【BLEACH】市丸ギンの卍解「神殺鎗」の能力とは?斬魄刀の情報まとめ!【ブリーチ】

『BLEACH』の市丸ギンは寡黙で大人しそうに見えますが、かなりの実力の持ち主でもあります。そこにはギンの持つ斬魄刀の能力が関係しているのですが、ギンの斬魄刀にはどのような能力があるのでしょうか?始解から卍解まで能力と強さを詳しく紹介していきます。

市丸ギンの斬魄刀と能力は?

市丸ギンの持つ斬魄刀は「神鎗」と呼ばれています。その能力は名前にあるように鎗のような刀ということです。刀が一瞬で伸び縮みするのでまるで鎗に突き刺されるような感覚からこの名前になったと思います。

この伸縮のスピードがあまりにも速すぎるので、かわすことも受けることも難しいです。刀が伸びた状態で戦う姿を見た者は誰もが刀の長さに脅威を感じてしまい、伸縮の速さというところまで目がいきません。

そのため理解する前に倒される可能性が高い斬魄刀と言えます。

市丸ギンの卍解「神殺鎗」の能力は?

ギンの持つ斬魄刀「神鎗」の卍解が「神殺鎗」です。ギンが一護との戦いの時にその能力を明かした内容は「刀が13キロメートルまで伸びる」ということと、「手を叩いた音が届く速さの500倍の速度」ということです。

しかしそれは嘘で、本当の能力を語ったのは藍染との戦いの時でした。藍染の不意をついて胸を貫くことに成功すると「神殺鎗」のことを話します。「言うたほど長く延びません 言うたほど迅く延びません ただ 延び縮みする時に一瞬だけ塵になります」と語りました。

そして刃の内側に細胞を溶かし崩す猛毒が入っていることを告げました。つまり「神殺鎗」の伸縮は、刃が塵に変化して現れるという現象だったのです。更に塵に変わった刃の一部を相手の体内などに残すことで内側から毒で殺すこともできます。

藍染もこの能力により瀕死の重傷を与えられることになります。

市丸ギンは、いつ卍解を出した?

市丸ギンが初めて卍解を出したのは、一護との戦いのあった46巻です。二度目の戦いとなるのですが、ギンは最初から手を抜くことなく卍解を出します。これには一護も驚くのですが、考える間を与えずに伸ばした刀でいきなりビル群を切り落としてしまいました

そして何度も一護に斬りつけていくのですが、一護はそれを受け止めることで精いっぱいでした。戦いの中で、ギンの卍解の本当の怖いところは、伸縮の速さということに気付くのですが、藍染の動向が気になり集中できなくなりました。

藍染の圧倒的な力を目の前で見てしまい、すっかり気持ちが抜けてしまった一護にギンは、殺しても仕方がないと思いそのまま戦いを止めてしまいます。

市丸ギンの卍解は他と比べて強い?

ギンの卍解は護廷十三隊の隊長クラスの中でどれほど強いのでしょうか?それは、トップ3に入る強さだと思います。その訳は、一瞬で相手を殺してしまう速度と毒性です。ギンの卍解の能力は誰も知りません。

だからこそ相手がその能力に気付く前に殺されてしまう可能性があります。他の隊長の卍解は、攻撃力や防御力、独特の能力というところで飛び抜けた強さを持つ者がいますが、ギンのは瞬発力が断トツで優れています

そのため対峙した瞬間にすぐに終わらせるという力があるのです。完全体の藍染に敗れてしまいましたが、藍染と関わらなかったら別の結末もあったかもしれません。

市丸ギンの卍解「神殺鎗」は、能力がかなり高い!

護廷十三隊の三番隊隊長の市丸ギンの斬魄刀は「神鎗」と呼ばれていて、刀が伸縮することで相手を攻撃します。その攻撃の速さは、他の斬魄刀の能力の中でも群を抜いているので、かわすことも難しいです。

更に伸びきった状態で攻撃もできるので、遠距離までの攻撃も可能となっています。しかし伸ばしすぎるとその分隙ができることもあるので、伸ばしたままの状態ではほとんど戦いません。

そして卍解「神殺鎗」ですが、刀を一瞬塵に変えて相手を攻撃します。刃の内側にある細胞を溶かしてしまう毒が攻撃の決め手で、塵にした刀の一部を相手の体内に残すことで内側から破壊します。

超スピードで一度でも肉体に刺さってしまうと、内側から毒で殺されてしまうという二段構えになっているので、卍解の中でもかなり能力が高いと言えます。

関連記事をご紹介!

【BLEACH】市丸ギンの名言集BEST7!乱菊のために全てを欺いたポーカーフェイスのセリフ集!【ブリーチ】

市丸ギンとは?

市丸ギンは、護廷十三隊の三番隊隊長で、冷静沈着で口数が少なく、何を考えているのかよく分からないキャラ…

【BLEACH】市丸ギンに関する5つの知識!多くを語らず、行動で魅せるカッコ良さがここにある!【ブリーチ】

糸目のポーカーフェイス!市丸ギンとは?

市丸ギンは、護廷十三隊の三番隊隊長です。細目で何を考えているのか分からない?…

関連グッズをご紹介!