【僕のヒーローアカデミア】各キャラのインターン先まとめ!1年A組とビッグ3を担当したプロヒーローは誰?【ネタバレ】

『僕のヒーローアカデミア』アニメ4期で描かれるインターン編では、1年A組のメンバーと雄英のトップ3である通称「ビッグ3」と呼ばれる面々が、プロヒーローの事務所でインターン生として活躍します。今回はそんなキャラクターたちのインターン先をまとめてみました。201話までのネタバレ注意です。

『ヒロアカ』のインターン編とは?

僕のヒーローアカデミア 14 (ジャンプコミックス)

『ヒロアカ』のインターン編は、出久たちが雄英の外でヒーローの卵として活躍する話となります。少女・エリを極道・死穢八斎會から救出する作戦への参加がメインです。

そもそもインターンとは、仮免を取得した雄英生が、プロヒーローの事務所でひとりのサイドキックとして少なくとも一か月以上「仕事」をする制度です。職場体験がまさしく「体験」だったのに比べ、危険なことや辛い経験もすることになります。

しかし、そこでの経験はどんな授業よりも大きな糧となることから、出久や他数名のA組の生徒は、先輩たちの力を借りてインターンに参加していきます。この記事では、出久たちのインターン先や、そこでどんな活躍をしたのかを紹介していきます!

インターン先1:ミリオ・デクはナイトアイ事務所へ!

デクはミリオを介してインターンへ!

「ビッグ3」と呼ばれる、雄英のトップ3。その中でもミリオは、相澤曰くプロを含めて最もNo.1に近い男です。扱いにくい個性で底辺の成績だったにも関わらず、常に笑顔を絶やさないミリオは、インターンでの経験と努力によってビッグ3にまで上り詰めました。

扱いづらい「透過」の個性をものにするため並々ならぬ努力を続け、周りを笑顔にする素質を持ったミリオを見出し育てたのが、彼のインターン先であるサー・ナイトアイ。オールマイトの元相棒(サイドキック)です。

度重なる敵の襲撃で何かと条件が厳しくなった雄英1年のインターンですが、オールマイトの後継として他の人より何倍も強くならなくてはと焦る出久は、ミリオにナイトアイ事務所を紹介してもらうことになります。

オールマイトの元相棒、サー・ナイトアイとは?

ナイトアイはスーツと眼鏡が特徴的なプロヒーローです。身長200cm、誕生日1月2日の38歳で、その昔5年ほどオールマイトの相棒としてヒーロー活動をしていました。厳しくストイックな一方で、「元気とユーモアのない社会に未来はない」というのが信条であり、サイドキックが元気に報告しなければ強制的に笑わせるといった一面も。

ナイトアイは重度のオールマイトオタクで、限定グッズはもちろん、オールマイトのエピソードは漏れなく把握しているほどの大ファンです。しかし6年前に、他ならぬオールマイトの未来を巡って彼と対立し、疎遠になってしまいます。

彼はミリオこそがオールマイトの後継に相応しいと考えています。そのため出久のことは認めておらず、誰がワン・フォー・オールを持つに相応しいかを出久に痛感してもらうため、彼を採用しました。

ナイトアイの個性は「予知」。対象人物の一部に触れ、目線を合わせることで発動します。一時間だけその人物のとりうる行動を先に見ることのできるこの個性は、数年先の未来も見ることができますが、一度発動すると再発動には24時間のインターバルが必要となります。

しかし、それがどんなに良くない未来だったとしてもナイトアイが「見た」未来を覆せたことはありません。防ごうと行動しても最終的に起こる未来は変わらないらしく、ナイトアイはこの個性を主に情報収集や確信のダメ押しに使っています。

また、先を見通す個性ゆえ、「予測を立てて先手を打つ」ことに長けており、戦闘にも秀でています。ミリオはナイトアイのもとで様々な経験を蓄積することで、彼と同様、相手の動きを予測して動くことを身に着けました。

ナイトアイ事務所のメンバー

ナイトアイのサイドキックのひとり・バブルガール。本名・泡田薫子、身長167cm、誕生日は4月23日の21歳です。「ヒロアカコンテストNEWヒーロー」における作品が採用されたキャラクターです。

