【ほのえり】公式エピソードを紹介!生徒会長コンビの最初は対立から始まった!?【ラブライブ!】

スクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」を中心としたメディアミックスプロジェクト『ラブライブ!』。「ほのえり」は、μ'sの発起人である主人公・高坂穂乃果と、そのメンバー・絢瀬絵里による女性同士のカップリング。テレビアニメ序盤では対立していましたが、絵里のμ's加入をきっかけに確かな信頼関係を結んでいくように。そんな「ほのえり」の公式エピソードの数々をご紹介していきます!

「ほのえり」とは?

『ラブライブ!』高坂穂乃果 × 絢瀬絵里 のカップリング

『ラブライブ!』は、9人の女子高校生によるスクールアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」を中心としたメディアミックスプロジェクト。2013年にテレビアニメ第1期が放送され、2014年に第2期が放送。2015年にはその続編となる映画『ラブライブ!The School Idol Movie』が公開されました。

「ほのえり」は、μ’sの発起人である主人公・高坂穂乃果と、そのメンバー・絢瀬絵里による女性同士のカップリング。テレビアニメ序盤では考えの違いから対立していましたが、絵里のμ’s加入を機に和解。テレビアニメ第2期で、絵里の生徒会長の任を穂乃果が引き継いだので、新旧生徒会長コンビともなりました。

高坂穂乃果

ラブライブ!Solo Live! collection Memories with Honoka

高坂穂乃果は、音ノ木坂学院に通う高校2年生。音ノ木坂学院に廃校の危機が訪れていると知ったあとに、μ’sを結成して母校を救うことを決意。幼馴染で同学年の南ことり・園田海未を初めとした在校生を、次々とメンバーに引き込んでいきます。

実家は和菓子屋で、2つ年下の妹が1人。普段は家でマイペースで怠け者な一面を見せていますが、一度「やる!」と決めたことには、とことんまで熱くなります。持ち前の明るさと行動力を活かし、μ’sをスクールアイドルの大会「ラブライブ!」優勝へと導いていきます。

関連記事をご紹介!

かわいい高坂穂乃果ちゃんの魅力でみんなファイトだよ!【ラブライブ】

穂乃果ちゃんの魅力その1 みんなを明るくさせてくれる笑顔!今日も笑顔で「ファイトだよ!」出典:http://tweez.net…

絢瀬絵里

【初回封入特典あり】ラブライブ! Solo Live! III from μ's 絢瀬絵里(オリジナル衣装「ナインスター・ビーナス」シリアルコード付)

絢瀬絵里は、音ノ木坂学院の3年生。ロシア人の祖母を持つクォーターで、穂乃果の妹と同い年の妹が1人います。頭脳明晰運動神経が良く、スタイルも抜群。生徒会長としての責任感や真面目さもあります。こう書くと「完璧な人間」のように思えてしまいますが、精神的には脆さを抱えていて、ちょっと甘えん坊な一面もあります。

テレビアニメ序盤では「〜すべき」という思考に縛られ、険しい表情ばかり浮かべていましたが、μ’sに加入して「〜したい」という感覚を大事にできるようになってからは、一転して楽しげな表情を浮かべることが増えるようになります。

ここからは、そんな「ほのえり」の公式エピソードの数々をご紹介していきます!

関連記事をご紹介!

絢瀬絵里はKKE?PKE?かしこいかわいいエリーチカの画像&フィギュアまとめ【ラブライブ】

絢瀬絵里ってどんな子? エリーチカの基本プロフィール!出典:http://www.lovelive-anime.jp『ラブライ…

「ほのえり」エピソード1:「やりたいからです!」序盤では対立!

『ラブライブ!』1期3話「ファーストライブ」

ススメ→トゥモロウ/START:DASH!!

幼馴染の南ことりと園田海未をメンバーに加え、3人となったμ’s。デビュー曲を制作し、音ノ木坂学院の講堂でファーストライブを開催することになります。穂乃果たちはその練習・宣伝ともに頑張りましたが、講堂には残念ながらほとんどの人が集まりませんでした。それでも穂乃果たちは、来てくれた人たちのためにライブを行います。

ライブ後、絵里は客席からステージの上にいる穂乃果に「どうするつもり?」と厳しく問いかけます。ファーストライブがこの調子で、続ける意味はいったいあるのかと。穂乃果はそれに「やりたいから続けたい。一所懸命頑張って、いつかここを満員にしてみせます!」と答えます。2人の対立が明確に描かれた印象的な場面でした!

