『ロイアイ』の公式エピソードを紹介!ホークアイの弟子とその娘である二人は公式カップル!?

『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング大佐とリザ・ホークアイ中尉は、上司と部下であり、幼馴染であり、そして、作者も認めたカップルです。2人の大人な恋愛を存分に堪能できる、原作『鋼の錬金術師』のロイアイのエピソードをご紹介します。

ロイアイとは?

ロイ・マスタング×リザ・ホークアイ

鋼の錬金術師×カピバラさんコラボ プリンセスカフェ ロイ・マスタング大佐 リザ・ホークアイ中尉 ポストカード ハガレン ポスカ

「ロイアイ」は、『鋼の錬金術師』に登場するロイ・マスタングとリザ・ホークアイのカップリング。2人が所属する軍では上司と部下という関係ですが、実は軍に入る以前から交流があり、互いに信頼し背中を預け合う2人の姿から、仕事の同僚以上のものを感じざるを得ません。

ロイ・マスタング

ロイは、アメストリス軍の大佐であり、国家錬金術師です。二つ名は「焔の錬金術師」。心の中では国を変えようとする熱い思いを持っており、国家元首である大総統の座を狙っています。

女好きを公言し、隙あらば女性を口説いていますが、極限の戦争の中で勝利しても、周りとは違って勝ちを驕らず、前を見据える強さを持っています。結果を得るためなら手段を選ばず、周りを欺くことさえありますが、仲間のためなら自ら危機に飛び込むなど、情に厚い一面もあります。

リザ・ホークアイ

鋼の錬金術師 完全版(4) (ガンガンコミックスデラックス)

アメストリス軍ではマスタング大佐の直属の部下であり、中尉であるリザ・ホークアイ。仕事中は冷静沈着で、仕事をサボりがちなマスタングの手綱を握っています。狙撃の腕は一級品で、士官学校時代から、前線で活躍し、「鷹の目」と呼ばれていました。

2人の関係性とは?

軍では上司と部下という関係ですが、ロイの錬金術の師匠がリザの父親だったことから、2人は士官学校に入る以前の幼少期から交流がありました。

2人は上司と部下以上の絆で結ばれ、信頼し合っています。その関係は、敵であるホムンクルス達からも、リザがロイの大切な存在であり、弱みであると認識されているほどです。

ファンからの「なぜ2人は結婚しないのか?」という質問に、作者である荒川弘は「色々な制約で結婚すると上司と部下じゃいられない」と回答しています。これは状況が許せば結婚するということであり、事実上作者も2人がカップルであることを認めたということでしょう。

関連記事をご紹介!

熱き炎の錬金術師!ロイマスタングの魅力と実力を徹底解剖!【鋼の錬金術師】

炎の錬金術師ロイ・マスタングとは・・・・・!出典:https://ja.wikipedia.org国家の体制を自身で正すべく大…

 

『ロイアイ』エピソード1:「雨の日は無能なんですから」

『鋼の錬金術師』2巻 第7話 「雨の後」

国家錬金術師の命を狙うスカーとの戦闘シーンで、スカーを追い詰め、錬成した焔で応戦しようとしたロイを、リザが足で払います。すかさず銃撃をスカーに浴びせたリザの一言が、ファンにはたまらない名言です。

「雨の日は無能なんですから下がっていてください、大佐!!」国家錬金術師であり大佐であり、そして上司であるロイ・マスタングに、ここまで言えるのはリザ・ホークアイだけです。そのあともクールにスカート闘っている姿がカッコいい。2人の絆の強さを感じさせるシーンです。

 

『ロイアイ』エピソード2:ロイアイVSラスト ロイが死んだと聞いた時、リザは……?

『鋼の錬金術師』10巻 第39話 「錯綜のセントラル」

ロイの士官学校時代からの悪友であるヒューズ中佐が、不老不死の人造人間であるホムンクルスに殺されてしまいます。それを探ったことをきっかけに、マスタング大佐の部下たちがホムンクルスと交戦することになります。

ロイも駆けつけて応戦します。リザは指揮をとる立場でありながら最前線まで出てきことを諌めますが、その後は、「生きててよかった」「ご心配をおかけしました」という会話を交わします。相手を信頼している2人らしい淡々とした会話です。

ホムンクルスを追って研究所に乗り込んだロイとリザは、2手に分かれて中を捜索します。研究所の奥へと進んだリザを追ってきたのは、色欲のホムンクルス・ラストでした。

ラストからロイを殺したという話を聞いたリザは、絶叫しながらラストに銃を連射。いつもの冷静さはなく、弾切れにも気付かず、涙を流して崩れ落ちてしまいます。ロイの死に直面したリザは、軍人ではなく、ただ女性でした。

ロイは満身創痍でしたが、生きていました。ラストを倒し、病院に運ばれると、戦場で戦意を喪失したリザを叱りますが、その際も「私の副官ならもっと毅然としていろ」と、リザを全面的に信頼していることが分かる言葉を聞くことができます。

 

『ロイアイ』エピソード3:ロイがリザに背中を預けることを決めた理由とは?

