、厳選して20選お届けします!

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第20位

「じょう じじょう じょうじ」人類に向けられた純粋な敵意


火星を人類が住める環境にするには、火星の気温をあげる必要があった…そのための材料に選ばれたの「ゴキブリ」。これを駆除する任務を得たのは小町 小吉(こまち しょうきち)をはじめとする「バグズ2号」のクルーでした。

しかし、火星にいたのは彼らの知っている姿のゴキブリではありませんでした。「じょう じじょう じょうじ」と奇妙な言語を発する、黒光りする人型巨大生物…わずか500年の間に進化を遂げたゴキブリは、人類を駆除するべく攻撃をしてくるのでした。

彼らが人類に抱くのは、人がゴキブリに抱く嫌悪と同じ。火星では人は駆除される側…純粋な殺意をもって進化したゴキブリは人類に襲い掛かります。まるで人類を仇といわんばかりの猛攻!人とゴキブリの長い戦いが幕を開けるのでした。

こちらの記事もチェック!

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第19位

「人間の”叡智”によって得た君たちの”特技”を使って”害虫”を叩くのだ」


進化を遂げたゴキブリ「テラフォーマー」に対抗するのは「バグズ手術」を受けた12人のクルーたち。金と引き換えに成功率わずか30%の危険な手術を受け、特殊な訓練を受けた者ばかり。まさに「人類の英知」と「害虫の王」との戦いです!

自重の100倍の体重を持ち上げるアリや、獰猛で強力な毒をもつオオスズメバチ等、移植されたものによって特性は様々。火星を人が住めるような星にするべく、テラフォーマーと命を賭けて戦います。しかし、ゴキブリの進化は全くの想定外…なすすべなく仲間を失ってしまうのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第18位

「たとえ虫けらのように利用されるだけの人生でも 人には意思がある」


星も環境も変わっても、人間とゴキブリの戦いは終わらない…まるで神々の体に近づくような強靭な肉体を持つゴキブリに、人類はひれ伏す運命だったのでしょうか。しかし、神々に誤算があったとするなら「人には意思があった」ということ。

守りたい家族のため、愛する人のため…そして仲間のため。持てる力のすべてを出し切り、テラフォーマーを倒します。しかし、敵の数は未知数…一時撤退を余儀なくされてしまいます。クルー15人中、地球に生還したのはたったの2名

そしてこの時、致死率100%の「A.E.ウイルス」を地球に持ち込んでしまうのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第17位

昆虫の冷たい体と熱い涙…「一緒に戦ってくれてありがとう…!」


「こんなところで死ねるか!」最後まで投資を失わず、テラフォーマーを狩ることを考えて戦った小吉・ティン、そして蛭間 一郎(ひるま いちろう)。ティンは変身役により最古の害虫「サバクトビバッタ」の力を開放させ、かつて「天災」といわれた脅威を発揮し戦います。

しかしこの過程で、ティンは変身薬を打ちすぎ、昆虫の姿から元へ戻れなくなっていました。生きる意思すらない空っぽの自分…そんな中で出会ったエネルギー溢れる仲間たち。徐々の人の姿を失いながら、思いのたけを明かします。

「気持ち悪いだろう」そう言うティンを小吉は固く抱きしめ別れの言葉を贈ります。「お前は人間で、俺の友達だ。一緒に戦ってくれてありがとう…!」そうして小吉と蛭間の2人は地球に帰還します。多くの仲間を失い、大きな悲しみを残してミッションは失敗に終わるのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第16位

「俺の優しさはお前からもらった」渾身の旧式一本背負い!


