【僕のヒーローアカデミア】オーバーホール(治崎廻)が最後無個性に?その後どうなったのかネタバレ解説!

アニメ第4期制作も決定している「僕のヒーローアカデミア」に登場するオーバーホール(治崎廻)は、極道組織『死穢八斎會』の若頭です。組織の存続のため、組長の孫娘・エリ(壊理)を利用し勢力拡大を考えている男性でした。無個性になってしまったその後も含めてご紹介していきましょう。

『僕のヒーローアカデミア』最強の極道!オーバーホールとは?

僕のヒーローアカデミア 14 (ジャンプコミックス)

2014年から「週刊少年ジャンプ」で連載している「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」は、漫画家・堀越耕平先生の学園・ヒーローアクション作品です。これまでに第20巻まで刊行されました。

2016年にはアニメ「僕のヒーローアカデミア」の第1期が全13話で放送。翌年2017年には第2期が全25話、2018年には第3期が全25話、映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄ヒーロー〜」が公開されています。

オーバーホール(治崎廻)はペストマスクがトレードマークで、『死穢八斎會』の若頭。ヒーローインターン編中に、主人公・緑谷出久が救出したエリ(治崎壊理)を利用していた男性です。誕生日などのプロフィールは不明で、身寄りが無いところを組長に拾われていました。死穢八斎會を革新し、勢力拡大に力を注いでいます。

オーバーホール(治崎廻)ネタバレ1:CVは声優・津田健次郎さんが担当

オーバーホールのCVを担当したのは、声優の津田健次郎(つだけんじろう)さんです。津田健次郎さんは1971年6月11日生まれの双子座、大阪府出身。さまざまな事務所を経てアミュレートに所属。1995年のアニメ「H2」の野田敦役でデビューし、声優業だけではなく、ナレーションや俳優業など多岐にわたります。

出演作に、アニメヴァイオレット・エヴァーガーデン」ダミアン・バルドゥール・フリューゲル役、「ゴールデンカムイ」尾形百之助役、「バキ」シコルスキー役、「Free!」シリーズの御子柴清十郎役、「宇宙兄弟」ビンセント・ボール役など、数多くの人気作品のキャラクターを演じていました。

『個性』を病だと言い、『死穢八斎會』の勢力拡大のためにエリを利用していたオーバーホール。クールな津田健次郎さんのボイスが光ります。

関連記事をご紹介!

声優・津田健次郎が演じるアニメキャラまとめ!海馬社長でおなじみの名優を紹介

声優・津田健次郎とは?出典:https://ja.wikipedia.org津田健次郎(つだ けんじろう)さんは耳にじっくり染…

オーバーホール(治崎廻)ネタバレ2:『死穢八斎會』の若頭

病に倒れた組長の代わりに組を仕切る

死穢八斎會は、死柄木弔率いる『ヴィラン連合』とは違う、裏社会を仕切っている極道組織のひとつです。ところが、個性を持ったプロヒーローが世界に登場すると状況は一変…。プロヒーローによって、極道組織の摘発&解体が進んでいき、組織は減少の一途を辿ります。

そして登場したのが、No.1プロヒーローのオールマイトです。オールマイトは『平和の象徴』といわれるほどの圧倒的強さを持ったプロヒーローで、次々と極道系組織を摘発&解体していきます。デクが雄英高校へ入学した頃になると、「時代遅れの天然記念物」と揶揄される存在の薄い組織となっていました。

オールマイトや他のプロヒーロー、警察の目をかいくぐって存在していたのが死穢八斎會です。死穢八斎會は組長が意識不明の病に倒れ、若頭のオーバーホールが組織を動かしていました。

分解・修復の個性『オーバーホール』を操る

オーバーホールの個性は、分解・修復が出来る『オーバーホール』です。人に軽く触れただけで相手にダメージを与えることができ、ダメージのレベルもちょっとの怪我から、相手を即死出来るまで調整が可能でした。そして、即死レベルになった相手には修復でき、直接生と死に関わる個性です。

また、分解した相手を自分と混ぜると、相手の能力を取り込んでパワーアップも可能!戦っている相手の個性だとしても自分に取り込めるので、有利に戦況を持っていける万能の個性のひとつでした。

オーバーホール(治崎廻)ネタバレ3:個性と無個性に執着心を持つ

僕のヒーローアカデミア 16 (ジャンプコミックス)

死穢八斎會の組長に拾われたオーバーホールは、世界に溢れる個性を『超常』だと考えていました。「…病気…おまえも壊理も…力の価値をわかっていない。”個性”は伸ばすことで飛躍する。俺は研究を重ね、壊理の力を抽出し、”到達点”まで引き出すことに成功した」とデクに語っています。

研究とオーバーホールは語っていますが、研究対象はエリでした。エリは、組長の娘とある男性との間に生まれた子供です。個性がコントロール出来なかったエリは、軽く触れただけで父親を消滅させています。

僕のヒーローアカデミア 13 (ジャンプコミックス)

エリの発動させた相手を触れただけで過去に戻せる個性『巻き戻し』を知った母親は、「呪われた個性」と言って父親の組長にエリを預けてしまいました。組長は、エリの個性が分解・修復の個性『オーバーホール』に似ていると感じ、エリをオーバーホールに預けます。

それからは、エリが逃げ出すたびに連れ戻し、研究のために切り刻んでいたオーバーホール…(切り刻んでも修復で元に戻せばいいという考え)。オーバーホールはエリの個性を研究しながら「個性因子を消滅させ、人間を戻す力だ…!”個性”で成り立つこの世界を!理を壊す程の力が…壊理だ!!」と結論を出しています。

オーバーホール(治崎廻)ネタバレ4:エリ(壊理)を利用して組の勢力拡大を図る!

