【ネタバレ】約束のネバーランド「ノーマンからの手紙」のストーリーを徹底解説!

アニメ化も決まり、ますます人気沸騰中の【約束のネバーランド】!その初のノベライズをご紹介!脱獄を前に出荷となってしまったノーマン。その彼が残した手紙にスポットを当ててみました。手紙を書きながらノーマンが思っていたこととは…?ネタバレ必至です!

【約束のネバーランド】「ノーマンからの手紙」とは?

大人気漫画「約束のネバーランド」のノベライズ!

約束のネバーランド ~ノーマンからの手紙~ (JUMP j BOOKS)

現在『週刊少年ジャンプ』にて大ヒット連載中の【約束のネバーランド】。温かな孤児院だと思っていたそこは「食用児」達を育てるための。子供達は自由をつかむためにハウスからの脱獄を決行します!

着々と脱獄への準備を進めていく子供達…。しかし、監視役である「ママ・イザベラ」はさすが皆のママ!ハウスの優秀な子供達に負けない頭脳を持つイザベラが、「エマ」「ノーマン」「レイ」の行く手を阻みます!!

そして予想外の展開が…!!なんとノーマンの出荷が早まったというのです!明日には出荷が決定されてしまったノーマン。大切な存在であるエマの足をママに折られ、逃げ道もなくなってしまいます。出荷前、ノーマンが想うこととは一体…??

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ノーマンに関する5つの知識!GFハウスきっての天才のすべて

『約束のネバーランド』のノーマンとは?
優しく穏やかなハウス一の天才
https://twitter.com/yakune…

旅立ち前のノーマンが、最後に綴った手紙…。

手紙を書きながら思い出すハウスでの日々…。

出荷の日の昼間、皆が思い思いに遊ぶ自由時間を使ってノーマンは手紙を書きます。小さな妹「イベット」がお絵かきする横に座り、画用紙をもらっての大切な手紙…。ノーマンは、自分の出荷後、残された兄弟達…エマ達のために綿密な脱獄計画を記していくのです。

手紙を書きながらノーマンが思い出すのは…、幸せだった今までのハウスでの日々…。そこにはいつもエマとレイの姿がありました。他の兄弟達ももちろん大切ですが、同い年のエマとレイはやはり特別な存在。ノーマンも含めて3人はいつも一緒でした。

手紙を書きながら目にする風景や、風で飛んできた空からの贈り物によって様々な出来事を思い出すノーマン。思い出の中のエマはいつも強く、優しくレイは気持ちを表すのが不器用だけどやはり優しい。そんな2人の想いを実現させるため、ノーマンは自らの「出荷」という事実を受け入れ、想いを手紙に託します。

原作漫画では描かれなかったハウスでの日常風景!

小説「ノーマンからの手紙」では、原作の漫画作品では描かれていない、ハウスでの日常の様子を垣間見ることができます。漫画では物語第1話にてすでにハウスの真実が明かされてしまいますね。しかし、こちらのノベライズでは真実を知る前の、無邪気なエマ達の様子が伺えるのです。

小さなエマの可愛らしさや、小さい時から鋭い観察眼と知能を持ったノーマンの様子、そしてレイの苦悩など…。エマ達食用児は原作ではハウスを脱獄し、さらにこの世界の約束をひっくり返すべく奔走していますが、小説では過去のエマ達に会うことができます。

まだ何も知らなかった頃について、これから出荷という覚悟を決めたノーマンが静かに回想をするこの「ノーマンからの手紙」。掲載されている4つのエピソードは、どれも優しく幸せな、心に響く物語です。

ノーマン最後の1日。その内なる思いが描かれる…!

もちろん回想しているのはノーマンですから、思い出にひたりながらも「今思えばこうだったのだろうな…」などと分析ができてしまいます。でも、何も知らなかった頃のハウスでの思い出は、ただただ幸せな空気をまとうばかり…。

小さな頃から変わらない、エマの気持ちの強さを改めて感じたり…。今思えば辛くて仕方なかっただろうレイの苦悩を感じ取ったり…。手紙を書きながら、昔を思い出すことでノーマンは改めて脱獄成功への決心を固めています。

エマとノーマンとレイ、3人が3人とも、互いのことを大切な存在として認識しています。だからこそノーマンは自分が出荷してでも2人の脱獄を成功させるべく手紙を綴るのです。この最後の1日、手紙を書くことでノーマンは自分の気持ちを整理したとも言えるでしょう。

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】ノーマンは死亡?生存?最後の「え」という言葉の意味を徹底考察!

