【BORUTO】果心居士の正体は死んだはずの自来也?仮面で隠された殻の幹部の素顔とは?

ついに登場した黒幕「殻」!そのメンバーの中には、自来也ではないか…!?と噂される謎の人物が…!蝦蟇を口寄せし、火遁の術を使う…そして火の国と縁があるという果心居士とは一体どういう人物なのか、本当に自来也なのでしょうか…?共通点や相違点などから正体を考察していきます!

【BORUTO】殻のメンバー果心居士、その正体は自来也なのか?

いろいろと共通点があるように見える自来也と果心居士…

ついに、ボルトの手のひらの呪印のような◆マークと関係する組織「殻」が登場しましたね。なかなか◆マークの謎に迫るストーリーが展開されないな~と思っていたら突然の急展開と衝撃が!殻のメンバーに“自来也ではないか?”と噂される人物の登場が話題になっています。

その人物の名前は果心居士(かしんこじ)という鼻から上を隠す仮面をつけ黒いフードを被った初老の男性。なぜ“噂”止まりなのかというと…まだ果心居士に関する確定的な情報が出ておらず、自来也とのいくつかの共通点で同一人物ではないか…と、考察されているようですね。

この記事では自来也との共通点や別人なのでは?という見方から果心居士のこれまでを追ってみました!

関連記事をご紹介!

【BORUTO】秘密組織「殻」のメンバーまとめ!謎に満ちた正体は歴史上の死者たちなのか?

【BORUTO】“器”を探す謎の組織『殻』のメンバーとは?
外陣(アウター)と内陣(インナー)に別れる秘密組織
https…

果心居士の登場により自来也が生きていた!と騒然となった!

「器」を求める謎の組織「殻」はボルトを狙っていることが明らかになりましたが、気になるのは組織に属する忍たち。殻のメンバーは現在数名の登場が確認されていますが、メンバーの素性など、具体的なことについてはほぼ明かされておらず…単行本最新刊6巻には霧隠れの上忍「青」が登場し、彼もまた殻のメンバーだという事やボルトたちとの交戦が描かれました。

しかし!気になるのは青との決着がついた時に現れた仮面の男「果心居士」でしょう。木ノ葉丸との戦いになると螺旋丸や火遁系統の術を使い蝦蟇まで口寄せをする…これだけ見れば『自来也が生きていた!』とザワつくのも無理ないですよね~!

前作の【NARUTO】では穢土転生メンバーの中に自来也がいないので“生きているから穢土転生できないんじゃ?”(実際は死体の回収に問題があり口寄せできなかった)と生存説が唱えられていた・生き返ってほしいと願うファンばかりの人気キャラ、果心居士が<本当に>自来也だったら私も嬉しいですが…果たして真実はいかに…。

関連記事をご紹介!

【ナルト】自来也が尊敬される7つの理由を紹介 エ◯仙人とは言わせない!

『ナルト』自来也とは? すぐにナルトの自来也を思い出した。 pic.twitter.com/z1KP0pB6tX—…

果心居士の元ネタは室町時代の“奇術師”であり実在する人物とされているが…

BORUTO―ボルト― 1 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

自来也の元ネタというか、伝説の三忍の元ネタは瑞牆笑顔による【児雷也豪傑譚】ですが果心居士も同じく元ネタがあり、それも実在したとされる人物。時代は安土桃山時代の末期、時の戦国武将たちと交流があり得意の幻術を披露したとか…!

また江戸時代には「因心居士」と名乗る老人が徳川家康の元に訪れたとも。安土桃山時代末期から江戸時代にかけて生きている事は不思議ではありませんが、果心居士はその存在を危険視され豊臣秀吉によって殺害されている…という言い伝えもあるので、生死不明の謎多き人物のようですね。

果心居士・奇術師とされ残された逸話から実在については疑問視される

BORUTO―ボルト― 2 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

上記の事から果心居士という人物は実在しないのではないか?と考えられる事もあり、織田信長や明智光秀らの前で披露した幻術というのも、どのようなものか明確には伝わっておりません。

1つ逸話を紹介するならば松永久秀の前で亡くなった妻の幻(幻術?)を蘇らせてビビらせたというものがあり、なかなか面白いことをしていますね(笑)そして【BORUTO】に登場した果心居士とのつながりですが…いまところ“幻術”や“奇術”を使える可能性があるということくらいしかありません。

ただ気になるのは、実在しない可能性・奇術・幻術士・生没年不詳(生死不明)なんとなく、このあたりと掛けているようにも感じるような…。

名前の意味は“仏道を修行する男性”また戒名の下につける称号

BORUTO―ボルト― 3 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

自来也と果心居士…なんとなく似ているような雰囲気の2人、名前の意味はあるのかどうか、調べてみましたが…正直こちらからは特に2人が同一人物であるという繋がりを感じることはありませんでした。

果心=果物の芯・居士=仏道を修行する男性・戒名の下につける称号…これだけを見ると果心居士=死者を意味する可能性も?と、なりそうですがそうなると果心居士を自来也だと思わせるよう誘導されすぎているような気がするんですよね。ただ、先述したように果心居士が自来也だと騒然となった共通点は見過ごせません!簡単に紹介したいと思います。

同一人物だと思われるポイント1:火の国の出身で口寄せは蝦蟇

BORUTO―ボルト― 6 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

自来也と言えば火の国の出身、そして三竦みの蝦蟇ですよね。そして果心居士も恐らく火の国出身ではないかと考えられる忍。本人の「縁がある」という発言から“自分自身”が出身なのか“親近者が出身”なのか…色々な捉え方ができると思います。

