『クラステ』の公式エピソードを紹介!お互い信頼しきった二人は夫婦同然!?

「血界戦線」シリーズに登場する「クラステ」とは、秘密結社ライブラのリーダー・クラウスとサブリーダー・スティーブンのカップリングです。アクの強い構成員を二人三脚でまとめている夫婦系カップリング「クラステ」の仲の良さを、原作版からご紹介していきましょう!

『血界戦線』のライブラの「クラステ」とは?

クラウス・V・ラインヘルツ×スティーブン・A・スターフェイズ

血界戦線 Back 2 Back 2 ─ゲット・ザ・ロックアウト!!─ (ジャンプコミックス)

集英社から発行されていた隔月漫画雑誌「ジャンプSQ.19(エスキュ一キュー)」で2010年から2015年まで連載されていた「血界戦線」は、内藤泰弘先生によるSF伝奇アクション作品

その後は、季刊誌「ジャンプSQ.CROWN(スクエアクラウン)」「血界戦線 Back 2 Back(バック・トゥ・バック)」を連載開始しています(2018年時点ではジャンプSQ.RISE(スクエアライズ)で連載中)。

「血界戦線」(2015年)「血界戦線 & BEYOND(ビヨンド)」(2017年)と2度にわたってアニメ化されました。

「クラステ」とは、秘密結社ライブラのリーダークラウス・V・ラインヘルツと、サブリーダースティーブン・A・スターフェイズ信頼しきった夫婦のようなカップリングです。

クラウス・V・ラインヘルツ

血界戦線 1 クラウス・V・ラインヘルツの断罪 (SHUEISHA JUMP REMIX)

クラウス・V・ラインヘルツは、ヘルサレムズ・ロット(以下、HL)で、『世界の均衡を保つため』という名目で暗躍する、超人揃いの秘密結社ライブラのリーダーを務めています。ライブラの全体像は未だ明らかにされず、正確な情報が流れたら闇の世界から置くの買値が付くと噂されていました。

がっしりとした体型と、下顎の犬歯、コワモテという風貌ですが、貴族階級のラインヘルツ家の4人兄弟(兄2人、姉1人)の3男というお坊ちゃまで、優しい性格の持ち主でした。

武器の「滅嶽の血」を転化して破壊、封印することのできる「ブレングリード流血闘術」の使い手です。

ギルベルト・F・アルトシュタインという、ラインヘルツ家に仕えている年老いた執事が身の回りの世話をし、仕事面ではスティーブン・A・スターフェイズがサポートするという恵まれた環境でした。趣味は園芸、ゲームのプロスフェアー(チェスに似ている)。

関連記事をご紹介!

【血界戦線】クラウスは粛々と世界を救う! ライブラ最強のリーダー、3つの魅力を語り尽くす!

【血界戦線】クラウス・V・ラインヘルツってどんな人?闘いは常に真っ向勝負! 心優しき愚直なまでの正義漢話変わるけど、血界戦線の…

スティーブン・A・スターフェイズ

血界戦線 4 ―拳客のエデン― (ジャンプコミックス)

スティーブン・A・スターフェイズ(以下、スティーブン)は、秘密結社ライブラのサブリーダーを務めている男性。いつもスーツにネクタイとかっちりとした服装を好み、目に傷があり、「スカーフェイス」という異名を持っていました。

全てを凍らすことのできる高速の蹴り技「エスメラルダ式血凍道」の使い手のスティーブンは、優しい性格のクラウスのサポート役です。また構成員が危険な時など、クラウスに内緒で私設部隊を動かすやり手でした。

社交的で、情報収集能力・調整能力に長け、厳しく構成員をまとめるなどライブラの重要なポジションを担当しています。ソフトな人当たりの反面、冷血漢の一面も持っているので、スティーブンが笑っていても、怒っている場合があるので充分に注意しなければなりません。

関連記事をご紹介!

【血界戦線】スティーブンの全て!ライブラ参謀の名言や魅力を語り尽くす!

