『杉リパ』の公式エピソードを紹介!年齢差のある二人はW乙女でかわいい!

「不死身の杉本」の異名を持つ杉本佐一と、アイヌの少女アシリパ。二つ名とは裏腹にアシリパの前では乙女な杉本と、自然の中を逞しく生きるアシリパのコンビはダブルでギャップ萌え!そんな2人のいろんな意味で美味しいエピソードをご紹介します!

『杉リパ』とは

杉本佐一×アシリパ

元陸軍兵の杉本佐一は、戦友・寅次の妻であり、幼馴染の梅子の目を治療するために金が必要でした。アイヌの金塊を追うことは、アシリパの父を殺して金塊を奪った男に迫るということ。2人の利害は一致し、2人で金塊を追う旅が始まるのでした。

このシリアスな目的とは裏腹に、杉リパの旅路はラブ&グルメ?!仲良く獲物をつかまえて、その場で料理して食べる…可愛い外見からは想像できないほど容赦ないアシリパと、乙女な杉本のやり取りが可愛すぎる

杉リパのダブルギャップでキュン死しそう!杉本とアシリパの2人は見ているだけで癒されるほっこりコンビなのです。

関連記事をご紹介!

【ゴールデンカムイ】主人公の杉本佐一はどんなキャラ?知って作品をもっと楽しむ魅力まとめ!

ゴールデンカムイとは?③ゴールデンカムイ 杉元佐一アシリパちゃん下さい 雪ロケとかしたいから冬やりたい pic.twitte…

【ゴールデンカムイ】アシリパのことが丸分かりになる10の知識!謎多きヒロインの魅力を暴く!

ゴールデンカムイとは?続々重版出来で320万部強突破ッ!!輝く黄金、煌めく生命ッ!『ゴールデンカムイ』大台越えの最新11巻、気…

 

『杉リパ』エピソード1:アシリパが認めた「優秀な戦士」!羆狩りは2人の旅の始まり

コミックス版ゴールデンカムイ1巻:第2話 ウェンカムイ

羆は獲物を奪われたらどこまでも追ってくる…しかし、金塊の手掛かりである刺青の入った死体を杉本は渡すわけにはいきません!それなら、羆を倒すしかないとアシリパ。

「戦士なら戦え。弱い奴や喰われる」

アシリパは毅然と言い放ちます。杉本の身長の2倍はあろうかと思われる巨大な羆…銃を打ち込んでも致命傷とならず、意を決して杉本が取った行動は、覆いかぶさってきた羆の自重で串刺しにするという方法でした。

勇敢な者のみができる捨て身の戦いです!これを見たアシリパは、杉本を「優秀な戦士」として認めるのでした。「それぞれの目的のため」手を組んだ2人でしたが、この時交わした握手は互いを認め合う絆を感じさせるものでした!

 

『杉リパ』エピソード2:食料は現地調達!アシリパの「脳みそ食っていいぞ」は親愛の証?!

コミックス版ゴールデンカムイ1巻:第6話 迫害

食料は基本的に現地調達の2人。父譲りの狩猟の腕前で、アシリパは獲物をしとめます。罠でリスを仕留めたアシリパは「チタタプ」にするためにさっそくリスをさばいていきます。この時、アシリパが杉本にふるまったのは「リスの脳みそ」

「うまいぞ」といって勧めたのに「生で食うの?」と引き気味の杉本不満そうなアシリパ…断り切れずに口にするも、杉本にとっては美味しいとはいいがたい様子…。

汁ものにした「チタタプ」は美味しくいただく杉本。そして「ヒンナ」という食事に感謝を示す言葉を教えて貰います。2人で「ヒンナ」とつぶやきながら仲良く食事をするも、アシリパの珍味攻めは今後も末永く続くのでした♪

 

『杉リパ』エピソード3:「いやっ!子熊を食べないで!」杉本、アシリパの育った村へ

コミックス版ゴールデンカムイ2巻:第11話 アイヌコタン

追手から逃れるため2手に分かれた杉本とアシリパ。しかし、銃を持った男3人に対して杉本1人…劣勢に立たされた杉本は、クマの巣穴に入って難を逃れます。巣と子供を守ろうと3人の追手と戦った親熊は死んでしまったため、杉本は子熊を懐に入れてアシリパと合流したのでした。

