声優・田中美海が演じるアニメキャラまとめ!FGO大好き声優の活躍を振り返る!

WUGの明るく民謡が得意な女の子・片山実波役が印象的な声優の田中美海さん。実波役以降、どんどん幅広いを役を演じている田中美海さんですが、FGO大好き声優でもあります。そこでWUG、FGOなど田中美海さんの活躍を振り返ってご紹介していきます!

声優・田中美海さんってどんな人物?

田中美海(たなかみなみ)さんは、1996年1月22日生まれ、身長156cm、A型の東京都出身であだ名は「みにゃみ」です。声優事務所の81プロデュースと、声優ユニット「Wake Up, Girls!」のために作られた事務所のGREEN LEAVES(グリーンリーヴス)に所属しています。趣味はカラオケ、特技は泳ぐこと。

2012年にavex×81produceが合同で開催した「Wake Up, Girls! AUDITION」第2回アニソン・ヴォーカルオーディションに合格し、アニメ「Wake Up, Girls!」(2014年)で声優デビューを果たしました。着実に声優として歩んでいる田中美海さんの活躍を見ていきましょう。

Wake Up, Girls!

片山実波

出典:https://www.amazon.co.jp

仙台を拠点に活躍するローカルアイドルの軌跡を描いたアニメ「Wake Up, Girls!」シリーズは、WUG(ワグ)の愛称で親しまれている作品です。Wake Up, Girls!声優オーディションを勝ち抜いた、新人声優陣の名前やプロフィールなどをキャラクターのモチーフにしたことでも話題になった作品でした。

実際に声優ユニット「Wake Up, Girls!」としてライブ活動などしています。田中美海さんと言えば、WUG!と言うファンも多いですよね!

出典:https://www.amazon.co.jp

田中美海さんは、「うんめ〜にゃ!」明るく言うセリフが印象的な片山実波役でしたよね。民謡が得意な片山実波は、東日本大地震で被災し、仮設住宅で住む人たちで結成された民謡クラブで民謡を楽しんでいました。

デビュー後も民謡クラブ仲間のお爺ちゃん、お婆ちゃんに親しまれるアイドルとなります。いつも明るい片山実波が、入院してしまった1人のお婆ちゃんの元へ行きたいと取り乱してしまったエピソードが、強烈な印象として残っているファンも多いのではないでしょうか。

暗殺教室

岡野ひなた

出典:https://www.amazon.co.jp

2012年~2016年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されていた「暗殺教室」は、漫画家・松井優征先生が描いた学園クライム・サスペンス作品です。全21巻が刊行され、アニメ「暗殺教室」(2015年、2016年)が放送されました。

そしてHey! Say! JUMPの山田涼介さんが主演し、大ヒットになった映画「暗殺教室」(2015年)「暗殺教室〜卒業編〜」(2016年)が公開されています。映画版の殺せんせーの声と過去の死神を嵐の二宮和也さんが演じたのでも話題になりました。

田中美海さんが担当したのは、元体操部でナイフ術が女子で1位になったこともある3年E組の岡野ひなた役です。クラスメイトの前原陽斗とは夫婦漫才を披露していましたが、密かにひなたが好意を寄せていたのが明らかになっていましたね。

ハナヤマタ

ハナ・N・フォンテーンスタンド

出典:https://www.amazon.co.jp

2011年~2018年まで「まんがタイムきららフォワード」で連載されていた「ハナヤマタ」は漫画家・浜弓場双先生が描く「よさこい」に情熱を注ぐ女の子たちの作品です。全10巻まで刊行され、2014年にはアニメ「ハナヤマタ」が全12話で放送されました。

田中美海さんが担当したのは、アメリカから転校してきたハナ・N・フォンテーンスタンド(以下、ハナ)でした。「絶対に迎えに行きますから!」自分に自信が無かった関谷なるを、よさこいに明るくスカウトした女の子。

存在感があるのに、低身長だったというギャップもいいですよね。ハナに負けないように元気に演じたいと公式コメントに寄せていた田中美海さん。ハナのパワフルさは、画面からも伝わってきましたよね。

Fate/Grand Order

ニトクリス

出典:https://www.amazon.co.jp

TYPE-MOONが手掛けているスマートフォンRPG「Fate/Grand Order(FGO)」は、豪華クリエイターが集結し、100万字を超えるシナリオで1200万DLを突破した(2018年5月時点)絶大な人気を誇っているアプリゲームです。

