バキシリーズ最大の笑撃!エア夜食の全貌を語り尽くすッ!

範馬勇次郎と範馬刃牙の戦いは、刃牙シリーズでも最大の見せ場になっています。どのような戦いで、どのような結末を迎えるのか?というところに誰もが注目していましたが、予想を裏切るエア夜食には誰もが驚いたはずです。そんなエア夜食とそこに到達するまでの内容を詳しく紹介していきます。

地上最強の親子喧嘩とは?

範馬刃牙(37) (少年チャンピオン・コミックス)

『範馬刃牙』の最大の見所が刃牙と勇次郎の対決ですが、これは親子喧嘩として扱われています。5年前に刃牙は勇次郎に勝負を挑み何もできずに敗北しています。そしてそのリベンジとなるのですが、普通に決闘ということにはなりません。

親子だからこそ、どの家庭とも変わらないような些細な親子喧嘩から始まる戦いということです。勇次郎は地上最強の生物で、刃牙は地上最強のガキなので、そんな二人が親子喧嘩をしたとするなら正に地上最強の親子喧嘩なのです。

自衛隊が動くほどの出来事となればただの親子喧嘩ではないことは分かると思います。ストライダムも二人の力はあまりにも強大になり過ぎたとも話しているので、下手すると戦争に匹敵する規模の戦いなのです。

関連記事をご紹介!

【バキ】範馬刃牙の実力を知る7つの知識!勇次郎との戦いの結末も紹介ッ!

「地上最強の息子」範馬刃牙とは?

刃牙シリーズの主人公は範馬刃牙です。地上最強の生物を父親に持ち、幼少期から最強を目…

【バキ】範馬勇次郎にまつわる5つの地上最強伝説を語るッッ!

範馬勇次郎とは?範馬勇次郎になりたい。永遠の男の憧れ。 pic.twitter.com/bhJ49lKxyn— ヒ…

刃牙の勇次郎に対する願望

刃牙は過去に範馬勇次郎のことを憎んでいました。目の前で母親を殺すというトラウマ級のことをされているので当然と言えば当然です。しかし刃牙も5年という年月を経て変わっています。勇次郎という存在はそもそも何なのか?と考えていたのです。

憎む相手で、倒さなくてはならない相手だとずっと思っていたのですが、勇次郎はまず自分の父親であることを受け止めます。そうすると、父親から何もしてもらっていない…その気持ちが芽生えてきたのです。

だから勇次郎に父親として何気ない会話をしてみたり、一緒に食事をしたり遊んだり、そんなことをしてもいいのでは?という気持ちが強くなります。一般の家庭と同じようなことを勇次郎にもしてもらいたいという願望が生まれていました。

範馬勇次郎 VS 範馬刃牙の全貌

範馬勇次郎と範馬刃牙が決着を付けるまでには、単純な闘争ということではなく親子として積み上げてきたものがあります。そしてお互いに強くなりすぎてしまったからこそ、周りも黙ってはいません。

そんな範馬勇次郎と刃牙の対決をきっかけとなる最初から最後まで順番に紹介していきます。

刃牙、勇次郎の団らん

刃牙は勇次郎を自分の住んでいる家に招待します。もてなしたいという気持ちがそこにはありますし、父親である勇次郎がどのように食事をするのか興味がありました。そして勇次郎も断ることなく刃牙の家を訪れます。

そこでは、多くを語らなくても食べる姿勢だけで勇次郎が刃牙に教えているかのようでした。刃牙もそれを見て感動していて、勇次郎のことを誇りに思ってしまいます。そして勇次郎は刃牙の食事に対して褒めたりもしました。刃牙は感動して泣きそうにもなってしまいます。

親子喧嘩開始!

