【黒バス】『赤黒』の公式エピソードを紹介!公式の供給&赤司の黒子愛がひたすらに凄い!

漫画及びアニメで大人気作品『黒子のバスケ』の、BLカップリング赤司征十郎×黒子テツヤの魅力に迫る!帝光中学時代に黒子の力を見出し、高校では最大のライバルである赤司ですが、実は赤司は黒子のことが大好き?!公式エピソードで見え隠れする赤司の黒子愛をご紹介していこうと思います!

『赤黒』とは?

『黒子のバスケ』の赤司征十郎×黒子テツヤのカップリング

黒子のバスケ クリアファイル JF2015 ( ジャンプフェスタ 2015 )

赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)は、洛山高校1年生でポジションはPG(ポイントガード)、1年にして洛山高校男子バスケ部主将!身長・体重は173cm(中学 入学時158cm)で64kgと、キセキの世代の五人の中では一番小柄。12月20日生まれの射手座で血液型はAB型!背番号は勿論4(帝光時代主将変更前は9)です。

普段は物腰柔らかですが、名(迷)台詞を数々残していること、そして何と言っても溢れ出るラスボス感と容姿で人気投票は常にトップ!「全てに勝つ僕は全て正しい」などなど、名言は後述させて頂きます。作者が唯一過去を語った選手としてもVS洛山は必見!

容姿は赤い髪オッドアイ(二重人格の通称『僕司』時)、ファンブックによると「童顔」とのこと。そんな赤司ですが、『黒子のバスケ』ではまさに最後の宿敵!呼吸・心拍・汗・筋肉の収縮など些細な動きを全て見切り、相手の次の動きを正確に先読みする 「天帝の眼(エンペラーアイ)」と言う能力を持っています。また、好きな食べ物が湯豆腐と可愛い一面があります。

黒子のバスケ クリアファイル 赤司

黒子テツヤ(くろこてつや)は、私立誠凛高校1年の黒バス主人公!身長と体重は168cm(中学入学時155cm)・57kgとかなり細身です。1月31日生まれの水瓶座で、血液型はA型。背番号は高校では11番(帝光では15番)で、ポジションは『不明』です、まさに幻の6人目(シックスマン)。

性格の掴みづらいポーカーフェイスですが、バニラシェイクが大好物でマジバでは気配を消していつも席についています。図書委員であり、本が大好きな一見文学少年ですが、バスケに関しては熱い想いを秘めて誠凛に入学、徐々に心の内を明かして行きます。

ブルーの髪青い瞳で全体的に色素が薄く、ミスディレクションと言う特技もあって、どこか儚げな雰囲気を持っています。表情こそ余り変化がないものの、時にハッキリ物を言ったり、怒ったり泣いたりと、感情が高ぶるシーンも多く描かれており、それが魅力的です!

【グッズ-ジャンボカードダス】 黒子のバスケ クリアBIGカード2Q 9.黒子テツヤ&テツヤ2号(ノーマルプレート)[誠凛高校ユニフォーム型収納封筒入り]下敷き・マウスパッド

二人がカップリングやコンビとして人気になった理由は様々で、中学時代にバスケが全く上達しない黒子に対して、赤司が『黒バス』の肝である『ミスディレクション』に対するヒントを与えたことや、序盤から『キセキの世代』の中で、一番手ごわい『遠い存在』だったからだと思います!

一番は作中赤司が「テツヤ」を連呼している所にありますが。(笑)

では、背格好もそこそこ近く、容姿的にも赤と青……炎で言うなら真逆の色をしていながら、対のようにも見える二人の公式でのエピソードをご紹介していきたいと思います。

関連記事をご紹介!

永久保存版!赤司征十郎の名言&名シーン100選【黒子のバスケ】

2期勝つことが当たり前出典:http://livedoor.blogimg.jp不敵な笑みを浮かべながら、将棋の駒を放りジャケ…

永久保存版!黒子テツヤの名言&名シーン100選【黒子のバスケファンは必見です】

1期「黒子は僕です」出典:http://blog-imgs-15.fc2.com黒子は、火神との1on1で惨敗しても「僕より火…

『赤黒』エピソード1:初登場から漂うラスボス感!黒子の新しい光に牽制?!

コミックス版:113Q「待たせたね」/アニメ版:38Q「今度はもう絶対に」

赤司様威風堂々すぎて。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

コチラは赤司様初登場回!シルエットだけは出ていましたが、口調などは定まっていなかったので、一体どんな人だろうかとワクワク。そして直後にヒヤヒヤさせてくれる、その存在はまさにラスボス!

この回では何故かキセキの世代が集う中、赤司が全員の名前を呼んだ後に、「大輝・涼太・真太郎・敦、そしてテツヤ……」と何故かいきなりの贔屓!この時黒子には四人分のコマが当てられて居た事から、赤司にとって黒子は実は特別?!と思わせる雰囲気がありました。

インパクト大きすぎて。流石赤司様。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

髪を切る前ですが、黒子の新しい『光』である火神に対して、緑間のラッキーアイテムであるハサミをヒュッ!火神がかわした事を褒めていたことから、本気です赤司様。

黒子の新しい光に牽制?!また、この回で「僕に逆らう奴は親でも殺す」(アニメでは、『僕に逆らう奴は親でも許さない』と改められる程)の名言を発し、一躍目が離せないキャラクターとなりました。

『赤黒』エピソード2:観客席にいても自重のないテツヤ推し赤司様

コミックス版:199Q「至難の業だ」、200Q「答えは出ました」/アニメ版:第60Q 勝つために

普段は冷静沈着で、黒子と似てポーカーフェイスな赤司ですが、後半WC編を越えた辺りから、観戦しつつ威風堂々と黒子を贔屓した発言が飛び出して来ます!『黒子は自分が育てた』とアピールしているのでは?!そう思わせる台詞を少し抜粋してみましょう。

