『降風』の公式エピソードを紹介!上司×部下の二人の関係性をおさらい!

「名探偵コナン」に登場する「降風」は、警察庁の警備局警備企画課「ゼロ」所属の公安捜査官・降谷零(安室透)と部下の風見裕也の上司と部下のカップリング。降谷零よりも1つ年上の風見裕也は、指示通りに動く優秀な部下でした。「降風」のこれまでの捜査の軌跡をご紹介していきましょう!

【名探偵コナン】のカップリング「降風」とは?

 降谷零×風見裕也の上司と部下コンビ!

1994年から「週刊少年サンデー」で20年以上連載されている、青山剛昌先生が描く国民的大人気推理作品「名探偵コナン」。黒の組織に薬を飲まされて小さくなった高校生探偵の工藤新一が、小学生の江戸川コナンとなって数々の事件を解決していくこの作品は、江戸川コナンを中心に多くのキャラクターが登場します。

「降風」とは、警察庁の警備局警備企画課「ゼロ」所属の公安捜査官・降谷零と風見裕也の上司と部下のカップリング。降谷零といえば「トリプルフェイス」の異名を持つ安室透の本名でした。公安捜査官として任務を遂行する降谷零のフォローをする部下として登場したのが、1つ年上の部下・風見裕也です。

私立探偵・安室透の爽やかイケメンの時とは違い、公安捜査官・降谷零として風見に指示を出す時は、上司の雰囲気を漂わせていました。

降谷零(安室透)

名探偵コナン 2018年ポスターカレンダー6(安室透)

降谷零(以下、零)は、年齢は29歳、その他のプロフィールは不明で、警察庁の警備局警備企画課「ゼロ」所属の公安捜査官です。洞察力・観察力・情報収集能力・判断力と公安捜査官の任務を遂行するのに充分なスペックを兼ね備えていました。

公安捜査官・降谷零黒の組織のコードネーム・バーボン「喫茶 ポアロ」でウェイターとして働いている私立探偵・安室透(偽名)と、3つの顔を使い分けることから「トリプルフェイス」の異名を持つ男性です。

公安捜査官として高スペックな零は、容姿端麗、スポーツも万能、物腰も柔らかく女性陣にモテモテ。爽やかイケメンなのに、プロフィールがミステリアスというのも、降谷零をよりモテさせているのかもしれません。

関連記事をご紹介!

【名探偵コナン】降谷零の全て!3つの顔を使い分ける公安警察の秘密に迫る!

『名探偵コナン』の降谷零とは?トリプルフェイスの男・降谷零TVアニメ『名探偵コナン』第782話「緋色の帰還」は、本日18:00…

かっこいいと話題沸騰の安室透を徹底調査!黒の組織のメンバーであり公安警察のスパイである安室の正体は?

『名探偵コナン』の人気キャラ!安室透とは?

1994年から「週刊少年サンデー」で20年以上連載されている、青山剛昌先…

風見裕也

風見裕也(以下、風見)は、警視庁公安部所属の公安警察官の警部補で年齢は30歳です。上司の降谷零と同じく、誕生日や身長・体重などはまだ明らかにされていません(2018年8月時点)。

2016年公開の劇場版「名探偵コナン 漆黒の悪夢(ナイトメア)」が風見の初登場となりました。当初は、劇場版のオリジナルキャラクターで一刑事としての登場でしたが、ガンダム繋がりで声優の飛田展男さん(「機動戦士Zガンダム」カミーユ・ビダン役だった)がCVを担当して話題となります。

初登場以降、アニメ本編や原作版にも登場し逆輸入キャラクターとなった男性でしたね。安室透が、公安捜査官・降谷零として登場するシーンも多くなり、ますます風見需要は高まってきています。

関連記事をご紹介!

【名探偵コナン】風見裕也が丸わかりになる5つの知識!公安警察の実力とは?

『名探偵コナン』の風見裕也とは?

1994年から「週刊少年サンデー」で20年以上連載されている、青山剛昌先生が描く国…

『降風』公式エピソード1:安室透を「降谷さん」と呼ぶ風見裕也

『劇場版 名探偵コナン 漆黒の悪夢』

風見裕也の初登場となった「劇場版 名探偵コナン 漆黒の悪夢」では、「お前たちの動きはお見通しだ」とキュラソーに言って格闘していました。風見から逃げたキュラソーは、待ち構えていた降谷零と手合せしています。

キュラソーを追って来た風見は「降谷さん、大丈夫ですか!」と零に声をかけて援護していました。風見は「降谷さん」と何度もためらいなく言っていますが、これまで誰も安室透の本名を公に呼んだことがありませんでしたね。

また、今まで安室が公安捜査官として一緒に捜査していた捜査官(黒の組織に潜入捜査して殉死したバーボン、警察関係の松田陣平、伊達航など)は全てが故人となっていて、零と現役公安捜査官とやりとりをしているのが描かれたのは風見が初めてでした。

『降風』公式エピソード2:降谷零の電話で風見裕也は何でも捜査!

『名探偵コナン』第94巻File6「ストラップを探せ」

名探偵コナン 94 (94) (少年サンデーコミックス)

灰原哀は、スマホに着けていた大切なストラップ(大好きなプロサッカーの比護選手が触れた)を、電車内で落としてしまいました。コナンたちはストラップが預けられている千槍駅に引き取りに向かいます。途中で零に会い、車に乗せてもらって駅まで向かったコナンたち。

哀の手元にストラップは戻ったものの、小嶋元太が探偵団バッチを落としていたことが発覚しています。零とコナンたちは、ストラップを届けてくれたという親子に話を聞くために探し始めました。コナンたちから少し離れた場所で、零は風見裕也に電話をしています。

風見は零に言われた電車に乗り込むと、窓に息を吹きかけ「よしだゆうと」という手がかりを伝えました。「君が丁度、神奈川方面にいてくれて助かったよ…」と風見の行動を把握していた様子でしたね。

「ふ、降谷さん、これは一体何の捜査…」と言った風見に答えを告げないまま「悪かったな…」と電話を切ってしまった零。風見の原作版初登場が、元太の探偵団バッチを探す手伝いだったとはびっくりでしたね!

