【とあるシリーズ】超能力者(レベル5)まとめ!8人目は登場するのか?

2008年に放送された学園サイエンス・ファンタジーアニメ『とある魔術の禁書目録』。物語の舞台となる『学園都市』では日々能力開発が行われ、超能力を持った多くの学生たちが過ごしています。今回はその中でも最強とされる7人の超能力者(レベル5)やその候補生などをご紹介していきます!

とある魔術の禁書目録(インデックス)とは?

とある魔術の禁書目録(インデックス)』は2004年から作家・鎌池和馬さんによって刊行された学園サイエンス・ファンタジーライトノベル。『学園都市』と呼ばれる架空の都市を舞台の中心とし、主人公・上条当麻(かみじょう とうま)が迫りくる敵と対峙するというストーリーになっています。

2008年にはアニメ化もされ、2013年には『劇場版とある魔術の禁書目録 ―エンデュミオンの奇跡―』が公開。2018年7月現在までにアニメシリーズは2期まで放送されており、同年10月にはアニメシリーズ3期目が放送予定となっています。

学園都市最強の存在・超能力者(レベル5)とは?

そもそも学園都市とは、総人口230万人を誇る完全独立教育研究機関です。その人口の8割が学生であり、彼らには特殊な能力開発が行われ、ほぼ全員が超能力を所持。能力の強さは無能力者(レベル0)から超能力者(レベル5)の6段階に分けられています。

特に超能力者(レベル5)はいわば学園都市の最優秀生徒で、総人口の8割を占める生徒の中でも7人しか存在しません。しかしそのほとんどが人格破綻者であり精神的な面でも他者とは一線を画しています。

超能力者(レベル5)は第1位から第7位まで順位付けされていますが、それは能力の「強さ」によるものではなく、「能力の応用によってもたらされる利益」が基準となっているようです。ただ、能力の強さは決して飾りではなく、「1人で軍隊と戦える力を持っている」と称されるだけの実力はあります。

超能力者(レベル5)一覧!

第7位 削板軍覇(そぎいた ぐんは)/能力:詳細不明

白い特攻服を身にまとった少年。通称「ナンバーセブン」。困っている人や傷ついている人を見ると助けずにはいられない程の正義感の持ち主で、「根性」が口癖の絵に描いたような熱血漢です。

その能力は学園都市で作られた人工的なものではなく、ごく自然に発現したもの。「どういう原理で何が起こっているのか」すら分からないため、そもそも超能力者に分類していいのかさえも不明なようです。

削板本人も自身の能力を大雑把にしか把握しておらず、例えば拳を振るうことで遠距離から対象を殴り飛ばす必殺技・念動砲弾(アタッククラッシュ)も「不安定な念動力の壁に刺激を与えて爆発させている」と言っていますが、原作中にて「念動力にそんな作用は存在しない」と否定されています。

第6位 藍花悦(あいはな えつ)/能力:不明

名前と在籍校、超能力者(レベル5)の1人であること以外、年齢、容姿、性別や能力に至る個人情報のすべてが謎の包まれており学園都市にてひっそりと息を潜めている人物

ただ一切活躍していないわけではなく、ピンチに陥っている人物に学園都市第6位「藍花悦」の個人情報と身分を貸し与え、窮地を脱する手助けをしている模様。本人いわく「(自分自身の問題は)自分で解決しなくちゃ意味がない」そうで、決して悪意があっての行動ではないようです。

実際、『新約とある魔術の禁書目録』の7巻に登場した黒い革のジャケットを着た少年が「藍花悦」を名乗っていますが、第5位の食蜂操祈の発言から偽物であるようで、また同シリーズ12巻に登場したフードを被った可愛らしい少年も加納神華(かのう しんか)という全くの別人でした。

第5位 食蜂操祈(しょくほう みさき)/能力:心理掌握(メンタルアウト)

学園都市でも名門とされるお嬢様学校・常盤台中学に通う学生。星の入った瞳に長い金髪、中学生離れしたプロポーションと美貌が特徴的ですが、見た目とは裏腹に陰湿な性格で、倫理観や常識に欠ける部分が多くみられます

能力『心理掌握(メンタルアウト)』は学園都市内の精神系能力の中でも最強とされ、記憶操作、読心、洗脳、念話など精神に関することならば何でもできる万能な能力。ただし、動物などの人間以外の生き物や機械は能力の対象外です。

