【バキ】烈海王の使用技まとめ!中国4000年の奥義を徹底紹介!

超人気格闘漫画「バキ」シリーズ屈指の人気キャラ・烈海王。今回は中国拳法の達人であり、最高峰の「海王」の称号を持つほどの拳士である烈の華麗な技の数々を発表していきたいと思いますッ!

格闘漫画の大傑作「バキ」シリーズの烈海王ってどんなキャラ?

シリーズ累計7500万部を超える大ヒット格闘漫画「バキ」。本作には強烈なキャラクターが数多く登場しますが、その中でも烈海王は屈指の人気キャラ。そして烈海王は中国拳法の最高峰の称号である「海王」を若くして名乗る実力者でもあります。

また烈海王は誰よりも中国拳法を愛し、尊敬しています。時には他の格闘技を見下すような発言をすることも。しかし少々、短気なところはありますが、基本的には心優しく温厚な性格で、ちょっとツンデレでもあります。

今回はそんな烈海王の使用する技の数々をご紹介いたします!

 

こちらの記事もチェック!

『グラップラー刃牙』シリーズ強さランキングTOP20!”最強”は誰だッッ

歴代の強者共をランキング形式で紹介!!【刃牙25周年企画!!】刃牙シリーズ25周年記念格闘士タオル応募者全員サービス!! 25…

烈海王の使用技1:転蓮華(てんれんげ)

頚椎完全破壊! 美しき死の蓮華

地下闘技場最大トーナメントの一回戦で、セルゲイ・タクタロフ相手に初披露、ます坐禅を組みように両足を相手の首に巻きつけて、肩の辺りに腰を下ろします。その姿勢を保ったまま、相手の頭を支点に反時計周りにからだを三百六十度回転させることで完成。

決まれば頚椎を完全に破壊する恐ろしい技で、よい子のみんなは絶対に真似をしちゃけません! ちなみにこの技、刃牙も何回かパクっています。見栄えのいい技ですから気にいっているのでしょう、きっと。

烈海王の使用技2:見えない目潰し

これぞまさしく魔技! 中国四千年は空気さえも自在に操るッ

空気を大量に取り入れるて上半身を風船のように膨らませたあと、小指を相手に向けるように構えた握り拳を口元に当て、溜め込んだ空気を一気に噴射! 針のように細く圧縮された空気を目と目のあいだに打ち込まれた相手は、一時的に視力を失うことになります。

この技の素晴らしいところは、まず視覚では捉えられないところ、次に打撃が届かない遠距離からでも放つことができるところでしょう。

そして、そうして作りだされた隙は、烈海王にとっては逃すことのない必勝の時。視界を失った相手に強烈な打撃を叩き込み、蟻を踏み潰すよりも簡単に勝利をその手におさめます。

烈海王の使用技3:寸勁(すんけい)

別名ワンインチ・パンチ。恐るべき破壊力を秘めた超至近距離砲

あの超人気俳優であり稀代の武道家であったブルース・リーが得意とした中国拳法の必殺技。相手にほとんど触れた状態から放つ超ショートパンチで、烈海王のそれは対戦者である範馬刃牙のからだを七メートルも吹き飛ばすほどの威力を誇ります。

この技を胸部に受けた刃牙は立ち上がりはしたものの、足元は定まらず「カハッ」と血を吐くほどのダメージを負うことに。さすがは中国四千年。恐るべき破壊力です。

烈海王の使用技4:驚愕の足技

拳法家がシューズを脱ぐのは、ボクサーがグローブを外す行為と同義であるッ

強烈な蹴り技も烈海王の強力な武器のひとつです。特にシューズを脱ぐことで足の指を自在に操ることができるようになり、まるで手技のように多彩で多様な攻撃を可能になります。

そして最も恐るべきは、足の指で拳を作りだすところでしょう。強く固めた指で放つつま先蹴りの威力は絶大で、対戦相手であった刃牙も深刻なダメージを負うこととなります。

烈海王の使用技5:打顎六連撃(だがくろくれんげき)

襲いくる脳震盪! 驚「顎」の一点集中連撃

恐竜を捕食していた古代人ピクルに対して使用した技。顎部に向かって放つ六発の打撃により、数千回にも及ぶ未曾有の脳震盪を引き起こします。

しかしそれも相手が現代人であった場合。驚異的な骨格を持つピクルには通用しませんでした。それでもその技のキレは、さすがは烈海王といったところ。並の相手、というかピクル以外の人間が相手だったら、まず間違いなくこの技でKOしていたことでしょう。

烈海王の使用技6:グルグルパンチ

ある意味、渾身の攻撃!? すべては中国拳法を守るために……

こちらもピクルに対して使用した技(?)。やり方は簡単です。握りしめた両手を高く上げ、肩を支点にグルグルと回すだけ。幼稚園児でもできますね。技を繰りだす際、大粒の涙を流していると、よりグッドです。

しかしこの技、じつはピクルに敗れゆく中国拳法を守るために繰りだしたもの。「この技は拳法とは一切関係ない。だからこの技を使って負けたとしても、それは中国拳法の負けではない」という烈海王なりの思いが詰まっているのです。だから笑ってはいけない…決してッ!!