Fateシリーズのキャラクターが多数登場するFGOは、公式サイトでも「史上最大の聖杯戦争」というキャッチコピーが使用されている大作ですよね。


田中美海さんは大のFGO大好き声優でも有名で、昔からFateシリーズが好きだったと語っています。空き時間にはスタミナが回復したらすぐプレイしてしまうほどのFGOヘビーユーザー!FGOのためにiPadを購入した(FGOスタート時はios版のみ運用開始だったため)とインタビューで語っていたので、力の入れようが分かりますよね。

そんなFGO好きの田中美海さんが担当するのは、キャスターのサーヴァントのニトクリスです。片山実波やハナ・N・フォンテーンスタンドのような元気なキャラクターの印象が強い田中美海さんですが、Fate/Grand Orderのニトクリスは、大人の艶っぽいキャラクターとなりました。

灼熱の卓球娘

上矢あがり

出典:https://www.amazon.co.jp

2014年から「となりのヤングジャンプ」(当初は「ジャンプSQ.19」で連載スタート)で連載されている「灼熱の卓球娘」は、漫画家の朝野やぐら先生が描いた、女の子たちの卓球をテーマにした青春スポーツ作品です。

これまでに第6巻まで刊行され(2018年5月時点)、2016年にはアニメ「灼熱の卓球娘」が全12話で放送されました。


田中美海さんが担当したのは、主人公の旋走こよりのクラスメイト上矢あがり役、紫色のツインテールがかわいい女の子です。卓球ではドライブ打法に定評があるので「北のドライブ」の通り名を持っていました。勝利が一番だと考えていたあがりでしたが、こよりの影響で卓球をプレイするのが楽しいと目覚めていきます。

田中美海さんは過去のインタビューで、周囲を見ていなかったために周辺の人物の表情が無くなっていたのが、あがりのセリフで表情が描かれるようになったと、あがりのターニングポイントのお話をされていました。

賭ケグルイ

早乙女芽亜里


2014年から「月刊ガンガンJOKER」で連載されている「賭ケグルイ」シリーズは、河本ほむら先生(原作)の学園ギャンブル作品です。「賭ケグルイ」(2014年~)「賭ケグルイ双」(2015年~)「賭ケグルイ(仮)」(2017年~)「賭ケグルイ妾」(2017年~)と連載されていますが、それぞれ作画が違うのも作品の特徴でした。

2017年にはアニメ「賭ケグルイ」が全12話で放送2018年1月にはドラマ「賭ケグルイ」が女優・浜辺美波主演で全10話で放送されています。そして、2018年1月6日に新宿文化センターで行われたスペシャルイベント「私立百花王学園文化祭」の昼の部で、アニメ「賭ケグルイ」の第2期制作が発表されました。

出典:https://www.amazon.co.jp

田中美海さんが担当するのは、主人公・蛇喰夢子が転入したクラスの中心的存在の早乙女芽亜里です。芽亜里は「賭ケグルイ双」の主人公で、金髪のツインテールの良く似合う美少女でした。

高飛車な性格ですが、夢子とタッグを組んでゲームを進めたりとツンデレな女の子でもあります。ゲーム中の芽亜里の「顔芸」とファンの間で噂されるキャラクターでしたよね。第2期でも芽亜里の顔芸と美少女ぶりを楽しみにしたいです!

Caligula -カリギュラ-

神楽鈴奈


2016年にフリュー株式会社が販売した、PS VitaのRPGソフト「Caligula -カリギュラ-」は、心に闇を抱えた人物たちが仮想世界から脱出を図る過程を描いた作品です。2018年にはアニメ「Caligula -カリギュラ-」が放送開始しました。

2018年5月17日にはPSVistaのリメイク版として「Caligula Overdose-カリギュラ オーバードーズ-」がPlayStation 4のソフトとして販売

田中美海さんが担当するのは、優しくて真面目な性格の女の子・神楽鈴奈です。図書館ガ好きな鈴奈は、優しすぎるためなのか、自分に自信が持てないのが小さい声と表情に表れていました。いざという時には、芯の強さも見せている人物です。

シュヴァルツェスマーケン

カティア・ヴァルトハイム

出典:https://www.amazon.co.jp

2011年~2014年にかけてPCゲーム誌「テックジャイアン」で連載されていた「シュヴァルツェスマーケン」は、ライトノベル作家・内田弘樹先生が描くSFラブストーリー作品です。

