【食戟のソーマ】司瑛士に迫る8つの知識!食材の声を聴く最強料理騎士のすべて!

『食戟のソーマ』は2012年から週刊少年ジャンプで連載されている大人気作品です。3度に渡るアニメ化やゲーム化もされました。今回はそんな『食戟のソーマ』から十傑第一席の司瑛士をピックアップします。司瑛士のクールな一面から意外な性格、アニメでは描かれなかった裏事情など、ファンにはたまらない情報をたくさんご紹介します!

『食戟のソーマ』の司瑛士とは?

食戟のソーマ 19 (ジャンプコミックスDIGITAL)

司瑛士とは遠月学園高等部3年生に所属する男子生徒です。遠月十傑評議会の第一席を務めており、「最強の料理騎士」と呼ばれています。身長は176cm、4月2日生まれのA型、好きな色は白、好きな飲み物はブラックコーヒーだそうです。

そのクールな見た目と、アニメで聞かせてくれた甘いボイスに気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回はかっこいい司瑛士についてご紹介したいと思います。司の特徴的な性格や、アニメではまだ見せていない裏の顔など、彼の魅力をたっぷりとご紹介します。

司瑛士の知識1:声優は石田彰!

アニメに司が登場した瞬間「こ、この声は…!」と反応してしまったという人も多いのではないでしょうか。わたしもその一人です。そう、司の声はなんとあの石田彰さんだったのです。

石田さんは1967年11月2日生まれのO型、愛知県の出身です。2018年7月現在50歳になりますが、年齢を感じさせない素敵ボイスですよね。

石田さんは「新世紀エヴァンゲリオン」の渚カヲル役、「仙界伝 封神演義」の申公豹役、「最遊記」の猪八戒役、「機動戦士ガンダムSEED」のアスラン・ザラ役、「NARUTO-ナルト-」の我愛羅役など多くの大人気作品に出演しています。石田さんの黄金期に青春を過ごしたわたしみたいな方にとっては外せない声優の一人です。

関連記事をご紹介!

声優・石田彰が演じたアニメキャラまとめ!

石田彰のプロフィール「石田ボイス」の魅力、石田彰とは?#石田彰ホイホイ #もはやこの世の奇跡 素敵タグ pic.twitte…

司瑛士の知識2:まさに最強!二つ名を持つ十傑大一席

食戟のソーマ 29 (ジャンプコミックス)

司の特徴はなんといっても遠月十傑評議会の第一席に君臨しているということでしょう。第一席ということはあの多くの生徒の中で最も料理が優れている達人、いわばチャンピオン的存在だということです。創真も司の料理を初めて口にしたときには今までに見せたことのないような表情をして驚いていましたね。

そんな最強料理人の司には二つ名があります。それは「食卓の白騎士(ターフェル・ヴァイスリッター)」です。食材の良さをとことん追求し、自分らしさを消してまで食材の声を聴いて生かすことからこの名前が付けられました。見た目のクールさから言っても「白騎士」の名はとてもぴったりですね。

司瑛士の知識3:「かっこいい」と「かわいい」を合わせ持つ性格で女性を虜に!

食戟のソーマ 餐ノ皿 Blu-ray BOX 下 (初回仕様版)

司といえばその鋭い視線と口調から、クールキャラな印象を受けますよね。わたしも最初は「お、最高にクールでかっこいいキャラが来た!さすが一席!」と思っていました。しかし司の性格はただクールなだけではなかったのです。

司は実は心配性で気弱な性格を持ち合わせています。クールな口ぶりから突然アワアワしだす司に思わずギャップ萌えしてしまいました。

初めてその性格を見せたのは月饗祭で創真たちの前に現れたときですね。心配性で人に料理を任せられない司は全て自分で調理していました。そして創真の前に来ると「空調とか大丈夫?」とアワアワしだしたのです。意外な性格にびっくりしながらも思わず「可愛い!」と思ってしまいました。

食戟のソーマ 25 ([特装版コミック])

それから総帥が変わってからの演説に登場したときも、「人前に立つタイプじゃないんだよね」とアワアワしながら壇上に登っていました。可愛いままで終わると思いきや、最後には目が鋭くなってまたクールな司の登場。このギャップが本当に尊い!みなさんにもぜひ観てもらいたいですね。

そして残党狩りでの書類整理に追われていた時も可愛い司が登場しました。料理に関しては極め細やかな動きを見せていましたが、事務作業は苦手なのかなと思うと「天才にも弱点あり」という感じがしてポイントが高いですよね。クールな一面だけではなく可愛い性格も持ち合わせているキャラ、それが司瑛士です。

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】食戟のソーマ「月饗祭~中枢美食機関編」完全ストーリーまとめ!薙切薊に遠月学園が揺れる?