『鋼の錬金術師』15巻 第58話 「破滅の足音」

原作15巻では、リザの口から過去が語られます。回想は、ロイが軍人になったばかりで国家錬金術師にもなる前に、錬金術の師匠が亡くなったエピソードから始まります。

師匠は「焔の錬金術」の生みの親であり、研究結果の全てを唯一の肉親である娘に託して亡くなります。その娘こそリザ・ホークアイであり、秘伝は彼女の背中に刺青で記されました。

リザは、大いなる力が多くの人々に幸福をもたらすという父の言葉から、それを実現してくれると信じたロイに秘伝を授けます。ロイも背中を預けていますが、リザもまた、ロイに背中を託していました。
鋼の錬金術師 15巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

その後、2人はイシュバール殲滅戦で再会します。自分が信じたロイの錬金術と、人々の幸福を願って士官学校に入った自分の銃によって多くの命が奪われたことに直面したリザは、背中の刺青を消すことを決めます。

二度と焔の錬金術を生み出さないことと、父親の戒めから自由になり、リザとして今後を生きていくという意志の表れでした。

リザは新しく生まれてくる世代が幸福に生きられるよう、代価として手を汚し続けることを決意して軍人となります。その決意を聞いて、ロイ・はリザに背中を預けることを決めました。

師匠の意志を汲み、共犯者でもあるリザは、自分が道を踏み外した時、自分を撃ち殺してもいい資格のある唯一の人間であると判断したためです。

『鋼の錬金術師』23巻 第95話 「烈火の先に」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 14 [DVD]

23巻でついにヒューズ中佐の仇であるホムンクルスを追い詰めたロイ。しかし、怒りで復讐しか考えられず、我を忘れてしまいます。そんなロイの頭に、リザは銃口を突きつけます。

リザの行動は、ロイを殺し、この戦いが終わった後、自分の命も葬り去る覚悟を決めてのものでした。憎しみを晴らすためだけに道を踏み外しそうになるロイを、命がけで止めようとしたのです。

リザはロイの期待通りの女性でした。それはロイや、父親が本当に大切にしているものを知るリザだからできること。ロイが国のトップになった時、彼女以上に隣に立つにふさわしい女性はいないはずです。

 

『ロイアイ』エピソード4:ついに最終決戦!満身創痍だが、目くばせで分かり合う2人

『鋼の錬金術師』25巻 第101話 「5人目の人柱」

ホムンクルスとの最終決戦では、ロイが人体錬成をして人柱になることを要求されます。Yesと言わないロイのために、人質となったリザがホムンクルスから致命傷の傷を負わせられ、絶体絶命です。

しかし、ロイは最後まで自ら人体錬成をすることを承諾しませんでした。怪我で口もきけないリザの、自分が死んでも絶対に人体錬成をするなという目くばせをロイは理解していました。その理由を「付き合い長いからな」と語るのもたまりません。

さらに、25巻では、味方の機転によって敵から解放されたロイが、リザに駆け寄ってギュッと強く抱きしめるシーンも見ることができます。ロイアイファンなら絶対に見逃せない最高のシーンです。

 

『ロイアイ』は最後までぶれない素敵カップル!

ホムンクルスによって無理やり人体錬成をさせられたロイは、決戦のさなかにもかかわらず、視力を失ってしまいます。しかし、リザの助けを借り、最後まで最前線で敵に攻撃を仕掛けます。信頼し合い、ずっと共に戦ってきた2人だからできることです。

目が見えなくなっても闘うことを諦めないロイの姿を見たリザは、エンヴィー戦で自ら命を絶とうとしたことを恥じます。ロイアイは、互いに正しい道を教え合って進んでいくカップルです。

全員の力でホムンクルスから勝利を勝ち取った後、ロイとリザは新しい国づくりに奔走します。賢者の石の力でロイの視力も回復し、イシュバールの復興に力を注ぐことになります。

後日談のシーンにロイ・マスタングとリザ・ホークアイは登場しませんが、変わらず国のために共に歩んでいくことを示唆する描写があります。ロイアイは、上司と部下であり、同じ罪を背負った存在であり、そして師匠であり父親の意志を継ぐ、かけがえのない2人のカップルです。

関連記事をご紹介!

【鋼の錬金術師】強さランキングTOP10!錬金術師vs人造人間、最強の称号は誰の手に!?

最強ダークファンタジー!!『鋼の錬金術師』屈指の強さランキングを大公開!!鋼の錬金術師が実写化するそうです。主演は山田涼介さん…

「降りて来いよ ド三流」から「ボイン好きだろ」まで!鋼の錬金術師の名言・名シーン・名セリフ15選

熱い意志で運命を切り拓く「鋼の錬金術師」~エドワード・エルリック出典:http://fanblogs.jp第1巻 第2話「命の…

関連グッズをご紹介!