『降風』公式エピソード3:「『2291』、投入成功」公安捜査官としてタッグを組む!

『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人』

東京サミットか開かれる会場で、近日開業予定だった複合型リゾート施設「リッジ・オブ・オーシャン」が爆破テロの標的になってしまいます。降谷零と風見裕也は、爆破テロの真相を究明するために隠密に捜査をしていました。

零は風見を使って、毛利小五郎を爆破テロの犯人として拘束させます。零は人気の無い海岸にある電話ボックスから「例の件はどうなっている?」と聞かれた風見は、「はい。『2291』を投入する手筈になっています」と隠語で回答していました。

そして、小五郎の無実を証明するために奔走していたコナンの前で、「『2291』、投入成功」と零にすれ違った時に風見は告げています。2人の会話は一瞬の出来事で、コナン以外の誰も気づきませんでした。常にシークレットに動いている公安捜査官の零と風見だから、成立したシーンかもしれませんね。

『降風』公式エピソード4:「君の言う、安室という男は…人殺しだ」降谷零の秘密を握る!

『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人』

【Amazon.co.jp限定】劇場版名探偵コナン ゼロの執行人 (通常盤) (DVD) (特典未定)

降谷零は、江戸川コナンが風見裕也を盗聴していたのを知っていました。風見を公園に呼び出し、コナンの目の前に登場させています。「これでよく公安が務まるな」と零に言われた風見は、自分の体に盗聴器が仕掛けられているのに気づきましたね。

盗聴器を仕掛けた相手が、目の前にいる小さな子供だと知った風見は「こんな子供が…」と驚いていました。コナンは零が警視庁「ゼロ」の所属の公安捜査官で、風見は部下だったというのも見抜いています。

驚きながらも「君の言う、安室という男は…人殺しだ」と過去に拘置所で取り調べしていた人物を自殺に追い込んだというのを暴露していました。初めて公安捜査官としての降谷零の過去を知っている部下として登場した風見は、心から零を信用していない様子だったのが、コナンに言ったセリフからも読み取れます。

『降風』公式エピソード5:「自らした違法作業は、自らカタをつける」静かにぶつかり合う降谷零と風見裕也…

『劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人』

従順な風見裕也ですが、劇中でポアロの買出しに出かけていた零と盗聴器で「なぜ事件にすることにこだわるんです?」と聞いています。ガス爆発の犯人を無実の毛利小五郎に被せ、零が捜査を続けるのが、風見には疑問だったんですね。

零は、事故で処理されれば令状が何も取れないと伝えています。「公安なら、令状なしの違法捜査もできるはずです」と風見は引き下がりません。

「だからこそ合法的な手段も残しておかないと、自分の首を絞めることになる」「自らした違法作業は、自らカタをつける。それが公安だからな」と零は日本を守るための違法作業を行っているというの伝えていました。

『違法作業』は、信念(自分の愛している国の平和を守りたい)を持ち続けた上司・降谷零と、上司の真意がわからなかった部下・風見裕也を結ぶ肝となるキーワードでした。

『降風』公式エピソード6:日常生活ではオフモードの2人が楽しめる!

「ゼロの日常」第1巻

「名探偵コナン」の原作者・青山剛昌先生が、完全監修をしている「ゼロの日常」での「降風」は、本編とはまた違った印象を持っているファンも多いですよね。降谷零は、安室透のみせる爽やかイケメンで登場し、日常生活を送っています。

公安捜査官の顔が出る時もあるので、安室透×降谷零のコラボがまたファンの心を掴んでいますよね!一方の風見裕也はというと、「ゼロの日常」でも相変わらず零の指示を受け捜査をしています。

零とお酒を飲む時には「ライウィスキー」をうっかり頼んでしまい、慌てて「バーボンソーダ」を頼むというエピソードもありました。公式スピンオフということだけあり、本編の繋がりも描かれる「ゼロの日常」は、「降谷」ファンなら押さえておくべき作品のひとつかもしれませんよ!

【名探偵コナン】「降風」は飛び回る上司とフォローする部下のカップリング

「降風」とは、「名探偵コナン」に登場する、警察庁の警備局警備企画課「ゼロ」所属の公安捜査官・降谷零(安室透)と部下の風見裕也のカップリングでした。「トリプルフェイス」の異名を持つ安室透の本来の姿、公安捜査官・降谷零としての活動を唯一知っているのが風見です。

「降風」が大活躍した「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」では、飛び回って捜査する零の指示を忠実にこなしていく部下の風見の公安捜査官らしいカッコよさが映し出されました。風見は、心の中では零の不信感がずっとあったのも事実でしたが、零の愛している国を守りたいという信念を知ります。

本編ではまだ2人同時の登場シーンは1回だけなので、是非「降風」の活躍がたっぷりみられるエピソードを待ちたいと思ってしまいますよね!

関連記事をご紹介!

『安コ』の公式エピソードを紹介!安室さんはコナンの正体をわかっているのか…!?

知性派カップル『安コ』とは?
https://twitter.com/10rf_mf06/status/9747763663…

『あむあず』の公式エピソードを紹介!喫茶店「ポアロ」で働く二人の恋模様に注目!

【名探偵コナン】あむあずとは?
安室透×榎本梓
https://twitter.com/uru0610/status/10…

関連グッズをご紹介!