【シティーハンター】強さランキングTOP15!裏世界を生きる殺し屋たちのバトルロイヤル!

『シティーハンター』には、冴羽遼以外のスイーパーがたくさん登場します。殺し屋たちの能力はそれぞれ違いますし、考え方も全く違います。だからこその魅力があり、強さも異なってきます。一体誰が最強なのか?ランキング形式で紹介していきます。

「シティーハンターとは?」

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

『シティーハンター』は、冴羽遼と槇村香のコンビが危険な依頼を次々に解決していくストーリーです。その依頼内容は、殺しから人助けまで幅広いものになっていて、完了することが不可能と言われるものばかりです。冴羽遼は、元傭兵で裏社会ナンバーワンの凄腕のスイーパーなので、不可能である依頼も難なくこなしてしまいます。

相棒の香は遼のサポートをしつつ、遼が依頼人の女性に手を出さないか常に見張っています。ギャグ要素もかなり強いのですが、シリアスなシーンもたっぷりになっているので、そのギャップが楽しめる作品でもあります。アニメ化や映画化もされており、続編としては『エンジェルハート』として既刊しています。
こちらの記事もチェック!

【シティーハンター】強さランキング第15位

槇村 香

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

最後の遼の相棒であり、前相棒の槇村秀幸の妹です。何もスキルがない普通の女性でしたが、兄の死をきっかけに遼の相棒になることを決意します。戦闘にはほとんど加わることはしませんが、海坊主からトラップのレクチャーをされてそれをすぐにものにしてしまうなど、素質はかなりありそうです。

実際に銀狐と対決した時もプロ相手に追い詰めることに成功していました。銃の腕前は恐ろしいほど下手ですが、まぐれで相手を仕留めることが度々あります。2流相手ならば、それなりに対応できる力は持っていますが、1流となると分が悪く戦力の差が出てしまいます。気の強さと相手の苦手なところをつく力はかなりのものです。そして遼の相棒としても十分に活躍できています。

【シティーハンター】強さランキング第14位

野上 冴子

現役の刑事で、槇村秀幸の相棒でもありました。槇村が刑事を辞めた後も交流があったようで、遼とも深い仲になっています。遼は常に冴子にいい様にあしらわれていて、まるでルパン三世と不二子のような関係です。刑事として拳銃の腕前もそこそこで、得意技は仕込んであるたくさんのナイフを飛び道具のように投げること。

相手を威嚇したりすることにつかいますが、その正確さはかなりのものです。遼と一緒にする仕事は作中の中でもたくさんありますが、度胸も備わっていますし、相手を出し抜く頭の切れの良さもあります。本当に警察官なのか?と疑ってしまうほどのハイスペックの持ち主です。

【シティーハンター】強さランキング第13位

槇村 秀幸



遼の親友で相棒として「シティーハンター」をやっていました。刑事でしたが、捜査中に部下が殉職してしまったので責任を取って辞めました。それから遼とコンビを組むのですが、遼とは対照的で常に冷静に構えています。依頼を受け依頼主との交渉は秀幸が行い、仕事は遼がするという流れになっています。

秀幸も決して弱くはなく、銃の扱いや仕込みナイフの腕も相当のものです。しかしユニオンテオーペの事件に絡むことになってしまい、エンジェルダストを投与したチンピラに殺されてしまいます。「シティーハンター」には珍しく、遼が相手でもシリアスな状態を貫き通していた人物です。

【シティーハンター】強さランキング第12位

美樹



海坊主のことを追いかけて来た元傭兵です。海坊主と結婚するために遼にペイント弾を当てなければならないという課題を出されますが、元傭兵だけあって動きも拳銃の扱いもかなりの腕前です。しかし遼には一度も当てることができませんでした。女性ということを考慮しても実力はかなりのものなのですが、相手の命を奪うということに対してどれほどの覚悟があるのかが分かりません。

実際に海坊主には守られる形になっているので、プロ同士の殺し合いの中で生き残れるかは想像できないかもしれないです。しかし愛する海坊主のためなら自らの命を差し出しても良いという覚悟だけは、はっきりと伝わってきます。

【シティーハンター】強さランキング第11位

銀狐



冴羽遼がシティーハンターとして活躍するまでは、スイーパーとしてナンバーワンの称号を持っていた男です。スイーパーらしからぬ派手な頭や格好が特徴的で、どこか憎めない部分もあるキャラクターです。香に勝負を挑まれてトラップあの嵐に苦戦するものの最後は香の背後を取っているところでプロとしての経験を感じさせています

