【ジョジョ5部】イルーゾォに関する6つの知識の紹介を許可するッ!鏡の中で戦う男の可愛いところも紹介!

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』に登場したイルーゾォは、「パッショーネ」の所属している暗殺チームの一員です。そのスタンド能力はある意味最強なのではないか?と思われてもいることも事実なので、イルーゾォの性格や戦い方を知ることで、意外な強さが分かるはずです。

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』に登場するイルーゾォとは?

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』はジョジョシリーズの第5部となります。ギャングの世界が舞台になっていて、主人公のジョルノは「パッショーネ」の上に立つためにたくさんのスタンド使いと戦います。そんな中で「パッショーネ」の暗殺チームに所属しているひとりがイルーゾォです。

「パッショーネ」の暗殺チームは、ボスに不満を抱いていたのでボスに繋がる情報を集めていました。そんな中でジョルノたちがボスから指令を受けていることを知って、ジョルノたちからボスに繋がる情報を得ようとしていました。

イルーゾォは、暗殺チームの一員として他のメンバーが倒されたことを受けて自らの任務を果たそうとしていました。

イルーゾォに関する知識1:歪んだ性格と考え方

イルーゾォの容姿は美形ですが、背はあまり高くありません。性格はあまり良いとは言えない感じで、どこか人を見下しているようにも思えます。自分の世界に閉じ込めてしまうスタンドだけに一方的に相手をいたぶるのが好きだということも分かります。

自分のスタンドは最強だと考え、どこか調子に乗ってしまうので、不用心なところもありそうです。その一方でしっかりとした覚悟も持っています。

自らがピンチの状況に追い込まれても、苦痛に耐えてそれを乗り越えることを選択しているので、暗殺チームとしての誇りを持っていることが分かります。

イルーゾォに関する知識2:スタンド「マン・イン・ザ・ミラー」の能力

イルーゾォのスタンド「マン・イン・ザ・ミラー」は、相手を鏡の世界に取り込む能力があります。その方法は鏡の中から相手を引きずり込むというものですが、距離を取るしか逃れる方法がありません。そして引き込まれるどうなるかと言うと、並行世界でイルーゾォと戦うことになります。

並行世界は、現実と反対になっている鏡の世界でスタンド能力を出すことができなくなります。この世界を支配しているのはイルーゾォなので、イルーゾォのスタンドだけは出すことができ、生身の人間の状態でスタンドの攻撃を受けることになります。

スタンドパワーはそれほどないにしても反撃ができないので、ただ一方的に殴られてしまいます。鏡の世界ではどんな強者でもただの弱い人間のひとりに成り下がってしまうのです。

イルーゾォに関する知識3:「マン・イン・ザ・ミラー」最強説

イルーゾォのスタンド「マン・イン・ザ・ミラー」の能力は意外にも最強に近いと思えるところがあります。それは、鏡の世界に引きずり込みさえすれば誰も勝つことができないからです。

自分ルールの能力者はそこの強みがあるのですが、それ以外は弱いので能力を発動する前に攻撃されたり、能力を知られてしまうと普通のスタンド使いには勝つことが難しくなります。時を操るスタンド能力者にも鏡を無数に仕込んでおけば、そこから引きずり込んで勝つことができます。

そのためには姿を現さないということと、能力を事前に知られていないということが最低条件となります。

イルーゾォに関する知識4:鍵の取り合い!ジョルノたちの戦いを分析

イルーゾォは、暗殺チームの一員なので、ジョルノたちの動きを見張っていました。そしてボスとの連絡を取っていることもある程度つかめていたので、そこからボスへの手がかりを探すことで必死です。

ジョルノ一行は二手に分かれて行動していて、ジョルノとアバッキオとフーゴはボスからの指令でポンペイに来ていました。そこではあるものを手に入れて先に進むことを指示されていたので、用心しながらそれを探していました。

するとそこで待っていたのは、イルーゾォでしたが、どのようにしてジョルノたちと戦っていったのかを詳しく解説していきます。

フーゴを圧倒!

最初に異変に気が付いたのは、フーゴでした。大きな鏡が外にどうして掛けてあるのかが気になって、鏡の中を覗き込むとそこからイルーゾォのスタンドが発動しフーゴだけを鏡の世界へ引きずりこみました。これには残りの二人も何が起こったのかは分かりません。

ただフーゴがそこから消えたということしかありませんでした。そして鏡の世界に取り込まれたフーゴは必死にスタンドを出すのですが、鏡の外にスタンドだけが出ていて、肝心の自部のいる場所には現れませんでした。

イルーゾォはこの世界ではスタンドが出せるのは自分だけだと告げると、そのままフーゴをスタンドで何度も攻撃していました。フーゴは闇雲にスタンドを動かしていましたが、鏡の中のイルーゾォに攻撃が当たるはずもなく、むなしく体力を消耗するだけでした。

そんな中でフーゴのスタンド能力のウィルスが周囲にまき散らされていました。

関連記事をご紹介!

【ジョジョ5部】パンナコッタ・フーゴに関する7つの知識!IQ152の天才が途中で離脱した真実とは!?

【ジョジョ5部】IQ152!キレッキレな16歳パンナコッタ・フーゴとは?
身長173~175センチ、誕生日は…不明?情報がな…

アバッキオも捕らえる!