アニメの続きはここから!遠月十傑集結!「食戟のソーマ 弐ノ皿」の最新情報はスタジエール編ver.にリニューアルした公式サイトで…

司瑛士の知識4:天才も悩む?中村薊との出会いが明らかに

10月19日 ジャンプショップ 365日 ステッカー 食戟のソーマ 司瑛士

アニメではまだ描かれていませんが、原作の方では薙切薊と司の出会いのシーンが回想で描かれています。司は第一席となってから様々な美食会で料理を振る舞うようになりました。しかしその中で司は何故か怒りを覚えるようになります。

そこに登場したのが薙切薊でした。とある晩餐会の後、薊は司にこう話しました。「君が皿に込めた熱量は 会場にいた豚共の何奴(どれ)にも届いていなかったよ」

そう、美食会で司の料理を食べた人々はみな司の料理を「一席の料理だから」ということだけで褒めたたえ、司が手を抜いても抜かなくても同じ評価を下していました。一席になってもまだまだ料理を極めたかった司はこのことにイラついていたのですね。図星を突かれた司はこの日から薊に着いていくようになります。

関連記事をご紹介!

創真の父・才波城一郎の過去に迫る!1人の天才が辿った苦難の料理道

才波城一郎は作中最強クラスの料理人!食戟のソーマ 才波城一郎 pic.twitter.com/9mN6cGCcU8&mdash…

司瑛士の知識5:他人とは違う料理へのこだわり

十傑第一席を務める司の料理は他の人とは一味も二味も違います。得意料理が「フランス料理」というのはよくあることですが、他の人と異なる点はこの先にあります。多くの料理人は自分の料理に自身の色を織り交ぜています。自分にしかできない味付けや盛り付けをし、自分だけの料理を完成させていくのです。

しかし司の料理は徹底的に自分の存在を消しているのです。このことは月饗祭で創真たちに料理を振る舞った時に語られました。自分の存在を消し、食材本来の良さを最大限に引き出すことで自分の料理が完成するということでした。

料理に自分の色を出さないことというのは、料理人にとってはとても難しいことなのではないでしょうか。しかしこの思想はどこか薊の考えにも似ていますね。薊との出会いが司の料理をこうしてしまったのか、あるいは元々近い考えだったのかはわかりませんが、薊と司が手を組んだことも納得してしまう気がします。

司瑛士の知識6:ついにスペシャリテ披露!2度に渡る幸平創真との対決のキーワードは「鹿」!

司は2度、主人公の幸平創真と対決しています。1度目は自らが講師を務めた講義後、そして2度目は連帯食戟でのFINAL BOUTです。連帯食戟の対決はまだアニメでは描かれていませんが原作では既に勝負がついてしまっています。1度目はテーマを鹿肉としていましたが、2度目の料理でも司は鹿肉を使った料理を出しているのです。

1度目の対決では創真の料理を圧倒した司ですが、この時実は本気の料理を見せていませんでした。過去の美食会の経験から、皿に込める熱量を下げてしまったものと思われます。しかし連帯食戟では自身が所属する十傑が関わるということで本気の鹿料理を提供しています。

本気を出していない料理ですら創真にあっさり勝つことが出来てしまった司。そんな司が作る本気の料理とはどんなものなのでしょうか。そして司と創真の勝負の行方も気になっちゃいますよね。アニメでは途中で終わってしまった連帯食戟、続きが気になる方はぜひ原作の方を読んでみてくださいね。

