【東京喰種】六月透のサイコパス過ぎる行動まとめ!カネキへの愛がヤンデレ過ぎる!

覚醒し、サイコパスと化してしまった六月透。佐々木琲世を慕っていた気持ちは、増幅し続けカネキへと向けられる。そんな六月透のサイコパス過ぎる行動をまとめてみました。ヤンデレが過ぎる透にも注目!

六月透のサイコパス&ヤンデレ過ぎる行動をご紹介!

覚醒した六月透のサイコっぷりがヤバイ!!

覚醒した透は、そのサイコパスぶりを遺憾なく発揮する。流島での“オウル滝澤×フロッピー亜門×真戸戦”に現れた透。覚醒後最初の戦いは、上官である真戸の顔を赫子で傷付けても気付かず、戦うその顔は高揚していた。ナッツクラッカーの如く、オウルのナッツをぱきゅんと踏み砕き『パァ・・・』と、良い表情を見せる。追い詰めたオウル滝澤を真戸が庇うまさかの行動に、「喰種擁護は重罪ですよ・・・」と声をかけるも、手を止めることはせず容赦なく攻撃を続けた。

VSウタで見せたサイコパス全開の六月透!!

メッタ刺しでとろん!?

『隻眼の王』を語る集団がCCG各支部を攻撃。透は“ノーフェイス”ことウタを追いかけ、顔面をメッタ刺しにする。クインケを降り下ろす透の目は、ハートになり『とろん』ととろけるような表情だ。透は楽しみながら残忍な行動を取る、快楽殺人者タイプのサイコパスだと言うことがよく解る。血が苦手で臆病だった透はもう居ない・・・。

さらに、“佐々木琲世に顔を変えたウタ”を見て、自分の『先生への気持ち』を再確認する。ウタの「下して・・・六月くん」という言葉に「はい」と答えた透は、その喉元にクインケを下ろし切り裂く。「もうどこにもいかないで!」と想いの丈をぶつけながら、再び顔面をメッタ刺し!『できあがったぁ』と、動かなくなったその胸の上で、愛おしむような顔の透。「私、恥ずかしいほど女だ」と、おもむろに上半身をあらわに。今まで否定していたはずの『女としての自分』を認め、自己満足な行為へ・・・。

遂に狙いはトーカに!!六月透の鬼畜作戦

トーカは泥棒猫!!邪魔者は排除

“佐々木琲世”はコクリア戦で『有馬貴将を殺し、CCGを裏切った』と、捜査対象になっていた。瓜江は、本格的に捜査が始まる前に「俺たちがやらねばならない」と、初代クインクスとしての想いの元、捜査にあったていた。本当にCCGを、自分たちを裏切ったのかと、不安な才子に「俺は先生を信じてる」と話す透。一方、佐々木はカネキへと戻り、新しい道を選択していた。

透は、カネキの居場所に心当たりがあった。それは、以前みんなで立ち寄った『喫茶:re』だった。透は、店員『トーカ』とカネキの姿、その二人を取り巻く空気に、初めての感情を覚えた。戸惑いながらも、自分の本当の気持ちに気付いていく。その芽生えた感情は、恋心と嫉妬だった・・・。いざ『喫茶:re』へ行ってみると、予想通りカネキは居た。そこには、もちろんトーカも共に居たのだった。

透は「戻ってきてください」とカネキに懇願するも、「それは出来ない」ときっぱり断られてしまう。目つきが変わった透は、「今は喰種が大事ですか」と、カネキにクインケを向けた。『先生はおかしくなっています。もどってきてください、私が邪魔なものを取り除いてあげますから』と、カネキにヤンデレを炸裂する!安浦晋三平にカネキを任せ、次はトーカに襲い掛かる!「死ね泥棒~猫ネコねこ・・・お前お前お前!!!ブス」と、なかなかの狂いっぷりである。

『依子』を使い、揺さぶりをかける!

黒磐の妻となる、『小坂依子』が探している親友『霧島董香』。黒磐に、唯一の手掛かりである写真を見せてもらった透は『喫茶:re』のあの女だと気付く。そして、卑劣な方法を思いつくのだ。手始めに、「“喰種隠匿“の嫌疑による『確保』の際にすこし暴れられたので・・・」と、トーカと依子が写る写真と共に依子の『手』らしきものを見せる。これから行う鬼畜作戦の伏線として、トーカへ揺さぶりを仕掛けたのだ。

その鬼畜作戦とは、カネキをおびき出すために、無関係の依子を『喰種隠匿罪』仕立て上げて、処罰の対象者とすることだった。依子は『喰種対策法違反』で死刑を宣告されてしまう。死刑を告げる調書のコピーと共に、“もしあなたが動くなら俺も協力する・・・信じて。”とラブレターにも思える手紙を葉月ハジメに託し、黒山羊のアジトへと送り込んだのだ。

『気持ち』で経験を凌駕する!?ヤンデレ本領発揮!!

