【スルオフェ】公式エピソードを紹介!ある男のかなしい恋をネタバレ覚悟で紹介!【FGO】

スルオフェはFGOキャラによるカップリングの1つです。「スル」と表記してしまっている時点で大変今更なのですが、このカップリング存在自体が2部2章の重大なネタバレを含みます。なので、ネタバレの苦手な方は今すぐ引き返していただければと思います。

【ネタバレ注意】スルオフェとは

そんな注意喚起をしたところで、改めまして概要です。スルオフェはその名の通り、スルトくんとオフェリアちゃんのカップリングです。オフェリアちゃんに恋心を寄せるスルトくんの様子が大変愛らしいということでファンの間でしばしば話題になります。

ぶっちゃけ完全な片思いなので、厳密にはカップリングではないですが「だが許そう……手に入らぬからこそ美しいものもある」という奴です。今回はそんなスルオフェを感じられる本編のエピソードについて紹介します。

オフェリアちゃん

まずは2人の簡単な紹介から。オフェリアちゃんは7人いるクリプターの1人です。フルネームは「オフェリア・ファムルソローネ」。マジ天使。元々はカルデアのマスターとして人理修復を行う予定でしたが、どこぞのあんにゃろうに爆破され、ご破算。その後、異星の神に蘇生されて北欧の異聞帯に派遣されます。

出身は北欧で「宝石」という大変強力なランクの魔眼を持っており、このせいでスルトくんにストーキン……目を付けられてしまいます。性格は真面目で恋については若干内気。キリシュタリア様に密かな恋心を寄せている現代の戦乙女です。2章では乙女ゲーの主人公の如きモテッぷりを発揮しますが、肝心の想い人にはまったく振り向いてもらえない可哀そうな子です。

スルトくん

スルトくんは2部2章のボスです。正体は北欧神話に登場し、ラグナロクの要となった炎の巨人。神々を殺しつくし、世界を終わらせる“炎の剣”とされています。オフェリアちゃんに一目ぼれしちゃった男の子その1。本編ではシグルドの霊基に憑依し、オフェリアのサーヴァントセイバーとして活躍しました。

性格は神らしく、基本横暴。破壊の化身なので、事ある毎に何かを破壊しようとしたり、相手を殺そうとしたりします。けど、殺す前には必ずオフェリアちゃんに「殺すか?」と確認するとてもいい子です。彼は破壊しか自己表現手段を持っていないので「破壊=愛情表現」という大変分かり難いヤンデレっ子です。

「スルオフェ」エピソード1:その日、少女は炎の巨人に出会う

2部2章第16節「瞳の先に」

ここからは早速そんなスルオフェの公式エピソードについて紹介します。まず最初に紹介するのは彼らの出会いです。異聞帯世界では神話時代に己が運命への叛逆を試みたスルトくん。しかし、その思惑は失敗し、その後本来の役割も果たせずに牢獄へ閉じ込められてしまいます。

そんな、もう誰にも見つけられるはずのない終わる世界の牢獄にいる彼を唯一見つけてくれたのがオフェリアちゃんでした。この出来事はスルトくんに大きな驚きを与え、彼はオフェリアちゃんにどうしても恩返しがしたくなります。

しかし、彼は世界を壊す炎の巨人。彼にできることはたった1つ。終焉だけです。だから誓います。「もしも、再びおまえが俺を見たならば。その時は、我が“炎の剣”を披露してやろう」――アナタの宝具を?「星の終わりを」。こうして、スルトくんの恋は始まったのです。

「スルオフェ」エピソード2:スルトくんオフェリアちゃんに会いに行く

2部2章第13節「此処に、ふたたびの黄昏を(前編)」

恩返しをすると決意したスルトくんの行動は早かった。この出会いの時点で、すでにオフェリアちゃんの魔眼へ自分の魂を潜ませたスルトくん。そうして、彼女がクリプターとなり、シグルドを召喚した際に魔眼からその術式に割り込み、シグルドの肉体を支配します。

シグルドを召喚できた、とウキウキのオフェリアちゃんが何とも初々しい一幕です。その後召喚事故を知り愕然とするオフェリアと、逆に再会できてウキウキのスルトくんも良い。

スルトくん、オフェリアちゃんの名前を聞いて「天使だ」とか言っちゃうほど大はしゃぎです。オフェリアちゃんマジ天使。けど、会って2度目で早くも相手へ「俺のモノ」って言うのはどうかと思うよ。そして、スルトは彼女に星の終わりを見せることを再度誓います。

