『エク霊』の公式エピソードを紹介!W保護者で悪友な二人のナイスコンビっぷりに注目!

神の力を手に入れようともくろむ悪霊・エクボと詐欺ギリギリの霊感商法を営む霊幻。超能力以外はどこか頼りないモブを見守るうちに、二人の間に絆が芽生える!?今回はエク霊公式エピソードをご紹介します。W保護者に萌えきゅん!

『モブサイコ100』エク霊とは?

エクボ×霊幻

エク霊とは、モブに師匠と呼ばれる自称霊能力者・霊幻新隆(れいげん あらたか)と、神になることをもくろむ悪霊・エクボによる、モブをほおっておけない者同士の保護者コンビによるカップリング。当初は、モブの強大な超能力を利用しようとしていた霊幻とエクボですが、いつの間にかまるでモブの保護者のように!

霊幻とモブとの出会いは、モブが小学生の頃。自分の持つ力に悩んでいたモブは、相談に乗ってもらったことがきっかけで霊幻に弟子入りをし、霊幻の営む「霊とか相談所」で「修行」と称して除霊のアルバイトをする日々を送ります。モブを騙して除霊をさせている霊幻ですが、胡散くさいのに言葉には妙な説得力が!モブの心をつかんでいるのです。

一方エクボは、「(笑)」(かっこわらい)という宗教団体を設立し、神に匹敵する力を得ようともくろんでいました。しかし、自分以上に大きな力を持つモブに惨敗。それ以降、モブの力を利用しようと付きまとうようになります。このように2人ともモブの力を利用仕様としていましたが、いつの間にか超能力以外は頼りないモブのフォローをするようになるのでした。

 

『モブサイコ100』エク霊エピソード1:エクボと霊幻の出会い…仲介人モブ

コミックス版『モブサイコ100』2巻 第11話 馬鹿オンリーイベント

宗教団体「(笑)」は、エクボの人々を洗脳する能力により、瞬く間に巨大な宗教団体となりました。今でこそ緑色のちょっとマヌケ面の人魂…というイメージが強いエクボですが、実は恐ろしい悪霊なのです!モブとの戦いで力を奪われたエクボですが、次はモブの力を利用して神になることをもくろみ、付きまとい始めます。

そこでモブは、霊幻のところにエクボを連れていき「今朝からこの霊が憑いてる。消したほうがいいか」と尋ねます。ここでの霊幻の返答は「弱すぎて俺には見えん。好きにしろ」でした。霊幻に全く霊能力がないとわかっていたエクボは驚きそしてあきれ顔…。何はともあれ、この霊幻のハッタリのおかげでエクボはモブに除霊されずに済むのでした。

関連記事をご紹介!

『モブサイコ100』エク霊エピソード2:モブを引き連れ都市伝説に挑む!!

コミックス版『モブサイコ100』7巻 第53話 都市伝説

仕事を探して路上で営業活動をしていた霊幻とモブ。ここで舞い込んできた依頼は少々厄介な案件でした。最近急激に広がっている「口裂け女」や「赤いレインコート」などの都市伝説の噂…このせいで、街に悪い気が蔓延してしまっていたのです。「この都市伝説を消し去り、口裂け女を町から追い出してほしい」この厄介の依頼を霊幻は二つ返事で引き受けます。

流れで一緒に事件解決に当たることになった「神羅万象丸」とともに、事件解決に当たります。モブと霊幻、そして神羅万象丸の2手に分かれて調査をすることになりますが、霊幻はエクボに神羅万象丸を見張っていてほしいと頼みます。この狙いは、神羅万象丸に危険が及んだ時、助けに向かうまでの時間稼ぎをさせるため。霊幻のこの気転は功を奏します。

一人口裂け女に立ち向かうことになった神羅万象丸に憑依し、彼の潜在能力を引き出し戦い、霊幻とモブの助けを待つエクボ。「霊幻の保険が効いたな」と安堵のため息を漏らすエクボですが、人々の恐怖が終結した口裂け女は想像を絶するパワーを秘めており、手も足も出ません。

しかし、口裂け女の存在を知らないモブはその恐怖の象徴に全く影響を受けません。そんなモブによって、あっさりと口裂け女は消し去られてしまうのでした。

 

関連記事をご紹介!

