【約束のネバーランド】アダムがノーマンの個体番号「22194」をつぶやき続けるわけとは?

2019年にアニメ化が決定している「約束のネバーランド」に登場するアダムは、GF農園のノーマンの固体番号(認識番号)「22194」を復唱する食用児でした。ノーマンとは会ったことがないはずなのに、「22194」をアダムはなぜ知っていたのでしょうか?

『約束のネバーランド』アダムとは?

約束のネバーランド 8 (ジャンプコミックス)

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)×出水ぽすか(作画)両先生が描くダークファンタジー作品です。「約ネバ」の愛称で親しまれ、2018年には「このマンガがすごい!2018」オトコ編で第1位を獲得、累積発行部数は500万部以上突破しています。

2019年1月からは、ジャンプ史上初となるフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でのアニメ化も決定した話題作となっています。ノイタミナで放送されるのは、GF(グレイスフィールド)農園脱獄編です。

アダムとは、新農園『Λ7214(ラムダ7214)』出身の食用児でした。ゴールディ・ポンドの秘密の猟場に試食品として出荷された後、ルーカスやオリバーたちが拠点にしている風車の見張り番を担当しています。

『アダム』が「22194」をつぶやいた理由1:GF農園出身のノーマンをおさらいしてみよう

アダムを語る上で欠かせないのは、GF農園出身のノーマンの存在です。ノーマンはGF農園で主人公のエマやレイと一緒に過ごし、毎日行われていた学力テストでは満点を採っていた頭脳の持ち主でした。首に刻まれた個体番号(認識番号)は「22194」。

戦略・分析能力に長けていたノーマンは、孤児院だと思っていたGF農園が、鬼の食料を養殖・出荷している食用児農園だったのを知ると、ノーマンはエマたちと脱獄を計画します。

しかし、食用児を監理していたママ・イザベラが察知してしまい、直前で『出荷』(食用として処理されること)が決まってしまいました。エマやレイが手を尽くしましたが、残念ながら『出荷』されて死亡したとされています。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ノーマンは死亡?生存?最後の「え」という言葉の意味を徹底考察!

グレイス=フィールド1の天才!ノーマンってどんな男の子?
https://twitter.com/yakuneba_staf…

『アダム』が「22194」をつぶやいた理由2:『Λ7214』ってどんな場所?

約束のネバーランド 8 (ジャンプコミックス)

アダムが住んでいた『Λ7214』は、ピーター・ラートリーが陣頭指揮を執っている新しい食用児農園でした。ゴールディ・ポンドの西の果てに建設され、試験農園として計画されています。

鬼に似た者(お守り役?)食用児らしき者など、特定の種族にこだわっていません。これまでの食用児農園と同じく人間が管理していました。

ただし、アダムがいた部屋は透明なガラスに囲まれた異質な場所。アダムは、一緒に入れられている者たちと会話はせず、ただそこに存在しているだけのように描かれています。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ピーター・ラートリーに関する5つの知識!人間の世界の安寧を考えるラートリー家第36代当主!

『約束のネバーランド』鬼と人間の調整役・ピーター・ラートリーとは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されてい…

『アダム』が「22194」をつぶやいた理由3:ノーマンとの接点は?

GF農園から『出荷』され、死亡したと思われていたノーマンですが、ピーター・ラートリーが関わっている新農園『Λ7214』にいたのが、第73話「決起」で明らかになりました。GF農園でノーマンは、ピーターの研究対象として出荷されるのを聞かされ、Λ7214で毎日学力テストを行って生活をしています。

ノーマンが、居住スペースからテストを行う部屋まで移動する通り道に、アダムが生活していたガラス張りの部屋がありました。ノーマンが毎日通り過ぎるのを、ガラス越しから見ていたアダムは、ノーマンの首に刻まれた「22194」という数字をインプットしたんですね。

アダムとノーマンが会話をしたり、目を合わせたりなどというシーンは登場しません。それでもアダムにとっては印象深い出会いだったのかもしれませんね。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ノーマンに関する5つの知識!GFハウスきっての天才のすべて

『約束のネバーランド』のノーマンとは?
優しく穏やかなハウス一の天才
https://twitter.com/yakune…

『アダム』が「22194」をつぶやいた理由4:これからどうなる?【考察】

ゴールディ・ポンドにあったバイヨン卿の作った秘密の猟場が、エマたち食用児の手によって崩壊した後、アダムも一緒にB06-32地点にある地下シェルターへ逃げています。そして、大所帯になった食用児の一員として馴染み、エマの認識番号「63194」を覚えて復唱していました。

レウウィス大公戦では、門番の仕事から外れ、体を活かした大きいパンチで会心の一撃を放ち勝利に貢献しています。言葉がほとんど理解できなくても、数字が覚えられる程度の知能は持っているアダム。

新たにスタートした『七つの壁』の探す旅には、地下シェルターに残っています。大きな体で敵を倒す貴重な戦力となるのは間違いなく、今後絶対にあるピーター・ラートリーとの攻防戦でも大活躍してくれるのではないでしょうか。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】バイヨン卿に関する5つの知識!秘密の狩猟場の主の正体とは?

『約束のネバーランド』狩猟場の主・バイヨン卿とは?

「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)×出水ぽすか(作画)…

【約束のネバーランド】アダムはノーマンと会っていた!

約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)

大柄のアダムは「約束のネバーランド」のゴールディ・ポンドに鬼のバイヨン卿が作った秘密の猟場にいた食用児でした。アダムの出身は、ピーター・ラートリーが関わっている新農園『Λ7214』出身で、猟場には試食品として出荷されてきます。

Λ7214では、死亡したと思われていたノーマンと出会っていたアダム…。会話ができる知能を持っていないアダムは、エマたちにノーマンが生きているというのは伝えられません。読者としてはもどかしい気持ちになってしまいますね。

2019年にアニメ化されるのは、GF農園脱獄まででアダムは残念ながら登場しません…。もし、第2期までいくとなればアダムの登場もあるはずです!それまでアニメ版でのアダムの登場を待ちたいですね!

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】約束のネバーランド「ミネルヴァ探訪編」のストーリーを徹底解説!秘密の猟場で始まる絶望の攻防戦!

『約束のネバーランド』ミネルヴァ探訪編とは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド…

【約束のネバーランド】七つの壁についてネタバレを交えて徹底考察!

『約束のネバーランド』重要な手がかりの「七つの壁」とは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束の…

公式アイテムをご紹介!