個性は「バブル」。作中では体から出した泡を八斎會の構成員の目で破裂させて攻撃していましたが、詳細は分かっていません。急襲してきた構成員にも怯むことなく冷静に対処していたことから、高い実力が窺えます。

ナイトアイのもうひとりのサイドキック・センチピーダー。本名・百足柔造(もあしじゅうぞう)、身長205cm、誕生日は6月4日の35歳です。こちらもバブルガール同様、「ヒロアカコンテストNEWヒーロー」の作品が採用されています。バブルガールの先輩にあたります。

個性は「ムカデ」。詳細は明かされていませんが、頭部や腕がムカデになっています。エリ救出作戦においては、ムカデの腕を伸ばし、ヒーローたちの行く手を阻もうと飛び出してきた八斎會構成員を捕らえていました。

エリ救出作戦ではミリオが大きく活躍!

僕のヒーローアカデミア 17 (ジャンプコミックス)

ナイトアイ事務所は最近動きを見せている八斎會の若頭・オーバーホールを注視していました。そのため、複数の事務所や警察が共同で取り掛かったエリ救出作戦においても中心となって事に当たっています。

バブルガールとセンチピーダーは構成員の確保、出久とナイトアイが敵の個性によって足止めを食らっている中、特にエリ救出に貢献したのがミリオです。「透過」の個性を持つミリオは、エリを連れ出し逃げようとするオーバーホールに誰よりも早く追いつき、彼女を助けるため奮闘しました。

鍛え上げてきた緻密な個性の使い方でオーバーホールたちの猛撃をかわし、エリを傷つけないよう攻撃します。特に、ナイトアイに師事した「相手の動きを見て予測する」戦い方でオーバーホールを下し、エリを彼の手から奪うことに成功しました

関連記事をご紹介!

【ヒロアカ】ルミリオン(通形ミリオ)に関する6つの知識!無個性となってワンフォーオールの後継者候補に?【僕のヒーローアカデミア】

『僕のヒーローアカデミア』のビッグ3!通形ミリオとは?
お笑い大好き正統派ヒーロー!

2014年から「週刊少年ジャ…

ナイトアイは死亡?

サー・ナイトアイを所長とするナイトアイ事務所でしたが、エリ救出作戦の際、オーバーホールに重傷を負わされたナイトアイは、病院へと運ばれたものの、最終的にミリオ達に看取られながら息を引き取ってしまいます。現在はセンチピーダーが事務所を引き継ぎ、個性消失弾によって個性を失ってしまったミリオが帰ってくるのを待っている状態です。

関連記事をご紹介!

【僕のヒーローアカデミア】オーバーホール(治崎廻)を知る6つの知識!インターン編のラスボスは冷徹なる計画の立役者!

『ヒロアカ』最強の極道!オーバーホールとは?

『僕のヒーローアカデミア』のオーバーホールは、極道・死穢八斎會の若頭。…

インターン先2:ねじれ・麗日・梅雨はリューキュウ事務所へ!

ビッグ3のひとり、波動ねじれのインターン先が、ドラグーンヒーロー・リューキュウの事務所です。職場体験先がインターンを受け入れていなかったお茶子と梅雨は、先輩であるねじれにリューキュウ事務所を紹介してもらい、そこでインターンをすることになります

関連記事をご紹介!

【僕のヒーローアカデミア】波動ねじれに関する5つの知識!可愛過ぎてミスコンも優勝する最強天然女子の魅力まとめ

『僕のヒーローアカデミア』最強の波動ガール!波動ねじれとは?

2014年から「週刊少年ジャンプ」で連載している「…

ドラグーンヒーロー・リューキュウとは?

ドラグーンヒーロー・リューキュウは、本名・竜間龍子(たつまりゅうこ)、身長166cm、誕生日は9月22日の26歳です。クールビューティーでさっぱりとした性格で、冷静に状況に対処します。インターン生のねじれには懐かれており、リューキュウも彼女のことは「ねじれ」と名前で呼んでいるなど、仲が良いようです。

若手にも関わらず、ヒーロービルボードチャート上半期No.9、下半期No.10ヒーローであり、絶大な人気を誇っています。その人気の秘密は、なんといっても彼女の格好良い個性。詳細は明かされていませんが、翼を持つ巨大なドラゴンに変身します

エリ救出作戦では玄関口で活瓶と交戦!