刃牙に家に招待されたこともあり、今度は勇次郎がホテルへ刃牙を招待します。刃牙もホテルで食事などしたことがなかったので、困っていましたが勇次郎が食べ方について教えてくれました。コースの夕食を食べ終わりコーヒーを飲んで一息ついていると刃牙が仕掛けます。

「どうして母親は死ななくてはならなかったの?」この質問をしたのです。これには勇次郎も何も語りません。しかし刃牙はしつこく勇次郎に聞き、更にジャケットの襟首を掴み上げます。これには勇次郎も怒り爆発!しつけと称して刃牙に急所を狙わない攻撃をしました

急所を狙わないとはいえ、勇次郎の純粋な力だけ刃牙の体は軽々と吹き飛んでしまいました。そして遂に本気の親子喧嘩が始まるのです。勇次郎の「いい加減父さんに本気を見せてくれよ」この発言がきっかけとなりました。

技と力の応酬

刃牙は勇次郎に本気の技を見せることになりました。まず出したのがゴキブリダッシュです。初速のスピードを生かしてタックルをして、勇次郎の背中で壁を何枚もぶち抜いてしまいました。しかし勇次郎はノーダメージです。そこから外へ場所を変えると、打撃勝負になります。

刃牙の高速の攻撃は勇次郎がすべて受け切ります。そこで出したのが古武術の技である「虎王」です。打撃と関節の複合技で勇次郎を地面に叩きつけました。関節を極められた勇次郎ですが、地面を掘り起こしてそれを回避します。

そこから刃牙の足首を握ると、まるでヌンチャクのように振り回します。そして刃牙を車にぶつけて、車を破壊してしまいました。お互いに技を出し合った末に最後は純粋な力で勝負することになります。単純な殴り合いです。刃牙は懸命に殴り続けますが、勇次郎の力には及ばず最後は抱きしめられ、そのまま胸骨を折られて動けなくなってしまいます。

関連記事をご紹介!

範馬刃牙の使用技まとめ!ゴキブリダッシュやトリケラトプス拳など最強技が集結ッ!

「バキ」シリーズの主人公・範馬刃牙とは?

発行部数7500万部以上を誇る超人気格闘漫画「バキ」シリーズの主人公、範馬…

範馬刃牙最終回、エア夜食開幕!

地面に寝っ転がったまま動けなくなった刃牙を見て、勇次郎は「これ以上の加撃は闘争ではない」と勇次郎がその場を立ち去ろうとします。しかし刃牙は気配だけで勇次郎を懸命に攻撃し続けました。これを受けた勇次郎は「もういい」と話して、何かを作る振りをします。

「まさか…」その場にいた他の人間が味噌汁を作っているのだということが分かりました。そして刃牙の前に差し出すと、範馬家のエア夜食が開始されます。刃牙は体を起こして、見えない味噌汁を飲みます。

「うまいや…」そう話して一見満足しているのかと思いきや、まさかのちゃぶ台返しをします。これには勇次郎も驚き、何故だ!という表情を見せました。そこで刃牙は「救われたな親父」と話します。

理由は、勇次郎がしょっぱい味噌汁を作ったことを隠すために刃牙がわざとなかったことにしたのです。これを受けて勇次郎も素直に認め、自分を炊事場に立たせたことで「ここに最強を名乗れ」と言います。

しかし刃牙はそれを受け入れず「決着は頭の高さの位置がより高い場所にある者のはず」と勇次郎が勝者であると返しました。ここで親子喧嘩は決着となり、二人は堅い握手を交わしたのです。

ネタにされてもおかしくないぐらいの結末!

『範馬刃牙』のエア夜食は、並のスケールではないからこそ波紋を呼んでいます。刃牙が長年に渡って行ってきたことが、範馬勇次郎を超えるということです。たくさんの格闘家と戦い、自分を高め、努力を惜しまず…しかし親父越えも心境の変化が生まれます。

そう言えば父親とまともに接したことも会話したこともない。ここで気がつきます。「地上最強の生物と言う前に俺の父親だ」そして親子喧嘩に結び付くのです。しかし結末はまさかのエアで行われる夜食とは誰もが想像がつきませんでした

周囲の人間も明らかに真顔…貫き通すといいうことはこういうことを言うんだぞ!といった感じではありますが、笑ってしまうことは間違いありません。範馬家はやはり普通ではなかったのです。

関連記事をご紹介!

【グラップラー刃牙】強さランキングTOP20!バキシリーズ最強は誰だッッ!?

歴代の強者共をランキング形式で紹介!!

【刃牙25周年企画!!】刃牙シリーズ25周年記念格闘士タオル応募者全員サービス!…

【刃牙シリーズ】旨そうな食事ランキングTOP20!強くなりたくば喰らえ!!!

旨そうな飯と最強の男雄漢を描かせたら天下一ッ。それが「刃牙」という漫画だッ!!出典:https://www.amazon.co…

関連グッズをご紹介!