【約束のネバーランド】ムジカがエマに渡した「お守り」とは?「七つの壁」の謎についても考察!

2019年にアニメ化が決定した「約束のネバーランド」は、数多くの謎が残る作品です。なかでもGF農園脱獄後に出会った鬼のムジカが、別れ際に渡した「お守り」と「七つの壁を探しなさい」という謎の言葉…。この2つの謎をご紹介していきます!

『約束のネバーランド』とは?

約束のネバーランド 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)×出水ぽすか(作画)両先生が描くダークファンタジー作品です。「約ネバ」の愛称で親しまれ、2018年には「このマンガがすごい!2018」オトコ編で第1位を獲得、累積発行部数は500万部以上突破しています。

2019年1月からは、ジャンプ史上初となるフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でのアニメ化も決定した話題作となっています。ノイタミナで放送されるのは、GF(グレイスフィールド)農園脱獄編です。

主人公のエマと別れる時に鬼のムジカが、「お守り」と「七つの壁を探せ」と意味深な言葉を伝えていました。ムジカは何を知っていて、どうして「お守り」を渡し、「七つの壁を探せ」と言ったのか?わかっている事柄をまとめていきましょう。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ゴールディ・ポンドの子供達、敵キャラ一覧!

『約束のネバーランド』ゴールディ・ポンドとは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーラン…

【約束のネバーランド】鬼の世界の歴史をネタバレ解説!

『約束のネバーランド』鬼とは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド」は、白井カイ…

『ムジカのお守り』の謎1:エマとムジカの関係は?

ムジカとの出会い

GF農園を脱獄してから、野生の鬼に襲われていたエマたちは、レイが囮になって他の仲間たちからの注意をそらします。しかし、脱獄時に耳の中に埋め込まれていた発信器が付いていた肩耳をナイフで耳ごとそぎ落としていたエマは、出血多量で倒れてしまいました。

気を失ってしまったエマの介抱をしながら、次の策を考えていたのはギルダです。困っていたところに「こっち、こっちよ…」と声を掛けてくれたのがムジカでした。ムジカは、三つ編みをし、フードを被っていた女性鬼ですね。

ムジカの手引きで、洞窟へ逃げた一行はエマの回復を待ちました。レイも合流し、エマも回復すると、助けてくれたのはムジカと一緒に旅をしているソンジュだったのを教えられています。2人は『原初信仰』の信者で、人間の肉は信仰上食さない異質な鬼だったのです。

エマの家族思いな性格に好感を持つ

約束のネバーランド 5 (ジャンプコミックス)

信仰上人間の肉を食さないムジカは、GF農園から脱獄して、外の世界がどういう状況になっているのか全くわからないエマたちにとって状況を教えてくれたり、料理を振舞ってくれたり、幼い子たちに優しく接してくれたりと救世主の鬼でしたね。

ムジカも、エマや他の子供たちののひたむきに家族を慕う姿「いい子たちね…」とソンジュに感想を伝えています。

ソンジュが量産型の農園の真実を伝えた時には、エマのところへ慰めに行っていました。「めげてなんかいられない。私には待ってる家族と叶えたい未来があるから」と前向きな姿勢を崩さないエマがいましたね。

「家族と生きるそのためなら、どんな不可能だって乗り越えてやる」と言い切ったエマを見て「そうか。この子は元々たくましいんじゃない。たくましく在らなきゃならなかったんだ」と心情を感じ取っていました。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ソンジュとムジカに関する5つの知識!謎多き異端なる双鬼の正体とは?【ネタバレ注意】

『約束のネバーランド』鬼のソンジュとムジカとは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーラ…

【約束のネバーランド】エマがかわいい11つの理由!絶望でも諦めない救世主!

『約束のネバーランド』主人公・エマとは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド」は…

『ムジカのお守り』の謎2:エマと別れる時に渡した意図は?

最初の本心は違うものだった

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

エマたちにとって救世主鬼だったムジカでしたが、接する前の心情は全く違っていました。GF農園から脱獄した食用児を、管理している鬼に引き渡して大金をもらおうとソンジュと話しています。

ソンジュに考えがあったので、助けるという選択肢を選びましたが、エマと仲良く話をするようになると「”敵”でも”食料”でもない。他のどの生き物とも違った。エマ達とあえて、話ができてよかった。友達になれてよかった」と伝えています。

エマももちろん気持ちは同じ…。「ムジカ達に出会えて、話ができて、友達になれてよかった。この6日間本当にありがとう」と感謝を述べていました。ムジカはさらに本心で「神様、どうかエマ達にご慈悲を。私の異種族の友達に、どうか光を」と心からエマ達の無事を祈っています。

『ムジカのお守り』の謎3:ソンジュの了解無しに行動していた

本心からエマたちの無事を祈っていたムジカは、ソンジュのが他の子たちと会話をしている隙にエマを静かに呼び出していました。「これはお守り、持っておいて。きっとあなた達を守ってくれる」と、エマにお守りを手渡しています。そして「”七つの壁”を探しなさい。あなた達の目指す未来は、その先にある」と言っていました。

