ファインディング・ドリーは「障害」をテーマにした映画?各キャラごとの障害と、映画に込められたメッセージを考察!

大ヒット映画「ファインディン・ニモ」から13年を経て公開された続編「ファインディング・ドリー」。ドリーは相変わらず忘れっぽい性格で考えることなしに行動します。このドリーはADHDの症状とよく似ています。さらに他の登場人物もそれぞれ何らかの問題を抱えています。登場人物の紹介と映画で伝えたかったことは何か?を探ってみました。

映画「ファインディング・ドリー」とは?

「ファインディング・ドリー」は2016年に公開されたディズニーアニメです。2003年に公開された「ファインディング・ニモ」の続編です。続編といってもストーリーがつながっているわけではないので、単独でも十分楽しむことができます。

前作の冒険から1年後、ニモ、ニモのお父さんのマーリン、そしてニモ捜しを手伝ったドリーは一緒に暮らしていました。ある日、ニモとドリーが学校の遠足に行くのですが、その際激流に飲み込まれ、気を失ってしまいます。

その時ドリーは昔懐かしい感覚を思い出し、そこから新たなディズニーの夢あふれる冒険ファンタジーの始まり…と思ったのですが、この映画PG指定なんです。子供の鑑賞には親の指導が必要という訳ですが、一体どうしてPG指定となってるのか、その点を探るために「ファインディング・ドリー」について調べてました。

ドリーは健忘症ではなく発達障害

ファインディング・ドリー (ディズニーゴールド絵本)

ドリーが気がつき思い出したのは、「激流に近づいてはいけない」といわれたこと。それは両親から教えられたことで、そこから自分が両親とはぐれてしまったことを思い出します。そして両親を探すためにドリー、ニモ、マーリンは旅立つのです。

「ファィンディング・ニモ」の時もそうでしたが、ドリーはすぐに忘れてしまいます。自己紹介するときにも「私ドリー、すぐ忘れちゃうの」と言っていました。そして他の事にすぐに興味が移ってしまい、今までやっていたことを忘れてしまいます。

多動性や衝動性も持ち合わせているんですね。ドリーは窮地に陥るとすぐに助けを呼びます。「助けて!」「でも、何から?」「忘れちゃったけどとにかく助けて!」このようなことからドリーはADHDではないのか?と考えられるのです。

制作側は障害というより個性と表現

制作者側は障害として描いてはいないようです。あくまでもドリーの個性だとしていますね。ADHDなどはグレーゾーンのケースが多いですからね。学校にこういったお子様がいると、大概問題になりますからね。

この映画の場合、障害そのものを”個性”として描かれているのかもしれません。例えばニモも片方のヒレが小さく描かれていますが、これは人間だでいうと片足もしくは片手が欠損している障害児ということになります。お父さんのマーリンはそんなニモが心配で、過保護になっていました。

ストーリーが進むにつれて、いろいろな個性のある海の仲間達が登場します。そんなキャラの動向を見ていると、個性的なキャラクターと付き合うにはどうしたらいいのか?自然と考えてしまいます。

ミズダコのハンクは足が7本

ドリーの両親を捜しにでた3人ですが、ドリーは人間に捕まってしまいます。そして海洋研究所の水槽の中に入れられてしまい、ヒレには何かのタグをつけられてしまいます。自分のいる場所も分からず慌てているドリーにミズダコのハンクが話しかけます。

ハンクが欲しいのはドリーにつけられたある場所の目印となっているタグで、そのタグと引き換えにドリーを助けることにします。タグを手に入れてそこへ行きたいようです。ハンクは足が7本ですが、恐ろしく有能なんです。

まず、ハンクがいなかったらドリーは水槽から出ることはできずにストーリーはそこで終わってますね。最初に水槽からコーヒーポットに水を入れてドリーを運ぶんです。ミズダコは陸の上でも移動できますからね。

できる男ハンクの活躍

ドリーはこの海洋研究所で生まれて両親とともに過ごしていたんです。そして、オープンオーシャンというところへ行けば両親に会えるのでは?と思うんです。そこでオープンオーシャンを目指すドリーとハンクですが、行き先を忘れてしまったドリーは子供達がいる場所に迷い込んでしまいます。

ここでハンクが黒い墨を吐いてドリーを助けます。タコが持つ特有の攻撃方法ですが、とても素早い行動力なんです。ストーリーの最後にはトラックのフロントガラスに張り付き、運転手を追い出してしまい、さらにはトラックの運転までしてしまいます。

そして、ドラックごと崖から転落して仲間の魚たちが逃げします。たとえ足が7本の個性的なタコでもどのタコよりも優秀で勇気、行動力があります。

アシカのジェラルドは見た目が個性的でいじめに?

