【映画】時をかける少女のあらすじとストーリーをネタバレ解説!

原作が誕生して50年経っても人気が衰えない「時をかける少女」。同じく原作から20年後を舞台にしたアニメ映画の人気も不動です。感動の名セリフ「未来で待ってる」「すぐ行く!走って行く!」は、どのシーンなのか?あらすじを一挙公開します。

原作から20年後が舞台の『時をかける少女』アニメ化

原作が書かれたのはなんと1967年、50年も愛され続けている青春ラブストーリーです。もちろん映画化、ドラマ化は何度もされています。アニメ化はこれが初めてなのですが、舞台は原作の内容の20年後という設定です。

監督は細田守さんで、東映アニメーションを退職してフリーになってからの1作目です。当初はミニシアター並みの規模だったのですが、結果的にはロングランヒットでした。1作目からヒット作品を作るとは、才能のある人は違いますね。

原作は何度も映画化やドラマ化されているのですが、原作からストーリーが続いているわけではないので、知らなくてももちろん楽しむことができます。それでは、大人気作品、アニメ版の「時かけ」のストーリーに行ってみたいと思います。ネタバレ含むので注意してください。

あらすじ1:真琴が自分の能力に気づくとき

時をかける少女 期間限定スペシャルプライス版 [DVD]

高校二年生の紺野真琴、医者の息子・津田功介、転校生・間宮千昭は野球して遊んだりする仲の良い友達という、絵に描いたような青春の構図です。あるとき、真琴は理科の準備室で人影をみて後を追おうとします。

ところがその場で転倒!一瞬不思議な世界に入っていきます。すぐにまた戻ってくるのですが、自分の体験したことが理解できない真琴。功介と千昭に話すものの全く取り合ってもらえません。

その帰り道、自転車で帰宅する途中に坂道でブレーキが故障。その先には線路が有るので、もうダメだ!と思ったとき坂道の途中に戻っていたのです。

原作の主人公・和子が登場!

時をかける少女 (角川文庫)

真琴が不思議な体験をしたことを相談するのは、魔女のおばさんの和子。この和子さんは原作の主人公です。しっかり登場するあたり奥が深いですね。そして、和子さんは真琴の身に起こったことは「タイムリープ」だと教えます。

あっさり教える和子さんにはビックリしました。しかも、真琴の年頃にはよくあることだと説明するんです。へぇ~・・・ってそんなわけないですよね。そんな説明で納得できるわけありません。

やはり真琴も納得できないようで、でもそれ以上は和子さんに突っ込んでいませんでした。

あらすじ2:タイムリープを自由に操る真琴

時をかける少女 限定版 [DVD]

真琴がとった行動は、真相解明ではなく自分の能力を極めること!前向きですよね~。私だったらなぜそんなことが起こったのか、気になって仕方ないと思います。真琴が考えた方法は思いっきりジャンプすること。

確かに地面から足を離すと「タイムリープ」しそうですよね。でもそんなことで能力が高められるのかとおもっていると、あるとき見事に成功!そして、自分の意志でタイムリープできるようになります。

みんなの憧れ、ドラえもんのタイムマシンが手に入った訳ですから凄いことです。悪いこと、良いこと何でもできますよね。私なら~まずは、価値のある国家試験を受けてその問題をもって過去に戻ります。そして見事試験にパス!って考えちゃいました。

真琴は何に手に入れた能力を使ったのか?」

時をかける少女 TOKIKAKE (角川コミックス・エース)

真琴が何に能力を使ったのかというと・・・テストで良い点を取る、調理実習の失敗を他人になすりつける、カラオケで何時間も歌い続ける、そんなことでした。テストの点を良くしたいって、思うことは同じですね。

人生で、テストに苦しめられている証拠です。真琴の様子を見て和子は、「真琴がいい目に会っている分、誰かが代わりに損しているのでは?」と諭します。真琴は全く気にすることなく、自分のタイムスリープの能力を使い続けます。

和子は20年経っても相変わらず真面目ですね。原作でも真面目な高校生ですよ~。

あらすじ3:真琴は千昭の告白をなかったことに・・・

ある日功介が部活の後輩・藤谷果穂から告白されるのですが、勉強に差し障るという理由で断ってしまいます。この理由は建前かな?と思います。後で分かりますがおそらくこの時点では真琴が好きなんですよね・・・すると、功介に触発されてなのか千昭が真琴に告白します。

このシーンが良いんですよ~。自転車に二人乗りをしながら帰宅途中に、「真琴、俺と付き合えば~?」って告白するんです。ここで千昭のファンになった人が多いんですよね。

さりげないけどズバッと本音って憧れますよね、女子としては。男子はなかなかこんな勇気ないかな?仲の良いお友達だったのに、突然告白してもし断られたら、今までの関係が壊れてしまいますからね。

千昭が親友・早川友梨と!?