全9巻(本編7巻、短編集2巻)で構成されたシュヴァルツェスマーケンは、「マブラヴ オルタネイティヴ」のスピンオフ作品として刊行、ゲームも販売されました。2016年にはアニメ「シュヴァルツェスマーケン」が全12話で放送しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

田中美海さんが担当したのは、西ドイツからある人物を探すために、東ドイツへ亡命してきた衛士のカティア・ヴァルトハイムです。1983年の東ドイツが舞台のシュヴァルツェスマーケンは、生死を賭けた戦いを繰り広げているストーリーなので、シリアスな場面が多い作品でした。

田中美海さんは、始まる前に西ドイツからやって来たカルティアが加わることによって、ストーリーの核になる東ドイツの「第666戦術機中隊“黒の宣告(シュヴァルツェスマーケン)”」の隊員や、その周辺がどう変化していくのか楽しみだとコメントされていました。

プリパラ

真中のん、じゅのん、ぴのん、かのん

出典:https://www.amazon.co.jp

タカラトミーとシンソフィアが開発した「プリティー」シリーズから誕生した「アイドルタイム プリパラ」は、アイドル育成を中心にしたトレーディングカードアーケードゲームです。2014年にはアニメ「プリパラ」が放送され、これまでに第1期~第3期までで全140話(2018年5月時点)制作される人気シリーズになっています。

ゲーム版は「タイム7弾」をもって稼動が終了し、2018年4月19日からは「キラッとプリ☆チャン」が運用スタートしました。田中美海さんが担当するのは、真中のん、じゅのん、ぴのん、かのんの4キャラクターです。真中のんは、主人公の真中らぁらの2歳下の出来の良い妹として登場しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

らぁらのバースデーライブでは、のんもらぁらも双子のような息のピッタリ合った姉妹のコンビネーションを披露していましたね。じゅのん、ぴのん、かのんで結成されているアイドルユニット「トライアングル」は、すべてのんだったのが明らかになっています。

すべてのんだったといえ、トライアングルの3人とも上手く演じていたのには声優魂を感じました。

魔法少女なんてもういいですから。

だいや

出典:https://www.amazon.co.jp

2015年からデジタル版コミックアース・スターで連載の「魔法少女なんてもういいですから。」は、漫画家・双見酔先生のゆるい魔法少女作品です。

「まほほい」の愛称を持っている「魔法少女なんてもういいですから。」は、これまでに第2巻まで刊行され(2018年5月時点)、2016年にはアニメ「魔法少女なんてもういいですから。」全24話放送されました(第1期全12話、第2期全12話)。

田中美海さんが担当したのは、アニメのオリジナルキャラクター・謎の少女だいやです。過去のインタビューで、かわいいキャラクターが登場するのに、シュールなところやギャグの部分が面白いと語っていた田中美海さん。

礼儀正しく癒し担当のだいやに、みんなメロメロになるのが分かりますと言っていましたが、自身とはかけ離れていると笑っておっしゃっていました。

競女!!!!!!!!

月下うさぎ

2013年~2017年まで「週刊少年サンデー」で連載されていた「競女!!!!!!!!」は、漫画家・空詠大智先生のオリジナルスポーツ競技・ギャグコメディ作品です。

お尻や胸を使って相手を水上のステージから落とすというルールの公営ギャンブル「競女」は、空詠大智先生曰く「尻乳(けつにゅー)漫画」なのだそう。他のスポ根作品とは違い、新しいジャンルとなりました。

田中美海さんが担当したのは、エリートクラスに所属する月下うさぎです。うさぎの通う(競女養成学校)瀬戸内養成学校で、実力ナンバーワンの日下生美桜に憧れを抱いて「様」と敬称を付けて呼んでいました。特に、日下生に気に入られている主人公の神無のぞみを目の仇にしています。

FGO大好き声優・田中美海さんのこれからの活躍が楽しみ

出典:https://www.amazon.co.jp

「Wake Up, Girls!」の片山実波で声優デビューを果たした声優の田中美波さんは、明るい役から大人っぽい艶のある役まで多彩にこなしていました。声優デビューしてまだ数年ですが、固定観念に囚われずに、次々と色々な役にチャレンジしている田中美波さん。

これまでの役も大事に担当していきながら、これから出会う新しい役に挑戦し活躍する声優さんの1人ですよね。どんな役を田中美海さんがこれから演じていくのか、そしてFGO愛が止まらないFGO大好き声優さんとして、活動を楽しみに期待したいですよね!