幼いころから「怪物」と呼ばれ疎まれていた膝丸 燈(ひざまる あかり)。そんな中、同じ施設で育った源百合子(みなもと ゆりこ)だけは膝丸に優しく接してくれました。しかし、百合子は「A.E.ウイルス」に感染し死を待つ身となってしまいます。

百合子を治療するための資金を稼ぐために挑んだ地下闘技場の大会の、最後の相手は巨大なクマ。到底人が勝てる相手ではありません。それでも、膝丸の「百合子を助ける」という気持ちが揺らぐことはありませんでした。

「俺の優しさはお前からもらった」観客を煽り、臆することなくクマを相手にとびかかった膝丸が繰り出したのは「旧式1本背負い」!しかし、その時にはもう百合子は帰らぬ人となっているのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第15位

「125万腫以上の生命の炎が燃え盛る”地球”を嘗めるなよ」


3度目の火星到来の目的はテラフォーマーを捕獲し「A.E.ウイルス」を採取、そしてワクチンを作ること。テラフォーマーと人類の戦いが再び幕を開けます。今回は、「バグズ手術」を発展させた「M.O.手術」を受けたクルーも交えてリベンジです!

最初、人類が火星に送り込んだのは、「コケ」と「ゴキブリ」だけ。対して地球には多くの生命が息巻いている…「125万腫以上の生命の炎が燃え盛る”地球”を嘗めるなよ」百合子を殺した「A.E.ウイルス」のワクチンを作り人類を救う…偉大な目標を抱く膝丸の目にも炎が宿るのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第14位

「お前は良い部下じゃない、いい男だ」


驚くべきことに、テラフォーマーも「バグズ手術」の方法を学んでいました。ゲンゴロウの能力を得たテラフォーマーに水中戦に持ち込まれ、同士討ちしかなすすべがなかったミシェル。しかし、膝丸のオオミノガの糸で救出に成功します。

この時、いつも鬼軍曹のように高圧的なミシェルが膝丸にかけたのは「お前は良い部下じゃない、いい男だ」!!アメとムチをうまく使い分けるミシェル…一生ついていきたくなる姉御肌なミシェルでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第13位

「もうお前は立てない」慶次・9分45秒のKO勝ち!!


いつも同じように練習し、いつの間にかチャンピオン。タイトルを取った時の試合も「判定勝ち」の世界一地味なチャンプ・鬼塚 慶次(おにづか けいじ)。しかし、網膜剝離により引退、遠くのものにピントが合わなくなってしまいました。

そんな慶次が得た能力はモンハナシャコの不可視光線をも見る子ことのできる目と、強力なパンチ力!その能力と、慶次持ち前の「ボクサー」としての能力でクロカタゾウムシの能力を得たテラフォーマーの固い体を貫きます!

慶次・9分45秒、慶次のKO勝ち!「KOの気分っていうのは悪くないよな」嬉しそうに笑うのでした。

こちらの記事もチェック!

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第12位

敵はテラフォーマーだけじゃなかった…劉との毒バトル!


中国、アジア第4班班長・劉 翊武(リュウ・イーウ)はヒョウモンダコの特性を持ち、毒を武器にしています。劉は中国政府の「ウイルスサンプルの独占」「膝丸とミシェルの生け捕り」という命を受け他の反を裏切り敵対します。

スズメバチの猛毒を持つ小吉も、霧状に噴出されていた毒に戦闘不能!ここに駆け付けたイワン・ペレペルキナのチョセンアサガオの幻覚を見せる毒によって、小吉は間一髪救出されるのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第11位

「俺の息子に2度も家族を失わせはしない」


劉の作戦のキーともなる紅(ホン)の細菌兵器としての能力。アレクサンドル・アシモフは故郷のロシアに「A.E.ウイルス」に侵された妻がいます。アシモフはロシアが最初にワクチンを作ることを切望していました。ホンの毒で研究所が占領されていたらワクチンは作れない…。

細菌の毒の侵されながらも、アシモフはホンに立ち向かいます。親も知らなかったアシモフが、妻ジーナのおかげで知った家族のぬくもり。「俺の息子に2度も家族を失わせはしない」と言ってくれた義父であり班長のシルヴェスター・アシモフ。