「ほのえり」エピソード2:「絵里先輩、μ’sに入ってください!」穂乃果が絵里に手を差し伸べる

『ラブライブ!』1期8話「やりたいことは」

絵里には実はバレエで挫折してしまった過去がありました。バレエで真剣に高みを目指そうとしたことがあったからこそ、「お遊び」のようにも見えるスクールアイドルの活動を認めることができない。生徒会長としての義務感もあって別の方法で母校を救う道を模索していたのですが、一方で本当はμ’sの楽しそうな姿に惹かれている気持ちもあったのでした。

7人にまで増えたμ’sのダンス指導をすることになった際、彼女たちの本気に触れ、絵里の心に本格的に迷いが生じます。親友の希に「本当にやりたいことは?」と問われ、逃げるように教室にやってきた絵里。席で1人物思いに耽っていたところに、μ’s全員と希がやってきます。

「絵里先輩。μ’sに入ってください!」。穂乃果の言葉に絵里は戸惑いますが、やがて差し伸べられた穂乃果の手を握って立ち上がります。こうして絵里、そして希も加わって9人となったμ’sは、オープンキャンパスで見事なライブを披露。それを終えた後の絵里の表情は、バレエが大好きだった頃と変わらない晴れやかなものだったのでした。

「ほのえり」エピソード3:「私はあの時、あなたの手のひらに救われた」絵里が穂乃果に手を差し伸べる

『ラブライブ!』1期13話「μ’s ミュージックスタート!」

学園祭でのライブ失敗後、さまざまなことが重なって気落ちしてしまった穂乃果は、スクールアイドル引退を表明。それを受けてμ’sの活動も休止されることに。自宅で悩む穂乃果の元に、絵里が訪れます。

絵里は穂乃果から「変わることを恐れないで突き進む勇気」を教わったことを話し、テーブルの向かいにいる穂乃果に手を差し出しながら、「私はあの時、あなたの手に救われた」と話します。1期8話で穂乃果が悩んでいる絵里に手を差し伸べたように、今度は絵里が悩んでいる穂乃果に手を差し伸べるのです。1期8話があったからこそ、ぐっとくる展開でした!

「ほのえり」エピソード4:「これでおしまいなんて絶対に嫌だったんだよ」穂乃果が絵里に抱きついて号泣

『ラブライブ!』2期9話「心のメロディ」

「ラブライブ!」最終予選当日、穂乃果・ことり・海未の3人は、大雪のなか学校から会場まで向かわなければならないことになります。交通機関を麻痺させるほどの暴風と雪に心が折れてしまいそうになりながらも、懸命に前に進む穂乃果たち。全校生徒の助けを借り、無事に会場にまでたどり着きます。

他のμ’sメンバーは、会場近くで穂乃果たちがやってくるのを待っていました。走りながら傘を放り上げた穂乃果は、「絵里ちゃーん!」と叫んで、両腕を広げてくれた絵里に勢いよく抱きつきます。穂乃果は号泣しながら、「寒かったよ。怖かったよぉ」と、自分の感じていた不安を全て口にします。絵里はそんな穂乃果を優しく見つめ、「ありがとう」と穂乃果に寄り添ったのでした。

「ほのえり」エピソード5:「式の前に泣かさないでよ」新旧生徒会長ならではの交流

『ラブライブ!』2期13話「叶え!みんなの夢――」

μ’sは見事に「ラブライブ!」優勝を果たし、3年生は卒業式を迎えることに。当日、穂乃果が卒業式の前に生徒会室に来ると、そこには前生徒会長である絵里の姿がありました。何気ない会話を交わした後、絵里は生徒会長だった頃、自分には全然余裕がなくて、みんなに助けられてばかりだったと話します。

穂乃果はそんな絵里に抱きつき、「『ラブライブ!』最終予選に間に合わなくなりそうだったとき、こうやって受け止めてくれたよね」と語りかけます。そして、生徒会長を引き継いでから絵里の残していったものを見て、絵里がどんなにこの学校を大事に思っていたかがわかったこと、そしてそれがわかったからこそ生徒会長を続けてこられたのだと話します。

「本当にありがとう」と言う穂乃果に、絵里は「式の前に泣かさないでよ」と涙を拭います。そして差し出された穂乃果の手を握るのです。それはもう、相手を救うために差し出された手ではありませんでした。互いの存在の大きさを認め合った信頼の握手だったのでした。

「ほのえり」は互いに手を差し伸べあった2人

ここまで「ほのえり」の公式エピソードの数々をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? テレビアニメ序盤では対立しながらも、途中からは大事なときに互いに手を差し伸べ、救い合ってきた2人。最終的には確かな信頼関係を結んだ「ほのえり」が尊いです!

関連記事をご紹介!

【のぞえり】公式エピソードを紹介!生徒会コンビの絆は変えられない信頼の形!【ラブライブ!】

「のぞえり」とは?
『ラブライブ!』東條希 × 絢瀬絵里 のカップリング
https://twitter.com/YUKS…

?preview_id=5482&preview_nonce=017c61e62b&_thumbnail_id=1049016&preview=true

公式アイテムをご紹介!