烈海王の師・郭海皇はバキ最強?実力や名言を紹介!

この記事では、『刃牙』シリーズに登場する郭海皇(かくかいおう)についてご紹介します。『刃牙』シリーズ最強格の一人として数えられる郭海皇の実力や名言について挙げていきますので、是非とも最後までご覧ください。

郭海皇とは?

郭海皇(かくかいおう)中国武術界の頂点であり、海王を超える海皇の称号を持つ人物です。『刃牙』シリーズの序盤から登場している烈海王(れつかいおう)の師匠でもあり、中国武術界ではレジェンド的な存在となっています。

一見すると痩せ細ったしわだらけの老人ですが、海皇と呼ばれているのにはそれなりの理由があります。郭海皇は『バキ』の中国大擂台賽(だいらいたいさい)編で初登場し、大擂台賽の選手として参加しました。100年に一度の大擂台賽、前回の大擂台賽では優勝経験があります

大擂台賽が100年に一度だというのに、再び参加しているということは一対どういうことなのでしょうか。それでは、郭海皇についてご紹介していきます。

関連記事をご紹介!

【バキ】烈海王が丸わかりになる7つの知識!私は一向に構わんッッッ!

ファンに愛される拳法家!烈海王とは?

『刃牙』シリーズに数多く登場するのが、烈海王です。中国拳法を扱う格闘家で、地下…

【バキ】烈海王のぐるぐるパンチに隠された悲しい秘密とは?

「一向に構わん!」天才拳法家・烈海王とは?
https://twitter.com/Shinono_Nu/status/55…

年齢はまさかの100歳越え!?

100年に一度の大擂大祭に2回も参加し、なおかつ優勝したことがある郭海皇。その年齢はまさかの146歳です。現実世界では、146歳まで生きている人間が存在するどころか戦いの場に身を置いている人物はいません。『刃牙』世界においても郭海皇を除いて存在しないでしょう。

146歳という高齢のため、郭海皇は普段車椅子で移動しています。自力ではまともに歩くこともできず、年齢通りの老人らしさが垣間見えます。しかし、戦闘になると動きが俊敏になり、とても老人とは思えない戦い方をします

また、146年も生きているため、戦いの知識が非常に豊富です。烈海王の修行に付き合ったり、「空手を終わらせた男」、「空手界の最終兵器」の異名で知られる愚地克巳(おろちかつみ)に新たな技を手に入れるヒントを与えたりしています。

息子は狂獣・郭春成!

郭海皇の息子には、狂獣の異名で知られている郭春成(かくしゅんせい)がいます。息子とはいえ、驚くことに郭海皇が120歳の頃の息子です。郭海皇の息子ということはさぞたいそうな実力の持ち主なのでは、と思いきや、なかなか疑わしいところもある人物です。

大擂台賽で敗北していく海王たちに業を煮やして郭海皇が呼んだ郭春成。地上最強の生物・範馬勇次郎も、その名を聞いた時には驚きを隠せていませんでした。範馬勇次郎にも実力を期待されていた郭春成と戦うことになったのは、主人公・範馬刃牙です。

世紀の対決になるかと思われた郭春成vs範馬刃牙。しかし、この戦いはまさかの2秒で決着がつきました。勝ったのは範馬刃牙です。最強の父を持つ息子同士の対決でしたが、意外にもあっさりと終わってしまいました。この試合の後、郭春成は郭海皇から武から身を引くように言われます

あらゆる攻撃を受け流す防御技・消力を使う!

郭海皇が中国武術界の頂点たる所以、それは消力(シャオリー)にあります。この消力は、極限のリラックス状態になることで、あらゆる攻撃を受け流すことができるようになります。正確には、力の流れをコントロールできているということです。合気道の達人・渋川剛気(しぶかわごうき)が使う合気とはまた違う防御技となっています。

消力には攻めの消力と守りの消力があり、攻撃を受け流す際に使用するのが守りの消力です。攻めの消力は、守りの消力と同じく力の流れをコントロールし、一発殴るだけで壁を大きくへこませるほどの威力を生み出します。

今でこそ消力という究極の技にたどり着いていますが、昔の郭海皇は力に頼る巨漢でした。ある武術家に敗北したことで目が覚め、本当の強さを探求するようになります。

関連記事をご紹介!

【刃牙】渋川剛気の強さを徹底検証!達人が至った真の護身とは?

『グラップラー刃牙』最強の柔術家!渋川剛気とは?
https://twitter.com/baki_anime/status…

地上最強の生物・範馬勇次郎と対決!その結果はいかに?