リューキュウ事務所はエリ救出作戦において、八斎會の鉄砲玉・八斎衆のひとり、活瓶力也と交戦しました。ヒーローと警察の動きに感づいた八斎會は、玄関口に活瓶を配置し、足止めしようとしていたのです。

目的がエリの救出である以上、玄関に人員を割くわけにはいきません。リューキュウは活瓶を自身の事務所で対処するといい、他のヒーロー・警察を本部内に向かわせました。これによって、リューキュウ、ねじれ、お茶子、梅雨は活瓶を相手取ることになります

個性ブースト薬を使った活瓶の「相手の活力を奪い巨大化する個性」によって、立つことさえままならなくなったリューキュウたち。しかし、フラフラになりながらも彼女たちは気合で動き、見事な連携で活瓶を倒しました。救出作戦に参加した事務所の中では、一番連携を見せてくれたでしょう。

インターン先3:天喰・切島はファットガム事務所へ!

ビッグ3のひとり、天喰環のインターン先が大阪のファットガム事務所です。職場体験先のフォースカインド事務所がインターンを受け入れてなかったため、切島は天喰に頼みファットガム事務所を紹介してもらいました。切島はほぼ初対面の先輩である天喰にかなりグイグイいったらしく、天喰としてはほぼ押し切られる形だったようです。

大阪の癒し系ヒーロー・ファットガムとは?

コテコテの関西人で、大きく丸いフォルムが特徴的なファットガム。本名は豊満大志郎(とよみつたいしろう)といい、身長は250cm(?)、誕生日は8月8日の29歳です。そのゆるキャラのような姿とは反対の武闘派ヒーローで、「敵退治はいかに早く戦意喪失させるか」が持論です。

性格は見た目通りお茶目で接しやすく、飛び入りのインターン生である切島のことも快く歓迎しました。長い付き合いからか天喰のことは「環」と呼び、精神面が弱いことをズケズケ指摘しながらも可愛がっています。無認可の薬物の取り締まり経験が豊富なことから、八斎會本部への対策会議に呼ばれました。

ファットガムの個性は「脂肪吸着」。何でも吸着しその身に沈めることのできる個性で、突っ込んでくる敵はもちろん、刀や銃弾でさえも吸着し体に沈めて無効化します。沈めている間は脂肪を消費するため、戦うと空腹になるようです。

また、与えられた衝撃を貯めこんで一気に放つことで、一撃必殺のカウンターを食らわせることもできます。ただし、体に衝撃を沈めている間は脂肪を消費するため防御も薄くなり、タメの時間が作れないと攻撃に転じられないため、かなり危険な賭けとなります。

脂肪を消費しつくすと痩せてゴリゴリのイケメンに。その際体格が縮むため、ファットガムのコスチュームは体に合わせて伸縮するようになっています。

エリ救出作戦では各々が活躍!

エリ救出作戦においては、まず足止め要員として出てきた窃野トウヤ、宝生結、多部空満を天喰が一手に引き受け、ファットガム・切島を含めた他ヒーローたちをエリのもとへと促しました。

普段ネガティブな天喰の「俺なら一人で三人完封できる」という言葉を聞き、もともと天喰の実力がプロ以上のものだと認めていたファットガムは彼に一任したのです。

天喰はその信頼に応え、数の差や相性の悪い個性、流れるような連携に苦戦しながらも、自分が培ってきた個性をフルに活用し、敵の弱点を見抜くことで勝利します

ファットガムと切島は、八斎衆の乱波肩動と天蓋壁慈を相手取りました。乱波がスピードとパワーを兼ね備えたパンチを繰り出し、天蓋が鉄のような硬さのバリアを張る矛と盾コンビに対し、ファットガムと切島は盾と盾。加えて、乱波の強さはファットガムの吸着でも受けきれず、切島に至っては硬化が完全に破られてしまいます。

そんな中、ファットガムは先述のカウンター技にかけて乱波の攻撃を受けきることに。それでもタメが作れず攻撃に転じられなかったところを、切島の特攻に助けられます。ここのエピソードでは切島の中学時代の後悔やそれを乗り越えようとする決意が注目どころなので、単行本16巻やアニメ4期で見てみてください。

僕のヒーローアカデミア 16 (ジャンプコミックス)

敵3人をひとりで倒した天喰と、乱波・天蓋を倒しきれなかったとはいえ戦闘不能に追い込んだファットガムと切島。切島に至っては、その根性と強さから敵に認められるヒーローにまでなりました。ファットガム事務所の3人、特にインターン生である天喰と切島はかなり無茶をしましたが、武闘派事務所の名に違わぬ活躍っぷりでした。

インターン先4:常闇はホークスのもとへ!