応用力に長けすぎているため能力発動時にはいつも持ち歩いているバッグからリモコンを取り出し、能力操作を安定化させます。他人を洗脳することに躊躇はありませんが、「操った相手の面倒は最後まで見る」などの『自分ルール』を持ち合わせるなど良心的な部分もあります。

第4位 麦野沈利(むぎの しずり)/能力:原子崩し(メルトダウナー)

学園都市に存在する暗部組織の1つ『アイテム』のリーダー。スラリとした長身とウェーブがかった茶髪が特徴的な女性。表面では面倒見のいいリーダーとして振る舞っていますが、本当はプライド高く、逆上しやすく自己中心的な性格の持ち主です

能力は、電子を「粒子」と「波形」の中間である『曖昧なまま』の状態に固定し、強制的に操ること。固定された電子は質量を持たない「壁」となり、それを高速で放つことで絶大な破壊力を生み出します。つまり簡単に言うと「全身からビームが打てる能力」なのです。

そのビームは『粒機波形高速砲(りゅうきはけいこうそくほう)』と称されており、イージス艦を輪切りに出来るほどの威力を持っています。ただし高威力のため、正しい計算を行って撃たなければ自分の身も吹き飛ぶリスクもあります

第3位 御坂美琴(みさか みこと)/能力:電撃使い(エレクトロマスター)

第5位の食蜂操祈と同じく、常盤台中学に在籍する学生。綺麗に整った顔立ちと肩まで伸びた茶髪が特徴で、校則により普段から制服を着用。そのスカートの下に常に短パンを履いています。勝気で活発な性格で、良識はきちんと持っており、超能力者(レベル5)では珍しい常識人です

能力の電撃使い(エレクトロマスター)は文字通り電気系統の能力。発電はもちろん、磁力を操作して金属を自在に操り攻撃を防ぐ盾や足場を作ったり、砂鉄を操って表面を高速振動させることで物体を両断する剣を作るなど、攻守ともに非常に高い汎用性を誇っています

特に彼女の異名でもある必殺技・超電磁砲(レールガン)は、コインを指で弾いて、能力を用いて音速の三倍以上の速さで撃ち出し、ビルに直径2メートルもの風穴を開けるほどの威力と貫通性を持っています

関連記事をご紹介!

常盤台中学のツンデレお嬢様、御坂美琴は第3位のレベル5!【とある魔術の禁書目録】

御坂美琴プロフィール出典:http://dic.pixiv.net御坂美琴のかわいい魅力に迫る!エリートお嬢様、常盤台中学のエ…

第2位 垣根帝督(かきね ていとく)/能力:未元物質(ダークマター)

学園都市の暗部組織の1つ『スクール』のリーダー。長身で茶髪が特徴の少年。基本的に敵対しない一般人は攻撃せず、脅威とならないと判断した敵を見逃す寛容さと同時に、目的のためなら手段を択ばない残虐非道な一面も持ち合わせています

能力『未元物質(ダークマター)』は、この世に存在しない素粒子(物質)を生み出し、それを自由自在に操る能力。生み出された物質は理論上この世に存在しないため、当然この世の物理法則に従わず、独自の物理法則によって動きます

例えば能力発動時に展開される6つの天使のような翼に通過した太陽光が『殺傷力を持った光線』になるなど、飛行することはもちろん、防御や打撃、烈風の発生させることも可能。まさに既存の物理法則を塗り替える「特異」な能力なのです

第1位 一方通行(アクセラレータ)/能力:一方通行

学園都市最強の能力者にして、最高の頭脳を誇る最優秀生徒の少年。本名は不明のため能力名で呼ばれています。アルビノのような白い肌に白い髪、赤い瞳と、華奢な体形が特徴。他人に感情を向けることに消極的で、常に周りを拒絶する無関心な性格です。ただし戦闘時に感情が昂ると凶暴な言動や残虐な戦い方をしたりします

自身の名前でもある能力『一方通行(アクセラレータ)』は、運動量や熱量、電気量など、体表面に触れた全ての力の向き(ベクトル)を自由に変換できる能力です。力の向きを適切に制御することで、わずかな力でビルや地面を粉々にしたり、高速移動することも可能。また、風のベクトルを操ることで飛行することも可能です

とある魔術の禁書目録(インデックス)II 一方通行 (アクセラレータ) (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

さらに彼の十八番でもある『反射』は、自身に加えられた攻撃をすべて自動的かつ正確に跳ね返すことができます。これは簡単な演算によって行われるもののため、無意識化や就寝中でも自動的に発動しています。簡単にいうと『攻撃する盾』といったところでしょうか?