ところが真琴は千昭の素敵な告白をタイムリープによってなかったことにしてしまいます。これは真琴は最悪ですね。そして千昭を避けるんですから、千昭は傷つきますね。更に、真琴が調理実習の時にトラブルを押しつけた高瀬が、その後もクラスメイトから非難されて事件が起こります。

そのときに親友の早川友梨が怪我をしてしまいます。そして、千昭と友梨が急接近し付き合ってしまうのです。そうなると、面白くない真琴!…..って真琴はほんとに恋愛に関しては最悪です。

そして、功介と後輩・果穂の仲を取り持つことを頑張り始めます。果穂の告白が失敗した原因の1つが、真琴のタイムリープであることを知ったからですね。和子の言うとおり、損をしている人がいるということですね。

あらすじ4:真琴のタイプリープ能力が終わったそのとき、起こったこととは?

何度も何度もタイムリープして二人を応援するのですが、腕にできた数次のようなアザがのこり01になっていることに気がつきます。これはタイムリープができる数では?ということはあと1回しかできないと真琴は気づきます。

もう少し前に気がつきましょうか・・・そのとき功介が果穂を乗せて病院に行くために真琴の自転車を借りるという連絡が入ります。しかし、真琴の自転車はブレーキが壊れています。

このままでは功介と果穂が電車に轢かれてしまうと焦る真琴。しかし二人の姿はその場にいません。突然千昭から電話がかかり「おまえタイムリープしてるだろう」といわれます。そして真琴はその話をなかったことにするために最後の一回のタイムリープを使ってしまうのです。

功介と果穂が・・・

真琴が最後のタイムリープを使ってしまったときに、自転車で功介と果穂が横を通り抜けます。そして、踏切を越えて電車に・・・もうダメだと思ったら時が止まっていました。

そして、自転車を押して歩いてくる千昭が!このときの千昭は正に正義のヒーローですね。全てが止まっている中で、自分と千昭だけが息をしているってロマンチックですよね。この状態でときめかない女子はいないでしょう。

それ以上に、千昭は何者?って思いますけど・・・

あらすじ5:千昭が破った重大なルール

時をかける少女 NOTEBOOK

千昭は自分は未来からきたと真琴に打ち明けます。そして、真琴の持っていたタイプリープの能力は実は千昭のおかげだったんです。そして、功介と果穂を助けるために最後のタイムリープの力を使ってしまいました。

つまり、千昭は元の世界に帰れなくなってしまったんですよ。千昭が過去にきた理由は、ある絵が見たかったからです。その絵は千昭がいる世界では消滅してしまっていて、この時代、この場所でしか見られないことが分かって未来からやってきたんです。

千昭の情熱はすごいですね。でも、今までのストーリーで千昭がそんなに絵が好きだっていう伏線ありましたっけ?そこはどうでも良いですね。千昭がロマンチストだという点だけに集中しましょう。

千昭が消えてしまった・・・そのとき真琴は!

「タイムリープを過去の人間に知らせてはならない」というルールを破った千昭は、真琴の前から姿を消します。学校に行くと、自主退学してしまっていたんです。もう会えないと思った真琴は、改めて千昭がどれほど大切だったかに気づきます。

そうなんですよ!失ってから気づくんですよ。その姿をみた和子は、自分が高校生だったとき、ある男性を好きになりながらず~っと待っていた経験があると話します。でも、真琴は違う。待ち合わせに遅れてきた人がいたら走って迎えに行く。それが真琴だと慰めます。

ここ、最後に盛り上がり向けての重要な部分です。ストーリーにどっぷりつかって感動のラストをむかえるためには、このシーンはなくてはならないんです。

あらすじ6:未来で待ってる!!と約束

その夜タイムリープが一度だけ可能になっていることに気がつきます。千昭がタイムリープしたことで真琴に力が戻ったんですね。そして、もう一度過去にタイムリープします。

功介と果穂の仲をとりもち、自転車を使わないように伝えることもわすれません。そして、千昭に会いに行きます。千昭にこれから起こることを告げて、今ならタイムリープする力が残っているからと伝えます。

今を逃したら永遠に戻れなくなると知った千昭は元の世界に戻ろうとするんですね。私はもしかしたら、千昭はこの時代に残ることを選ぶのかな?なんて思っていましたが、あっさり戻る決心をしました。

