『ジェノサイ』の公式エピソードを紹介!最強ヒーロー師×ストーカーサイボーグ弟子!

ONE先生原作、村田雄介先生によってコミックスとなった『ワンパンマン』。超庶民的なヒーロー・サイタマと、弟子のジェノスの重すぎる愛は子弟の関係を超える?!ジェノス×サイタマの公式エピソードをご紹介です!

『ジェノサイ』とは?

ジェノス×サイタマ

ゆる~い性格の最強ヒーロー・サイタマと、それに憧れ弟子入りという名のストーカーと化したサイボーグ・ジェノス。最強の力を持ちながら、一般人にしか見えないサイタマに対して、イケメンサイボーグのジェノスは正にヒーロー!

そんなイケメンのジェノスが、全力でサイタマを追いかけているのがなんだか可愛い!ちょっと行きすぎちゃってるジェノスの愛がほほえましい、ほっこり和やかなやり取りが魅力です!

ジェノスがサイタマを追いかける構図が基本ですが、サイタマも追いかけられてばかりではありません。前を行くサイタマは時々立ち止まり、ジェノスを振り返ってくれる…そんなやり取りに癒されながらも萌えてしまう、それが『ジェノサイ』なのです!

関連記事をご紹介!

【ワンパンマン】ジェノスは天然ヤンデレヒーロー?噛ませ犬なんて言わせない魅力5選!

『ワンパンマン』サイボーグヒーロー・ジェノスとは?出典:https://www.amazon.co.jp市民の危機を察知し蚊の…

正義執行!ワンパンマン最強ヒーロー・サイタマを13撃で徹底分析!

はじめに…最強ヒーロー・サイタマについて出典:https://www.amazon.co.jpサイタマの毎日のトレーニングメニ…

 

『ジェノサイ』エピソード1:一目惚れ?!「ぜひ名前を!」

コミックス版1巻 6撃目:サイタマ

蚊の怪人と戦うジェノス。最初はサイタマのことを一般市民と思っていましたが、ジェノスの強力な閃光をものともせず、しかも自分が苦戦していた怪人を「蚊…うぜぇ」とワンパンで倒してしまったサイタマに衝撃を受けます。

その衝撃も冷めやらぬまま、ジェノスはさっそく自己紹介。「ぜひ名前を教えてほしい!弟子にしていただきたい!」とものすごい勢いのジェノス!引き気味のサイタマを勢いで押し切り、弟子入りの口約束を取り付けます。

雷に打たれたかのような衝撃に続く、嵐のようなジェノスの猛アタック…!これを一目惚れと言わずしてなんというのでしょう。こうして、2人の奇妙な師弟関係はスタートしたのでした。

『ジェノサイ』エピソード2:気分はすでに弟子!ジェノスの推しが強すぎる

コミックス版1巻 7撃目:謎の襲撃

サイタマが考える隙を与えぬまま、弟子入りの許可をもらったジェノス。まだ納得していないサイタマに対して、ジェノスはサイタマ宅に押しかけゴリ押しして家にあげて貰います。サイタマの流されやすい性格も垣間見えますね!

そして自分のことを知ってほしいと身の上話…しかし、長すぎる話に苛立ったサイタマ「20字以内にまとめて来い」とのこと。家族ばかりか故郷まで失った無念、強さへの想い…をまとめた言葉が「先生のように強くな方法教えてください」

無下に扱われても、サイタマの言うとおりにしてしまうジェノス。これはジェノス持ち前の真面目さと、サイタマへの愛ゆえ?!ジェノスのサイタマ先生第一主義は絶対なのです。

 

『ジェノサイ』エピソード3:弟子入り目当てでヒーロー登録する健気なジェノス

コミックス版2巻15撃目:趣味と仕事

ある日、自分の知名度の低さに疑問を抱くサイタマは、ジェノスに相談します。そこで知ったのは「ヒーロー名簿」の制度。ジェノスの目的は、あくまでも狂サイボーグへのあだ討ち。「自分はヒーロー登録しなくてもいい」と一度はきっぱりと断ります。しかし、サイタマの言葉で態度は一変。

