【約束のネバーランド】ソンジュとムジカに関する5つの知識!謎多き異端なる双鬼の正体とは?【ネタバレ注意】

ダークファンタジーの「約束のネバーランド」に登場する鬼のソンジュとムジカは、エマたちのピンチを最初に救ったキャラクターでした。「宗教上の理由から人間は食べない」というソンジュとムジカは鬼の世界でも異端者です。そこで、ソンジュとムジカを5つの知識からご紹介していきましょう!

『約束のネバーランド』鬼のソンジュとムジカとは?

約束のネバーランド 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)×出水ぽすか(作画)両先生が描くダークファンタジー作品です。「約ネバ」の愛称で親しまれ、2018年には「このマンガがすごい!2018」オトコ編で第1位を獲得、累積発行部数は500万部以上突破しています。

2019年1月からは、ジャンプ史上初となるフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でのアニメ化も決定した話題作となっています。ノイタミナで放送されるのは、GF(グレイスフィールド)農園脱獄編です。

GF農園を脱獄後、主人公のエマが脱出のために耳をそぎ落としてしまったのが原因で気を失うピンチに陥ってしまいます。そのピンチを助けたのが髪が長く背が小さめのムジカ追っ手の鬼からレイを助けたのが大きな槍を持ったソンジュだったのでした。

『ソンジュとムジカ』の知識1:エマたちを助けた珍しい鬼たち

エマを助けたのはムジカ

イザベラの監理していたGF農園から脱獄したエマたちは、群生地で野生の鬼に教われてしまいます。レイは、自分が囮になって鬼を引きつけている隙に、エマが子供たちを誘導していく作戦を思いつきました。

囮になったレイを待っていたエマは、脱獄時に発信器を取り出すために片耳を刃物でそぎ落としていたために、出血多量で気を失ってしまいます。

GF農場内でも頭の良かったエマが倒れてしまい、レイともはぐれてしまったまま…。ギルダを始め、仲間たちもどうしていいのかわかりませんでした。そこへ「こっち、こっちよ」と声を掛けてきたのは、顔をフードで隠していた少女らしい雰囲気の『ムジカ』です。

フードを取ったムジカはかわいく、髪を三つ編みにして、料理上手で優しい女の子でした。

レイを助けたのはソンジュ

レイは、野生の鬼の気をそらすための囮になっている最中に、GF農園から追って来た鬼たちに出会ってしまいます。レイが、いよいよ捕まってしまう…となった時に、馬のような鬼に乗った1人の騎士らしい人物が「乗れ!!」と言ってレイを抱き上げ、自分のねぐらの洞窟へと連れて行きました。

レイが気づくと、そこはある洞窟の中で、調べるとエマが眠っていましたね。2人の前に現れたムジカから、レイを助けたのが鬼の『ソンジュ』だった(レイは足元を見て鬼だと気づく)というのを知ります。

『ソンジュとムジカ』の知識2:「宗教上の理由」から人間は食べない

「信仰のために、人間を食わないと決めている」と言っていたソンジュとムジカは、食事前には「御恵み清き糧、今この争いを祝わん。天と地、命に感謝し」と手を合わせています。2人の紳士的な態度を見たエマは「私、鬼は全て人間の敵だって…人間を食べない鬼がいるなんて考えもしなかった」と謝っていました。

ソンジュは「気にするな。お前たちの警戒は正しい。”鬼”にとって人肉は特別。殊に脳はな」「ほとんどの”鬼”は、人間と見りゃツバ鳴らしてかぶりつく。全部敵だと思うくらいがいい」と鬼の本能を語っています。

ソンジュが言うには、食べないのは『人間の肉』だけ…。それ以外の肉は何でも食うと言っていたので、動物を狩るなどして日々の空腹を満たしているのですね。

『ソンジュとムジカ』の知識3:本心が明らかになる!

お守りをあげたムジカ

エマたちの絆の強さを見たムジカは、ソンジュに「いい子たちね…」と言っていました。人間たちを食べるような鬼と同族とは思えませんが、ソンジュに鬼にしか理解できない言葉で「なら、どうして全てを教えてあげないの?」と意味深な発言をしています。ソンジュは、食用児の敵はいずれわかるとだけ言っていましたね。

ソンジュが、高級農園以外の農園の現状(劣悪な環境で太らせて出荷する)を伝えた後にエマと話をしていました。エマのたくましさやひたむきさを感じたムジカは「”敵”でも”食料”でもない。他のどの生き物とも違った。エマ達とあえて、話ができてよかった。友達になれてよかった」と語っています。

別れを惜しむムジカは、周囲に見られないように「これはお守り、持っておいて。きっとあなた達を守ってくれる」「”七つの壁”を探しなさい。あなた達の見座主未来は、その先にある」と言ってエマにお守りを手渡していました。

未来を考えて行動していたソンジュ

別れを惜しんでいたムジカを見ていたソンジュは「…えらく情が移ったな、ムジカ。お前、最初はあんなに興味を示さなかったのに」と言っていました。ムジカは当初、農園に突き出そうと言っていたのですが、ソンジュが「彼らを助ける。農園には渡さない」と言っていたのです。

