【PR】脱出ゲーム〜夜の学校に潜入してみた〜をTiPS編集部がプレイしてみた!

株式会社ダブルエルが作成した『脱出ゲーム〜夜の学校に潜入してみた〜』をTiPS編集部が実際にプレイしてみました!実際のゲームの様子や、悪戦苦闘し悪態をついている様子(!?)などをぜひご覧ください!

脱出ゲーム 〜夜の学校に潜入してみた〜とは?

 

こんにちは!TiPS編集部の小林です。

今回は株式会社ダブルエルさんが作られた脱出ゲームを記事にしていただきたい!とのことで、実際に私がプレイし、このゲームの魅力を存分にお伝えしていこうと思います!

こちらはその名の通り脱出ゲームなのですが、魅力はなんと言っても「時間制限」があることと「キャラクター選択」ができること!制限時間5分以内にクリアをしなければいけないので、ハラハラしつつ、手の空いた時間にサクッとプレイすることができます!

夜の学校に閉じ込められるまでのプロローグである程度のキャラクター像を把握することができます!

にしてもカメラワークがめちゃくちゃ気合い入ってて迫真です! ぜひ実際にプレイして見ていただきたいです。めちゃめちゃ動きます。

そしてプロローグ後はステージを選択します。私は初めたばかりなので、もちろん1-1のステージに挑戦!

ここで好きなキャラクターを選ぶことができます。私は男子勢で一番頼りになりそうな(眼鏡をつけているからという完全に私の独断と偏見的な理由で)一ノ瀬涼くんと、ピンク髪でロリロリしく可愛らしい妹尾五月ちゃんに決定!

選んだキャラクターによってもらえるヒントが違うみたいなので、キャラクター選択もクリアするための重要なファクターとなってきます!

キャラクター選択後、早速ゲームがスタートしました!まずは目に入った机の上のチョークを指でタップしてみます。

するとカメラワークが変わり、このように見たいもののそばに寄ってくれます。さらにタップしてみるとチョークをゲットすることができました!

感覚的にゲームを進めていけるのはストレスを感じなくていいですね!

気になるものに、下にいる先ほど選択したキャラクターを指で持っていくとこのようにヒントをくれたりくれなかったりします。今回はさつきちゃんがここのものは関係ないと教えてくれたので、華麗に無視していきます。

そして黒板に書かれた謎の四角。キャラを移動させてみます。

気づいた方も何人かいらっしゃるかもしれませんが、赤髪、マジで使えない!男子勢で一番頼りになりそうとか思ってた数分前の自分をぶん殴りたいです。眼鏡だから知的ガリ勉キャラだと思ったが、ここであることに気がつく。

よくよく見たら…中二病的なポースをしてんじゃねーか。全然ダメだ。全然頼りにならない。ただの中二病患者。眼鏡はただのゲームのやりすぎ

手を顔に当てるのか当てないのか微妙な仕草をしながら「フッ….オレにはこれは不向きのようだな」と言うことしかできないキャラを選択してしまうという大ミスを犯しました。

しかし!天使・さつきちゃんがここでもヒントを!お絵描きと言ったら…!さっきゲットしたチョークを四角に移動させてみます。

やったー!四角の中に数字を書き込むことができるようになりました!数字はタップすると1、2、3…と9まで変更することができました!

多分この数字を正しいものにするとクリアできるんだな、と思いヒントを探します。

というわけでこのカレンダーの数字を四角に入れればいいんでしょ!と思い早速入れてみる。

…が、何も変化なし。

えっ、詰んだ!?

いろいろ他にも散策してみますが、特に数字らしきものはナシ。もしかして黒板の上にある時計の数字を入れるのか…!?とか思いましたが、時刻は10時13分あたりを指しているので三角には絶対入らない数字だし…!

と焦って再度カレンダーを見てみると、あることに気がつきます!わかったわかった! 色だ!!! 数字の色四角の色を照合させて入れればいいんだ!!

閃いた瞬間がめちゃくちゃ心地いいです。推理ゲームの醍醐味ですね!(後から思うと、気づかなかった私がバカすぎますが…!)

入れてみると無事に物語が進みました!時計の横にメモのようなものが出現し、クリックすると無事にクリア!

時間制限があるため、早く早くという気持ちがまるでジェットコースターに乗っているかのごとく押し寄せてきます!焦りまくってずっと一人で「えーっとどうしよどうしよ」「もうわかんない!」連呼していました。横で私の実況を聞いて編集長は爆笑していました。

一人でやっても閃いたときの爽快感を楽しむことができますし、二人でやると些細なヒントに片方が気づくことができたり、私のように片方の反応がめちゃくちゃ面白かったりうるさかったりすると楽しくワイワイプレイできるかと思います。

しかし!実は裏技が。なんと右上に出ているMENUを押し、「メンバー入れ替え」を行うと、重要ヒントを言ってくれるキャラクターがわかるとか!このゲームの醍醐味である「キャラクター選択」がここで活きてきています!

重要ヒントを言ってくれるキャラクター…さつきちゃんは確実なものの、もう一人は誰だ?と思い、1-1はクリアしたものの、やってみることにしました。

その結果が…

いやお前かーい!

とは言いつつも、赤髪(一ノ瀬涼くん)を擁護しておくと、一応ここでヒントをくれたりもしていました。

序盤でキャラクターを気になるものに移動させるとヒントがわかることを知らなかった私は、このぼやけたアルファベットが書かれたポスターを30秒くらい見て「…?」と思っていたので(時間の無駄すぎる)、一応全然役に立たなかったわけではありませんでした

という感じで奇跡的に面白いことが起きまくった初ステージでした!1-1の時点でここまで面白かったわけですから、他のステージも面白くないわけがありませんね。推理モノとしてプレイするのはもちろんのこと、私のようにキャラクターにツッコミを入れつつプレイするといったこともできて、多種多様な楽しみ方をすることができます。

ぜひぜひ一度、プレイしてみてはいかがでしょうか?

ダウンロードはこちらから!【脱出ゲーム〜夜の学校に潜入してみた〜】