【文スト】中島敦の声優・上村祐翔ってどんな人?出演作&人柄まとめ!

『文豪ストレイドッグス』の主人公・中島敦の声を演じたことで知られる声優の上村祐翔さんですが、上村さんはどんな人で、そしてどんな作品に出演しているのでしょうか?今回は上村さんの出演作や人柄についてまとめてみました!

『文豪ストレイドッグス』中島敦ってどんなキャラ?

出典:https://www.amazon.co.jp

『文豪ストレイドッグス』は原作:朝霧カフカ・作画:春河35による漫画で『ヤングエース』で2013年から連載され、2016年にアニメ化されたほか、2018年には映画も上映されている人気作品です。
太宰治、中島敦といった実在した文豪をキャラクターにし、それぞれの文豪が生み出した作品の名にちなんだ異能力で戦うアクション漫画で、小野賢章さんや宮野真守さん、神谷浩史さんなど声優が豪華なことでも知られています。
上村さんが演じた主人公中島敦は「探偵社・西のヘタレ」と呼ばれるほど気が弱く、心優しい青年です。孤児院を追放された後ヨコハマを徘徊していた時に太宰を助けたことで、自分が孤児院を追い出された理由や自身の持つ異能を知り武装探偵で働き始めます。

こちらの記事もチェック!

中島敦を演じた声優・上村祐翔ってどんな人?


中島敦を演じた上村祐翔さんは1993年埼玉県出身の声優です。4歳から劇団ひまわりに所属しており、子役として舞台やテレビドラマで活躍してきました。声優活動は2002年から開始しており、吹き替えやゲーム、アニメなど幅広く活躍してきました。
その後大学1年生の時にゲーム『神々の悪戯』への出演が決まったことで職業を俳優とすることを意識するようになったそうです。また、この出演は声優の仕事を意識する大きなきっかけにもなったそうです。
その後いくつかのキャラクターを演じ、2016年に人気作品『文豪ストレイドッグス』中島敦役で主演を務めたことから一気に知名度が上がり、イケメン声優として人気を集めるようになりました。

上村祐翔さんが出演したアニメキャラクターとは?


先ほども少し紹介したように、村上さんは4歳から子役として活躍してきており、声優も9歳から始めています。当時は俳優業をメインにしながら吹き替えやアニメで少年役をやっていましたが、現在はアニメ作品を中心に出演数も増えてきています。
代表作である『文豪ストレイドッグス』中島敦役以外に村上さんがこれまで出演してきたアニメ作品としては、『神々の悪戯』戸塚月人役、『ナンバカ』ジューゴ役、『B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜』増長和南役、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ヒロ役などが挙げられます。
アニメへの出演が増えてきたのが最近であるため、出演しているアニメ作品自体は少ないものの、アニメ『神々の悪戯』への出演以来メインキャラクターへの出演が増えてきており、2018年もダリフラの愛称で親しまれる『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の主演を務めたことで今後更に出演数が増えていくことが期待されます。

子役としても活躍していた上村祐翔さん


先ほどから少し紹介しているように、上村さんは4歳から劇団ひまわりに所属し子役として活躍してきました。俳優としては2004年に『特捜戦隊デカレンジャー』の7・8話で日渡氷狩役として出演しています。
またそれ以外にも2007年には大河ドラマ『風林火山』葛笠与吉役、2008年には『魔王』葛西均(中学生時代)役、2009年には『坂の上の雲』加藤恒忠役など数々の有名なテレビドラマにも出演しています。声優としての演技力の高さは子役時代の経験の積み重ねから来ているのかもしれませんね。
また、吹き替えに関しても『ザ・リング』エイダン・ケラー役など子役時代から有名作品に多く出演しています。現在は声優としての出演が増えてきているものの、梅原裕一郎さんなどと共演しているテレビ番組『声優男子ですが…?』の顔出し出演や舞台で俳優としての演技を見ることもできます。

上村祐翔さんは自他共に認める愛犬家!


上村さんは現在ティム君というミニチュアダックスフントを飼っています。また、今は既に亡くなっていますが、もう一匹ミニチュアダックスのメイちゃんという犬も飼っていたそうです。
上村さんは、2匹を可愛がっており自身が出演していたテレビ番組『声優男子ですが…?』の中で放送されたショートアニメで「めいてぃむ」というキャラを作り、自身で声を担当するほどでした。メイちゃんはキャラを作っている途中で亡くなってしまいましたが、「いつまでも一緒だよ、感謝しているよ」という気持ちを込めて演じたそうです。

マシンガントーク炸裂!上村祐翔さんの好きなものとは?