司瑛士の知識7:実は恋仲!?十傑第二席・小林竜胆との関係

非売品 食戟のソーマ 小林竜胆 ジャンプショップ 366日ステッカー

小林竜胆十傑第二席で、アニメでは明るくて食べることが大好きなお姉さんのような存在で描かれていました。書類整理をしている司を突っつくシーンも描かれ、二人の関係が気になってしまう方も多いのではないでしょうか。原作の方では司と同時期に十傑第二席になり、「ついにここまで登り詰めたな」「これからも一緒に頑張っていこう」と言い合うシーンも描かれています。

どんなことにも野性的で明るい竜胆ですが、原作で気になる言葉を目にしました。元十傑の女木島からは「この連帯食戟に対して…誰よりも葛藤し続けているのは小林竜胆(あいつ)なんだ」という言葉、4th BOUTで対決したタクミからは「小林先輩…あなたは どうして…そんなに 怯えているのですか?」という言葉をかけられています。

食戟のソーマ 26 (ジャンプコミックス)

タクミからかけられた言葉に不意を突かれたような竜胆の表情は印象的でしたね。あの竜胆が怯えることとは何なのか、ネット上では様々な議論が飛び交いました。その中でも有力だと思われるのは「敗北を恐れている」という説です。

この連帯食戟で敗北すると十傑メンバーは解散となってしまいます。一席に司がいて、二席に竜胆がいるという状況が無くなってしまうのです。しかし竜胆は十傑の席にこだわっているように見えませんよね。どういうことなのでしょうか。

そこで竜胆の花言葉に注目してみました。竜胆の花言葉は「正義」「誠実」「悲しんでいるあなたを愛する」。そう、竜胆は司の隣にいられなくなることを恐れているのではないかと言われているのです。竜胆のキャラが花言葉に関係しているというのは原作者の附田祐斗氏が公言しています。司と竜胆の間には何か深い関係がありそうです。

関連記事をご紹介!

【ネコ目かわいい】小林竜胆の伏線と今後の展開を大予想!〜食戟のソーマ〜

プロフィール概要遠月茶寮料理學園高等部3年「小林竜胆(りんどう)」
遠月十傑評議会、いわゆる「十傑」の第二席。
いつも何かを食…

【小林竜胆】ネコ目かわいい!作者が重要人物と明言?【食戟のソーマ】

小林竜胆とは

原作:附田祐斗、作画:佐伯俊のマンガ「食戟のソーマ」の登場人物、 小林竜胆。創真が呼んでいるように「りんどー…

司瑛士の知識8:ついに遠月学園卒業!その後の進路は意外にも…

連帯食戟後、原作では創真たちが無事2年生に進級しています。ということは3年生だった司たちは遠月学園を卒業したということになりますね。元十傑メンバーだった3年生は自身の店を持ったり、海外に自分の得意料理の良さを広めに行ったりしているようです。さて、司はどうしているのでしょうか。

実は司と竜胆は二人で、自然界での食料捕獲に勤しんでいました。希少食材マスターだった竜胆は在学中もアマゾンなどに食料調達に行っていましたが、今はそれに司も着いて行っているようです。

こういう現状を見ているとやはり二人は恋仲だったのではないかと思ってしまいますよね。十傑の第一席だった司には店を構えたり有名店に呼ばれたりと様々な道があったのではないかと予想されます。しかしそれらの道を全て蹴って竜胆に着いて行ってるのです。これは深い仲を疑わざるを得ないのではなでしょうか。

美しい姿をもう一度アニメで!『遠月列車編』続編求む!

食戟のソーマ コミック 1-28巻 セット

ここまで司瑛士の魅力についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。アニメでは「遠月列車編」の締めである連帯食戟が途中までで止まってしまっています。登場したばかりの司瑛士も少ししか描かれていません。

しかし司がかっこいいシーンはやはり連帯食戟でのシーンなのではないかと個人的には思います。原作では連帯食戟に決着がついた今だからこそ、アニメの続編を制作希望します!原作でも美しい司ですが、やはり美しい声と共にアニメでも見てみたいと思いませんか?いつか連帯食戟の決着をアニメで見られる日が来ることを楽しみにしたいと思います!

関連記事をご紹介!

【食戟のソーマ】名言・名シーンTOP20!名言のスペシャリテ、おあがりよ!

『食戟のソーマ』とは?出典:https://www.amazon.co.jpある日「私は……自分の為に、アキラくんを追い詰めて…

関連グッズをご紹介!