【ハク千】公式エピソードを紹介!不思議な世界で再会した神様と少女の物語!【千と千尋の神隠し】

『千と千尋の神隠し』は「日本歴代興行収入第1位」の名作!その中に登場する主人公の少女「千」と、不思議な少年「ハク」。この2人のカップリングについてご紹介します。不思議な世界で出会った、千とハクとの公式エピソードをどうぞ!

【千と千尋の神隠し】のカップリング『ハク千』とは?

ずっと前に出会っていた!ハクと千のピュア想いとは?

主人公の少女の名は「荻野千尋(おぎのちひろ)」。不思議な世界に迷い込んだ後は「千(せん)」と呼ばれるようになりますが、わがまま現代っ子気質10歳の少女です。都会から田舎へ引っ越すことになり、その途中の迷い道で両親と共に不思議な世界に迷い込みます。

「ハク」はその迷い込んだ世界で出会った少年です。白と水色の水干を身にまとった千尋と同じ年頃の彼は、出会った時から千尋のことをよく知っているようでした。困惑する千尋にとって唯一の救いとなった存在です。

千尋が不思議な世界に迷い込んでしまったからこそ出会えた「ハク千」。どうやら以前に出会った事があるようですが、運命的な再会ですね。この「ハク千」の心温まる公式エピソードを、物語の時系列にご紹介!ピュアな「ハク千」の想いをご覧ください!

関連記事をご紹介!

千と千尋の神隠しの都市伝説に迫る!ハクは結局どうなった?

千と千尋の神隠しには都市伝説が…!自分の名前を大事にね。 【千と千尋の神隠し】 pic.twitter.com/nKuFBYb…

千と千尋の神隠し キャラクターまとめ!ヒヨコに大根…ユニークな彼らの名は?

「千と千尋の神隠し」に登場した奇々怪々なキャラクターたちとは?千と千尋の神隠しの中の銭婆に会うためにのる海原電車人生そのものを…

『ハク千』エピソード1:「なによ、あいつ…。」

再会は不思議な世界。出会いの印象は変な奴?

引っ越しの途中、千尋は両親と一緒に不思議な建物を見つけます。興味本位から中に入った3人は不思議な世界に迷い込むことに…。両親がお店にあった美味しそうな料理に夢中になってしまったので、仕方なく千尋は1人で辺りを散策することにします。

大きな朱色の橋まで来たとき、ふとした瞬間に現れた少年。それがハクでした。ハクは千尋を目にするとビックリした表情で「ここへ来てはいけない!すぐ戻れ!」と忠告をします。いきなり強い口調で言われた千尋はビックリして「なによ、あいつ…。」と不満気につぶやきます。

もともと引っ越しには乗り気じゃないし、両親はすっかり料理に夢中だし、なんとなくココは嫌な感じがするし…。そんな時にハクに出会って強い態度をとられて、出会いの印象はあまり良いものではなかったようですね。

『ハク千』エピソード2:「忘れないで、私は千尋の味方だからね。」

迷い込んだ不思議な世界。ハクだけが味方!?

ハクと別れたのち両親と共に帰ろうとするも、お父さんもお母さんもなんと豚に!!さらには千尋本人も透けて消えそうになっていきます!!そこに再びハクが登場!千尋にこの世界のモノを食べさせて、なんとかそのままの姿を保てるようにしてくれます。

帰れなくなってしまったのなら、この世界で生きていくしかない。それには働くしか方法がない、ということで「湯婆婆(ゆばーば)」の統べる湯屋へとハクがこっそり案内します。

この奇妙な世界でハクが味方でいてくれるのは、千尋にとって幸運なことでした。それにしても千尋を湯屋に連れて行くまでのハクの頼もしさといったら…!!不思議な術を使って千尋の足を治したり、恐ろしいほどの速さで駆け抜けたり…。これは千尋でなくてもすがりつきたくなりますね!

『ハク千』エピソード3:「私のことは、ハク様と呼べ。」

別人のような冷たいハクの態度…!!

何とか湯婆婆と契約を交わし、「千(せん)」という新しい名で働くことになった千尋。湯婆婆が千の世話役として呼び寄せたのはなんとハクでした!!内心千尋はビックリしますが、ハクは千尋のことなんて全く知らないような冷たい態度…。いったいなぜ!?!?

さっきまでとても優しかったハクに冷たい態度をとられ、千尋は呆然とします。後で先輩である「リン」にも、ハクという人物は2人いるのか?と尋ねています。この時の千尋の心細さ…。想像するだけで悲しくなってしまいますね。

『ハク千』エピソード4:「でも、不思議だね。千尋のことは覚えていた。」

ハクの作ってくれた大きなおにぎりが印象的!

次の日の朝、ハクがこっそり千尋を豚に変身してしまった両親の元へ案内してくれます。ハクが冷たかったのは湯婆婆に感づかれないように、との配慮でした。本当のハクはやっぱり最初に出会った時と同じ、優しい人物でした!

ハクは千尋に、もう少しで忘れるところだった名前を思い出させてくれます。名前を取られてしまうと元の世界には帰れないこと、自分はどうしても元の名前が思い出せないということもハクは語ります。ハクは千尋のことを小さい頃から知っているようで、なぜか千尋のことは覚えていたと語ります。

ハクと千尋がこの世界で再会できたこと、運命とひと言で片づけてしまうには軽すぎるような気がします。この時千尋を元気づけるため、まじないをこめてハクが作ったおにぎり。このおにぎりを頬張って初めて、ボロボロに泣くことの出来た千尋が印象的でした。

『ハク千』エピソード5:「ハク、いなかったね。」

ハクを案じる千尋が可愛い!