その恩に報いるため、愛する人の幸せをつかむため…アシモフは強化薬を過剰に打ち、スマトラオオヒラタクワガの姿のまま絶命するのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第10位

「俺もこれ以上失うわけにはいかない」膝丸誇りの一刀


百合子を救うための地下闘技場での命を賭けた戦いも、大切な人を救うには至らなかった膝丸。失意の中、百合子と同じ病に侵された少年・桜人。この少年に百合子を重ねた膝丸は、必ず火星に行って「A.E.ウイルス」を持ち帰ると誓います。

もう取り戻せない、大切な百合子の命、火星に来てからも失われていく多くの仲間の命…そして、まだ救えるかもしれない命。「俺もこれ以上失うわけにはいかない」すべての想いを込め「振動式忍者刀”膝丸”」の一刀で勝利するのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第9位

「相手が人間じゃなくてよかった」受けたら最後!慶次の左ストレート!


最近兵器・ホンにより汚染された区域…防護服なしで過ごせるリミットは15分。そこに立ちはだかったのは、オニヤンマの特性を持つテラフォーマー!!絶体絶命ともいえる状況で、慶次だけは安心していました。

何千回と繰り返し、体に染みついた動き…ジャブからの左ストレートは、テラフォーマーといえど食らったら命はありません。「相手が人間じゃなくてよかった」容赦のない全力パンチでいとも簡単に敵を倒すのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第8位

「みんな、世界を救おうぜ」はじかれ者の命を賭けたハッキング


3班の裏切りにより、遮断されている地球との通信。これをハッキングし、通信を復活できれば救助要請ができる。裏切りがバレた中国も、攻撃をやめるかもしれない。通信を復活させることは、状況を変化させるカギとなるのです。

「みんな、世界を救おうぜ」その言葉を皮切りに、非戦闘員・ウォルフ達の戦いがスタートします。しかしテラフォーマーの襲撃により中断。毒ガスに耐えることができるリミットもあとわずか。もう間に合わないと思われたハッキングを成功させたのはアミリアでした。

「無駄にしない」アミリアが感じているのはその思い1つ。イッカククジラの特性で長らく息を止めていたアミリアが口にできたのは「助けて」の一言でしたが、状況を変える大きな一言になるのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第7位

「おととい来やがれだぜ、メジャーリーガー」マルクスとアレックスの絆


アレックスとともにアメリカへ不法入国したマルクス。そこで出会ったお金持ちの娘・シーラを中心に、喧嘩をしながらもずっと苦楽を共にしてきました。マルクスがピンチの時、必ず駆け付けるアレックス。そんなアレックスに、マルクスは決まって悪態をつきます。

「おととい来やがれだぜ、メジャーリーガー」それは火星に来た時も同じでした。オウギワシの握力を生かしたスローイングでマルクスのピンチを救います。2人はどこか楽しむように、ピンチを切り抜けていくのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第6位

「もう嘘をつかないで生きよう」…アドルフが最期に出会った本当の仲間


アドルフ・ラインハルトは両親をバグズ手術失敗で亡くし、自らも実験体として愛のない幼少期を過ごしていました。そんなアドルフに愛を教えてくれたのはローザでした。ローザが不貞を働いていることに気が付きながらも、愛を失うのを恐れ見てみぬふりをしていたアドルフ。

でも、アドルフの部下たちは激闘の末倒れたアドルフを見捨てることはありませんでした。とても適うとは思えない無数のテラフォーマーを前にし、死ぬとわかっていても最期まで傍に居ようとした仲間たち…。

必ず護る!そして地球に帰る…そうしたら「もう嘘をつかないで生きよう」。安全装置をすべて破壊し戦いますが、仲間を護り地球に帰るというアドルフ願いは届かないのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第5位

「まさかこんな形で団結するとはな!」目的は1つ”地球へ帰る”!!


