『ヴィク勇』の公式エピソードをご紹介!公式で結婚したリビングレジェンドと崖っぷちスケーターの愛の物語!【ユーリ!on ICE】

ヴィクトルと勇利は、伝説のフィギュアスケーターであるコーチと、地味なフィギュアスケーターという関係です。この時点で既に胸がときめく設定が詰まっていますが、二人の関係はそんなところでは留まりません!そこで今回はそんな「ヴィク勇」の公式エピソードをピックアップ(というよりほぼ全話)してご紹介します!

ヴィク勇とは?

ヴィクトル・ニキフォロフ×勝生勇利

ユーリ!!! on ICE 1(スペシャルイベント優先販売申込券付き) [Blu-ray]

勝生勇利は、オリジナルアニメ『ユーリ!!! on ICE』の主人公で、シニア5年目、23歳の日本人フィギュアスケーターです。表現力やスタミナに優れているものの、メンタルが弱く、これまでいい成績を残せていませんでした。

一方ヴィクトル・ニキフォロフは、世界選手権5連覇を成し遂げた「リビング・レジェンド(生きる伝説)」と称される27歳のロシア人フィギュアスケーターでしたが、自身の表現にイマジネーションが湧かず、スケートに対するモチベーションが下がっていました。

そんなおいしい設定が盛りだくさんの二人は、アニメの開始当初からカップリングとして非常に高い人気を誇り、その熱は回を重ねるごとに加速、ファンたちを動揺させるような伝説を残すことになります。

関連記事をご紹介!

【ユーリ!!! on ICE】ヴィクトル・ニキフォロフ6つの魅力!勇利との関係がアツい!

『ユーリ!!! on ICE』ヴィクトル・ニキフォロフとは?誰からも憧れられる伝説のスケーター二次創作でヘタレフォロフとか勇利…

【ユーリ!!! on ICE】勝生勇利6つの魅力!主人公よがんばらんば!

『ユーリ!!! on ICE』勝生勇利とは?プレッシャーに弱い日本代表のスケーター!!こんな可愛い顔した勝生勇利がブレイクダン…

ヴィク勇エピソード1:そして伝説は幕を開ける…

第1滑走 「なんのピロシキ!! 涙のグランプリファイナル」

前シーズンでいい成績が残せなかった勇利は地元に戻り、そこでヴィクトルの完全コピー演技を披露しました。それが動画として拡散されたことで演技を目にしたヴィクトルは、自身のコーチの反対を押し切り、日本にやってきます。

勇利は日本にやってきたヴィクトルと、実家の温泉宿の露天風呂で出会い、「今日から俺はお前のコーチになる。そしてグランプリファイナルで優勝させるぞ☆」と突然宣言されます。

勇利は幼い頃からヴィクトルに強い憧れを抱いており、自身の飼い犬に「ヴィクトル」の名前を付けるほど。それはコピー演技にも表れており、ヴィクトルに「雷のようなイマジネーションを受けた」と言わしめるほどの演技を見せ、ヴィクトルへの想いの強さとポテンシャルの高さを見せつけました。

ヴィク勇エピソード2:ヴィクトルのために戦うことを決意する勇利!

第2滑走 「2人のユーリ!? ゆ〜とぴあの乱」

2話ではヴィクトルの弟弟子であるユーリ・プリセツキーが現れ、ヴィクトルをかけてスケートで勝負をすることになります。また、勇利のコーチとなったヴィクトルは「君のことを何でも教えてくれ」と、囁きながらの顎クイ、さらに右手を優しく撫でるなど、勇利との距離を縮めようとします。

既にこの場面と展開だけでもうお腹いっぱいなわけですが、1話では勇利のヴィクトルに対する熱い想いが描かれており、勇利→ヴィクトルの関係性になるのかと思いきや、ヴィクトルも勇利が自身の命とも言えるイマジネーションを与えてくれる存在として、大切にしていることが明らかになります。

2話で既に相思相愛、そして過激なスキンシップ・・・流石はヴィク勇だぜ・・・

ヴィク勇エピソード3:僕だけを見て!迸る勇利のエロスにドキドキ!