しかし子熊の存在をアシリパに見つかってしまい、咄嗟に「アシリパさんに食べられちゃう!」と思い込んだ杉本

「俺が面倒みるっ!母親代わりになるんだぁ!」

杉本乙女100%です!!しかし、杉本の心配は杞憂に終わりました。アイヌでは子熊を見つけたら村で大切に育てるのだとか。こうして、杉本はアシリパが育った村へと向かうのでした。

 

『杉リパ』エピソード4:アシリパを危険に巻き込みたくない…杉本、一人アイヌの村を立つ

コミックス版ゴールデンカムイ2巻:第14話:遠吠え

アイヌの村を訪れ、杉本はアシリパの祖母に会います。アイヌ語で「アシリパを嫁に貰って」といわれても、何を言っているのかがわからない杉本…しかしこれに照れたアシリパは「うんこ食べちゃダメだって」と全く違った通訳をするのでした♪

アイヌの村の人々と触れ合い、アシリパが大切に育てられていることを実感した杉本。村人は杉本を歓迎し、父を失ってから笑うことが少なくなっていたアシリパは、杉本と出会ってからよく笑うようになったと聞かされます。こんなにも大切にされているアシリパを自分のせいで危険に巻き込むわけにはいかない

そう考えたのか、杉本は夜のうちに一人村を後にするのでした。触れ合ううちに、利害関係を超えた感情が杉本に生まれていたのでしょうね。

 

『杉リパ』エピソード5:「オソマおいしい」杉本、思わずホロリ

コミックス版ゴールデンカムイ3巻:第20話:喰い違い

味噌を「オソマ(うんこ)」といって嫌っていたアシリパ。杉本が嫌がる生の脳みそや目玉はごり押しするのに…アシリパは頑なに味噌を食べようとはしませんでした。しかし、新たに旅に同行するようになった白石は、アシリパが味噌を嫌いなことを知らず、味噌が欠かせない桜鍋を作ってしまいます。

「作り直す」という杉本をしり目に「はっぷ はっぷ」と何とか口に運ぼうとするアシリパ…杉本もその懸命な様子を見守ります。そしてついに、アシリパが桜鍋を口に…!感動の瞬間です。

「オソマ美味しい」そう言って目を輝かせるアシリパに、思わず涙する杉本なのでした。お互いに同じ味を美味しいと感じるようになる…食べ物を通じて、心の距離も近くなっているようですね!

 

『杉リパ』エピソード6:アシリパが人質に…不死身の杉本の本性現る!

コミックス版ゴールデンカムイ第4巻:第28話錯綜

金塊の手掛かりを追う戦いの最中、人質となってしまうアシリパ。この瞬間、戦闘の中で冷静さを欠くことのなかった杉本が豹変します。

「その子を…盾に…!!使うなッッ!!」

そう叫びながら、アシリパを人質としている谷垣に向かって迷いなく刃物を投げつけます。

「来るな!!」

アシリパにそう言われ、杉本に一瞬の隙ができてしまいます。その隙を突いて、二瓶は杉本をとらえるのでした。アシリパは人を殺すことを激しく嫌っていました。そして杉本は、そんなアシリパの気持ちを大切にしていました。それでも、アシリパに害を加えられることは許しがたいことだったのでしょう。

 

『杉リパ』エピソード7:服<アイヌの教え<食欲?!食べるの大好きなアシリパがカワイイ!

コミックス版ゴールデンカムイ5巻:第42話 レプンカムイ・48話キロランケ

白石が作ったシャチの竜田揚げ。初めて見る食べ物に、アシリパは興味津々です!しかし、アイヌには「人を殺した動物は悪い神だから食べてはいけない」という教えがありました。それをかわいそうに思った杉本は「致命傷を負わせたのは俺だ…だからシャチが殺したわけじゃない」と助け船を出します。

しかし、杉本が言い終わらないうちに「そうだな!」竜田揚げにかぶりつくアシリパ…その勢いはとどまることを知りません。巨大なイトウを仕留めた時も、衣服や日用雑貨に使える皮を食欲に負けて食べてしまう…色気より食い気です!

しかしながら、口の周りを食べかすでいっぱいにして幸せそうにしている瞬間こそ、アシリパが一番輝くベストショットなのです!