容姿の異質さもこの『反射』によるもので、白い髪や赤い瞳はほぼすべての紫外線を跳ね返しているためで、体型も外部刺激を受けないゆえのホルモンバランスの崩れが原因だそうです。ただしすべてを『反射』しているわけではなく、酸素や重力など「生活に不可欠なもののベクトル」は無害として登録して、透過させています。

関連記事をご紹介!

学園都市のレベル5で第1位!一方通行はダークヒーロー【とある魔術の禁書目録】

一方通行(アクセラレータ)プロフィール出典:http://dic.pixiv.net一方通行(アクセラレータ)のスペック紹介!…

超能力者(レベル5)候補・ポストレベル5も紹介!

滝壺理后(たきつぼ りこう)/能力:能力追跡(AIMストーカー)

第4位の麦野沈利と同じく『アイテム』のメンバーの1人で大能力者(レベル4)の能力者。いつもボーっとしている脱力系キャラの少女。肩まで伸びた黒髪に、ピンクのジャージ姿が基本のスタイル。温厚かつ仲間想いな性格の持ち主です。

能力は、記録した能力者が無自覚に発している微弱な力のフィールド『AIM拡散力場』の持ち主を、太陽系外に出ても追い続け検索・補足できるというもの。また対象のAIM拡散力場への干渉などもでき、全力で行えば相手の能力を乗っ取ることも可能だそうです。

ただし、能力発動のためには『体晶』と呼ばれる能力を暴走させる薬品を飲む必要があり、それにより体に負担がかかってしまうというデメリットが存在します。そのため「最も超能力者(レベル5)に至れる可能性」を持っていながらも、なりきることが難しいのでしょう。

結標淡希(むすじめ あわき)/能力:座標移動(ムーブポイント)

学園都市の暗部組織『グループ』の構成員の1人で大能力者(レベル4)の能力者。長い赤髪を左右に分けて結っており、上半身は胸にサラシを巻きその上にブレザーを羽織り、下半身はミニスカートという独特のスタイルが特徴的な少女です。

有する能力『座標移動(ムーブポイント)』は、一般的な『空間移動(テレポート)』と異なり、直接物体に触れなくても対象物を他の場所に瞬間移動させることができるという、空間移動系能力では最高位の能力です。

事実上、超能力者(レベル5)に認定されてもおかしくはありませんが、かつて自身を移動させた時座標計算を誤り足に重傷を負ったトラウマから自分を飛ばすことを苦手としており、そのため大能力者(レベル4)に留まっています。超能力者(レベル5)になるためには精神面でも強くないとダメな様ですね。

登場なるか?8人目の超能力者(レベル5)&絶対能力者(レベル6)!

能力の暴走やトラウマなど、様々な要因で『超電磁砲(レベル5)』になりきれない大能力者(レベル4)達。しかしそれらはあくまでも現時点での問題点であり、物語が進むにつれて成長し続ける『学園都市』の科学力によりいずれは解決され、8人目となる超能力者(レベル5)が現れるのもそう遠くない未来かもしれません

また、とあるシリーズのキーワードにもなっている『絶対能力者(レベル6)』。『学園都市』あげての命題とし、学者たちが研究し続ける超能力者(レベル5)を超えるこの存在も近いうちに登場し、主人公・上条当麻の脅威となるでしょう

実際これまでに、一方通行が御坂美琴のクローン・妹達(シスターズ)を2万体殺害することで絶対能力者(レベル6)に進化するという非人道的な実験『絶対能力進化(レベル6シフト)計画』が行われたり、御坂美琴自身の能力を暴走させることで一時的に絶対能力者(レベル6)を誕生させてきました

つまり少しずつではありますが、着実に『絶対能力者(レベル6)』への足場は築きあげられています。まだまだ物語は続く『とあるシリーズ』。上条当麻の活躍も気になりますが、能力者達の進化からも目が離せません。

関連記事をご紹介!

【とある魔術の禁書目録】上条当麻は正統派ヒーロー!その実力と魅力に迫る!

とある魔術の禁書目録(インデックス)とは【とある魔術の禁書目録[インデックス] Ⅱ】・2010年・「とある魔術の禁書目録」の第…

とある魔術の禁書目録 名言・名セリフ・名シーンまとめ15選

その幻想をぶち壊す!出典:http://img5.blogs.yahoo.co.jp下心なしの気持ちが出てますな。こんな人二度…

関連グッズをご紹介!