【血界戦線】スティーブン・A・スターフェイズってどんな人?出典:https://www.amazon.co.jpまた、K・Kの…

『クラステ』公式エピソード1:「血界戦線」第1巻「幻の幽霊車両を追え!!」

「こりゃあ、大丈夫だな」クラウスの表情でスティーブンは何を考えているのかわかっちゃう!

血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)

ライブラの新人構成員・レオナルド・ウォッチ(「神々の義眼」を持ち、幻影も本当の姿として見極める)が、ザップ・レンフロとバイクに乗っている最中に街で見かけたトラックは、異形が人間を真空パックにしている仮の姿でした。

異形はレオだけを拉致、ザップの連絡で追跡していたチェイン・皇も見失ってしまいます。チェインから電話報告を受けたスティーブンは「最大の懸念が早くも現実になったかぁ…ちょっと…やばいんじゃない?クラウス」と話しかけていました。

クラウスは、子供が泣いちゃうような怖い顔をしたまま…。スティーブンは「あ、そうだよね。済まん済まんかったクラウス。君の事だ。死ぬ程考えてる」と理解を示します。そして「こりゃあ、大丈夫だな」クラウスの性格も踏まえた上で納得していました。

『クラステ』公式エピソード2:「血界戦線」第6話「ラン!ランチ!!ラン!!!」

「あ、ずるい。そこ突くんだ」ボスのクラウスには絶対逆らえないスティーブン

血界戦線 6 ─人狼大作戦─ (ジャンプコミックス)

千人同時に動くといわれているファミリーヤクザのレギオカ兄弟を挙げるために、人手が必要だと考えたダニエル・ロウ警部補は、ライブラのクラウスとスティーブンに協力を要請しています。スティーブンは「…危ないなあ、ドサクサに紛れて、後ろから手錠をかけられたりして」と警察への協力に懸念を示していました。

ダニエル警部補は「だが考えてみろ、これだけの大きなヤマだ。耳聡い連中にはもう伝わってるだろう。HLの混乱が長引けは、その機に乗じて、他の厄介者どもも動き出すぞ」と言っています。HLの痛いところを突かれたと感じたスティーブンは「あ、ずるい。そこ突くんだ」と考えクラウスを見ました。

聞いていたクラウスは、混乱が長引くというのだけは避けたいと考えたのかやる気満々!クラウスの様子から、ダニエル警部補も依頼成立と考え、「…ボスの腹は決まった様だな。よろしく頼むぜ」と言っていました。クラウスがやる気になっていては、スティーブンは逆らえませんね。

『クラステ』公式エピソード3:「血界戦線」第6巻「The Outlaw of Green」

「…奴らは、彼女を…大切な花を…踏みにじったのだ」暴走したクラウスに優しく問いかけるスティーブン

園芸サークルに入っていたクラウスは、サークルで庭師のキリシマ・エイジと、両親を失った少女メイヴィと知り合いになります。キリシマは「滑塵組」という弱小ヤクザの組員で、巨大組織の「九頭見会」と抗争をしていた時に、メイヴィの両親を間違って殺害…

キリシマの正体を知ったクラウスは、友人として何か出来ることはないかと言っていました。その後クラウスは、メイヴィが九頭見会に誘拐されると、九頭会を壊滅状態にさせて救出しています。

血界戦線 公式ファンブック B5 (愛蔵版コミックス)

怒りで我を忘れてしまったクラウスを、車で迎えに来たスティーブンは「…全く。やりすぎだよ。可哀相に、九頭見会もさぞやびっくりした事だろう。事実上解散だね、あれじゃ」と優しく問いかけました。

クラウスは大きい体を小さくしながら「…奴らは、彼女を…大切な花を…踏みにじったのだ」と申し訳なさそうに言っています。クラウスの様子を見たスティーブンは「違うよ。単独で突っ込むなんて、さすがの君でも無茶だって話。次からは呼んでくれ」と諭しながら言っていたのがステキですよね。

『クラステ』公式エピソード4:「血界戦線」第7巻「マクロの決死圏(前編・後編)」

「あ、それとスティーブン、ギルベルトに伝言を…」2人のやり取りがまさに夫婦!