感動のラストシーン

雲描くのむずい #時をかける少女 #illustration

A post shared by An Hioki (@a_bflyboc701) on

未来へ戻ろうとする千昭。涙涙で見送る真琴。すると千昭が真琴を抱きしめて言います。

「未来で待ってる」

その言葉に真琴は「すぐ行く走って行く」と答えるのでした。そうなんです、和子さんの言葉通り真琴は待ってる子じゃないんです、走って迎えに行く子なんです。

感動のラストですよね。そして名セリフです。それにしても千昭はこんな言葉を残して立ち去るなんて”悪い男”ですね。純粋な真琴はほんとに千昭に会うためにそのまま歳をとりそうです。

ストーリーはこれで終わりではなく、もうワンシーンあります。学校に行くと功介が何の相談もなく留学してしまった千昭を責めるのですが、「やりたいことが見つかったんだよ、実は私も決まったんだ!」と青い空を見上げてエンドです。

あらすじ7:主人公・紺野真琴を演じた新人・仲里依紗

主人公・真琴の声を担当したのは仲里依紗さん。200名を超えるオーディションから選ばれました。当時17歳で、まだまだ無名。同世代が声優を務めていることが知ったら観客はうれしいだろうと、そのほかの声優もプロではなく同じくらいの年齢の人が声優を務めています。

元気の良くて活発な真琴と同じように元気の良い仲里依紗さんの声はピッタリでしたね。活躍しはじめの頃から演技波だといわれていましたが、千昭に告白されてしどろもどろするところなどとても上手くて、すでにこの時に頭角を現していますね。

アニメ化の4年後2010年に再び実写版の映画が公開されました。主演は仲里依紗さん。このときの仲里依紗さんは高校生ではありませんが、制服姿がよく似合っていてどこから見ても現役の高校生でした。

関連記事をご紹介!

仲里依紗の筋肉がヤバい!5つの事実で知る女優界の姐さんの今!

演技派女湯・仲里依紗とは? 死ぬときにスッキリして死にたいから好きなことを好きなだけ、伝えたいことを伝えたいだけ、思うことを思…

あらすじ8:ドラマで再び人気勃発!

時をかける少女 Blu-ray BOX

そして2016年には連続ドラマとしてよみがえります。いったいどれだけ映像化されるんでしょうね。ストーリーは原作に近い内容ですが、未来からやってきた青年にもスポットを当てています。

主演・芳山未羽は黒島結菜さんが演じています。若手の人気女優さんで、これからが楽しみな俳優の1人です。未来人には菊池風磨さん。そして、もう1人の成績優秀なクラスメイトは竹内涼真さんです。

”時かけ”は今までは主人公の女子高生を中心としたストーリー展開だったのですが、このドラマは3人同時主演って感じでしたね。つまりこんなイケメン揃いの”時かけ”は初めてなんじゃないですかね。

涙のラストはお・や・く・そ・く

最終回に関してはかなり泣けましたね。まず、「りぼん」のマスターが自分がいなくなってしまったあと自分との別れで家族を悲しませたくない。だからタイプリープで妻と出会わないようにしてくれって未羽に頼みます。

未羽は引き受け2人は出会うことなく、妻は別の男性と知り合い結婚します。マスターが別れを言うときのシーンがまず涙。そして、未羽が未来へ戻る唯一の薬を割ってしまった時点へタイプリープし、それがなくなる前にいそいで未来へ帰るように翔平にいいます。

この別れのシーンでももちろん涙。映画、アニメ、映画全てに共通するのは、最後に未来へ戻っていく別れのラストシーンです。ここでの感動がロングランヒットの秘訣ですね。

ドラマで再び人気勃発の『時をかける少女』はまだまだ続く・・・

続・時をかける少女 (Fukkan.com)

作家の筒井康隆氏は時かけのことを「金を稼いでくれる孝行娘」なんて言う表現をしています。これだけ映像化されればそう思いますよね。実は時かけには唯一の続編があるんです。

NHKでアニメで放送されたのですが映像がなく、シナリオを書いた石山透氏が書き下ろした小説のみが存在します。そう考えてみると続編っていろいろな方向からかけそうですよね。アニメ版も続編のような部分がありますしね。

永遠の青春ラブストーリー時をかける少女は、これらもまだまだ見られそうです。

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】「サマーウォーズ」完全ストーリーまとめ! 不朽の名作を隅々まで!

細田守の名作アニメ映画「サマーウォーズ」とは夏といえばこれ! 家族と絆の物語筆者主観では今現在夏真っ盛り。暑い夏の日は外に出る…

【バケモノの子】名言・名シーン20選!「心の闇」を晴らしてくれる言葉たち!

【バケモノの子】名言&名シーンランキング!厳選ベスト20紹介!

『バケモノの子』はスタジオ地図制作の日本のアニメーシ…

関連グッズをご紹介!