しかし遼によって香への射撃を阻まれて指を失ってしまいます。そのためにスイーパーとしての再起は絶望的となりました。

【シティーハンター】強さランキング第10位

黒蜥蜴

遼を殺して裏社会のナンバーワンを名乗ろうとしているプロの殺し屋です。躊躇なく昼間の街中で遼を車の中から銃撃したり、遼の肉親と名乗る老人を人質に取ったりと大胆な行動をしています。人質を助けにきた遼を待ち構えて、大量のトラップを仕掛けていましたが、遼は全てのトラップをかわしていきます。

遼は半ばふざけた感じで相手をしていましたが、実力差があるからこその対応とも言えます。相手が悪すぎた…とも言えますが、殺し屋としてのスキルの高さがあることは見ていてよく分かります。

【シティーハンター】強さランキング第9位

蝙蝠



作中に2度も登場したスイーパーで、遼に激しい恨みを持っています。元々は依頼を受けて遼と対決することになりましたが、そこで納得のいかない勝負の付けられ方をしたと思い込み、再度挑戦をしました。それでも遼には敗けてしまうのですが、スイーパーとしてはなかなか濃いキャラクターで卑劣な手をつかったり、殺すことにためらいのなさそうな態度が悪役として際立っています。

海坊主を利用したりする辺りは、なかなか頭が回りますし銃の腕前もそこまで悪いという感じではありませんでした。

【シティーハンター】強さランキング第8位

スネーク



海坊主の部隊にいた傭兵で、裏切って部隊を壊滅状態に追い込んだ人物です。裏切るところからも分かるように卑劣な手が好きで、相手が女性でも関係なく殺します。海坊主の上官であった亡き氷室剛司の娘をスネークは狙っていましたが、海坊主と冴羽遼のふたりがそれを阻止します。

海坊主はスネークの手口が分かっていたので、早目に手を打つことができましたが、もしも海坊主でなければどうなっていたのかは分からないです。海坊主と同じ部隊にいた傭兵なので、実力が弱いはずもありませんが、遼と海坊主のふたりが相手では分が悪いとしか言いようがありません。

【シティーハンター】強さランキング第7位

マリィー



「ブラッディ・マリー」というコードネームの女性スイーパーで、遼のアメリカ時代の元アシスタントでもあります。女性の登場人物の中でも特に修羅場を経験しているのが分かり、実力もあるのが分かる人物です。どの女性キャラクターよりも強く、そこらへんの殺し屋には負けないのは確実とも言えます。

相手を殺すことを何とも思わないような冷たい目をしていて、女性には珍しく割り切って仕事をできそうな人物です。そんなマリィーですが恋人を人質に取られてしまい、遼を殺さなくてはならない状況になりますが、遼に救われることになります。女性という部分を最後の方に見せますが、それで良かったと思わせてくれるようなキャラクターでもあります。

【シティーハンター】強さランキング第6位

クロイツ将軍



遼の手によって国を追われることになったのがクロイツ将軍で、そのことを恨み復讐をしに日本へ親衛隊を連れてやってきます。部隊の指揮官として活躍していますが、一流の傭兵を動かせる機動力と指揮する能力は作中でもかなりの高さです。海坊主と美樹の結婚式を狙い、襲撃してかく乱させている間に香を人質に取るなど、遼や海坊主の裏をかく場面もあります。

しかしクロイツ将軍の誤算は、遼たちの戦力があまりにも高いということを見落としていたところです。海坊主と遼のたった二人だけでしたが、何十といた兵士たちを無力化させて壊滅させられることになります。

【シティーハンター】強さランキング第5位

ケニー・フィールド


遼にとって恩人であり、初代のパートナーとなった人物です。修羅場もたくさんくぐっているからこその実力と凄みがあります。そしてソニアの父親でもあり、遼とは家族ぐるみでの付き合いも行っていました。ソニアのことを何よりも一番に考えているので、遼を殺さなければ娘を殺すと脅された時に遼と真剣勝負を行います。

その結果遼に敗れて死ぬことになりますが、自らが望んだ結果でもありました。遼と同じゲリラの傭兵だったので経験値はかなりのものですし、遼を鍛え上げていたこともあるので、師匠に近いかもしれません。