「登録しようぜ!一緒に登録してくれたら弟子にしてやるから!」

「いきましょう!」

いつもクールなジェノスが、嬉しそうな笑みを浮かべながらの即答です。どこかなし崩し的に弟子入りしたジェノスにとって、サイタマから正式に「弟子」といってもらえるのが嬉しくて仕方なかったのでしょう!そして、結果はジェノスS級ヒーローとして、サイタマはC級としての合格…ジェノスは責任者に直訴しようとしてサイタマに止められるのでした♪

 

『ジェノサイ』エピソード4:好きすぎて影響受けちゃうジェノスが可愛すぎる

コミックス版2巻9撃目:進化の家

「進化の家」で作られた動物と融合してできた生物の襲撃に合うも、相変わらずワンパンで撃退するサイタマ。「進化の家」ができた経緯を恨みつらみを交えて説明されますが、またしても「話が長い!」と一蹴します。

ここでジェノスの援護射撃「先生は忙しいんだ。20字以内で簡潔にまとめろ!」…自分が言われた言葉を、そっくりそのままゴリラの怪人にぶつけます。サイタマの発言を真似して使っているのがほほえましいシーンです!

そして、進化の家のアジトのビルを1撃で吹き飛ばすジェノス。これにはサイタマも「相手も色々準備してただろうに」と同情的…。しかしジェノスにとってはサイタマの利益が一番!「特売日」には予定を空けておきたいサイタマのために、最短距離で敵の元へ向かうのでした。

 

『ジェノサイ』エピソード5:「ここに住んでもいいですか」先生の一挙一動すら見逃さない!

コミックス版3巻18撃目:営業活動

サイタマと手合わせをしてもらうジェノス。しかし、実際にその強さを体感し、自分の実力とサイタマの力との間で大きな距離があることを実感します。そこでジェノスがとった行動は、サイタマ宅への居候。大荷物をもって登場するジェノスに流石のサイタマも動揺を隠せません。

しかし、部屋代を払うことであっさり同居を承諾。そして、ジェノスは日記にサイタマの教え全てを描き込むべく日記をつけ始めます。これに焦るのはサイタマ。筋トレ以外、ジェノスに教えることがない…!普段、適当に生きているサイタマも、真面目なジェノスの姿勢に罪悪感…!

ジェノスがサイタマに憧れと羨望の眼差しを注ぐのに比例して、サイタマも師匠として、ジェノスの期待に応えたいと思っているのです。

 

『ジェノサイ』エピソード6:「それが先生の進む道なら…」サイタマの本当の強さを知るジェノス

コミックス版5巻28撃目:雨降ってるから

深海王の溶解液により、戦闘不能になってしまったジェノス。そこに駆け付けたサイタマは、ワンパンで深海王を撃破します。しかし、民衆を包んだのは安堵の言葉だけではありませんでした。自分の身を顧みず立ち向かい、倒れていったヒーローたち…彼らが役たたずだったのではないかと。

それを聞いたサイタマは「他のヒーローが怪人の体力を奪ったから楽に倒せた。倒れたヒーローをちゃんと看てやれ。死なれたら利用できなくなる」…そう言って悪者となることで「ヒーロー」たちを守るのです。

ヒーローへの信頼は、そのまま市民の安心につながる。怪人を倒すだけがヒーローの仕事ではないサイタマのヒーローとしての生きざまを見せつけられたジェノスは、その生き方を身を呈して支えると決意するのでした。

 

『ジェノサイ』エピソード7:「こいつを頼んだ」ボロボロのジェノスをたくし一人戦いに

コミックス版4巻21撃目:巨大隕石

町を壊滅させるほど巨大隕石の接近。ジェノスは自分のできる限りの1撃を隕石に向けて打ち込みます。しかし、力及ばず。隕石の勢いは止まらず、ジェノスには逃げる力も残っていませんでした。

サイタマはそんなジェノスをそばに居たバングに託し、一人隕石に立ち向かいます!「俺の街に落ちてんじゃねぇ!」その言葉とともに巨大隕石は砕かれ、町の壊滅は回避されるのでした。

いつもぼんやりしているサイタマですので、ジェノスがサイタマの世話をしてる…という印象。しかしピンチの時には駆け付けて、必ず危機を救ってくれるサイタマ…そんな頼りになる背中に、憧れないわけがありませんね!