海常対誠凛の試合の第4Q、「視線誘導には技術だけでなく 相手のしぐさやクセを読み取ることも必要になる」、「それゆえ日頃から人間を観察し 訓練しているテツヤならば可能性はある」流石幻の6人目として一緒に戦ってた事はある!しかし199Q終わりに「ここでテツヤが答えを出せなければ 誠凛の負けだ」と豪語。

200Qに入ると、「そうだね だが僕が言ったこともあくまで推測とその可能性だ。もしかしたらテツヤなら それを裏切ってくれるかもしれないね」――どれだけテツヤ連呼してるんですか。贔屓も露骨になり始めました。202Qでは「涼太を止めることは諦めたとしても、やはり勝負を諦めるようなタマではないね、テツヤ」と、黒子が大好きな赤司様を堪能出来る試合なので、『赤黒』が気になっている方は是非読んでみて下さいね♪

『赤黒』エピソード3:帝光中編の出会いはもはや運命?

コミックス版:205Q「わからないんです」/アニメ版:第63Q「青い空の日」

帝光中編は色々な意味で中学生って感じがする。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

本編の中でも重要な『キセキの世代』の誕生と、その崩壊について語られた回になります。中学時代の赤司は最初まだ覚醒しておらず、一人称も「オレ」でした。勿論「エンペラーアイ」はまだ未修得だったのですが、あの影の薄い黒子をナチュラルに見つけている!!まさに運命の出会いですね。

その後も『キセキの世代』にヒビが入るまで、赤司は初めて試合に出た黒子が転んで鼻血を出した際に、かなりの心配をしています。能力だけを欲していたと言う割に面倒見の良い赤司様が見られて、そのシーンだけは『キセキの世代』と言う感じがしないのも可愛い!

アニメ版での赤司の顔も良かった。(笑)

A post shared by K*K (@03k_k19) on

ですが『赤黒』本領発揮は、221Q「テツヤ」に詰まっているかも知れません。当時、黒子の『光』であった青峰が急速な成長を遂げた結果、段々とチームプレイが黒子の望むものでは無くなっていったシリアス回ですが、雨の中青峰を追いかけて、部室に連れ戻せなかった黒子に対して赤司は「青峰の事は諦めろ」と告げます。

『あんなヤツより俺にしろよ』と言っているように聴こえるのは、筆者の邪念でしょうか……!そしてこの回では黒子が対話しながら、「赤司……君?」 「……いえ」「キミは……誰……ですか?」赤司の異変をいち早く察知!

「僕は赤司征十郎に決まっているだろう――『テツヤ』」、紫原との戦いで覚醒した赤司を見ていないのに、対面して即座に赤司の異変に気付く黒子も凄い!

『赤黒』エピソード4:必見!赤黒のエンドカードの静かな色気

38Q「今度はもう絶対に」

兄弟説を聞いて納得の一枚。にしてもこれは何か色気すごい。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

対になるとこんなにも絵になる二人!意外にもツーショットはこの一枚だけなのですが、その一枚に込められたインパクトが大きすぎる!

ガラス越し(隔たり)がありながら、背中合わせの同じポーズ。寄り添うバスケットボール。目線はお互いを見ているようですし、色違いのお揃いの格好!そして極めつけが、普段の黒子からはあまり考えられない胸元まで開いたシャツです!!

髪の長さからして、赤司はこのエンドカードでは『オレ司』=覚醒前ではないかと思われています、シャツに目が行ってしまうのは公式の罠なのか……ッ!漂う静かな色気が素敵な一枚です。

『赤黒』は実は兄弟設定だった?!一見独裁者赤司も黒子には甘々(まとめ)

私服二人可愛い。

A post shared by K*K (@03k_k19) on

特筆したい公式エピソードが満載の『赤黒』、アニメ版では公式がサービスを盛り込んで来ていますが、反面規制のかかってしまった台詞が残念……やっぱり原作の物騒な赤司様がカッコイイ!中学時代、青峰以外にも黒子の親友である荻原くんに対して、赤司による黒子へのディーフェンス!(近寄るなオーラ)が凄かったですね。

赤司が初登場した頃から、何だか黒子と赤司はやけに見た目が似てるなぁと思っていたら、後に出されたデータアーカイブ「第221Q 衝撃の初期設定!赤司と黒子が…!!」のページで作者ご本人からの初期設定が語られており、「赤司と黒子は兄弟にするつもりだった。そのために髪型などを似せていた」とのこと!

元々容姿が似ていて真逆の強さであったギャップも萌え要素な『赤黒』ですが、公式設定で出されたので益々妄想が……!黒子も赤司も肝の据わり方などがとても似ていますよね。『キセキの世代』を経て、高校での最高のライバルとなった二人。両片想いなどの切ない系や赤司の黒子贔屓な甘々ハッピーエンドなんて如何でしょう?また黒バスを読み返す際には是非、赤司様による「テツヤ」カウントをお忘れなく!

関連記事をご紹介!

【黒バス】『紫氷』は柔と剛の名コンビ!天才&秀才ダブルエース二人の魅力を公式エピソードで紹介!

『紫氷』とは?
『黒子のバスケ』の紫原敦×氷室辰也のカップリング
https://www.instagram.com/p/…

【黒バス】『今花』はサトリの妖怪と悪童の知的コンビ!中学の先輩と後輩はお互いを知り尽くしている仲!

『今花』とは?
黒子のバスケ『今吉翔一×花宮真』
https://twitter.com/xSea_lax/status/…

関連グッズをご紹介!