第3滑走 「僕がエロスでエロスが僕で!? 対決!温泉 on ICE」

ヴィクトルから「エロス」のテーマを振られた勇利は、自分にとってのエロスである「カツ丼」、さらに「町一番の美女」になりきることでエロスの表現に成功。また、リンクに出る直前、勇利は「すっごく美味しいカツ丼になるんで、しっかり僕だけを見ててください」と、ヴィクトルを抱きしめます。

本番の演技では、「町一番の美女」になりきって微笑みかけてくる勇利に、ヴィクトルは口笛を吹き、演技直後には「あんな美味しそうなカツ丼初めて見たよ!!」と嬉しそうに勇利に抱き付きました。

この回では、勇利に「男の僕でも妊娠しそう」と言わしめる程エロスに溢れたヴィクトルの見本演技や、普段の勇利からのギャップにやられるエロスの演技、更に、勇利を勇気づけるため、ヴィクトルが指で唇に触れ、「世界は勇利の本当のエロスを知らない」と言うシーンなど、なんというか、ほんと、エロスが供給過多

ヴィク勇エピソード4:友達?恋人?徐々に縮まる二人の距離!

第4滑走 「自分を好きになって… 完成!!フリープログラム」

ヴィクトルは何とか勇利と距離を縮めようとしますが、押せ押せなヴィクトルに勇利はどこか一線を引いてしまいます。そんな勇利にヴィクトルはどんな存在でいてほしいか、「父親?兄?友達?」と問いかけ、いい反応を示さない勇利に「じゃあ恋人か…頑張ってみるか…」と呟きます。

それを否定しながらも、勇利は「ヴィクトルはヴィクトルでいて欲しい。」と訴え、「OK、手加減はしないよ。それが俺の愛だからね」と答えました。ここで勇利はヴィクトルを「踏み込んだ分だけ、踏み込んでくれる人」と理解し、徐々に打ち解けていくのでした。

また、この回ではフリープログラムの曲を友人に作曲してもらいますが、その曲の3/4はヴィクトルがコーチになってからの人生を表しており、プログラムが完成した際、勇利は「神様、どうか今だけ、ヴィクトルの時間を僕にください」と祈りました。勇利の痛いくらいの純粋な想いに胸を打たれる名場面です。

ヴィク勇エピソード5:僕を誘惑して?愛でヴィクトルをつなぎとめる!

第5滑走 「顔まっ赤!!初戦だョ! 中四国九州選手権大会」

中四国九州選手権大会に出場した勇利の緊張をほぐすため、ヴィクトルは後ろから勇利を強く抱き、「全力で俺を誘惑しろ いつも練習で言ってるだろ?」と囁き、勇利も演技中ヴィクトルのことばかり考えていました。

また、FSが始まる前では、勇利の唇が荒れていることに気付いたヴィクトルが自らの手でリップを塗り、しっかりと抱き合いました。さらにこの時の様子を、健次郎を含めた周りの人に驚きの目で見つめられます。

第3滑走では唇に触れられて動揺していた勇利が、競技前で集中していたとはいえ、第5滑走ではそれを当然のように受け止めており、二人の距離が急速に縮まっていることが分かります。また、勇利はその後の記者会見で、ヴィクトルは自分に愛を教えてくれた人と語りました。

ヴィク勇エピソード6:僕から目を離さないで!公然とイチャつき始めるヴィク勇!

第6滑走 「開幕グランプリシリーズ やっチャイナ!!中国大会SP」

中国大会SPの前日、勇利たちは火鍋屋で食事をしましたが、お酒を飲み過ぎたヴィクトルが服を脱ぎ、勇利に抱き着いた瞬間をピチットくんに撮影され、ネット上で拡散、その写真ではヴィクトルはまるで勇利は自分のものだと言わんばかりにカメラを睨んでいました。

SP当日は、「もう勇利自身の魅力で戦える」と言うヴィクトルの手を、勇利は恋人繋ぎで握り、自ら額を寄せ「絶対に僕から目を離さないで」とリンクへ滑り出しました。圧巻の滑りを見せる勇利は「僕じゃなきゃ、ヴィクトルは満足出来ない」「ヴィクトルの愛を知っているのは、世界中で僕しかいない」と断言します。

演技後のキスクラでヴィクトルは「勇利、そんなに気持ちよかった?」と尋ね、勇利は「みんな、気持ちよくなってくれたかなって…」と興奮冷めやらぬ様子で答えます。高得点をたたき出した勇利に「あんなの見せつけられたら、気持ちよくなるに決まってるだろ」とヴィクトルは抱き付きました。もう語れる言葉が見つかりません、どこまでいくのヴィク勇。

ヴィク勇エピソード7:離れずにそばにいて!ショックで泣きじゃくる勇利!