八斎會を相手どるインターン編において、インターンに参加していたにも関わらずA組の中で唯一スポットが当たらなかったのが常闇です。職場体験先でインターンを受け入れていなかった出久たちとは異なり、常闇は職場体験で行ったホークス事務所をインターン先に選んだのです

情報収集や出張で全国を飛び回っているとはいえ、九州をホームに活動するホークスは、八斎會捜索、並びにエリ救出作戦には参加していませんでした。

ウィングヒーロー・ホークスとは?

ウィングヒーロー・ホークスは、ビルボードチャート上半期No.3、そして下半期ではNo.2となったヒーローです。身長172cm、誕生日は12月28日、年齢は22歳という驚きの若さ。18歳でデビューし、その年の下半期には史上初の10代でのビルボードチャートトップ10入りを果たしたことから、「速すぎる男」と呼ばれています。

チャート発表時には慇懃無礼で挑発的な態度でしたが、普段はどちらかというとだるっとした印象。しかしパトロールにおいては個性を使って犯罪の防止や犬の事故防止、お年寄りの手助け、果てはファンサービスに至るまで、手広く迅速に片づけていきます。

体育祭の指名に名乗りを上げたのは今回が初めてで、一年A組の生徒から敵連合の情報収集をするため、そしてせっかくだから使える人間がいいということで上位の鳥仲間である常闇を指名しました。

ホークスの個性は「剛翼」といい、背中から生える固くしなやかな羽を一枚一枚操ることができます。そのまま自分で飛ぶこともできますし、羽を飛ばして攻撃したり、羽一枚で人を運搬したりすることも可能です。

羽で振動を感知し、見えていなくとも羽で周囲の状況をある程度読み取ることもできます。ただ、背中の羽が減ると飛行が不安定になり、あまり減らしすぎると生えるまでの数日間活動を休止することもあるようです。

常闇がホークスから得たもの

職場体験ではホークスが片付けた仕事の後処理をするだけで何も得ることのないまま終わってしまった常闇。自分の実力を認めて指名したわけではないホークスに悔しさを募らせた常闇は、インターンにおいてそれまでに培った実力を見せつけます。

それを見て思うところがあったらしいホークスは、常闇にひとつアドバイスを授けます。「飛べる奴は飛ぶべき」だというホークスの言葉を受けて、常闇は黒影(ダークシャドウ)に抱えてもらって飛行する技・黒の堕天使を生み出しました

また、ホークスの「疾さは力に勝る」という持論も常闇には響いたようで、スピードに特化した技も繰り出すようになります。ホークスと常闇が、ミリオとナイトアイのように、師と弟子といって遜色ない関係になる日も近いかもしれません。

インターン先と今後関わりはあるのか?

僕のヒーローアカデミア 18 (ジャンプコミックス)

八斎會との戦闘での怪我や、ナイトアイの死亡、敵連合の動きなどから、雄英生のインターンはしばらく様子見ということになりました。A組の面々はともかく、ビッグ3は1年ほど続けていたようですから、寂しさもあるでしょう。

連合の動きも怪しい今、インターンが再開の目途は立っていません。しかし、インターン編が描かれるアニメ4期ではナイトアイやバブルガール、センチピーダー、リューキュウ、ファットガムなど、インターン編に登場した多くのプロヒーローたちが登場します。再登場もさることながら、アニメ4期にも注目です!

関連記事をご紹介!

【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア「ヒーローインターン編」ストーリーまとめ!デクたちの成長の裏で動き出すヴィラン連合【ヒロアカ】

『僕のヒーローアカデミア』の「ヒーローインターン編」とは?

2014年から「週刊少年ジャンプ」で連載している「僕のヒ…

【ヒロアカ】オーバーホール編をネタバレ解説!あらすじから結末まで徹底網羅!【僕のヒーローアカデミア】

『僕のヒーローアカデミア』とは?

2014年から「週刊少年ジャンプ」で連載している「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ…

公式アイテムをご紹介!