グレイス=フィールド1の天才!ノーマンってどんな男の子?
https://twitter.com/yakuneba_staf…

【エピソード1】エマとレイと共に探したハウスの幽霊!?

ハウスに幽霊が出る!?そんな噂が持ち上がったころのお話です。この時のエマはまだ4歳。姉の「オリビア」が話す幽霊の噂に、ドキドキ、しかしワクワク!(ちなみにこの姉のオリビア、単行本2巻のオマケ漫画に登場している黒髪の女の子です!)

エマは早速幽霊探しを決行!もちろん、ノーマンとレイも誘って…。(レイは嫌々ながらでしたが。)ハウスに出没する幽霊の情報をひとつひとつ暴き出していく3人。その過程で垣間見えるエマの度胸ノーマンの思考力、レイの冷静さはとてもとても4歳の子供とは思えません。

幽霊にはそれぞれの事情があったようで無事全て解決!エマも幽霊さんから手紙の返事をもらって大満足!(これは後から考えるとママが返事の手紙を書いたのでしょうが…。)エマが幽霊を探そうと思った要因の1つは、妹のギルダが幽霊を怖がったからです。エマはこんな小さな時期から家族思いで怖いもの知らずだったのですね!

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】レイに関する6つの知識!独りで戦い続けてきた少年の魅力まとめ

『約束のネバーランド』のレイとは?
ハウス一の知恵者はクールなひねくれ者
https://twitter.com/yaku…

【エピソード2】ノーマン死なないで!エマが泣いた理由とは?

原作でも登場するエマの涙。しかしこれはとてもとても珍しいことなのです。エマはコニーの出荷を目撃した時に泣いていますが、ノーマンが思い出しているように今までほとんど泣いたことがありません。エマが昔大泣きしたのは、7歳の時ノーマンがひどい風邪をひいて倒れてしまった時のことでした。

ノーマンの風邪の原因が自分が落としたハンカチによるものだったこと、そしていつもより悪い容体や、ママの言動からエマはノーマンが助からないのでは…と心配をしてしまいます。そこでエマが考えたのはノーマンを助けるための薬でした。夜にしか咲かない白い花があれば、ノーマンを治す薬が作れるかもしれない!

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

エマとレイはママを説得して白い花を夜の森へと探しに出かけます。やっとの思いで探し出したその花は、図鑑のものとはちょっと違うものでしたが、その想いはしっかりとノーマンに届きました。(結局ノーマンは風邪をこじらせただけであり、ノーマン死す!?というのはエマの勘違いだったのですが…。)

エマはノーマンが無事だと分かり、安心して顔をグシャグシャにしながら泣きじゃくります。エマが泣くのはいつも他の兄弟のため。自分が怪我をした時には泣かないのに、兄弟が辛い時には泣くのです!

関連記事をご紹介!

【約束のネバーランド】エマに関する5つの知識!過酷な世界に抗う少女の魅力

『約束のネバーランド』の主人公・エマとは?
明るく元気なムードメーカー

『約束のネバーランド』のエマは、孤児院・G…

【エピソード3】大空へ羽ばたけ!NER!

約束のネバーランド 4 (ジャンプコミックス)

ある日、鬼ごっこの最中にレイが小鳥のヒナを見つけます。見つけた3人、エマ、ノーマン、レイの頭文字をとって「NER(ネル)」と名付けられたその鳥は、自分で飛べるようになるまでハウスで面倒を見ることになりました。

このお話ではレイの気持ちについてよく描かれています。レイは「幼児期健忘」が起こらないという特殊な体質を持っており、早くからハウスの真実を知った上でママのスパイとして行動していました。

表向きはママのスパイとして子供達の行動を内側から監視。その見返りとしてご褒美をもらう、という関係でしたが、レイの真の目的は他にありました!レイは親友であるエマとノーマンの2人を逃がすために、周到な準備をしていたのです!