第7滑走 「開幕グランプリシリーズ やっチャイナ!!中国大会FS」

SPで首位に立った勇利は、FS前のプレッシャーで今までになく緊張してしまいます。ヴィクトルはいっそガラスの心を粉々に壊してみるかと考え、「表彰台に上れなければコーチを辞める」と宣言、それを聞いた勇利はショックで号泣してしまいます。

そんな勇利にヴィクトルは「キスでもすればいいのかい」とうろたえますが、勇利は「僕が勝つって、僕より信じてよ! 黙ってていいから、離れずにそばにいてよ!」と悲痛な想いを叫びました。その後泣いて気持ちが吹っ切れた勇利は、ヴィクトルを驚かせる演技を見せます。

思わぬサプライズを受けたヴィクトルは、演技後の勇利に飛びついて氷の上に押し倒し「勇利以上に驚かせる方法は、これしか思いつかないよ…」と囁きました。勇利はヴィクトルのコーチとしての未熟さを受け止め、二人の距離は更に縮まりました。え?キス?したした、勿論(ファンの総意)。

ヴィク勇エピソード8:僕の愛を見せつける!ヴィクトルに囁く勇利!

第8滑走 「勇利VSユーリ おそロシア!!ロシア大会SP」

ロシア大会SPでは演技の直前で勇利が、観客の声援に応えるヴィクトルのネクタイを掴んで自分に引き寄せ、耳元で「ロシア中に僕の愛を見せつけるから」と囁きました。

また、その後のキスクラでは、高得点に喜んだヴィクトルが勇利のスケート靴にキスをして、勇利もそれを当然のように受け止めます。しかし、その後日本に残っているマッカチンが病院に運ばれたことを知ったヴィクトルは、一時帰国することに。

もうね、唇にキスしてるしね(願望)、靴にキスぐらいでは驚きません。しかし、第7滑走以降勇利が強気に出ることが多くなってきており、改めて勇利のポテンシャルの高さを感じます。

ヴィク勇エピソード9:感動の再会!も少しずつすれ違うヴィク勇・・・

第9滑走 「勇利VSユーリ おそロシア!!ロシア大会FS」

ヴィクトルのいない状態でFSを滑る勇利の脳裏にはヴィクトルとの思い出がいくつも甦っていきます。そして勇利は「このプログラムを僕より魅力的に滑れる人間はどこにもいない」「ヴィクトルと僕で作ったこのプログラムを、世界で一番愛しているのは僕だ」と断言。

どんなに離れていても決してぶれることのない関係性が出来上がっていることが分かります。また、大会後に二人は空港で再会、「引退まで、僕のことよろしくお願いします!」という勇利に、ヴィクトルは「プロポーズみたいだね・・・」と指先にキスしました。

しかし、この時既に勇利は今シーズンでの引退を決意しており、シーズン後もずっと一緒にいられると思っているヴィクトルと気持ちにズレが生じてきているのでした。

ヴィク勇エピソード10:遂にヴィク勇が結婚!公式には誰も敵わないぜ・・・

第10滑走 「超がんばらんば! グランプリファイナル直前スペシャル」

グランプリファイナルの前夜、勇利はお守りとしてヴィクトルとのペアリングを購入、直後に教会へと向かい、勇利は緊張しながら「これ以上ぴったりくるもの思いつかなくて」とヴィクトルの右手の薬指に指輪をはめ、ヴィクトルも勇利の右手の薬指に指輪をはめました。

その後の夕食会で「結婚おめでとうー!」と祝福され、ヴィクトルは「これはエンゲージリングだから、金メダルで結婚だよ」と宣言。また、昨シーズングランプリファイナルのバンケットで、酔っぱらった勇利が様々な選手と絡み、ダンス勝負をしていたことが判明。