【モブサイコ100】霊幻新隆に関する8つの基礎知識!

【その1】霊幻新隆はマジモノのインチキ霊能者!愛煙家ってだけで霊幻新隆が754934947335万倍好きになるんだがッ!!それ…

『モブサイコ100』エク霊エピソード3:最強の悪霊に立ち向かうモブを見守るエク霊

コミックス版『モブサイコ100』8巻 第63話 最後の手段

生前、最強の霊能力とうたわれた「最上啓示(もがみ けいじ)」。彼は死後悪霊となり、少女にとりつき、自らの正義に基づく身勝手な「世直し」をするべくおのれの力をふるいます。霊幻とモブも除霊を試みますが、一筋縄ではいきません。そこでモブがとった行動は、少女の体の内部にはいり、内側から最上を除霊するという方法でした。

あまりに無謀な計画に、霊幻とエクボは戸惑います。それでも実行に移したモブを、2人は徹底的にサポートします。霊幻は最上の攻撃から無防備なモブの体を守り、エクボがモブに憑依することで最上がモブの中に入ることを防ぎます。モブを守る2人の連係プレーです!

「そいつは普通のガキじゃない」「いけ、お前ならできる」一人強大な悪霊と戦いに向かうモブに霊幻とエクボは激励の言葉をおくります。霊幻は、エクボがモブの体を乗っ取ってしまわないようけん制しつつも、モブが無事に帰ってくることを信じて待つのでした。

 

『モブサイコ100』エク霊エピソード4:モブには過保護なエク霊?!モブの恋を見守る

コミックス版『モブサイコ100』9巻 第74話 前へ

「マラソン大会で10位以内に入ったらツボミちゃんに告白する」と心に決めたモブ。このことをエクボからきいた霊幻は、モブのトレーニングにつきあって一緒に走り、モブの恋を応援します!エクボもメガホンをもってそんな2人を応援!2人態勢でモブを全面サポートします。

マラソン大会当日、スタート前モブに調子を尋ねるエクボ…しかし、モブは緊張のあまりカチコチに固まってしまっています。そしてスタート直後に転倒、足にけがまで追ってしまうモブ…エクボは思わず「乗り移ってやろうか」と声をかけますが、モブはあくまで自分の力で走り切ろうとしています。

残り1㎞、応援がてらペースメーカーになろうと駆け付けた霊幻。しかし、もうすでに先頭集団に追いつく望みは薄い状況でした。それでも、最後まであきらめずにゴールを目指すモブを2人は暖かく見守ります。

モブの力を利用しようとしている霊幻とエクボですが、モブのひたむきに頑張る姿を目の当たりにすれば応援せずにはいられないようです!つきっきりでモブをサポートするちょっと過保護にも見えるシーンでした。

 

『モブサイコ100』エク霊エピソード5:モブの家族が襲われた?!モブの暴走を止めたのはエク霊

コミックス版『モブサイコ100』10巻 第78話 集合

ある時、モブが外出している隙に自宅が放火。何者かが乗り込んだ形跡があり、モブは家族の安否を確かめるために、炎が激しく燃え盛る家に入ります。そこで目にしたのは、家族の焼死体らしきもの…モブはあまりの衝撃に我を失いかけます。モブの暴走をおさめるべくエクボは「それは本物じゃない、お前を騙そうとしている」と必死にモブに語りかけます。

しかし死体はダミーだということはあくまでエクボの推測…死体が偽物という根拠は「両親や律の霊が周囲に見当たらなかったから」という心もとないものでした。「死体がダミー」ということは、エクボがモブの暴走を止めるためについた咄嗟の嘘だったのです。もし死体が本物だったら、一生モブに恨まれることになる…。

それを聞いた霊幻は「俺も無事だと思う。事情を知る誰かが先に救出したんだ」とエクボの推測を後押しするのです。それに安心したモブは、糸が切れたように倒れ込み眠り込んでしまうのでした。霊幻もエクボも、モブにとって今何が一番最適かを考えた結果だったのでしょう!結果として家族は全員無事。霊幻とエクボは、モブが力を暴走させて自らを傷つけてしまうのを防いだのです。

