【バキ】烈海王のぐるぐるパンチに隠された悲しい秘密とは?

刃牙シリーズの中でも屈指の強さを誇るのが烈海王です。武を愛して信じて、長年その身を捧げてきたものだからこそ確固たる自信がそこにはあります。しかしそんな烈海王が突如繰り出してしまったぐるぐるパンチとは?烈海王の身に何が起こったのか?ぐるぐるパンチに関わる出来事を詳しく紹介していきます。

「一向に構わん!」天才拳法家・烈海王とは?

烈海王は、刃牙シリーズでも数多く登場しているキャラクターのひとりで、中国拳法の達人です。様々なジャンルの格闘家と戦っても勝ち切ってしまう強さがあり、武器を持たせてもその強さは一級品です。数少ない実戦を好む武道家なので、不意打ちや武器の所持、卑怯な行為などは当たり前と考えています。

海王の称号を得ている者の中でも天才とされていて、中国武術の頂点に立つ郭海王のお墨付きです。そして尊敬している格闘家も多く、刃牙や愚地独歩、克己なども烈海王の生き方や強さを認めています。

関連記事をご紹介!

【バキ】烈海王の使用技まとめ!中国4000年の奥義を徹底紹介!

格闘漫画の大傑作「バキ」シリーズの烈海王ってどんなキャラ?
https://twitter.com/IMK_ZM/statu…

烈海王がぐるぐるパンチを出すことになった相手は…

烈海王がぐるぐるパンチを出すことになってしまった相手は、史上最強と呼ばれていたピクルです。ピクルは恐竜の生きていた時代に恐竜を捕食して生活をしていたという強者です。恐竜とピクルを比べても体格では数倍以上で、鋭い爪や牙も持っているので普通に考えたら太刀打ちできるような相手ではありません。

しかし技などを持っている訳ではないピクルは、そんな恐竜たちを力のみでねじ伏せて、倒し、自らの食事として口にしていました。烈海王はそんなピクルが時代を超えて復活した際に自らの全てをぶつけてみたいと願い、食われることも前提にして戦うことを決意しました。そして地下闘技場にて二人の勝負が実現することになります。

烈海王がなぜ!?衝撃のぐるぐるパンチと隠された悲しき理由…

烈海王はピクルに向かってまずは力で挑んでみます。相手の力量を計るためでしたが、あっさりと力では勝てないということを実感しました。そのため武に捧げていた自らの技をピクルに向かってぶつけていきます。どの攻撃も致命傷となるようなものばかりですが、ピクルの肉体の前には何の意味もなさなかったのです。

何をしても何度ぶつけても自らの武が通じない、ということをはっきりと知ってしまった烈海王は遂に武を投げだしてしまいました。そして出したのがぐるぐるパンチとなります。長年積み上げてきたものが簡単に崩された烈海王の心理は、悔しさと虚しさでぐちゃぐちゃのようでした。しかしそんな攻撃はピクルには全く効くはずもなく、ただ困惑して攻撃を受けていました。

烈海王がぐるぐるパンチを出した後、勝負の結果は?

烈海王がぐるぐるパンチを出したことで、ピクルも一瞬訳が分からなくなりましたが、本気で潰すことを決めていたので渾身の一撃を放ちます。しかし烈海王はそれを武で返します。自然と体が動いたのです。あれほど武を捨ててしまおうと決めたのに、体が無意識に反応していました。そこから烈は怒涛の反撃に出ます。そこで烈海王は知ったのです。

簡単に捨てさせてくれないのが武なのだと。武の神は烈海王を包み込んで、今までのことが無駄ではないと伝えます。ピクルもそんな冷静さを取り戻した列海王を脅威に感じて、本気の態勢に変化します。そこから渾身の一撃に身を投じるのですが、烈海王も中段の崩拳で迎え撃とうとします。勝負の結果は、ピクルの力に圧倒されて烈海王がそのまま気絶してしまいました。

ともに分かちがたく…烈海王の意地を見届けよ!

武道家として最強のひとりである烈海王ですが、ピクルとの勝負によって普段は見せない恥ずかしい姿を見せることになってしまいました。長年武を愛し、信じてきた烈海王だからこそ、ピクルに対しても自分の技は通じるはずだと思っていたはずです。しかしピクルはそんな武をもろともしない体格と力の持ち主で、あらゆる技が通用しませんでした。

それを受けて烈海王は心が壊れてしまい、武を放棄…結果がぐるぐるパンチです。しかしその後、自然と体が反応して反撃するところが武の凄いところでもありますし、積み上げてきたものが無駄ではない証拠です。絶対に見れない烈海王のぐるぐるパンチはある意味貴重な存在となりました。

関連記事をご紹介!

【バキ】烈海王の戦績まとめ!天才拳法家の本当の実力とは

「刃牙」の天才拳法家!烈海王とは?

烈海王は板垣恵介の大人気格闘マンガ「刃牙」シリーズに多く登場する人物のひとりで、…

烈海王対ボルトはどちらが勝った?ボクシング編幻の結末を紹介

ファンが心待ちにしていた世紀の一戦! 烈海王VSボルトとは?

板垣恵介による格闘漫画の大傑作「バキ」シリーズの中でも…