大擂台賽での郭海皇の相手は範馬勇次郎となりました。この対決は「究極の暴力対究極の武」と称され、今度こそ世紀の対決が始まります。はじめ、範馬勇次郎は自慢の力で攻めますが、郭海皇は消力で受け流します。鼻血さえ流れるものの、一般人が受けたら即死級の攻撃です。

範馬勇次郎も避けられてばかりではありません。郭海皇の髪の毛を一本抜き、ほんのわずかな身体硬直の隙を狙って一撃を食らわせます。郭海皇は反撃に攻めの消力を使用し、壁に大きなひびを入れるほどの威力を見せつけます。

究極対究極の戦いは、範馬勇次郎が本気を出したことで徐々に決着へと向かっていきます。範馬勇次郎に押され気味になった郭海皇は、とんでもない形で決着をつけることにします。一体どんな形で勝敗がついたのでしょうか。

関連記事をご紹介!

【バキ】範馬勇次郎にまつわる5つの地上最強伝説を語るッッ!

範馬勇次郎とは?範馬勇次郎になりたい。永遠の男の憧れ。 pic.twitter.com/bhJ49lKxyn— ヒ…

最期は老衰?郭海皇は本当に死んだのか?

範馬勇次郎がとどめの一撃を加えようとした瞬間、郭海皇は老衰で死んでしまいます。範馬勇次郎は拳を寸止めし、あまりにも予想外な決着のつき方になんとも複雑な表情で試合を終えることとなります。

範馬勇次郎の勝利と言えるのか微妙なところではありますが、事実上は勝負なしとなり引き分けという結果となります。しかし、郭海皇は本当に死んでしまったのでしょうか。その真実は大擂台賽終了後にあります。

驚くことに、郭海皇は死んでいませんでした。老衰は見せかけであり、郭海皇の護身術の集大成・擬態死でとどめを逃れていました。命さえもコントロールできるのが郭海皇です。

ピクル編では愚地克己に真マッハ突きを伝授!

ピクル編では、愚地克巳が得意とするマッハ突きをさらなる高みへと上げるためのアドバイスをします。音速を超えるマッハ突きですが、郭海皇によって進化した真マッハ突きはピクルを圧倒します。

愚地克巳とピクルの対決を観戦し、郭海皇は「武を50年は進化させた」と感動の言葉を漏らします。愚地克巳の天才性が実現させた真マッハ突きですが、146年も長生きしてきた郭海皇の知識が与えた新たな技と言っても過言ではありません。

関連記事をご紹介!

【範馬刃牙】ピクル編ストーリーまとめ!最凶の相手は過去から来る!

【範馬刃牙】ピクル編のストーリーを解説!出典:…

愚地独歩と愚地克巳の関係とは?二人の出会いと変化を振り返る

愚地独歩と愚地克己の出会い
https://twitter.com/ot_hng/status/93524802411194…

郭海皇の名言2選!

「ちょうしこいてんじゃねェ、小僧ォッ」

「ちょうしこいてんじゃねェ、小僧ォッ」は、大擂台賽の範馬勇次郎戦での名言です。範馬勇次郎の攻撃を立て続けに食らい、反撃に出た際に「ちょうしこいてんじゃねェ、小僧ォッ」と叫びました。

範馬勇次郎は「ちょうしこかせてもらうぜ!!!」と返し、背中の鬼の貌を露わにします。激戦の中で郭海皇も範馬勇次郎も本気を出していきます。最強と最強が本気を出してよく壊れなかった会場もなかなか最強と言えるでしょう。

「武術の勝ち」

「武術の勝ち」は、範馬勇次郎戦を終えて控え室に運ばれた際の名言です。擬態死によって範馬勇次郎の一撃を止めた郭海皇。むくりと起き上がり、「武術の勝ち」と呟くように言いました。

受けたら確実に死んでしまうであろう一撃を止めたのはさすがと言えますが、「武術の勝ち」という言葉には皆納得いっていませんでした。なかなかずるい技ですが、郭海皇いわく武と技はずるいものということらしいです。

「死に勝る護身なし」というのも郭海皇の言葉です。相手が死ねば勝負はなくなり、それゆえに負けることはない。屁理屈のようにも聞こえますが、地上最強の生物と戦って生きていることは紛れもない事実です。

郭海皇は中国武術界の頂点!

いかがでしたでしょうか。郭海皇について知ることができましたでしょうか。郭海皇は中国武術界の頂点であり、大擂台賽ではレジェンド的な存在でした。

郭海皇は146歳という最高齢であり、その年齢ながらも地上最強の生物・範馬勇次郎と肩を並べるほどの実力を持っています。合気とはまた異なる防御技・消力を使い、擬態死という究極の防御術を使うこともできる唯一の人物でした。皆さんも最強対最強の世紀の対決をご覧になってみてください。

関連記事をご紹介!

バキシリーズ 名言TOP20!地上最強のセリフはどいつだッッ

名言の宝庫ッッ!「刃牙シリーズ」とは?I descend in Twitter#範馬勇次郎 pic.twitter.com/q…

【グラップラー刃牙】強さランキングTOP20!バキシリーズ最強は誰だッッ!?

歴代の強者共をランキング形式で紹介!!

【刃牙25周年企画!!】刃牙シリーズ25周年記念格闘士タオル応募者全員サービス!…

関連グッズをご紹介!