エマはこのやりとりに返答することはなく旅立っていきます。ソンジュも、ムジカがエマに何か言ったというのに気づいて「…えらく情が移ったな、ムジカ。お前、最初はあんなに興味を示さなかったのに」とムジカの様子を暴露していました。

約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)

最初は農園に突き出そうとまで言っていたムジカでしたが、友情を感じて気持ちが変化したんですよね。ムジカとは反対に、ソンジュはエマたちを逃がして、『天然物』の食用児を増やし、原初信仰に沿った狩りをして人肉を食べようと考えていたのが判明しています。

『ムジカのお守り』の謎4:ミネルヴァとは関係するの?

約束のネバーランド 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

人間と鬼が一緒に暮らしていた1000年前に、無秩序となってしまった世界に疲れた人間の提案で『人間は”鬼”を狩らない。だから”鬼”も人間を狩らない。お互い世界を棲み分けよう』という協定を結びました。協定に関係していた人間がラートリー家の当主で、第35代当主となったのがジェイムズ・ラートリーでした。

このジェイムズ・ラートリーは、ウィリアム・ミネルヴァの本名だったのが明らかにされています。ミネルヴァもムジカと同じく「七つの壁を探しなさい」と録音された電話の中で話していました。その他にもミネルヴァは、食用児が望んだ選択肢なら支援者も阻まないと支援者がいることを明らかにしています。

約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ミネルヴァとムジカのお守りの関係は未だわかりません(2018年8月時点)。言葉の端々で、ムジカが何か知っているのは描かれているので、今後の展開を待つしかありませんね!

『ムジカのお守り』の謎5:「七つの壁」ってなんだろう…?【ネタバレ&考察】

ゴールディ・ポンドの猟場編

約束のネバーランド 8 (ジャンプコミックス)

ゴールディ・ポンドには、上流貴族の鬼のバイヨン卿が密かに作った狩猟場がありました。エマの持っていたペンとルーカスの手引きで、人間の世界に通じるエレベーターが発見(ミネルヴァの声が聞けた電話が置かれていた)されていましたね。ミネルヴァは、電話で詳細は『マーヴィンの寝床』に…と言い残しています。

マーヴィンの寝床とは、ミネルヴァの冒険小説『ウーゴ冒険記』に登場する相棒のキツネザル・マーヴィンのことを指していました。マーヴィンは、よく好んで眠っていた寝床があったとウーゴ冒険記には記されていたのです。

エマがマーヴィンの寝床(引き出し)を捜索すると、七つの壁に繋がる重要な手がかりを発見!そこには全ての情報が網羅されていました。猟場編では鬼の密猟者との戦いが待っていたので、ひとまず七つの壁捜索はストップとなります。

「七つの壁」とは、未来へ繋がる重要な道しるべ

週刊少年ジャンプ(36・37) 2018年 8/20・27 合併号 [雑誌]

そして、約ネバが連載されている週刊少年ジャンプの2018年38号に掲載された99話「クヴィティダラ」では、ゴールディ・ポンドから地下シェルターに戻って来たエマたちが「七つの壁」を目指し始めます!「クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すべし」と最初のヒントが出ていました。

このヒントを辿っていけば、七つの壁に繋がる…というのが一番自然な考え方ですね。ただ、このクヴィティダラの竜というのが、直接七つの壁なのか、それとも前段階のヒントなのかは、今後の展開を待つしかありません。

ですが、七つの壁の話が動き出したのは確実で、七つの試練が待ち受けているのか、それとも本当に建物などの『壁』を指しているものなのか…かなり気になります!

【約束のネバーランド】ムジカの「お守り」がいつ活躍するのか注目!

GF農園脱獄後に出会った原初信仰を信仰している鬼のムジカからもらった「お守り」と「七つの壁を探しなさい」という未来に繋がる手がかり。エマは、友達になったムジカの貴重なお守りと情報を大事にしながら、ゴールディ・ポンドで秘密の狩猟を楽しんでいる密猟者の鬼たちと対峙していました。

ゴールディ・ポンドでは、ミネルヴァも電話で「七つの壁を探しなさい」とムジカと同じことを言っています。狩猟編が終わり、いよいよ「七つの壁」を探す旅に出かけたエマたち。ムジカの手渡した「お守り」がどんな役目を果すのか、楽しみになってきましたね!

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】食人鬼の一覧まとめ!謎が多い凶悪な一族を紹介!

『約束のネバーランド』人間たちを食する食人鬼とは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバー…

【約束のネバーランド】バイヨン卿に関する5つの知識!秘密の狩猟場の主の正体とは?

『約束のネバーランド』狩猟場の主・バイヨン卿とは?

「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)×出水ぽすか(作画)…

関連グッズをご紹介!