【シティーハンター】強さランキング第4位

ミック・エンジェル



アメリカで活躍しているスイーパーで遼の元相棒でもあります。シティーハンターの名前も当時アメリカで二人が活躍していた頃に付けた名前でもあります。遼の殺しの依頼を受けて来日しますが、香に本気で惚れ込んでしまい依頼を果たせませんでした。銃の扱いは遼と同等クラスの腕前で、動きも軽快です。

依頼を果たせなかったことで、ユニオンテオーペに飛行機を爆撃され重傷を負ったのちにエンジェルダストを投与されてしまいます。そこで超人的な力を手に入れるのですが、結果廃人状態になってしまい入院することに…そこから遼同様に教授の手で薬からの回復をし、再度スイーパーとしての活躍を試みようとします。しかし引き金が引けないという致命的な後遺症から引退を決意します。

【シティーハンター】強さランキング第3位

伊集院 隼人

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

ファルコンと呼ばれる凄腕の元傭兵で、喫茶店「キャッツアイ」の店主でもあります。遼には海坊主と呼ばれていて、昔からの腐れ縁のような感じです。そしてお互いに実力を認めているからこそ、本気で殺し合ったりもしています。傭兵時代に海原神の率いる部隊にいた遼ひとりによって、伊集院の部隊は殲滅されます。

その際に伊集院は目をナイフで切られて、後に失明してしまうことになります。以後はサングラスをかけて生活していますが、見えているのと変わらないぐらいに動けています。更に見えないことで聴覚が発達して、以前よりも感覚が鋭くなっているのが分かります。弱点は女性と猫で、猫は鳴き声も聞くのが苦手、女性に対しては側にいるだけで真っ赤になってしまいます。
こちらの記事もチェック!

【シティーハンター】強さランキング第2位

海原 神



冴羽遼の養父であるのが海原神です。ユニオンテオーペの首領であり、エンジェルダストの精製に関わった人物であり、ゲリラ時代に遼にエンジェルダストを投与して、海坊主の部隊を全滅させてしまいます。そんな海原の強さは、策略というところでは右に出るものがいません。用意周到であり非情な面もあるから再開した遼の一歩先を読んで行動していました。

そして年齢を感じさせないほどの動きを見せ、銃の扱いも一流で遼とも互角に渡り合っています。遼と海原の決着は、ニックのペンダントが海原の足に絡んでしまったこと僅かなズレが生じて、遼が勝利することができました。そのまま海原は死んでしまうのですが、育ての親であり遼にとっては父親代わりであったのに違いないので、遼が愛情を持って最期を見送るシーンが何とも言えません。

【シティーハンター】強さランキング第1位

冴羽 遼

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

『シティーハンター』に登場するキャラクターの中で最強なのは、やはり冴羽遼です。普段は女たらしでやる気のないように見えていますが、仕事の時はプロとしての自覚と誇りを持ってきっちりとこなしています。そしてその腕は、どの殺し屋よりも上であることが分かります。肉弾戦を始めとして、短銃、ライフル、ナイフ、トラップなど幅広く扱えることとそれに対する知識が豊富です。

傭兵としての経験があるからこその技術ですが、毎日その強さを維持する努力もあります。若い頃の遼はエンジェルダストの影響で殺戮マシーンのような感じでしたが、そこから抜け出したことでエンジェルダストを投与された時よりも強くなりました。それは、遼が守る人のために戦おうとすることで、今までにない力を生み出すことができたからです。

屈強で非情な殺し屋よりも強い理由は、守るべき人間を絶対に守るという強い信念があるからです。
こちらの記事もチェック!

今見ても面白さが伝わる名作

出典:https://images-fe.ssl-images-amazon.com

『シティーハンター』は、凄腕のスイーパーである冴羽遼を中心にたくさんのキャラクターが登場します。その目的は裏社会でのナンバーワンになるためであったり、依頼を完了するためだったり、私怨のためと様々です。そんな目的の中で冴羽遼と対決することになるのですが、プロ同士の命を賭けた戦いだからこそ勝負の明暗を分けるのは些細なことだったりします。

そして依頼の内容や関わっている人物の背景が濃いものだからこそ見ている人を惹きつけるものがあるのです。30年ほど前の作品ですが、今見ても色あせない新鮮さとわくわく感のある作品でもありので、『シティーハンター』を知らない人も十分に楽しめます。
こちらの記事もチェック!