【ワンピース】黒足のサンジの6つの知識!兄弟との因縁とは?プリンとの恋模様はどうなった?

サンジの生い立ちが明らかになった『ワンピース』ホールケーキアイランド編。今回はサンジを理解するために知っておくべき知識をご紹介します!ホールケーキアイランド編で見逃し厳禁の名言&名シーンはサンジの魅力が凝縮!必見です!

サンジファン必見!ホールケーキアイランド編でサンジのすべてが明らかに!

空島編の導入「ジャヤ」にてノースブル―出身であることを明かしていたサンジ。しかし、レストラン・バラティエがあるのも、サンジが麦わら海賊団に仲間入りしたのもイーストブルー…出身地をすこし疑問に思ったものの、この時は深く掘り下げることなく物語は進んでいきました。

ノースブル―の殺し屋一族「ヴィンスモーク家」の3男ということが明かされたホールケーキアイランド編…サンジの出身地がホールケーキアイランド編への伏線だったとはこの時は誰も思わなかったことでしょう…!ある時届いた1通の手紙。それはビッグマックの娘・プリンとサンジの結婚を知らせるものでした。これを受けて、麦わら海賊団を去るサンジ。

ルフィはサンジを取り戻すべく、ビッグマムの元へと向かいます。この過程で明かされるのは、サンジの悲しき生い立ち…なぜサンジは幼くして海上レストランで働いていたのか?サンジが一人海に出ていたその訳が語られます!サンジは登場の当初から「ホールケーキアイランド編」への伏線がはられていたといっても過言ではないのです!

手配書もサンジだけ「ONLY ALIVE」

強敵を倒すにつれ、麦わら海賊団は有名となり懸賞金も跳ね上がっていきます。ルフィをはじめほとんどのクルーが「DEAD OR ALIVE(生死問わず)」となっているにも関わらず、サンジのみは「 ONLY ALIVE(生け捕りのみ)」…サンジの存在に気が付いた何者かが手を回していた?!

サンジには様々なところに気になる伏線が張られていたのですね…

 

『ワンピース』サンジメモ1:麦わら海賊団を支える戦うコックさん!

海難事故により、本当の飢えを知るサンジ。「食いたいやつには食わせてやる」をポリシーとし、食べ物を粗末にすることは決して許しません。サンジは麦わら海賊団の毎日の食卓を支え、サンジ特製「海賊弁当」はルフィのパワーの源。身体の資本である食事の面で、サンジは麦わら海賊団を支えているのです。

「カマバッカ王国」で2年の修行を積んだサンジの料理はさらにパワーアップ!カマバッカ王国に伝わる「99のバイタルレシピ」を身につけます。これは「攻めの料理」と呼ばれ、食すことで力がみなぎり、優しい心までも手に入るのだとか。

麦わら海賊団の身体も心も支え、そして美味しい料理でサンジは楽しい時間を日々提供しているのです。男性クルーにはボリュームたっぷり、ナミやロビンにはちょっと贔屓してオシャレな特別メニューでおもてなし。サンジの料理のおかげで、毎日が宴会のようなにぎやかな航海をしているのです。

 

『ワンピース』サンジメモ2:声優は平田弘明

サンジの声優を務めるのは平田弘明(ひらた ひろあき)!いぶし銀のイケメンサンジから、メロリンなサンジを素敵なギャップで演じています。女性と男性で態度が変わる忙しいサンジを面白おかしく、さらに魅力的にしているのは平田さんの力あってこそ!

男気のあるだけでなく、フェミニストにでもあるサンジは男性だけでなく女性のファンも多いのだとか。平田さんの甘い声に酔いしれてしまいますね!

 

 

『ワンピース』サンジメモ3:恋はいつでもハリケーン!女好きサンジがついに結婚?!

ONE PIECE 86 (ジャンプコミックス)

ヴィンスモーク家のクローン兵と科学力を欲したビッグマムと、ノースブル―を征服しジェルマ王国の復活を夢見てビッグマムの力を欲したヴィンスモーク・ジャッジ。この野望を達成するために、ヴィンスモーク家の3男であるサンジに突如白羽の矢が立ちます。

ビッグマムが力を貸すのは血縁関係のあるもののみ。ビッグマムの娘・プリンとサンジを結婚させることで、ジャッジはビッグマムの力を手に入れようとしたのでした。ヴィンスモーク家とは絶縁状態だったサンジは、結婚を断るためにビッグマムの元へと赴きます。

しかし、ゼフや仲間を人質に取られたことで結婚を余儀なくされていきます。そしてプリンの純粋な気持ちに光を見出し、自らプリンにプロポーズをするのです。自らが犠牲となることで仲間を助け、そして自分自身も新しい人生を歩むことを決めたのでした。

プリンの裏切りに一人男泣き

しかし、事実はサンジにとって冷たいものでした。ビッグマックはもとよりヴィンスモーク家と血縁関係を結ぶ気などなく、結婚式当日、サンジもろとも皆殺しにする計画を立てていたのです。

もちろん、プリンがサンジに向かって投げかけた「結婚生活は地獄にはさせない」という言葉も嘘。そのことを知ったサンジは、誰を責めるでもなく一人雨の中涙を流すのです。

しかし、このことでサンジが犠牲となり結婚する意味はなくなりました。こうして、麦わら海賊団へと戻るべく、ビッグマムを出し抜き結婚式をぶち壊しにする計画が幕を開けたのでした。