 

『ジェノサイ』エピソード8:「おい、糞餓鬼黙って失せろ」先生を罵倒するものは許さない

コミックス版7巻37撃目:墜落

S級で2位のタツマキはいつもワガママで傍若無人。サイタマがお気に召さなかったらしく、連続して暴言を浴びせます。「ハゲ!タコ!」など休みなく続く言葉に、なんとサイタマがジェノスに助けを求める…!超貴重なシーンです。

サイタマ超リスペクトのジェノス、気合を入れての反撃「おい、糞餓鬼黙って失せろ。ぶちのめすぞ」サイタマも「いいぞ、いいぞ~」と合いの手を入れるという仲良しぶり!!ジェノサイ好きには見逃せないエピソードですね。

 

『ジェノサイ』エピソード9: 「鬼サイボーグはハゲマント サイタマ先生の弟子だからな」師弟愛に燃(萌)える!

ONE版:71撃

白熱する怪人協会との戦い。タツマキが地上で戦っている中、ジェノスらは地下に閉じ込められてしまい身動きが取れなくなっていました。タツマキが本気で戦っている以上、地上に出るのは巻き込まれる恐れがあり危険。戦況がつかめない時こそ、慎重になるべき。

そういう周りの声を押し切って、ジェノスは地上に出ることを決意します。「鬼サイボーグはハゲマント サイタマ先生の弟子だからな」ジェノスが従うのはサイタマ先生ただ一人!たとえそばに居なくても、ジェノスにはサイタマのヒーローとしての教えが染みついているのでした。

 

『ジェノサイ』エピソード10:仇討ちよりも先生!「じゃあ僕もやめときます」

ONE版:15撃

ガロウと怪人協会との対戦後、ジェノスは親切組織「ネオヒーローズ」に勧誘されます。親や故郷の仇である狂サイボーグに確実に勝つため、移籍を考えるジェノス。サイタマの実力を知るジェノスは、サイタマにも移籍を進めます。しかし、サイタマは「面倒だから」とあっけなく断ってしまいます。

その回答を受けたジェノスは「じゃあ俺もやめときます」と、さっきまで熱く語っていた狂サイボーグへの復讐心もどこへやら、あっさり移籍をやめてしまうのでした。

仇討ちよりもサイタマ先生のそばに居たい!ジェノスはサイタマのおかげで復讐心を超え、すでに前をむいているのかもしれませんね!

 

ジェノスの重すぎる愛を受け止めるサイタマ!愛情表現のアンバランスさが『ジェノサイ』の魅力!

一緒に住んでいた旧サイタマの宅は、怪人協会との戦いで壊れてしまい、ジェノスとの同居生活は幕を閉じたかに思われました。しかし、ヒーロー協会内部のサイタマの新居に再びジェノスが突撃!!!「置物と思ってください」とまたしてもゴリ押しで一緒に住もうとします。

サイタマの説得で「お隣さん」として納得したジェノス。当然のようにストーカーされるサイタマと、なんやかんやで断れないサイタマの奇妙な師弟関係はまだまだ続きます!戦いを経て絆を深める2人のエピソードにこれからも期待大です!

 

関連記事をご紹介!

【ワンパンマン】名言・名シーン30選!これが最強ヒーローたちの生き様だ!

最強系主人公の頂点!?『ワンパンマン』とは!出典:https://www.amazon.co.jp38撃目「キング」はかなりの…

【2018年最新版】『ワンパンマン』ネタバレ強さランキングTOP22!最強はサイタマ!?

『ワンパンマン』強さランキング!気になるサイタマの順位は?

『ワンパンマン』はONEによるweb漫画です。どんな強敵…

 

関連アイテム