この時勇利は「このダンスバトルでおいが勝ったら、コーチになってくれるとやろ?」「びーまいこーち! びくとーる!」とヴィクトルを口説いており、実は勇利のお願いから全てが始まっていたという衝撃の事実も判明しました。

動揺を隠せないファンたち

この公式からの供給過多に、過呼吸を起こすファンが続出。公式が最大手という言葉がありますが、結婚という伝説を残したヴィク勇に、最大手どころかもう同人誌でやることなくない・・・?とファンをざわざわさせる事態に陥ってしまいました。

ちなみに二人が指輪をはめているのは右手なのですが、ロシアでは結婚指輪をはめるのは左手ではなく右手とのこと。分かっててやったのか勇利・・・。なにはともあれ結婚おめでとう!ヴィク勇!

ヴィク勇エピソード11:指輪にキス!!未来を語るヴィクトルだが・・・

第11滑走 「超超がんばらんば!! グランプリファイナルSP」

織田信成さんが解説として登場したことでも話題となった第11滑走、グランプリファイナルのSPで、二人は演技の直前それぞれ自分の指輪にキスをし合いました。はいはい、もう結婚してるからね。当然ね。

またSPの演技を見たヴィクトルは「新しい強さは自分で作り出すしかない」と考えていたものが、勇利と出会ったことで「新しい感情が自分に流れこんでくる」ようになったと語り、「勇利にこれから与えるべきものはなんだろう」と二人の未来に想いを馳せました。

これまでLOVEとLIFEを犠牲にし(そうつまりヴィクトルは・・・!?)、孤独に生きてきたヴィクトルにとってそれはとても大きな進歩でした。しかし、その日の夜、ヴィクトルは勇利から「グランプリファイナルで、終わりにしよう」と告げられることに。

ヴィク勇エピソード12:引退は撤回!ヴィク勇の愛は永遠に・・・

最終滑走 「超超超がんばらんば!!! グランプリファイナルFS」

勇利からの引退宣言に、静かに涙を流すヴィクトル、二人はそれぞれFSが終わってから結論を出すと決めます。勇利は演技中のモノローグで「終わりたくないよヴィクトル。ずっと一緒にスケートを続けたい。でもそれは、競技者としてのヴィクトルを少しずつ殺している」と語ります。

勇利はFSでヴィクトルの得点を上回り、世界記録を更新。ヴィクトルは「2人の「ユーリ」に記録を抜かれたのは、振り付け師兼コーチとしては喜ばしいことだが、競技者としては大変面白くない」と言い、選手としての復帰を決めました。

最終的に勇利は銀メダルを獲得。ヴィクトルは「金じゃないと(メダルに)キスする気になれないなあ、俺」と挑発し、勇利は「僕と一緒にあと1年、一緒に競技生活続けてください!」と引退を撤回。その後のエキシビションで二人は「離れずにそばにいて」をデュエットで披露し(あぁーーーっ!!尊いっ!!)、物語は無事結末を迎えました。

競技者に復帰したヴィクトルと勇利の関係性は?劇場版に期待!

ユーリ!!! on ICE 6 [Blu-ray]

正直なところ、二人の目線や表情、異常にキラキラ光るペアリング、声優陣によるイケボ攻撃など、文章では語り尽くせない部分も多いため、ヴィク勇を堪能したいのであれば、是非映像で見返すことをおすすめします。嬌声(というよりも奇声)を上げまくること受け合いです。

また、劇場版の公開も控えており、競技に復帰したヴィクトルと勇利の関係はどのように変化していくのか、2019年を期待して待ちたいと思います!

関連記事をご紹介!

『ユリ勇』の公式エピソードを紹介!素直になれないツンデレユーリの言動が可愛すぎる!

『ユリ勇』とは?
ユーリ・プリセツキー×勝生勇利は物語当初からの良きライバル!

ロシア代表の「ユーリ・プリセツキー…

『オタユリ』の公式エピソードを紹介!カザフの英雄×ロシアの妖精!

『オタユリ』とは?

オタベック・アルティン×ユーリ・プリセツキーは遅咲きのカップル!?
https://twitt…

関連グッズをご紹介!