フーゴが瀕死の状態になったのを見て、アバッキオの様子をうかがうとアバッキオはボスの指令にあった場所へと走り、次の手がかりになる鍵を見つけました。その時にジョルノとアバッキオは鏡に用心をしなくてはならないということも分かっていました。

そして慎重に鏡がないことを確認しながらアバッキオは鍵を取ろうとしましたが、鏡の破片が側に落ちていたのです。そこからアバッキオは鏡の世界に取り込まれるのですが、取り込まれることを予測して自らの姿をスタンドに変えさせていました。そのためスタンドを引きずり込んでしまったのです。

ピンチになったかと思いきや、イルーゾォはすぐに「半分だけスタンドが入ることを許可する」と口にすると、アバッキオは動けなくなってしまったのです。

関連記事をご紹介!

【ジョジョ5部】レオーネ・アバッキオに関する9つの知識!アバ茶、真実に向かおうとする意志などについても解説!

【ジョジョ5部】レオーネ・アバッキオとは

レオーネ・アバッキオは「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ第5部『黄金の風』に…

ジョルノとの対決

フーゴとアバッキオが捕らえられてしまっている中でジョルノはずっと考えていました。そしてアバッキオが最後の力を振り絞って「ムーディー・ブルース」の力で時間を巻き戻し、鍵を持っている手だけをジョルノの前に落とすことに成功しました。

これを見たイルーゾォはまずいと思い、アバッキオたちにとどめを刺すよりもジョルノの方へ向かうことにしました。アバッキオは鍵を持ってジョルノにその場からすぐに立ち去ってほしかったのですが、ジョルノは鍵を手にしてボーっとしていました。

これを見たイルーゾォは笑いながらジョルノを鏡の世界に引きずり込みました。そこで3人とも鏡の世界に取り込まれてしまい絶対絶命のピンチとなります。

関連記事をご紹介!

【ジョジョ5部】ジョルノのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」の8つの知識!最強スタンドの魅力に迫る!

『黄金の風』主人公スタンド、ゴールド・エクスペリエンスとは?

ゴールド・エクスペリエンスは「ジョジョの奇妙な冒険」シ…

イルーゾォに関する知識5:まさかの最期!

ジョルノを自らの鏡の世界に取り込んだことでイルーゾォは勝ちを確信しました。しかしジョルノはそのイルーゾォの考えの遥か上をいっていました。なんと「パープル・ヘイズ」のウィルスにわざと侵食された状態で入ってきたのです。

至近距離にいたイルーゾォは当然ウィルスに感染してしまいました。これに焦ったイルーゾォは自らに感染したウィルス以外の部分だけを残して外に出ることにしました。しかしその際に感染部分の肉が削げ落ちて体の一部はずたずたになっていました。

ようやく助かったと思いきや、外の世界ではフーゴのスタンドが待っていたのです。フーゴはジョルノに助言されてイルーゾォの立っている場所を突き止めると、そのまま鏡の世界の中から攻撃を喰らわせることに成功します。

直撃したイルーゾォは再びウィルスに感染して死ぬことになりました。

イルーゾォに関する知識6:イルーゾォの名言

イルーゾォは、見た目だけから弱そうと判断されがちです。そしてギャングの暗殺チームに入っているようにも見えないぐらい軽そうとも思われます。

しかしそんなことはありません。自らがギャングの暗殺チームだという誇りをしっかりともっているからこそ、覚悟を決めた名言もあります。

「オレだけが外に出ることを許可しろォォォォ」

ジョルノとの戦いの時にウィルスに侵された状態で自らの世界に入ってきたジョルノを見て驚きます。このままでは感染して死んでしまう!しかもウィルスが全身に回るまで数十秒しかないとなると、イルーゾォは焦って決断しました。

鏡の世界から感染していない部分だけを引き出そうと行動に移したのです。そうしなければ死ぬことは免れないのですが、その際には感染部分が引きちぎれるので、激痛にも耐えなければなりません。苦しい選択でしたが、死よりも苦痛を選んだ瞬間の言葉です。

これほどの覚悟が自分にはあるのだぞ!ということも見せつけていました。

イルーゾォのスタンドは、使い方次第で誰も勝てない!

イルーゾォのスタンド「マン・イン・ザ・ミラー」は、鏡の世界に引きずり込むと相手のスタンド能力を発動させ無くしてしまう効果があります。これは誰に対しても有効なので、今まで歴代で最強と言われてきたスタンド使いも例外ではありません

しかし能力を発動する前にやられてしまえば意味がないので、姿を見せずにひっそりと攻撃することがベストです。イルーゾォはジョルノたちの戦いでもフーゴとアバッキオを追い込んで、ジョルノまでもあと一歩という所まで迫っていました。

結果はジョルノの策に及ばずとなりましたが、もっと慎重に行動をしていたとしたら全滅させることもできたでしょう。それだけイルーゾォの能力は優秀なので、使い方次第ということになります。

関連記事をご紹介!

【ジョジョ5部】スタンドの強さランキング20選!最強はもちろんあのスタンドとスタンド使い!【黄金の風】

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』とは?
https://twitter.com/cv9vb2/status/1025872…

【ジョジョ5部】あらすじをネタバレ解説!アニメを見る前に予習しておこう!【黄金の風】

『ジョジョの奇妙な冒険』第5部とは?
https://twitter.com/cv9vb2/status/102587370…

関連グッズをご紹介!