烈海王の使用技7:崩拳(ほうけん)

中国拳法の代表技であり、古代の鎧に傷をつけた渾身の一撃

烈海王曰く「中国拳法を象徴する技」である崩拳。この技はいわゆる中段突きと呼ばれるものですが、空手の突きとは少し違います。まず空手ではインパクトの瞬間に手首を返しますが、中国拳法では返さず、縦拳のまま相手に突き刺すように放ちます。

非常にシンプルですが強力なこの技をもって、烈海王はピクルの突進攻撃に立ち向かいます。その様はまさしく「古代の矛」と「現代の盾」。しかし結果は矛盾せず。古代の矛の前に、烈海王渾身の一撃はあえなく敗れ去ってしまいます。

それでもいかなる攻撃にもほとんどダメージを負わなかったピクルに傷をつけることには成功。一矢報いることはできました。

烈海王の使用技8:無寸勁(むすんけい)

「決して破れない」ボクシンググローブさえも貫通するノーインチ打撃

ボクシンググローブは破れません。決して。どれだけボロボロだろうと。これはボクシング経験者なら「地球は青い」と同じくらい確かなことです。しかしその常識は覆されます。烈海王の放った完全ゼロ距離打撃「無寸勁」によって。

ではもし、この技を人体に放ったとしたら? 烈海王は元世界ヘビー級チャンピオン相手に実演してみせました。結果、ゼロ距離から顎を打ち抜かれた相手は、一瞬で意識を弾き飛ばされることに。その速さはカメラでも捉えきれぬほどで、ボクシング界に衝撃をもたらしました。

烈海王の使用技9:武器術

徒手空拳ではなく、「なんでもあり」が本来の中国拳法の姿だ!

もともと中国拳法とは戦場で戦うための闘争術であるため、その技術構成は当然、武器術にまで及んでいます。となれば中国拳法の最高峰「海王」の称号を持つ烈が、武器術に精通しているのは当然のこと。

その技は日本の武道とは違い、まるでダンスを踊っているようと評されるほど動きに富んでいます。また投擲武器から剣術まで扱う武器の範囲も広く、烈海王はそのどれもが一級品の技術を誇っています。さすがは烈海王。天才と形容されるだけのことはあります。

烈海王の使用技10:消力(シャオリー)

究極の脱力はからだを羽根に変える。中国4000年の超高級絶技

もともと「消力」は最強の中国拳法家である郭海皇が得意とする技なのですが、烈海王がクローンとして現代に蘇った宮本武蔵と対峙することになった際、武蔵の剣に対抗する技として伝授されました。

その極意は究極の脱力であり、からだの隅々まで完全に力を抜くことで羽根の如き軽さを手に入れ、すべての攻撃を無効化することができます。剣で羽根を斬ることはできない。ゆえに羽根となった烈海王を武蔵は斬ることができないッ!

なんじゃそりゃ……と思った人、確かに正しいです。しかしそこは中国4000年。並ではないのです。そういうことで納得してください。

第二部「死刑囚編」もアニメ化決定! 今後の「バキ」の動きに要チェック!!!

第四部の「刃牙道」も終了し、続編の第五部の連載もすでに決まっている「バキ」シリーズ。そして2018年の夏からは第二部の「死刑囚編」のアニメ化も決まっているとのことッ!

「死刑囚編」といえば花山VSスペック、克己VSドイル、そして公園最強の生物である本部VS柳など名勝負と迷勝負が入り混じっており、ファンたちのあいだでも人気の高いストーリーです。

兎にも角にも「バキ」のキャラたちが自在に動くというだけで、男雄漢(おとこ)たちなら熱くならないわけがないッ!! 強ェ強ェあいつ等が画面の中で大暴れするのが、今から待ちきれないッッ!!!

こちらの記事もチェック!

バキシリーズ 名言TOP20!地上最強のセリフはどいつだッッ

名言の宝庫ッッ!「刃牙シリーズ」とは?I descend in Twitter#範馬勇次郎 pic.twitter.com/q…