初仕事で名のある神様に満足してもらえた千尋。湯婆婆にも褒めてもらって大手柄です!その夜千尋は、リンがかっぱらってきてくれた大きなお饅頭をぱくつきながらハクのことを想います。

リンが言うには、ハクはたまにいなくなるということ、噂では湯婆婆に「ヤバイ」ことをやらされているというのです。千尋はその話を聞いてハクの身を静かに案じるのでした。

この場面での千尋は、この奇妙な世界にも慣れてきて、初仕事も上手くいって心穏やかな様子が伺えます。神様にいただいた団子をちょっぴりかじってみて、あまりの苦さに身悶えする姿が可愛い!この団子はのちにハクを助けるための重要なアイテムになりますので覚えておいてくださいね!

『ハク千』エピソード6:「ハク―――!!」

千尋、ハクを助けるために走る!叫ぶ!

その翌日、「カオナシ」という化け物が湯屋に入り込み大混乱を引き起こします。最初は金を気前よくばらまくカオナシに皆大喜びでしたが、そのうち従業員たちを丸呑みにしてしまいます。そんな中、千尋は空を駆ける白龍を発見!思わず「ハク―――!!」と叫びます!!

その名を呼んでからハッと気が付いた千尋ですが、その龍の正体はハクなのでした。ハクは鳥のように動く、紙でできた式神に追われて怪我をしています…!!千尋のことも分からず、湯婆婆の元へと飛んで行ってしまうハクを追いかけて千尋は駆け出します!

千尋が自分の危険も顧みずに、ハクを助けようとする姿には胸を打たれます。そしてこの時に使われるのが、前の章でご紹介した団子です。半分はハクの呪いを解くために、半分はカオナシを鎮めるために使われています。千尋ちゃん、本当に強くてステキな女の子になりました!!

『ハク千』エピソード7:「私の本当の名は、ニギハヤミコハクヌシだ。」

ハクの背に乗り、千尋は空を駆ける!

ハクの呪いを解くために、呪いをかけた張本人、湯婆婆の姉である「銭婆(ぜにーば)」の元へと出かける千尋。恐ろしい魔女だと言われていた銭婆は、実際に出会ってみるととても気の優しいお婆さんでした。

傷が治ったハクも千尋の後を追って銭婆の元へ。湯婆婆の命令によって銭婆の契約のハンコを盗み出したハクでしたが、千尋に免じて許してもらいます。そして千尋は龍の姿のハクの背に乗り、空を駆けて湯屋へと帰るのでした。

空を駆けながら千尋にある記憶がよみがえります小さい頃川に落ちてしまったこと。その川の主こそハクだったのです!本当の名前を思い出したハク。ハクと千尋は生まれ変わったかのような清々しい表情で喜び合います。夜空に散る千尋の大粒のうれし涙が本当に美しいシーンです!

『ハク千』エピソード8:「またどこかで会える?」「うん、きっと。」

名残惜しそうに離れるハクと千尋の手…。

湯屋にもどったハクと千尋を待ち構えていたのは、もちろん湯婆婆です!たくさんの豚の中から自分の両親を探し出すようにと千尋に命じます。正解すれば千尋の勝ち、でも間違えてしまったら…??

千尋はこの世界に来たばかりの時のようなおどおどした様子は全く見せず堂々と問題に挑み、そして見事勝利します!従業員たちが祝福する中、ハクと手を取り合い元の世界への道を駆けるのでした。

ここでハクとはお別れ。決して振り向かずに元来た道をたどるようにと促すハクに、千尋は「ハクはどうするの?」と問いかけます。本当の名を取り戻せたハクは、自分も元の世界に戻ることを伝えてさらなる再会を信じながら手を離すのでした…。

この後、千尋は無事に両親とトンネルを抜け元の世界に戻ります。何日もほったらかしにされていたかのような荒れた車に乗り込み、改めて引っ越し先の新居へと向かうシーン物語は幕を閉じています。

そして、どうしても気になるのが「ハク千」のその後について。トンネルを出た後の千尋は、その振る舞いから湯屋での記憶がなくなっているように感じられます。しかし銭婆からお守りとして受け取った髪留めきらりと光ったり、希望に満ちた最後に感じられるのは私だけでしょうか?

ハク千のその後については「都市伝説」とも言える様々な情報がネット上にも溢れておりますが、本当のところどうなのかは公式では語られていません。願わくば、どんな形でもいい、ハクと千尋がもう1度幸せな再会を果たせますように…。

お互いを想う気持ちで困難を乗り越えた『ハク千』。日本が誇る名作アニメ、ここにあり!

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]

『ハク千』の深い部分でつながったピュアな関係、いかがでしたか?奇妙な世界の中で、ハクと千尋はお互いを自分のこと以上に大切に想っています。こうした心の絆、強さによってより素晴らしい作品となった『千と千尋の神隠し』。今後もずっと語り継がれていくであろう、名作の中の名作と言えるでしょう。

関連記事をご紹介!

【アシサン】公式エピソードを紹介!死の呪いを受けた少年×山犬の少女!【もののけ姫】

【アシサン】とは?
https://twitter.com/animetosi/status/102294432501607…

関連グッズをご紹介!