オールマイトとオール・フォー・ワンが激突し、表の世界のトップ・オールマイトが引退…。裏の世界のトップ・オール・フォー・ワンも警察に捕まり、表の世界も裏の世界も支配者を失いました。オーバーホールは、次の裏組織のトップになろうと考えます。

特に極道系の組織は、ヴィラン連合が台頭している現在では、このままでは消えていく存在…。そこでオーバーホールが考えたのが『個性を無個性化させ莫大な資金を獲得する』という計画でした。

自分の分解・修復の個性『オーバーホール』をエリの体内を経由させ、どんな強い個性でも(一時的に)無効化させる薬を開発しています。

裏の世界に高値で売買し個性の無効化を進めていきエリの個性の入った血清で個性を回復させる時にも、莫大な資金を得るという計画を立てていました。この計画を成功させ、衰退していた死穢八斎會の勢力拡大していこうと考えていたのです。

しかし、それまでに薬と血清を大量生産する必要があり、天然記念物と揶揄されていた死穢八斎會には軍資金がありません。そこで名前が有名なヴィラン連合の死柄木に接触し、作戦を実現させようとしていたのです。

組織拡大は死穢八斎會組長のため

身寄りのなかった自分を拾ってくれた死穢八斎會組長のために、革新を行おうと考えたオーバーホールは、エリを利用して違法薬物を作っていました。その前にも内緒で違法薬物を売りさばいていたオーバーホール…。

組長に「てめェ、あれだけシメられてまだ言うンか。人の道から逸れたら、侠客終いよ。治崎。心のねェ外道に人はついてきやしねェ」と怒られています。それでも死穢八斎會を革新し、組織拡大をして存続を図ろうと、組長に内緒で違法薬物の売買を続けていました。

オーバーホールが、エリを利用して違法薬物を売買していたのを知った組長は、「ウチの考えに背きてえなら、おめェ…もう出てけ」と組から抜けるのを進言しています。オーバーホールは組長の言葉を聞いた直後に、「いいから黙って見ててくれ」と言って個性を使って植物人間にしていたのでした。

関連記事をご紹介!

【ヒロアカ】ルミリオン(通形ミリオ)に関する6つの知識!無個性となってワンフォーオールの後継者候補に?【僕のヒーローアカデミア】

『僕のヒーローアカデミア』のビッグ3!通形ミリオとは?
お笑い大好き正統派ヒーロー!

2014年から「週刊少年ジャ…

オーバーホール(治崎廻)ネタバレ5:その後どうなった?

リーダーの死柄木は、オーバーオールと手を組む話を、最初こそ断ったものの後に提携という形で手を組んでいました。オーバーホールは、渡我被身子(トガヒミコ)と分倍河原仁(トゥワイス)をヴィラン連合から出向させ、デクたちの襲撃を援護させています。

その後、2人は行方をくらましていましたが、デクたちの救出を手助けするという謎の行動に出ていました。デクと戦って負けたオーバーホールは、警察に護送されている途中で、ヴィラン連合に襲撃されています。

死柄木は、提携話を受け入れると同時にオーバーホールの計画を聞きだし、自分たちのものにしようと考えていました。

乗っている警察車両を襲撃すると、「あのな、オーバーホール。”個性”消してやるって人間がさァ、”個性”に頼ってちゃいけねェよな」と言って拘束されているオーバーホールの両手を切断していました(左腕は迫圧紘(Mr.コンプレス)の個性『圧縮』で奪われる残った右腕を切断)。

そして、「おまえが費やしてきた努力はさァ!俺のもんになっちゃったよ!!これからは咥える指もなく、ただただ眺めて生きていけ!!頑張ろうな!!」と言って、オーバーホールの所持していたエリの体内から作り出した完全に無個性にする薬と、血清を奪って逃走していきます。

死柄木の発言から死亡の可能性は低そうですが、オーバーホールがそれからどうなったのか、再登場があるのかなど描かれていません(原作版第20巻までの時点)。

【ヒロアカ】・オーバーホール(治崎廻)は個性に執着する男だった

僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

死穢八斎會の若頭・オーバーホール(治崎廻)は、身寄りがなかった自分を引き取ってくれた組長に恩義を感じ、天然記念物の存在となっていた組織の革新を行おうと考えていました。

個性を『超常』『病』としてとらえていたオーバーホールは、「個性因子を消滅させ、人間を戻す力だ…!”個性”で成り立つこの世界を!理を壊す程の力が…壊理だ!!」と考えていましたね。

最後は、死柄木によって個性を奪われ無個性な人間になってしまいます。植物人間になってしまった組長はもう戻らず、オーバーホールも道半ばで計画が頓挫…。再登場があるならば、何を考えて生きているのか知りたいと思っているファンも多いのではないでしょうか。

関連記事をご紹介!

【ヒロアカ】オーバーホール編をネタバレ解説!あらすじから結末まで徹底網羅!【僕のヒーローアカデミア】

『僕のヒーローアカデミア』とは?

2014年から「週刊少年ジャンプ」で連載している「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ…

【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア「ヒーローインターン編」ストーリーまとめ!デクたちの成長の裏で動き出すヴィラン連合【ヒロアカ】

『僕のヒーローアカデミア』の「ヒーローインターン編」とは?

2014年から「週刊少年ジャンプ」で連載している「僕のヒ…

公式アイテムをご紹介!