 

『モブサイコ100』エク霊エピソード6:モブを傷つけさせない!2人でモブを守って逃走

コミックス版『モブサイコ100』11巻 第84話 パワー系

家族が生きていると聞いて、眠り込んでしまったモブ。困ったことに、敵が攻め込んできても全く目を覚ましません。最初は霊幻がモブを背負って逃げていたのですが、力を開放した敵からは逃げきれそうもありません。

ここで、エクボがモブの体に入り込んで逃走するという手段に入ります。これまでは、エクボがモブの体に入ると「乗っ取るなよ」とくぎを刺して居た霊幻。しかし、今回は「つかまるなよ」と言葉をかけます。これまでの戦いで霊幻とエクボの間にも信頼関係が芽生えてきたのでしょうね!

 

『モブサイコ100』エク霊エピソード7:エクボとの別れ。エクボが本当に求めていたものは…

コミックス版『モブサイコ100』14巻 97話 エクボは

突如町に現れた巨大なブロッコリー。これはいつしか神樹として信仰され、街中の人々を心酔させていきました。この元凶だったのはなんとエクボ!神樹のエネルギーを利用して、神となろうとしていたのです。これを阻止しようと神樹へと向かうモブと霊幻。

しかし、力を得たエクボの洗脳から霊幻は逃れることはできませんでした。まんまと洗脳され、神樹破壊から手を引いてしまいます。力を得たエクボは本気でモブと戦おうとしますが、これまで過ごした時間がそれを許しせんでした。エクボの本当の望みは、「友達が欲しかったと」いうシンプルなものだったのです。

しかし、すでに神樹の暴走を止めることはできませんでした。エクボの知らないところで神樹は自我を発生させ、虎視眈々と主導権を握ろうとしていたのです。エクボが使った最後の洗脳は「モブ、先に帰ってろ」でした。エクボは最後の力を使ってモブを神樹の手から守ったのでした。

 

『モブサイコ100』エク霊エピソード8:霊幻に憑依!我を失った破壊を続けるモブに呼びかけるモブ霊

コミックス版『モブサイコ100』16巻 101話 これから

ツボミに告白をしに行く途中で車にはねられ、自我を失い「ツボミとの待ち合わせへ行く」という目的のみを達成しようと超能力を暴走させてしまったモブ。この状態でツボミに会い、超能力で傷つけてしまったら一番傷ついてしまいのはモブ。

モブのツボミへの想いを知っている霊幻は、必死でモブを止めに入ります。超能力で何度跳ね返されても、モブに立ちはだかる霊幻…これに手を貸したのは、復活を遂げたエクボでした。「相棒!霊幻の話も聞いてやろうぜ」霊幻に憑依し超能力から守りながらモブに語り掛けます。そして、霊幻はモブに自分には何の力もないことを明かすのでした。

 

エクボの復活シーンに燃える!!モブを利用するつもりが良き保護者と成長したエク霊がほほえましい

最初は、霊験もエクボもモブの力を利用しようとしている存在でした。しかし、モブと接するうちに超能力以外のモブの魅力に気が付いていったのでしょう。モブの世話を焼き、霊幻とエクボはモブの成長を見守るようになっていきます。また、モブの暴走を止めてきたのも霊幻とエクボでした。

エクボはモブとかかわることで、自分の本当の望みを知り、そして霊幻も、嘘で固められた自分の弱さと向き合い自分を認めることができるようになりました。嘘のない関係となった3人の関係は、これからどんな変化を迎えるのでしょう?

16巻でついに完結した『モブサイコ100』。スピンオフの「REIGEN」にも注目です!

 

関連記事をご紹介!

【モブサイコ100】キャラの強さを勝手にランキング!最強は誰?

「モブサイコ100」に登場する個性的な超能力者達をランキング! オトメビジュアル3/9発売!!なんと念願の表紙をモブサイコ10…

爆発寸前!モブサイコ100の名言&名シーン20選!

はじめにhttps://youtu.be/yremTcEtkNE「ワンパンマン」で有名なONE先生による超能力ストーリー漫画…

公式アイテムをご紹介!