せんせいへの気持ち・・・ととのった!!!

カネキ率いる対人間組織『黒山羊』。カネキを含む『食料班』が留守の隙を狙い、透率いるCCG黒山羊掃討班『オッガイ』がアジトを襲う。安浦晋三平と共に、透は四方蓮示と戦闘中。隙の無い四方との戦いに、経験の差を感じた透は“『気持ち』で経験を凌駕する”と意味不明な行動に出る。

「あんな先生こんな先生」カネキへの想い、「くそアマぶっ殺す」トーカへの嫉妬、「ほしいほしい」己の欲望。「あああううううヌヌヌヌヌ、だいすし」と、かなりイッてしまっている。気持ち全てが透の心を埋め尽くしたとき『ととのった!!!』と、その力を発揮する!

六月透の歪んだ愛の軌跡「私はあの人にふさわしい・・・」

手に入れるために手段は選ばない!

透のカネキへの想いは、いつしか『愛している』という強い想いに変化していく。過去を思い出し覚醒しても、その想いは止まらない。カネキがシャトーでクインクスと共に暮らしている時のこと。カネキは、透が上半身裸の状態に出くわす。しかし、透を傷つけないよう素知らぬフリをしたのだ。その時、透はカネキの“二重の嘘”に気付いたのだ。“一つ目の嘘”は、うろたえる透が視界に入らないように、視線を巧みにそらしたこと。“二つ目の嘘”は、透がはじめから女だと気付いていたこと。

傷つき、騙されたと思った透だが、すぐに『別の感情』が芽生える。『なんて優しい嘘をつくのかな』と・・・。透は自分のために『嘘』をついてきた。しかしカネキは自分とは違う『他人を傷つけないための嘘』をついたのだと。自分が嘘つきだからわかるという透。「上手に嘘をつく彼を私なら理解してあげられる、許してあげられる、私はあの人にふさわしい・・・」と、『病み』が増幅していったのだ。

『自分の弱さを飼いならしたい』と、かつて強くなることを求めていた透。結果的に『覚醒』と『捕食』により強さを手に入れた。当初は無意識下で、生き延びるために『捕食』したと思われていた。しかし、透は「欲しかったんだ、望んだ物を手に入れられる強さが・・・手段を選ばないのがわかっただろ」と、自ら望んだことだと告白する。

カネキを取り戻す手段として、無関係の人間を犠牲にしようとした。部下であるオッガイも捨て駒扱い。さらには、かつて一緒に暮らし、苦楽を共にしてきた瓜江と才子まで殺そうとする始末・・・。透は私利私欲のためなら、手段を選ばない立派なクレイジーサイコパスになってしまったのだ。

アニメ第2期での、六月透の覚醒していく様に注目!!

『サイコパスな行動』アニメではどこまでOKなのか!?

東京喰種トーキョーグール:re 11 (ヤングジャンプコミックス)

想像を絶する程の、サイコパス&ヤンデレとなってしまった透。その覚醒までの過程や、覚醒後の狂いっぷりは、アニメのコンプライアンス的には、どこまでがOKとされるのであろうか。また、サイコパス化した透の特徴のあるサイコゼリフは、どのように演出されるのか。アニメならではの声の演出も楽しみである。

暴力的描写や性的描写が、ますます過激になるストーリー展開である第2期。ソフトサイコパスではなく、クレイジーサイコパスな透が、しっかり表現されることに期待したい。『最終章』とされていることもあり、ファンの期待は増すばかりである。

関連記事をご紹介!

【東京喰種】六月透を知る6つの知識!カネキへのヤンデレの秘密は過去にあった?

東京喰種 六月透とは?
臆病で血が苦手なヘタレからサイコパスに!?

六月透とは、CCG新設部隊・真戸班所属『クイン…

東京喰種:re ネタバレ強さランキングTOP40!カネキや有馬の強さは?

ランクB強さ定義:1対1ではAレート喰種と戦えば劣勢を強いられるレベル
不知吟士[CCG]
・三等捜査官
・ニシキに「ヒヨコの…

関連グッズをご紹介!