血界戦線―マクロの決死圏― 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

レオの異形友人のリールが、病原菌テロリスト・ゲムネモに巨大化させる改造を施されてしまいます。ゲムネモを捕まえるためにやって来たのは、知性を持った菌の機装医師のリ・ガドです。世界の命運がどれだけかかっているのか一生懸命説明していたリ・ガドでしたが、扱いに困ったレオはライブラに連れて行っています。

クラウスは、車で移動中にポリスノーツが降ってくるという出来事に遭遇し、スティーブンに緊急出動の連絡をしていました。事態の収拾に乗り出したクラウスでしたが「あ、それとスティーブン、ギルベルトに伝言を…」「私の夕方の予定は、キャンセルしてくれ給え」とスティーブンに頼んでいます。

仕事仲間とはいえ、仕事面から執事の伝言まで何でもスティーブンに頼む様子から、2人のやり取りは夫婦としか表現できませんでしたね!

『クラステ』公式エピソード5:「血界戦線」第8巻「王様のレストランの王様」

高級料理を食べていてもザップとレオの変わらない様子にスティーブンが笑顔で激怒!その時クラウスは…?

血界戦線 8 ─幻界病棟ライゼズ─ (ジャンプコミックス)

味覚の特異点といわれている『ヌーベル キュイジーヌ アウデラーデ(新異界料理の店)・モルツォグァッツァ』に訪れたライブラの一同は、スポンサーとして大きな可能性を秘めたフリージャ次期国王と食事の招待を受けて来ていました。

大事なスポンサーがかかった重要な食事会で、スティーブンは「いいか、くれぐれも粗相の無いようにな」と構成員に釘を刺しています。生魚が苦手なツェッドの皿を取り合っていたザップとレオに、怖い笑顔で「…君達、その皿の上には、二切れあるようだ。仲良く分けるといい」と言っていました。

スティーブンの気持ちにまったく気づかずに、フリージャ次期国王とのん気にライブラの話をしていたクラウスのギャップが面白いエピソードでしたね。

『クラステ』公式エピソード6:「血界戦線」第8巻「幻界病棟ライゼズ(前編・後編)」

「我々は今君を失うわけにはいかないんだ!!」3年前の紐育が謎の霧に覆われた時も2人は行動を共にしていた…

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ 血界戦線 & BEYOND クラウス・V・ラインヘルツ(No.MT418)

3年前のニューヨークの大崩落の時に、街中で赤ちゃんを保護したクラウスとスティーブンは、近くのブラッドベリ総合病院へと運んでいます。ブラッドベリ総合病院では多くの怪我人が発生し、女医のルシアナ・エステヴェスたちが治療に当たっていました。

そこへ、血界の眷属(ブラッド・ブリザード)のザメドル・ルル・ジアズ・ナザムサンドリガが、ペットの食獣動植物と一緒に現れます。病院を守るために2人は立ちはだかりますが、クラウスとスティーブンが攻撃しても互角な戦いを見せるザメドル…。

スティーブンは「我々は今君を失うわけにはいかないんだ!!」と病院よりもクラウスの命が大事だと訴えていました。クラウスは、病院を見捨てる気ににはならずそのまま戦いを続行します。もちろん、スティーブンもクラウスと行動を共にするのでした。

『クラステ』公式エピソード7:「血界戦線」第10巻「妖眼幻視行」

「レオナルドか。何か引っかかる様子でも?」クラウスの考えている事を先回りして読むスティーブン

血界戦線―妖眼幻視行― 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

レオの妹・ミシェーラ・ウォッチが、婚約者・トビー・マクラクランをHLにやって来ました。ですが、トビーは、異界のDr.ガミモツが世界に点在する『神々の義肢』の調査と研究のために、レオとミシェーラに近づいた刺客だったのです。レオの状況を知らないクラウスとスティーブン…。

スティーブンは、血界の眷属の出現でレオにも緊急招集をかけます。戦いの最中からいつもと違う様子のレオに、クラウスは電話をかけていました。電話で会話をしていても、いつもと変化がなかったのですが、クラウスは少し考え込んでいましたね。

クラウスを見たスティーブンは「レオナルドか。何か引っかかる様子でも?」と話しかけていました。その時、クラウスがレオから着ていたSOSに気づくと、即座にスティーブンもレオのGPSがロストになっているのを確かめています。クラウスの反応と、状況確認をタイムラグ無く行うスティーブンすごすぎですよね。

『クラステ』公式エピソード8:「血界戦線 Back 2 Back」第1巻「ライツ、カメラ、アクション!」

「ご苦労だった。無事で何よりだ。レオナルド君」捕まる時はやっぱり一緒!