善意ではなく、「『原初信仰』の教義上、狩猟という形で神がつくり出した命を頂くのなら、神への反逆には当たらない。天然物なら俺は食うぜ」と本当の理由を語っていました。エマたちが農園の外で子孫を作れば『天然物』となり、信仰している宗教上は問題ない…。「もう一度食いてぇなぁ。腹一杯人間をよ」と鬼の本性を見せながら言っていました。

全て自分の未来を考えて行った行動とはいえ、エマを優しく慰めたり、同族の鬼を倒したりしていたソンジュ。他の理由が本当にないのかも気になりますね。

『ソンジュとムジカ』の知識4:エマやノーマンに真実を伝えていた

食用児が誕生した理由

エマとレイは、ソンジュに世界のことを質問し、ソンジュは「世界はもうずっと昔からこのままだ」と口火を切り、と1000年前の話を始めています。食用の農園が作られるかなり昔には鬼が人間たちを狩って食べていました。鬼に取り入る人間や、人間が鬼を狩ったりなど世界は混乱期に入っていきます。

その時に人間と鬼との間で『人間は”鬼”を狩らない。だから”鬼”も人間を狩らない。お互い世界を棲み分けよう』という協定が結ばれました。そして、鬼の世界と人間の世界は別々となったのですが、鬼たちはそれでは納得できなかったんですね。鬼の世界に残された人間から、食用児を調達できる農園を作り、養殖・出荷をしていたというのです。

これが、エマたち食用児を苦しめ続けている仕組みの始まり…。エマは人間の世界が他にあると知って喜んでいましたが、驚きの真実ですよね。

コニーに刺さっていた吸血植物の存在が判明!

ソンジュはエマに頼まれて、動物を獲って食べる狩りの仕方を教えています。そしてソンジュは、獲物に『儀程(グプナ)』という方法を施すと言っていました。

「神に糧を捧げる。神が受け取ったら花が開く。そしてたその肉は食べてもいい。それが儀程。”鬼”の伝統的な屠り方だ」とソンジュは説明していました。吸血植物・ヴィダを生きた獲物に刺すことで血抜きもでき、肉が長く持つという儀程…。

エマはこのヴィダを見た瞬間に、コニー(GF農園の子供でエマとノーマンが見た初めての犠牲者)に刺さっていた植物と同じものだと気づきました。「儀程は、神への感謝だ。敬意なしに成立しない。安心しろ、お前の兄弟達もきっと苦しい思いはしていないよ」とエマをソンジュが優しく慰めていたのが印象的でした。

『ソンジュとムジカ』の知識5:2人はその後どうなったの?

新たな謎が浮かび上がる…

エマたちに食事や治療、これから役に立つ戦い方から逃げ道まで教えてあげたソンジュとムジカ。ソンジュは、ムジカにどうしてエマたちを助けたのか?と聞かれたシーンで「お前は、食ったことも、食う必要もねぇから、わからねぇのさ。ムジカ」と言っています。どうしてムジカは食べる必要がないのかというのも気になりますね。

一方のムジカは、エマに重要なヒントを与えた理由を「あの子達の目指す未来は、ソンジュが願い予想している未来とは別のものよ。頑張って勝ち取って。あなた達ならできるわ。そうよ”約束”は一つじゃない…」と考えていました。

お守りと一緒にムジカから与えられた『七つの壁』という謎のキーワード…。ソンジュとは違った思いを、ムジカはエマたちに託しているようです。

再登場はあるのか?あるならいつ頃?

重要な情報と新たな謎を与え続けた鬼のソンジュとムジカの再登場はあるのでしょうか?エマたちは、ウィリアム・ミネルヴァを探してB06-32地点にあるシェルターに行き、初めて人間のオジサンことユウゴと出会い、ゴールディ・ポンドにある狩猟場の鬼たちと戦っています。

ラスボスとの呼び声が高かった密猟者のレウウィス大公戦では、銃で撃たれたレウウィス大公の回想シーンで2人がなぜか登場しています。

そして猟場編が完結し、新章に入った第97話「望む未来」で再登場!意味深に微笑むムジカ「どうした?」と言ったソンジュ。登場はこれだけでしたが、ムジカはエマの明るい未来を考えていたのでしょうか?それとも…?

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】レウウィス大公に関する6つの知識!上流貴族の鬼は超猟奇的な密猟者!

『約束のネバーランド』上流貴族の鬼・レウウィス大公とは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束の…

【約束のネバーランド】ソンジュとムジカは謎の多い鬼だった

約束のネバーランド 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「約束のネバーランド」の第6巻に登場したソンジュとムジカは、GF農園を脱獄して右も左もわからない状態のエマたちを助けてくれた鬼でした。「信仰のために、人間を食わないと決めている」というソンジュとムジカは、エマたちの面倒を全てみてくれ、今後情報まで教えてくれました。

ムジカはエマたちに友情を感じ、お守りと「七つの壁」という情報を与えていますが、ソンジュの本心はまったく違ったものでしたね。2人は重要な情報と新たな謎を与えてエマたちと別れましたが、再登場する時には、エマたちにとって味方なのか…それとも敵なのか気になります!