【ジョジョ5部】ボス・ディアボロのスタンド「キング・クリムゾン」の9つの知識!理解不能な能力についても解説!

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』に登場する最後の敵はディアボロです。ディアボロのスタンドは「キング・クリムゾン」で歴代のスタンドの中でも最強と言われています。しかしどのような効果があるのか?そんな疑問も多いと思いますので、詳しく紹介していきます。

ギャングのボス、ディアボロとは?

ディアボロは、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』に登場する人物で、主人公ジョルノ・ジョバァーナの最大の敵です。「パッショーネ」と呼ばれるイタリアのギャング組織の頂点に立つ男で、ボスと呼ばれるだけで誰もその存在を知りません。

二重人格者でディアボロの他にドッピオという人格があります。人格が変わることで体型も変わってしまうというおかしな体質の持ち主です。娘のトリッシュがいるのですが、娘から自分の存在がバレてしまうことを恐れて、殺そうとしましたが、ジョルノたちに阻止されてしまいます。

慎重で警戒心が強く、自分の正体を知ろうとした者は確実に葬っています。ディアボロが最強と言われているのには「キング・クリムゾン」というスタンドの能力が関係していますので、詳しく紹介していきます。

関連記事をご紹介!

【ジョジョ5部】ディアボロに関する10の知識!パッショーネのラスボスの二重人格の謎に迫る!

【ジョジョ5部】二重人格のラスボス!ディアボロとは?

吐き気を催す邪悪とはッ! パッショーネ組織のボスであるディアボ…

キングクリムゾンの知識1:能力は、時を飛ばす!

「キング・クリムゾン」の能力は時間を飛ばすというものです。時間を飛ばされた人間は飛ばされた間の出来事を感じることができないので、結果のみが残るという形になります。そしてディアボロはその飛ばされた時間の中を自由に動くことができます。

飛ばす時間はそれほど長いものではなく、数秒が限界です。相手は飛ばされたことをすぐに感じることはできず、多少の違和感を感じる程度なので、自分の身に何が起こったのかをはっきりとは理解できません。

実際にディアボロが時を飛ばしているということに気が付いたのは、ポルナレフとブチャラティ、ジョルノだけでした。その前に時を飛ばされた人間は、時間を飛ばされた後に殺されてしまったので、気づく余裕もありませんでした。

キングクリムゾンの知識2:時を飛ばすメリットは?

時を飛ばすということのメリットは、これから起こる過程を知るということになります。相手の攻撃がどのように行われるのか?自分の身にどのような事が起こるのか?それを僅かでも知ることができれば、戦いの中ではかなり有利となります。

更にその飛ばした時間の中を自由に動いている間に対抗策を練ることができます。リゾットと対決した時は、エアロスミスの銃弾が自分に当たるのを時間を0.5秒飛ばすことで、当たるのを回避していました。

囲まれて攻撃されてもその包囲網から抜け出すことが可能ですし、時間を飛ばしてすぐに攻撃すれば、相手は防御不能となります。攻守ともに時間を飛ばすことでメリットしかありません。

キングクリムゾンの知識3:時を飛ばす際の制限や範囲は?

「キング・クリムゾン」の能力が発動できる条件としては、自分を中心とした数メートル圏内となります。そして長時間の使用は無理で、数秒程度の効力です。僅かな時間に何度も使用することも可能で、時間を飛ばしている間は相手に触れることはできません

しかし自らの血を相手の目にかけて眼つぶしをすることは可能だったので、間接的な攻撃は可能のようです。時を止める「ザ・ワールド」と範囲や時間制限は近いかもしれませんが、相手に触れられないという点で大きな違いがあります。

キングクリムゾンの知識4:もう一つの能力「エピタフ」とは?

ディアボロのもう一つの人格であるドッピオは「エピタフ」を託されてリゾットと戦い勝利しました。「エピタフ」の能力は、これから起こる数秒先の未来を見ることができます。そしてその見えた出来事を変えることはできず、その通りの結末となります。

見てから未来を変えるのはなく、実際に起こったことがそのまま見えるというものです。これは「キング・クリムゾン」の結末しか残らないということをそのまま直視している形とも言えます。

しかし自分の身に起こることを未来視することで最悪の事態を防ぐことにも繋がっていたので、戦闘中はかなり有力的な能力です。得体の知れないスタンド能力を持つ相手の力を見抜くことになります。

キングクリムゾンの知識5:「エピタフ」と連動させることで最強?

未来視の能力である「エピタフ」と時を飛ばす「キング・クリムゾン」の能力を持つのがディアボロです。どちらも持っていれば最強でしょうか?答えはふたつ持つことで最強です!