血界戦線 Back 2 Back 1 ─ライツ、カメラ、アクション!─ (ジャンプコミックス)

部屋で過ごしていたレオは、ザップからスーツケースを外から投げ入れられます。スーツケースの中には、異世界との調印式ためにHLに来ていたフランツ・アッカーマンアメリカ大統領特使の生首…。

レオは、アッカーマンの体のある連邦公会堂を目指しながら、敵の追跡をかわしていきます。クラウスとスティーブンは、連邦公会堂で側近たちと対応を協議しながらレオを待っていました。

敵を振り切り、連邦公会堂に辿り着いたレオ。「ご苦労だった。無事で何よりだ。レオナルド君」とクラウスっぽいセリフを言ったのは、クラウスとスティーブンたちを拘束していた敵でしたね。

この時、スティーブンは隣のクラウスを見て「何だい、また心労から来る胃痛かい?カンベンしてくれよ、クラウス!!」と考えていました。拘束された状況でも、クラウス愛を優先しています。

クラステが拘束されるなんて珍しいシーンですが、拘束されたのは作戦で、しっかりと敵を倒し無事に調印式を成功させていました。

『クラステ』公式エピソード9:「血界戦線 Back 2 Back」第2巻「グット・ザ・ロックアウト!!(前編・後編)」

「あまり無理をしないでくれ」妻を気遣う夫の関係に見えてくる…!?

血界戦線 Back 2 Back 3 ―深夜大戦―Dead of night warfare (ジャンプコミックス)

ライブラで、仕事の処理に追われていたスティーブンは、レオとザップのケンカに「お前達、いい加減にしないか」と笑顔で注意していました。スティーブンの笑顔での注意は、『モルツォグァッツァ』でも登場したように、限界値に近いと出る表情で、2人も素直に聞き入れています。

限界値の状態になっているスティーブンに、お茶を差し入れしたのはクラウスでした。う少しで処理が終了するとスティーブンは言っていましたが「あまり無理をしないでくれ」とクラウスは体を気遣います。

さらに、過去に確保・収監したはずの敵が出現!敵を確保している間にも、連続する戦いに、ずっと根を詰めていたスティーブンの体が悲鳴をあげていきました。意識を失いそうになるシーンでは、クラウスがさりげなく手を置いて支えているのが良かったですよね。

【クラステ】クラウスとスティーブは二人三脚で活動する夫婦カップリングだった

「血界戦線」シリーズに登場する「クラステ」は、秘密結社ライブラのリーダー・クラウス・V・ラインヘルツと、サブリーダーのスティーブン・A・スターフェイズのカップリングでした。大柄でコワモテな容姿とは違い、お坊ちゃま育ちで純粋な心を持っているクラウスのサポートをするスティーブンの尽くし具合がすごかったですよね。

表情や発した言葉で的確にクラウスの考えていることを理解し、仕事関係であれば即座に適した行動に移していたスティーブン。日々自分やライブラのことで神経をすり減らしているスティーブンを気遣うクラウスの姿も可愛かったです。

秘密結社ライブラの屋台骨となり、二人三脚で活動する夫婦系のカップリング「クラステ」は、懐の深い男性2人の気持ちが大前提にあったから成立してていたカップリングでした!

関連記事をご紹介!

『ザプレオ』の公式エピソードを紹介!いつも一緒にいる凸凹ケンカップルっぷりがかわいい!

『血界戦線』の「ザプレオ」とは?
ザップ・レンフロ×レオナルド・ウォッチ

集英社から発行されていた隔月漫画雑誌「ジ…

公式アイテムをご紹介!



この作品はU-NEXT対象のため、31日間無料で視聴できます
動画・ア二メ見放題のU-NEXTで31日間↓完全無料視聴する↓