『スティレオ』の公式エピソードを紹介!「差」が詰まった二人は親子かわいい!

「血界戦線」シリーズに登場する「スティレオ」とは、『神々の義眼』を持つレオナルドと、秘密結社ライブラのサブリーダー・スティーブンのカップリングです。レオが困った時に頼るのはスティーブンで、2人のやりとりは親子のよう。そこで、公式エピソードを原作版からご紹介していきます!

『血界戦線』の「スティレオ」とは?

スティーブン・A・スターフェイズ×レオナルド・ウォッチ

血界戦線 公式ファンブック B5 (愛蔵版コミックス)

集英社から発行されていた隔月漫画雑誌「ジャンプSQ.19」で2010年から2015年まで連載されていた「血界戦線」は、内藤泰弘先生によるSF伝奇アクション作品

その後は、季刊誌「ジャンプSQ.CROWN」「血界戦線 Back 2 Back」を連載開始しています(2018年時点ではジャンプSQ.RISE(ジャンプスクエアライズ)で連載中)。2015年と2017年に「血界戦線」「血界戦線 & BEYOND」と2度にわたってアニメ化されました

「スティレオ」とは、秘密結社ライブラのサブリーダー・スティーブン・A・スターフェイズと、妹を助けるために入った構成員・レオナルド・ウォッチのカップリングです。絡むエピソードは少なめですが、困った時にスティーブンを頼るレオの姿が度々登場し、親子に似た関係を築いています。

スティーブン・A・スターフェイズ

血界戦線 もふもふミニタオル スティーブン

スティーブン・A・スターフェイズ(以下、スティーブン)は、秘密結社ライブラのサブリーダーを務めている男性。いつもスーツにネクタイとかっちりとした服装を好み、目に傷があり、「スカーフェイス」という異名を持っていました。

全てを凍らすことのできる高速の蹴り技「エスメラルダ式血凍道」の使い手のスティーブンは、優しい性格のクラウスのサポート役です。また構成員が危険な時など、クラウスに内緒で私設部隊を動かすやり手でした。

社交的で、情報収集能力・調整能力に長け、厳しく構成員をまとめるなどライブラの重要なポジションを担当しています。個性的なライブラのメンバーの中でも、困った時にレオが一番頼りにしている人物で、まんざらでもないのがスティーブンの言動からも垣間見えます。

関連記事をご紹介!

【血界戦線】スティーブンの全て!ライブラ参謀の名言や魅力を語り尽くす!

【血界戦線】スティーブン・A・スターフェイズってどんな人?出典:https://www.amazon.co.jpまた、K・Kの…

レオナルド・ウォッチ

ステップアップLOVE (期間限定盤) [CD+DVD]

レオナルド・ウィッチ(以下、レオ)は、「ヘルサレムズ・ロットの歩き方」という記事を執筆する予定の記者です。妹・ミシェーラ・ウォッチはとても視力が悪く、記事を執筆して資金を貯めようと考えていました。

妹の視力を取り戻す原因を知るためにライブラの構成員となったレオは、全てを見通すことができる「神々の義眼」を持つ人物です。神々の義眼でヘルサレムズ・ロッドを見渡せば、異世界の住人の本当の姿を見ることが可能で、貴重な存在となっていました。

ミシェーラのために頑張るレオは、ライブラから貰っているお給料も大半を仕送り自分は贅沢をせずに暮らしています。サブリーダーのスティーブンに、レオは困ったことがあったら報告をしていました。スティーブンは、他の構成員とは違い的確に回答をくれるので、レオはついつい頼っちゃうんですよね。

関連記事をご紹介!

【血界戦線】レオナルドは不運な語り部!義眼保有者の過去や魅力を紹介!

【血界戦線】レオナルド・ウォッチってどんなチビ?不運にも巻き込まれた平凡な少年……?そーいえばジャンプSQクラウンに血界戦線載…

『スティレオ』公式エピソード1:「万事解決、おめでとう!!」大健闘をしたレオをたたえるスティーブン

「血界戦線」第1巻「幻の幽霊車両を追え!!」

血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)

ヘルサレムズ・ロット(以下、HL)にレオが来てから1ヶ月、秘密結社ライブラ(以下、ライブラ)の仕事にもだんだん慣れてきました。スティーブンは、クラウスに「大丈夫なのかい?そんなの入れて」ライブラに入れたのを危惧していましたね。

ある日、レオとザップ・レンフロが街中で、異形が人間を真空パックにしているのを発見します(見えてるのは『神々の義眼』を持つレオだけ)。見えたのがきっかけで、レオが敵のアジトに拉致され、ライブラ内は救出に乗り出していました。

スティーブンとクラウスの攻撃でアジトは壊滅…。拉致されていたレオは自力で脱出したものの、全身に大怪我を負い入院となっていました。スティーブンは「万事解決、おめでとう!!」とレオの活躍を認めて褒めています。

『スティレオ』公式エピソード2:スティーブンのムチャなふりもレオは拒否できない!

「血界戦線」第3巻「震撃の金槌」

血界戦線 3 ―震撃の血槌― (ジャンプコミックス)

ゴスロリを着た少女・偏執王アリギュラがHLに、ドグ・ハマー(容姿が気に入ったので、元恋人のブローディの血と入れ替えた)の奪還のためにやって来ました。ハマーを守るためにライブラは動き出します。

レオは、エピソードの冒頭でアリギュラに人質にされていました。アリギュラのトラックから逃げようと考えたレオのもとに、スティーブンから電話が入ります。「早速で悪いがよく聞いてくれ。君の乗っているそのモンスタートラックだが…今から我々がブチ壊す」と衝撃の内容をレオに伝えてきました。

自分の生死のかかった作戦に、レオは言葉を失っています。さらには、トラックの視界を阻止し、スティーブンのいう場所まで誘導して欲しいと指示を受けていました。スティーブンは「やれるな!」と念を押していましたが、レオには拒否する選択肢は残っていませんでしたね!

今日のおすすめ記事