【バキ】烈海王の使用技まとめ!中国4000年の奥義を徹底紹介!

超人気格闘漫画「バキ」シリーズ屈指の人気キャラ・烈海王。今回は中国拳法の達人であり、最高峰の「海王」の称号を持つほどの拳士である烈の華麗な技の数々を発表していきたいと思いますッ!

格闘漫画の大傑作「バキ」シリーズの烈海王ってどんなキャラ?

シリーズ累計7500万部を超える大ヒット格闘漫画「バキ」。本作には強烈なキャラクターが数多く登場しますが、その中でも烈海王は屈指の人気キャラ。そして烈海王は中国拳法の最高峰の称号である「海王」を若くして名乗る実力者でもあります。

また烈海王は誰よりも中国拳法を愛し、尊敬しています。時には他の格闘技を見下すような発言をすることも。しかし少々、短気なところはありますが、基本的には心優しく温厚な性格で、ちょっとツンデレでもあります。

今回はそんな烈海王の使用する技の数々をご紹介いたします!

 

こちらの記事もチェック!

【グラップラー刃牙】強さランキングTOP20!バキシリーズ最強は誰だッッ!?

歴代の強者共をランキング形式で紹介!!

【刃牙25周年企画!!】刃牙シリーズ25周年記念格闘士タオル応募者全員サービス!…

烈海王の使用技1:転蓮華(てんれんげ)

頚椎完全破壊! 美しき死の蓮華

地下闘技場最大トーナメントの一回戦で、セルゲイ・タクタロフ相手に初披露、ます坐禅を組みように両足を相手の首に巻きつけて、肩の辺りに腰を下ろします。その姿勢を保ったまま、相手の頭を支点に反時計周りにからだを三百六十度回転させることで完成。

決まれば頚椎を完全に破壊する恐ろしい技で、よい子のみんなは絶対に真似をしちゃけません! ちなみにこの技、刃牙も何回かパクっています。見栄えのいい技ですから気にいっているのでしょう、きっと。

烈海王の使用技2:見えない目潰し

これぞまさしく魔技! 中国四千年は空気さえも自在に操るッ

空気を大量に取り入れるて上半身を風船のように膨らませたあと、小指を相手に向けるように構えた握り拳を口元に当て、溜め込んだ空気を一気に噴射! 針のように細く圧縮された空気を目と目のあいだに打ち込まれた相手は、一時的に視力を失うことになります。

この技の素晴らしいところは、まず視覚では捉えられないところ、次に打撃が届かない遠距離からでも放つことができるところでしょう。

そして、そうして作りだされた隙は、烈海王にとっては逃すことのない必勝の時。視界を失った相手に強烈な打撃を叩き込み、蟻を踏み潰すよりも簡単に勝利をその手におさめます。

今日のおすすめ記事