アシカのジェラルドは特徴のある眉毛の持ち主です。つながっているのかと思いましたが、ちゃんと切れてるんですよね。それに白目の部分が多く、目が離れているのでとても印象深い顔です。ジェラルドが他の二匹フルークとラダーがいる岩に上がろうとすると、ものすごい勢いで追い払われます。

これはいじめなのでは?と思った人が多いんではないでしょうか?しかもジェラルドは何度追い払われれもそこに上ろうとしていますね。二匹がいない間にこっそり上ってニンマリするシーンもあります。

監督のコメントでは、ジェラルドはオタクだということです。確かにちょっと変わっていて周りとの距離感を上手くとれないタイプのように思います。いじめられているというより、フルークとラダーは自分たちだけの場所にしたいから、ジェラルドだけではなく他のアシカにも近寄って欲しくない、いうならアシカの縄張り意識のようなものなのではないでしょうか?

ジンベエザメのデスティニーは視力が弱い

ハンクにコーヒーポットに入れられて逃げ出したドリー。施設ではタコが逃げたと大騒ぎになっています。人間から逃げているときドリーはデスティニーと書かれたバケツを見つけます。その文字に覚えがあったドリーはバケツの中に飛び込みます。

バケツの中は死んだ魚がたくさんはいっていました。その魚はジンベエザメのデスティニーの餌だったのです。デスティニーはドリーをみてすぐに思い出しました。二人はかつて、お友達同士だったのです。

デスティニーは視力がとても弱く、何度も頭を壁にぶつけています。でもとてもかわいいですよね。そして優しいんです。すぐに忘れてしまうドリーの個性を理解して決して攻めたりしません。デスティニーのおかげでドリーが住んでいた場所も分かったわけですしね。

シロイルカのベイリーは”エコロケーション”が使えないと思ってる

デスティニーの隣の水槽にいるのがシロイルカのベイリー。ベイリーはシロイルカのもつ特殊な能力の「エコロケーション」が使えなくなってしまったと思い込んでいます。頭をぶつけてしまったためにこの施設にやってきたようで、医者はどこも悪くないと言っているのですが、ベイリーはその後遺症が今でもあると思い込んでいるのです。。

ベイリーは「本当にエコローションできないの。だってこんなに頭腫れてるだろ?」っていうと、ディステニーは「それがシロイルカの特徴なの!」と言うのですが、この面白い会話をきっと二人で何度もしてるんでしょうね。

これはプラシーボ効果と言うんでしょうね。自分ができないと思ったら、できることもできなくなってしまうということでしょう。自分で自分に悪い暗示をかけてしまってはいけませんね。逆に良い暗示をかけることができたらできることも広がると思いますが、良い暗示かけるのってホントに難しいです。

ドリーにイライラするマーリンの言葉が健常者の本音?

ドリーはさっき話したこと、聞いたことをすぐに忘れてしまいます。そのドリーにイライラした人も多いのではないでしょうか?マーリンもその一人です。ニモが怪我をしたときマーリンはとても心配します。

ドリーはそのマーリンの心配する気持ちを全く理解できず、何度も同じ事を大きな声で聞きます。最初はキチンと答えていたマーリンも我慢できず「あっちにいって静かにしててもらえないか!忘れるのは得意だろう!!」と言ってしまいます。

それに傷つくドリーはその場から消えてしまいます。マーリンはドリーとともに暮らしていたので、ドリーの個性をよく分かっていると思います。そして、前作でニモを助けるために頑張ってくれたことに対して感謝もしています。

分かっていてもイライラしてしまうことがある

分かっていてもマーリンにも感情があります。これはいけないことなのでしょうか?障害のある人でなく健常者の人の性格や態度でもイライラすることはあります。障害のある人だから特別に許さなくてはいけないというのも差別しているような気がします。

自分より下に見ているからそのような言動となるのではないでしょうか?もちろんドリーのように本人の努力では解決できないケースもたくさんありますが、相手を許すことではなく他の人と同じようにキチンと向き合って付き合うことが一番大事だとおもいます。

力強いメッセージが込められている「ファインディング・ドリー」

ファインディング・ドリー オリジナル・サウンドトラック

「ファインディング・ドリー」には力強いメッセージが込められているようです。障害があっても健常者以上に優れた部分があり、それによってそれぞれの道を開くことができるのです。ドリーは考えることもなしに行動してしまい周りを巻き込んでしまいます。

しかし大きな声で「助けて!」ということができます。一人では何もできません。ドリーには周りから助けてもらえるという素敵な能力があります。そのほかの海の仲間達も同様で素敵な個性を持っています。

そして健常者も全く同じで、それぞれみんなが素敵な個性をもっています。

関連記事をご紹介!

【ファインディング・ドリー】キャラクター&声優まとめ!さかなクンが監修した豪華声優陣をご紹介!

『ファインディング・ドリー』とは?

『ファインディング・ドリー』は、2016年に公開されたアニメーション映画。200…

関連グッズをご紹介!