親友であるエマとノーマンを逃がすためとはいえ、他の兄弟達が出荷されていく様子を黙って見送らなければいけないレイ。そんな時、いつも気にかけてくれる優しい姉「スーザン」の出荷が決まります。ちょうどネルがハウスにやって来ていたこともあり、自分達の様子を籠の中のネルに重ねあわせたレイは気持ちがざわつきます

せっかくのスーザンとのお別れの日なのに、スーザンとはケンカのような雰囲気になってしまうし、ネルを逃げさせることもできない…。そんな中、エマとノーマンが何も聞かずにネルを籠から逃がしてあげるのです。

そんな2人にレイは「ほんとに、お前らさ」と呟きます。1人ハウスの真実を知っているレイにとって、無条件で信じてくれる2人の親友の存在はどんなに救いだったでしょうか。そして、今、そんなレイの想いも合わせ、ノーマンは脱獄計画を手紙に記すのです…!!

【エピソード4】ノーマンへのサプライズ!

「ノーマンがびっくりしているとこって見たことないかも…」というエマの冒頭シーンでの発言。そこからお話が始まります。ある日、鬼ごっこの最中に木の上からノーマンが見かけた知らない女の子…。一体この女の子はどこの誰…!?珍しくノーマンが気になって仕方がないようです。

普段と違うハウスの様子、何か隠し事をしている家族たち…。ノーマンは「?」な出来事に次々答えを見つけていくものの、幾つか分からない事柄が残ります。そして最大の謎、なぜ皆が自分に内緒でこんなことをしているのか…??

ノーマンに秘密で皆が準備していたもの…、それは…??「ノーマン、11歳のお誕生日おめでとう~!!」色とりどりの洋服に身を包んだ子供達が、夜の庭でノーマンをお出迎えです!!ノーマンのお誕生日サプライズパーティだったんですね!

そして、知らない女の子の正体は…、なんとつけ毛をつけて大人っぽくなったエマでした!普段とは違う雰囲気のエマに、ノーマンはドキドキです。11歳の誕生日、12歳になるまでには皆ハウスを出ていくこの「GF(グレイス=フィールド)」において、それは特別な1日でした。

いつか大人になったエマに自分の想いを告げる日が来ることを願いながら、ノーマンはこの特別な誕生日を家族みんなで楽しんだのでした。

関連記事をご紹介!

『レイノマ』の公式エピソードをご紹介!GF農園の頭脳明晰コンビはそろって脱獄できるのか?【約束のネバーランド】

『約束のネバーランド』GF農園の「レイノマ」とは?
レイ×ノーマン

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されて…

『ノマエマ』の公式エピソードをご紹介!ノーマンとエマは家族以上の関係!

『ノマエマ』とは?
【約束のネバーランド】ノーマンとエマ、檻の中で生まれた絆!

「エマ」と「ノーマン」が暮らすのは…

ノーマンの決意と共に…!手紙は残された家族へ…!

そして、今…。とうとう手紙を書き終わったノーマンは、自分の時間があと少ししかないことを覚悟していました。11歳の誕生日にサプライズをプレゼントしてもらったノーマン。今度はノーマンが兄弟達にサプライズとして脱獄計画を記した手紙をプレゼントします。

この前日の晩、エマとレイはノーマンに逃げるふりをして身を隠すように提案していました。そしてノーマンもその提案をのんだように見せました。けれど、ノーマンの本心は別の所に…。自分が出荷を受け入れることで、残された皆の脱獄を完璧にすることにしたのです!

手紙を書きながら次々に思い出されるハウスでの優しい日々…。その思い出が優しいだけなお、ノーマンのこれからの運命に心が傷みます…。ノーマンからの手紙、原作の漫画をさらに彩ってくれるこちらの作品を、ぜひお楽しみください!

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】約束のネバーランド「GFハウス脱獄編」のストーリーを徹底解説!幸せの楽園で始まる自由への戦い!

『約束のネバーランド』のGFハウス脱獄編を解説!

『約束のネバーランド』は、原作・白井カイウ先生、漫画・出水ぽすか先…

【約束のネバーランド】アダムがノーマンの個体番号「22194」をつぶやき続けるわけとは?

『約束のネバーランド』アダムとは?

2016年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている「約束のネバーランド」は、白井…