【ワンパンマン】サイタマVSガロウ!ガロウが絶対悪を信仰する理由は過去にあった?

『ワンパンマン』のガロウは、作中でも最も長く登場している悪役です。しかし悪になるにも理由がありますし、覚醒して強くなる姿にも引き込まれてしまいます。そんなガロウとサイタマとの戦いはどのような結末を迎えたのか?原作を中心に紹介していきます。

『ワンパンマン』のガロウとは?

『ワンパンマン』に登場するガロウは、S級ヒーローのシルバーファングの弟子でした。しかし修行の途中で「学ぶことはない」と悟るとそこから立ち去りました。それからヒーロー募集をしていたヒーロー協会へと出向くと、その場にいたヒーロー志望者を半殺しにしてしまいます。

そしてヒーロー狩りを始めるようにもなりました。基本的な技のベースは流水岩砕拳で、相手の攻撃を受け流しつつ反撃をするという戦い方です。戦えば戦うほど強くなっていく特異体質の持ち主でもありました。

ヒーローを狩る理由は、過去のいじめが原因で世の中の理不尽さを感じたことにあります。強さということにこだわり、自分を守ってくれるのは自分自身の力でしかないとも信じています。一方でやさしい性格もありいじめられている子どもを救ったりしています。

原作から分かるガロウの強さの経過

『ワンパンマン』は、となりのヤングジャンプで連載中で、ガロウとの戦いの最中でもあります。一方で原作のONEのサイトではガロウとの戦いは既に終わっていますので、ネタバレしてしまいますが、ガロウの強さと経過を原作から紹介していきたいと思います。

登場初期

登場初期は、流水岩砕拳を使用して真っ向からヒーローを倒していました。その戦い方は強い格闘家といった感じで特異体質でなければ、筋力やスピードも普通のレベルでした。そのためS級ヒーローで師匠のシルバーファングには手も足も出ないで敗けてしまいました。

そのままヒーロー協会に連行されるのかと思いきや、怪人がガロウを救って怪人協会へと連れていかれます。そして仲間にならないかと誘われるのですが、従う気がなかったガロウの前にキリサキングと蟲神が現れました。

ガロウは公園でいじめられていた子どもを助けたばかりでした。しかしガロウが邪魔な存在だと思った2人は襲い掛かり、動けなくなったガロウの目の前で子どもを連れ去られてしまいました。

覚醒初期

ガロウがはっきりと覚醒を始めたのは、キリサキングに殺されかけたところからです。今まで普通の人間だったのにそこから体に異変が起こります。致命傷を受けたはずなのに傷がふさがって回復していましたし、一度負けた相手でるキリサキングを一瞬で殺してしまいました

この力の根源には子どもを救わなくてはならないという気持ちがありました。そこから災害レベル竜クラスの育ち過ぎたポチと戦うことになり、何度も怒涛の攻撃を受けても死ぬことはありませんでした。

まるで肉体に何かが宿っているかのように人間離れした動きと体になっていきます。しかし怪人協会の全てを仕切っているサイコスの前に立った時に、サイコキネシスの力で潰されてしまい動けなくなってしまいます。

覚醒中期

サイコスに押しつぶされてからも復活を果たしたガロウの様子はどんどん変わっていきます。そして次に変わるきっかけとなったのはS級ヒーローのクロビカリとの戦いでした。クロビカリは異常に発達した筋肉を使って突進してきます。

それに対して流水岩砕拳を使いますが、力で圧倒されて体中の骨が折れてしまいました。そこで終わりかと思われますが、ガロウは立ち上がると再度挑戦します。何度もクロビカリに向かって攻撃をするのですが、どんどん速くなっていきます。

その攻撃を受け続けたクロビカリは怖くなって、そこから手を出すこともできなくなり戦意喪失してしまいました。呆れたガロウはそのまま戦いを止めて、別の場所へ移動しますがダメージの蓄積で倒れてしまいました

完全覚醒

目覚めてからのガロウは遂に最終的な強さを手に入れました。今までのダメージは回復し、体が軽くなり、戦闘力がぐんと上がっているのが本人にも分かりました。そしてその場に集合していたS級ヒーローたちと戦うことになります。

怪害神殺拳という自分で作り上げた技を使い、アトミック侍、豚神、アマイマスク、童帝、クロビカリ、閃光のフラッシュ、プリプリプリズナー、タツマキを軽々と倒してしまいました。

ヒーローが立ち上がり何度も自分に向かってくることを期待していましたが、それも叶わず誰も立ち上がることができませんでした。そんな中でサイタマがガロウの前に登場しました。ガロウから見たサイタマは、雑魚程度にしか思っていませんでした。

関連記事をご紹介!