「A.E.ウイルス」のワクチンを作る…この人類を救うための大プロジェクトですら、各国を一つにする原動力にはなりえませんでした。テラフォーマーのサンプルにとどまらず、特異な存在である膝丸をサンプルとして捕獲しようと「九頭龍」を火星に送り込み膝丸以外を抹殺しようとします。

国と国の意思も絡みあう中、火星に送り込まれたクルーが生き残る道は「団結すること」!まさに呉越同舟、バグズ手術によって特別な力を得た者たちの生き残りをかけた戦いが始まるのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第4位

「お盆になったらまた会おうぜ」

出典:https://www.amazon.co.jp

「部下を助け地球に帰す」という目的を果たした劉とシルヴェスター。目の前に広がるのは無数のテラフォーマーと九頭龍…勝つ見込みも、戦う理由ももうありません。それなら、最期は何を理由に戦うのでしょう?

来いよゴキブリ!じゃーな若者達(てめーら)!「お盆になったらまた会おうぜ」そう言った2人の目は爛々と強く輝いていました。劉とシルヴェスター、2人とも言葉は交わさなくとも、最後まで人としてテラフォーマーに立ち向かうのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第3位

地球からの助け…クルーを救ったのは人類の好奇心?!


国の威信がかかった「アネックス計画」。地球では各国探り主導権を握ろうと、緊迫した話し合いが続いていました。そんな中、いち早く火星へ救助船を向かわせたのはなんと民間!

蛭間一郎が創始者の株式会社の「一警護」は、世界中の金持ちから資金を集め宇宙船「フロンティア・スピリット」を作ります。火星には進化の技術がある…それを知るために金を積む人々により、クルーは生還を果たしたのでした。

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第2位

「M.O.手術を開始する!」ジョセフの正体とは…

出典:https://www.amazon.co.jp

柔和でナンパな印象のジョセフ・G・ニュートンは人間そのものの強さを体現したエリート!繰り出される人間離れした戦い方は「人類の到達点」の称号にふさわしい西行ぶりです!

頼りになる存在かと思いきや、ジョセフはテラフォーマーへの情報のリーク、そして中国の裏切りをも裏で手を引いていたのです。そして人知れず、エヴァの遺体を使って自らM.O.手術を行い、プラナリアとデンキウナギの特性を手に入れます。

非道ともいえる任務を遂行する一方、小吉の「愛」ある戦いの中で死にたいと戦いを挑んだことも。ジョセフ、そしてニュートン一族の狙いは何なのか…不気味で謎の多い人物です。

こちらの記事もチェック!

『テラフォーマーズ』名言&名シーン第1位

「最後の肉の一片になったって、魂だけは渡さない」

出典:https://www.amazon.co.jp

劉の裏切りも、ハッキングに成功したことで打ち砕かれた…しかし、予定より早く到着した殺りく兵器「九頭龍」はミシェルをはじめ火星に来たクルーに絶望を与えました。しかし、膝丸はボロボロの体で立ち上がります。

その理由はただ一つ「護りたい人がいるから」自らの死よりも、誰かに死なれることが恐ろしい…その思いが膝丸を動かしていました。「最後の肉の一片になったって、魂だけは渡さない」これは地球で生きる大切な人と、ともに戦った仲間を必ず守るという決意のこもったセリフなのです。

テラフォーマーとの戦いはまだ始まったばかり?!勝者は果たして…

出典:https://www.amazon.co.jp

多くの犠牲を出し持ち帰ったテラフォーマーのサンプル。しかし、現在進行形で進化を続けるテラフォーマー達に人類は後手に回り続けています。未知のウイルス、そして思わぬ進化を遂げ、文明すら作り出すテラフォーマー。

まだまだ人類とテラフォーマーの戦いは始まったばかりです!続く第3部では、人類とテラフォーマーの戦争が開幕します。息をのむ緊迫した戦いを片時も見逃せません!

こちらの記事もチェック!