 

『杉リパ』エピソード8:杉本とアシリパ、2人の目的が果たされた時こそ旅の終わり

コミックス版ゴールデンカムイ7巻:第61話 蝦夷地ダービー

占い師のインカラマツは、その特技を使って競馬で勝ちを重ねます。白石は「危険を冒さなくても金が手に入る」と目がくらんでいました。杉本の目的も、梅子の目を治すための治療費…金が手に入るなら、アイヌの金塊を追う必要などないはずです。インカラマッも「大金が手に入ったら、あの方たちがアシリパちゃんに協力するでしょうかね」と不安を煽ります。

しかし、杉本の心は揺れることはありませんでした。

「必要な額の金額が手に入ったから一抜けたなんて 俺があの子に言うとでも思ってんのかッ」

旅が終わるのは、2人で目的を達成出来た時…杉本の中では当たり前のことなのです。いつの間にか、相手の悲願を達成することも旅をする理由になっているのでした。

 

『杉リパ』エピソード9:優しい口調はいつもの杉本。だけど…

コミックス版ゴールデンカムイ9巻:第90話 芸術家

贋作師の熊岸長庵を追う途中、立ち寄ったアイヌの村。いつも礼儀正しいアシリパの様子がおかしいことから、杉本は異変に感づき、アイヌのふりをした偽物だということに気が付きます。このアイヌの村は、脱獄囚に乗っ取られ偽札の製造をさせられていたのでした。

捕えられたアシリパを助け「アシリパさん怪我はないかい?酷いことされなかった?」と尋ねる杉本はいつもの優しい杉本でした。しかし、アシリパを助けるためとはいえ偽アイヌの人々をほとんど1人で殺してしまうほどの獰猛さを発揮した杉本…。

純粋にも見える杉本の眼差しの中に、アシリパは杉本の心の闇を見たのかもしれませんね。

 

『杉リパ』エピソード10:未だ終わらない杉本の戦争…これを終わらせることができるのは

コミックス版ゴールデンカムイ10巻:第100話 大雪山

追手を逃れるため、大雪山を抜けることを選んだ杉本一行。その厳しい寒さを逃れるために、エゾシカを殺しその体内で夜を越します。小さなアシリパは、杉本と同じ鹿の中に入り夜を明かします。

その時初めて、アシリパは杉本の過去の話を聞きます。「悪人は痛みを感じないのだ、敵兵は苦しまずに死ぬ」とそう思い込むことで別の人格となり、自分自信を守りながら戦い生き抜いた杉本。その人格が染みついて、元の自分に戻れず心はまだ戦争に居る

「杉本も干し柿を食べたら戦争に行く前の杉元に戻れるのかな」

杉本の故郷の味が干し柿だと聞いたアシリパが眠そうにつぶやいたその言葉は、杉本の心に深く刺さります。人を殺す前の杉元に戻ってほしい…アシリパの純粋で暖かな気持ちは、杉本の胸に確かに届いたのでした。

 

美味しくて、楽しくて、ちょっぴり悲しい…甘酸っぱい『杉リパ』もう結婚しろ!

乙女な杉本と逞しいアシリパ、そしていつも可愛い二人が時折見せる変顔、そして美味しそうな料理…楽しく旅をする『杉リパ』は見ているだけで癒されます。しかし、その暖かい雰囲気の裏には、戦争で心が凍てついてしまった杉本と、父を失ったアシリパの悲しみが見え隠れしています。

相手のすべてを受け入れて、その上で一緒にいる…『杉リパ』はそんな安定感すら感じさせてくれるのです。楽しいことも、つらいことも2人で乗り越える覚悟をもって2人は旅をしているのでしょう。旅の行く末に『杉リパ』2人の幸あらんことを…!!!

関連記事をご紹介!

『鯉鶴』の公式エピソードをご紹介!乙女な鯉登を振り回すのは鶴見の魔性?!

『鯉鶴』とは
鯉登×鶴見
https://twitter.com/rakuichirakuthe/status/82249…

【ゴールデンカムイ】強さランキングTOP15!試される大地最強のキャラは誰だ!?

和風闇鍋ウエスタン『ゴールデンカムイ』の最強キャラを決定!出典:https://www.amazon.co.jp食べられるオソ…

関連グッズをご紹介!