「スルオフェ」エピソード3:スルトくんはじめてのおつかい

2部2章第2節「魔剣強襲(後編)」

そして、召喚されてしばらく経った後、彼らのいる北欧にもカルデア一行が登場。その出現をスカディの力で早々に察知したオフェリアは、スルトへ彼らのペーパームーンを奪取してくるよう命じます。

同時に「マシュは殺さないで」ともお願いされますが、スルトくんには人間の区別がつかないのでさあ大変。けれど、このオーダーをスルトくんはカルデア全員を見逃すことで切り抜け、ペーパームーンもちゃんと手に入れます。えらい。

こんなに頑張ったのだから多少報われたっていいじゃない。ということで、スルトくんは帰宅後ご褒美を要求することに。その結果「ご苦労様」と労われた後に、報酬として休暇を貰えました。スルトくん満更でない様子。でも、直後に「その赤い瞳で私を見つめないで」とも言われてしまいます。スルトくん、強く生きて。

「スルオフェ」エピソード4:恋敵登場!ライバルはナポレオン?

2部2章第6節「雪と氷の城(後編)」

そんなスルトくんにもある時なんと恋敵が!そうその相手はナポレオンです。ナポレオンは初対面でオフェリアちゃんに速攻求婚。この時は1度引き下がったようですが、その後再び2人の前に現れて再宣言します。この場面はそんなナポレオンが懲りずに再度オフェリアちゃんへ告白したシーンです。

これにはスルトくんもお冠!オフェリアちゃんも結構おこです。初めて意見が一致したね、スルトくん!けれど、残念。オフェリアちゃんの想い人はスルトくんでもナポレオンくんでもなく、キリシュタリア様なのです……。

「スルオフェ」エピソード5:君のために世界を壊す

2部2章第13~15節「此処に、ふたたびの黄昏を(前編~後編)」

そんなこんながありましたが、本編流れて13節。何だかんだあり、スルトくんはシグルドの体から解放され、ようやく自由になります。元の体も手に入った。なら、やることは1つです。約束通り、オフェリアちゃんに星の終わりを見せるべく、空想樹も吸収。

そして、星を終わらせるため、炎の剣を振るうポイントへと移動します。ぶっちゃけ、空想樹を取り込んだ時点で、どこで炎の剣を振るっても世界を終わらせることは出来るのですが、それだけでは芸がありません。

スルトくんはちゃんとオフェリアちゃんにベストスポットで星の終わりを見てほしい。そのために、オフェリアちゃんの魂をちょっと同化したけど、そんなのは些細な問題だよね!好きな人と一緒になれるんだもん!

「スルオフェ」エピソード6:破局

2部2章第15節「此処に、ふたたびの黄昏を(後編)」

けれど、幸せ絶頂のスルトくんに思わぬ横やりが。それはこれまでも何度となく2人の仲を邪魔してきたナポレオンくんの再アタックでした。ベストスポットへ移動したのも災いし、炎の剣が炸裂する寸前で、彼らに終焉を阻止されてしまいます。

そして、ナポレオンの最後の光はスルトくんが同化したはずのオフェリアちゃんの心を動かして……。オフェリアちゃんはスルトくんの元から去り、2人の絆である魔眼も破棄してしまいました。

星も滅ぼせる力を持ったスルトくんですが、所詮その身はサーヴァント。依り代となっているオフェリアちゃんの魔眼がなければ、地上に留まることはできません。更に、彼女は大令呪も発動させ、スルトと完全に敵対し……。こうして大恋愛の末、スルトくんはオフェリアちゃんに振られてしまうのでした……。

お互い相手の気持ちに気づかない不器用なやり取りがかわいい!

ということで、ここまでスルオフェの公式エピソードについて紹介してきましたがいかがでしたか。オフェリアちゃんから命がけのNOを突きつけられたシーンなど涙なしでは見れませんね……。

このように、2部2章はそのギミックも相まって、スルト視点で物語を改めて見てみると別の面白さがあってより素敵でした。この記事はかなり私的な解釈も混ざっているので、興味のある方はぜひ実際に読み返してみてください。きっと、新しい素敵なポイントや解釈を発見できると思います。――以上、スルオフェについてでした。

関連記事をご紹介!

【カドアナ】公式エピソードを紹介!お互いを大切にする2人の関係が尊い【FGO】

【FGO】カドアナとは
全てを諦められないが故に弱気な少年と全てを諦めたが故に強気な少女
https://twitter.…

関連グッズをご紹介!