スタンド能力者同士の戦いは、相手がどのような能力を持っているのかが分からないからこそ確実に勝つことが難しくなります。そこを未来を視る力でカバーできれば、時を飛ばす能力を加えることで勝率が上がります。

未来視で相手の能力がどのように使われるのかを理解し、時を飛ばして対応することで完璧な布陣となります。スタンド使い同士の戦いはお互いにほぼ初見となるので、かなり優位な状況で戦うことが出来ています。

キングクリムゾンの知識6:弱点はある?

「キング・クリムゾン」に弱点はあるのでしょうか?それはあると思います。時に関する能力はほぼ最強に等しいのですが、複数の攻撃に弱いというところがあります。だから数人で襲い掛かられると不利です。

実際にブチャラティを追いつめてもジョルノたちが集まって来た瞬間には引いていました。いくら未来視できるとしてもそれは、ひとりまでなら対応も可能ですが、同時に攻撃されると難しくなります。

更に発動条件が近距離でしかないということを考えると、遠距離攻撃や自動追跡を利用されると防戦でしかありません。そして自分の世界に落とす能力者や自然事象を利用する能力者が加わると絶体絶命となります。

他にも一度能力を見たポルナレフは、ディアボロと対峙した際に自らの指を切って血液を垂らし、血液の落ちる量を見て時間が飛ばされていることを判断し、すぐに反撃に転じています。

キングクリムゾンの知識7:どのような戦術を取ることがベスト?

「キング・クリムゾン」の戦い方は、やはり能力を知られない間に相手を倒すということにあります。スタンドの能力は近距離でしか発動できないので、複数人と同時にやりあうよりも確実にひとりずつ相手にすることがベストです。

1対1では勝てるスタンドはほぼ皆無なので、スタンド能力を知られる前に殺す!これに限ります。もしも相手が遠距離で広範囲の能力者なら時を飛ばし続けて相手に近づくしかありません。そして近づけさえすれば勝つことも間違いありません。

キングクリムゾンの知識8:相性の悪いスタンドのタイプは?

相性の悪い相手は、遠距離で広範囲の能力者や対抗策が分からなければ死んでしまうような相手だと厄介です。例えば「グリーン・デイ」や「パープル・ヘイズ」が挙げられます。

「グリーン・デイ」は広範囲をカビによって浸食して、本体は離れた場所で発動しているので、本体にたどり着くまでにやられてしまう可能性があります。

そして「パープル・ヘイズ」ですが、これは特殊なウィルスを発生させるので、万が一ウィルスを発動させてしまうと解毒の方法がないために相手を倒すことはできても自分も死んでしまいます。

近距離の特殊能力者なら未来視の力で看破できますが、遠距離の広範囲で特殊なタイプは未来が見えても、時を飛ばしても無理な状況となります。

キングクリムゾンの知識9:敗北はどのような形?

ディアボロは、ジョルノ・ジョバァーナと最後の戦いを行います。ディアボロも姿をジョルノたちの前に晒すことになったので、皆殺しの覚悟で戦いに臨みます。しかしそこに現れたのが「レクイエム」です。

スタンド能力を生み出す弓矢が、スタンド能力者に新たな能力を引き出すことができるのが「レクイエム」です。ディアボロがその力を手に入れようとしましたが、先にジョルノが手に入れてしまいます。

ジョルノのスタンドは「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」となり、ディアボロを無限の地獄へと叩き落としました。それは何度も訪れる死のループで、ディアボロは永遠に結末にたどり着けないというものでした。

この能力はジョルノ自身も気が付くことのない能力なので、本人もディアボロの身にどのようなことが起こっているのかは分かりません

キングクリムゾンは、初見だけでは最強!

「パッショーネ」のボスであるディアボロは、組織の人間に自らの正体を明かすことはありませんでした。警戒心が強く、自らの正体に繋がるものは一切排除するという徹底ぶりです。小心者だから?と思われるかもしれませんが、実力は最強に近い能力者です。

ディアボロの所有するスタンド「キング・クリムゾン」は、時を飛ばすことができますし、もう一つの能力「エピタフ」は未来を視ることまでできます。近距離でしか効力は発揮できませんが、もしも相手がこの能力を知らなかったとしたら勝てる相手はほとんどいません

知っているからこその対応策を考えているので、相手に知らせないことでディアボロの力は最強となります。

関連記事をご紹介!

【ジョジョ5部】あらすじをネタバレ解説!アニメを見る前に予習しておこう!【黄金の風】

『ジョジョの奇妙な冒険』第5部とは?
https://twitter.com/cv9vb2/status/102587370…

公式アイテムをご紹介!