 

『ワンピース』サンジメモ4:ヴィンスモーク家の3男!サンジの家族の稼業は…

ヴィンスモーク家は知る人ぞ知る、北の海を制した人殺しの一族。科学戦闘部隊「ジェルマ66(じぇるま だぶるしっくす)」はクローン兵をまとめるトップであり、戦争屋として畏れられているのです。「ジェルマ66」とは、ベガパンクが発見した血統因子から生み出された人為的に戦闘に優れた性質を持つ人間兵器。

クローン兵はわずか5年で20歳の優秀な兵士を作ることができ、しかも死を恐れず命令に従順に従うようにプログラムされています。科学力を駆使した最強の兵隊を持つヴィンスモーク家は、殺し屋一族としてノースブル―に名をはせているのです。

 

『ワンピース』サンジメモ5:感情がない作られた存在?!サンジの過去と兄妹たち

ジャッジは、自分の子供たちをも兵器として育て上げます。血統因子を応用することで、ジャッジの子供たちは高い身体能力をもって生まれてきます。それにくわえて、鉄の強度に匹敵する外骨格の発現や怪力、毒や電気、炎を操るなど、まるで悪魔の実のような能力も身につけさせていきます。

さらに、血統因子の操作で戦闘の上で不要な慈悲や優しさなどの感情を欠落させ、敵を倒すことだけに特化した兵隊へと育て上げるのです。イチジ・ニジ・ヨンジは、ジャッジの思わく通りの兵士として育っていきますが、サンジはそうはなりませんでした。

高い身体能力も持たず、特殊な能力が芽生えることもありません。しかし、その代わりサンジは誰よりも優しい心をもって生まれてきたのです。これは母のソラが、ジャッジに反抗して劇薬を飲み、血統因子の影響を命がけで阻んだことによるものでした。

サンジがコックを目指した理由

普通の人間として生まれたことで父親や兄弟からつらく当たられ、苦しい毎日を送るサンジ。その中でソラは、サンジにとって心の支えだったのでしょう。病気の母に手作りで弁当を作ったものの、それは酷い出来。

それにもかかわらず、ソラは美味しいといって笑顔で食べてくれたのです。この出来事で、サンジは料理にさらに興味を深め、コックになりたいと思うようになるのです。

母の死後、父から「生まれなかったことにしたい」と言われ、地下に軟禁されるサンジ。そんな状態でもコックの夢を持ち続け、レイジュの協力の元、停泊していた客船に乗り込み、サンジはヴィンスモーク家から逃げ出すのでした。

 

『ワンピース』サンジメモ6:魅力が凝縮!ホールケーキアイランド編発サンジの名言&名シーン

ルフィとの決闘!サンジにとっての幸せとは…

連れ戻しに来たルフィを追い返すための本気の決闘!恩人であるゼフと、ルフィたちをビッグマムに人質に取られたサンジは、自分が犠牲となって結婚することですべてを丸く収めようとしていました。

「ビッグマム海賊団に属することが俺の幸せ」そう言ってルフィを突き放し、たどり着くまでの先頭で満身創痍のルフィに容赦ない攻撃を食らわせます。それを受けても、なおサンジを手放そうとしないルフィ。「お前がいないと 俺は海賊王になれねェ!」その言葉を背中で聞きながら、サンジは涙するのでした。

サンジの新たな光…プリンへのプロポーズ

ヴィンスモーク家で過ごした13年間の地獄…そして、ゼフに育てられてルフィと出会ったサンジ。自分の夢に向かって進み始めたのもつかの間、断ち切れないヴィンスモーク家のしがらみにからめとられて地獄へと戻ってきたサンジ。

その中で、プリンの優しい言葉はサンジの一筋の光となりました。自分が結婚することでみんなが生きていられるなら…そう思い直し、プリンを支えに結婚を決意します。「明日…結婚しよう」結婚が決まり切っている中、そう言い放ったサンジ。切なくもサンジの男らしさを感じる名シーンでした。

「お前は俺の父親じゃねェっ!!!」

ビッグマム海賊団により殺されかけていたヴィンスモーク一家。サンジの辛い幼少期の原因となった彼らを助ける義理などないはず…しかし、サンジは父親と兄弟たちをビッグマックの手から救うのです。

その理由は、「父親」であるゼフを悲しませないため。実の家族の死を笑うような小さい男になったと知れたら、ゼフに顔向けができないとサンジは語ります。13年前海に出たその時、ヴィンスモーク・サンジは死んだと。「お前は俺の父親じゃねェっ!」

サンジはヴィンスモーク家と決別し、ジャッジもまたそれを認めるのでした。この後「出来損ないに借りは作らない」とビッグマムから逃げ出す作戦の護衛を申し出るジャッジ。和解とはいかないまでも、お互いの存在を認め合ったシーンといえるでしょう。

 

『ワンピース』ホールケーキアイランド編はサンジの物語!プリンとの恋模様も必見

サンジを殺すための刺客だったはずのプリン。しかし式当日、幼いころから「醜い」と称されていた三つ目を「美しい」とサンジに賞賛されたことがきっかけとなりサンジに恋をしてしまいます。サンジの暖かな優しさは、「怪物」として生きることを決めたプリンの仮面すら取り払ったのです。

女性を追いかけてばかりだったサンジについに春が来た!『ワンピース』ホールケーキアイランド編はプリンとサンジの恋の行方も必見です!