口寄せする蝦蟇は“蒸気蝦蟇”(ボイラーガマ)というもの。巨大な蝦蟇なのは当然に、ガマ吉やガマ竜と比べると、なんていうか歯が怖い…。蝦蟇と言えば今でこそナルトや木ノ葉丸たちですが古くは自来也、ミナトなどなど…蝦蟇たちは自来也が妙木山に迷い込んだことから木ノ葉の里と関わり人とも交流を持ったとされている種族。

果心居士がいつ・どうやって蝦蟇と契約したか今後の展開が気になるところです…。

同一人物だと思われるポイント2:螺旋丸の使用や火遁の術を使用

ボルト達の前に現れた果心居士と対峙したのは木ノ葉丸!今では先生になって立派に成長した彼ですが、果心居士に言わせると『筋はいいけどまだまだ』であり及第点ってところでしょうか。2人が激闘を繰り広げる中、使用された技は「螺旋丸」木ノ葉丸だけが使用…したのではなく果心居士も同時に螺旋丸を繰り出し応戦しました。

ぶつかりあった螺旋丸は衝撃音を立てて相殺され、惜しくも果心居士を倒すきっかけにはつながらず…。しかし、果心居士はどうして螺旋丸が使えるのでしょう?技を考案したのは四代目火影の波風ミナト、そして伝承者は自来也…それぞれの弟子に受け継がれてきた代表的な伝承技なのに…。

実際の忍術ではなく“科学忍具”を使用してのものかと思われましたがそうではないというのも、自来也なのでは…と思わせるポイントですね。また螺旋丸の他には“三昧の真火”という火遁系の術も使用する様子…この術、一度受けてしまうと物理的な力では消すことのできない煉獄の炎!

この術を使用し、同じ殻のメンバーだった“御老人”と呼ばれる人物を焼き殺したシーンを見ると、自来也とは共通点が多いけれど…性格や言動などはまるで別人だな…と感じるんですよね…。

同一人物だと思われるポイント3:目元に自来也と同じくラインのような模様がある

技・出身・蝦蟇…これだけ共通点が出ても決定的な“なにか”に欠ける果心居士=自来也説。しかし、仮面に隠された外見にも…自来也と同じ、もしくは似ている・似せている共通点がありました。仮面に隠された目元をよーく見てみると、目尻には“ライン”のようなものが描かれているのが分かります。

殻のメンバー(インナーのみ?)には顔のどこかにローマ数字のようなものが施されており、果心居士は仮面で顔全体を見る事はできませんが、もしも目尻のラインが数字だった場合、両目で1本ずつだとして「Ⅱ」になりそう。

そして自来也も同じく目元にラインがありましたよね、どちらかというと隈取に近い模様でしたが…。ただ、果心居士=自来也だと言うならば目のラインは頬の下まで伸びていないと…ちょっと違うような気がします…。

果心居士の声優が気になる!もしも大塚芳忠さんだった場合…

NARUTO―ナルト― モノクロ版 42 (ジャンプコミックスDIGITAL)

共通点をいくつかあげてみましたが、それよりも簡単に自来也なのかそうじゃないのか判明しそうな手段があります。それは…アニメに果心居士が登場した際に“一体誰が声をあてているのか”しかし、これで判断してしまうと幾つもの共通点や『果心居士って自来也じゃない?』といったファンの考察の楽しみが一瞬にして消えてしまいますね(笑)

自来也を演じたのは大塚芳忠さんでしたが、もしも果心居士も大塚芳忠さんが演じるとなれば…“確定”とはいかないまでも、自来也なのか…または自来也と深い関係がある人物だという事が明らか…!

自来也とは別人だという決定的な違いにも注目!

BORUTO―ボルト― 5 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

それでは続いて共通点はあるけれど、果心居士と自来也の決定的な違いに迫りたいと思います。果心居士…と、いうよりも「殻」は悲願を成し遂げる唯一の鍵である「器」の回収を目的としており果心居士のセリフでは「近く世界は思い知ることになるさ…“殻”と言うなの恐怖をな…」と残しています。

この事から、平和になった忍の世界に再び闇をもたらす存在だと感じるところ。そして、同一人物説が噂される自来也は…果心居士や殻が望むような世界とは“全く別の思想の持ち主”でしたよね!

口調もそうですが、ボルト達の前に現れた果心居士が与えるプレッシャーなど…自来也とは別ものに感じました。もし自来也が果心居士だったとしても、死んだとされていたあとに一体何が起きて変わり果ててしまったのか…気になるところが多すぎて月1の連載が待ち遠しい…。

果心居士は一体誰なのか?ナルトと関係がある人物なのか、それとも…

結局、果心居士と自来也は同一人物なのか?と、いうところですが…あくまでも個人的な事を述べると『同一人物ではない』と感じました。自来也本人だとすると、若すぎる様に思えます。死んだとされている頃から大分時間も経っていますし、果心居士の外見を見ると多く見積もっても50代前半~のように見えると言うのが1つ。

それと、かなり気になっているんですが…髪質が自来也と正反対じゃないですか!?(笑)後者は冗談だとして…やっぱり果心居士=自来也というのは今までの流れを見ても、ちょっと考えにくいと思います。まだまだ全貌が見えてこない“殻”と“器”そして果心居士…様々な考察が展開される注目の存在、ストーリーにもどのように絡んでくるのか、見逃せない緊張感がありますね!

関連記事をご紹介!

【ナルト】歴代火影を一挙紹介!火影の中でも最強なのは?

火影岩に見る木ノ葉隠れの里の火影#ナルト#火影岩 pic.twitter.com/ZCDKhI8Jvp— アニメ・…

【映画 ナルト】劇場版完全まとめ!感動と興奮の全11タイトルを一挙紹介!

劇場版アニメ「NARUTO」シリーズの世界へようこそ Do you love Naruto?! Awesome Naru…

公式アイテムをご紹介!