上村さんは特技としてスキューバダイビングやビリヤード、英会話、剣道などを挙げており非常に多趣味な人として知られています。また中学・高校の国語の教員免許も持っており、非常に多彩な才能を持っているのですが、もう一つ上村さんは特殊な資格を持っています。それがイルミネーション検定です。
上村さんは高校生の時にイルミネーションについて興味を持つようになり、今ではイルミネーション検定の2級を取得するまでに詳しくなっています。自身がパーソナリティとなったラジオ番組『上村祐翔の言うとおり!』ではイルミネーションに対してマシンガントークを炸裂、おすすめのイルミネーションなどについて紹介していました。
また、その他にも上村さんは『声優男子ですが…?』の番組内で挑戦した時にボルダリングにもハマったそうです。アクティブな趣味から芸術的な趣味までさまざまなものに興味を持っているんですね。

とってもかわいい!上村祐翔さんの天然エピソード


中学・高校の国語の教育免許も持っている頭のいい上村さんですが、実は天然な部分もあり、『文豪ストレイドッグス』のアフレコ現場では同じく天然キャラの細谷佳正さんと二人で喋っているとツッコミ役である豊永利行さんがいないと大変なのだそうです。
また、『文豪ストレイドッグス』の元旦イベントの最後で、上村さんは既に年が明けているにも関わらず「良いお年を!」と挨拶してしまい、言った本人もきょとんとするハプニングが起こってしまったのだそうです。
またそのイベントで付いた「祐翔様」という愛称を、その後のイベントでファン全員から呼びかけられた際には「恥ずかしいからやめてー!」と照れていたそうです。まだイベントにも慣れていない部分もあり、トークが噛み噛みになってしまうこともあるそうで、とてもかわいらしいですね!

上村祐翔さんと仲良しな声優は?


上村さんと仲良しな声優は、先ほども少し出てきた『文豪ストレイドッグス』や『神々の悪戯』で共演している豊永利行さんが挙げられます。豊永さんは『神々の悪戯』のイベントで伸び伸びと話す上村さんを見て「こんなに大きくなりました!」と話すなど、まるで保護者のような立場になっています。
また上村さんは豊永さんと一緒のイベントになると困った時はつい豊永さんの方を見てしまう癖があるなど、上村さんも豊永さんを先輩として信頼し、慕っているようで『声優男子ですが…?』で憧れの先輩を招いて対談するスペシャル番組でも豊永さんを招いてトークを繰り広げています。
また、上村さんは『文豪ストレイドッグス』の公開ラジオ収録で仲のいい人について質問された時に蒼井翔太さんの名前を挙げており、Twitterでは二人で「ディズニーシー」に遊びに行ったことが報告されています。

こちらの記事もチェック!

歌唱力抜群!ユニットで音楽活動も開始した上村祐翔さん


子役時代から長年俳優や声優として活動してきた上村さんですが、2017年からは音楽活動も開始しています。それまでも上村さんは『神々の悪戯』のラジオ企画で豊永さんが作詞作曲した曲を歌ったり、キャラクター名義で発売されているキャラクターソングなどで軽やかな歌声と抜群の歌唱力を見せていました。
その歌唱力を生かし、2017年からは男性声優たちが音楽ユニットなどで活動するレーベル「Kiramune」に所属し、「SparQlew」というユニットで千葉翔也さんたちと一緒に音楽活動を開始しており、既にシングルの発売やライブ活動なども開始しています。今後はアーティストとしての上村さんにも注目です!

今注目の声優・上村祐翔から目が離せない!


子役としてテレビドラマ・舞台・吹き替えなどで活躍してきた上村さんは、大学生になってから本格的に声優業に力を入れ始め、アニメなどにも出演するようになりました。また、それまで培ってきた経験や演技力で、出演数が少ないながらも既にメインキャラクターを多く務めています。
近年では話題作『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ヒロ役で主演を務めており、今後益々声優として注目されていくことが期待されます。また、2017年からは声優ユニット「SparQlew」としても活動を開始しており、声優、アーティスト共に益々上村さんの活躍から目が離せそうにありません!