【ワンパンマン】覚醒したガロウが強すぎる!ボロスとどちらが強いのか徹底調査!

『ワンパンマン』とは?

『ワンパンマン』は、趣味でヒーローをやっているサイタマが主人公のヒーローバトル漫画です。ヒー…

サイタマとの勝負!

サイタマとの勝負は全てのヒーローが打ちのめされて、何もできない状況に追い込まれてからでした。S級ヒーローたちが見ている中で、サイタマはガロウは対決することになりますが、あらゆる攻撃をぶつけてもサイタマは無傷の状態でした。

そしてサイタマも連続普通のパンチを繰り出してガロウに反撃の隙も与えません。そんな中でガロウは最後の覚醒をして人の形を留めていませんでした。化け物になりながらも必死にサイタマへ攻撃を続けていたのですが、それでもサイタマには通用しません。

何をしても駄目で、理不尽の塊がサイタマであるということを知り、最後は自分に勝つことはできないと諦めてしまいました。そこでサイタマも攻撃を止めてガロウの様子を伺っていました。

ガロウが過去から抱く絶対悪の必要性

ガロウの過去はいじめらればかりでした。人気者がヒーローごっこをすれば自分はいつも怪人役ばかり…そんなことに反発すれば周りからは空気を読めといじめられます。この世の中は理不尽だということを知ったのです。

そしてヒーローだからといって弱者を一方的に虐げてきていいのか?という疑問もありました。弱者の気持ちを知らないくせに持って生まれた才能や性格で、ちやほやされているのが気に入らなかったのです。

そしてヒーローが平和を与えるのではなく、絶対悪に自らがなることで世界の平和が保たれるとも考えました。みんなが自分を憎んでくれれば、誰も争いをしないで、自分を倒そうという気持ちになるということです。

そのためにはこの世の誰よりも強くなるしかない…そう信じてもいました。

ガロウの最後

ガロウはサイタマに勝てないと悟った瞬間にあらゆることを諦めました。自らが生き延びることも諦めたかのように目が死んでしまいました。周囲のS級ヒーローたちはガロウを殺そうとしましたが、そこへシルバーファングが現れて何度も何度も殴りつけていました。

しかしその拳には力が込められておらず、ガロウを殺せないことを悟らせました。そしてアマイマスクが殺そうとすると、そこへガロウの助けた子どもが現れて、必死にガロウを殺すのを止めようとします。

これにはガロウも心を動かされ、サイタマも「教えてくれたな…お前が何者か」とつぶやくと、目に生気が戻りその場から姿を消しました。

ガロウはヒーローになりたかった

ガロウは、ヒーロー狩りを行っていたのは、理不尽な世の中を変えたかったからです。過去にヒーロー役の子は人気者ということで何をやっても許されるのに、自分はいつも怪人役をやらされて、いじめられていたことがきっかけにもなっていました。

そして戦うことでどんどん強くなり、遂にS級ヒーローを上回る力を手に入れることができますが、怪人のように非情にはなれませんでした

サイタマと最後に戦うことになって、圧倒的な強さで敗れることにはなりましたが、助けた子どもがきっかけで自分が何者なのかを気づかせてくれました。

サイタマの「本当はヒーローになりたかったんだろう?」という言葉も心に残っていて、これから自分が何をすべきかが分かったようでした。その場から消えてしまったガロウですが、また登場するかもしれませんね。

関連記事をご紹介!

【ネタバレ注意】ワンパンマン『ガロウ編』の内容を徹底解説!ヒーローの意味を問うストーリーに注目!

『ワンパンマン』とは?

ワンパンマンは、趣味でヒーローをやっている主人公サイタマが地球の平和を守るストーリーとなって…

【ワンパンマン】怪人限定強さランキングTOP15!最強は怪人王オロチ・ボロス・ガロウの誰だ!?

ワンパンマンの怪人とは?

『ワンパンマン』はヒーローと怪人の戦いを描いています。ヒーロは怪人を倒す存在でヒーロー協会…

公式アイテムをご紹介!